1億4,300万人が被害を受けている「米エキファックス情報漏洩」の顛末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

米国の三大信用調査会社のひとつエキファックスが、1億4,300万人分の重要個人情報が流出した可能性があると発表し、確認と対応のための専用サイトを開設した。個人はどう対応すべきなのだろうか。その深刻な被害は、遠い海の向こうの事例と見過ごすわけ……

https://100f.biz/archives/80397
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。