SUBARUのフィスコ二期業績予想

※この業績予想は2017年10月5日に執筆されたものです。最新の情報が反映されていない場合がありますのでご了承ください。

SUBARU<7270>

3ヶ月後
予想株価
4,500円

自動車中堅。水平対向エンジンに特色。四輪駆動や安全技術に強み。航空機部品も。トヨタが筆頭株主。米国に合わせたクルマ作りで米国でシェアを拡大中。配当性向目安を30~50%に引上げ。18.3期1Qは増収増益。

新型小型車や新型SUVが好調で北米が好伸。国内も新型車や衝突防止システム搭載車の販売が伸びる。償却費増や販売奨励金増などを吸収。18.3期は営業増益確保へ。増配か。タカタ関連で特損。株価は戻り試すと想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
18.3連/F予/3,500,000/430,000/430,000/242,000/315.64/150.00
19.3連/F予/3,600,000/450,000/450,000/310,000/404.34/180.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/10/05
執筆者:JK

<FA>

【関連記事】
社会人必見!日経新聞・四季報などがネット上で全て閲覧可!その意外な方法とは
Macユーザー待望のMac版株取引ツール、「マーケットスピード for Mac」が凄い
IPO当選確率を上げる5つの秘訣とは?
あなたにピッタリな証券会社は?ネット証券を徹底比較!
ZMP上場に迫る!自動運転で注目の企業は優良IPO銘柄となりうるのか?