ポピュリストの共通点 トランプ氏が敬愛、ジャクソン第7代大統領とはどんな人物?

“ポピュリスト”と言われるドナルド・トランプ米大統領。ロイター通信は、トランプ氏は大衆文化の分野で非常に好評だったポピュリズムを、政界で振るわなかったポピュリズムに接ぎ木したと表現している。

そのトランプ大統領が敬愛してやまないのがアンドリュー・ジャクソン第7代大統領(1765-1845)。ジャクソン大統領もポピュリストといわれた存在で、ともに歴代の米大統領のなかでは異質な存在だ。

米国に大衆文化が生まれたのは、ジャクソン大統領の時代だった。大衆はエリート主義の文化に真っ向から挑戦し、その挑戦はトランプ、クリントン両氏の選挙戦で再現した。ジャクソンとはどういう人物だったのだろうか。

議会から不信任決議された初の大統領

(写真=Pavel_D/Shutterstock.com)

ジャクソン大統領の在任期間は1829-37年。米国史上唯一、議会から不信任決議をされた大統領だが、在任中はいろいろ大胆な政策をとったことで今でも良く知られている。

20ドル紙幣には肖像が印刷されている。1812年の米英戦争の際、民兵隊を率いて、ニューオリンズで英国に大勝し、一躍国民的な英雄となったからだ。

1828年の大統領選挙は、私生活の暴露など露骨なキャンペーンに終始。国民的英雄として当選、人民の機会均等を旗印に改革に着手したが、“人民”とは“白人”のことだったようで、悪名高い先住民強制移住法によって、特にチェロキー族のオクラホマへの移住は「涙の旅路」と言われ、多くの犠牲者が出た。西部開拓はネイティブ・アメリカンを排除し、抑圧して進められた。彼らは強制的に保留地に追いやられた。

人民(白人)の機会平等のために、身内を徴用する「蝋官制度」も活用。公務員の1割以上を支持者と入れ替えたのは、公職は定期的に刷新されないと、腐敗するという信念に基づいていたとされる。

長年続いたエリート層の既得権を破壊

ジャクソンは、エリート層(特権階級)の既得権を破壊する過激な政策を次々と断行した。エスタブリッシュメント出身の公務員を退け、支持者と入れ替えたのはその1例に過ぎない。エリートの集団である当時の中央銀行(第二合衆国銀行)の免許更新を拒否して、破産に追い込んだ。

拒否権は大統領制度を強化した。歴代大統領は議会のする立法が違憲だと認められる場合のみ、拒否権を行使することに合意していた。憲法が制定されて以降、ジャクソン政権誕生までの40数年の間に、9つの法案が拒否権の行使を受けた。

8年間の任期で12の法案に対して拒否権を行使した。ジャクソン大統領の考えでは、人民を代表する大統領は議会に優越する存在であり、拒否権は何の制限もなく大統領に与えられた立法権であった。

大統領在任中、さまざまな強権を行使した。いずれもトランプ氏の政治手腕と極めて類似するところがある。ジャクソン大統領の白人優位の姿勢は、先住民強制移住法に顕著に表れた。トランプ氏の場合それは、メキシコ国境の壁建設、グリーンカード(永住権)の年間発行数の半減などを柱とした新たな移民政策や難民、移民の入国制限などだ。

ポピュリズムは、人民の支持を基盤とする指導者が、国家主導で民族主義的政策を進める政治姿勢だが、同時に人民の一面的な期待に依拠して、操作することで権力を維持する大衆迎合主義にも変質する。(長瀬雄壱 フリージャーナリスト、元大手通信社記者)

【編集部のオススメ記事】
ビジネスもプライベートも「プラチナ」カラーに染める(PR)
「メルカリ上場」と日経が報道、時価総額1000億円超のユニコーン企業
都心・駅近物件のみの新しい投資商品とは(PR)
100万円で79万円儲かる?「究極の」資産運用術とは
株初心者が知らないと損をする?7つのポイントと株式投資で利益を得る方法(PR)