押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売

最初、映画フィルムの映写機かと思いました。

ケンコー・トキナーは8mmフィルムをデジタルデータ化できるフィルムコンバーター『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を2017年10月6日に発売します。希望小売価格はオープンですが、ケンコー・トキナーオンラインショップでの価格は5万220円(税込)になるとのこと。

8mmフィルムをクルクル回してデジタル化

8mmフィルムと聞くと若い方は「何それ?」状態だと思いますが、こちらはかつて映画撮影や家庭用ビデオ、そしてVHS以前の小型カメラの記録メディアとして利用された映像記録メディアです。今回の『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を使えば、8mmフィルムに記録された映像をデジタルデータ化してSDHCカードへ直接保存できるというわけ。ただし音声はダビングできないので、その点はご注意を。

この『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』では、8mmフィルムの映像が1440×1080ドット/30fpsのMP4(H.264)形式で記録されます。所要時間は3分(3号)の8mmフィルムなら約35分、7分(5号)の8mmフィルムなら約1時間40分。動画のダビングでは露出やフレーム、それにシャープネスの調整も可能なんだとか。対応している8mmフィルムの種類はスーパー8(シングル8)、レギュラー8(ダブル8)で、リールは3号(直径7.5mm)と5号(12.5mm)となっています。

本製品単体でも本体正面の2.4インチ液晶で動画を確認できますが、付属のTV接続ケーブルを利用すればTVの大画面で動画を楽しむことができます。お父さんやおじいさんの書斎に埋もれていた謎の8mmフィルム、もしかしたらとんでもなく価値のある映像が記録されているかもしれませんよ!

文/塚本直樹

関連サイト

『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』製品情報ページ
『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』プレスリリース

8mm映写機

The post 押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売 appeared first on デジノ杜.