浜崎あゆみがSNSに意味深な投稿 「どうしたの?」と心配の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

2000年代に一大ブームを巻き起こした、日本を代表する歌姫・浜崎あゆみ(38)。自身を含めたひとりの女性の気持ちをあらわした歌詞に、多くのファンたちが共感した。

自身のSNSでも詩を投稿することも多い浜崎だが、10日に更新の投稿が「意味深すぎる」と話題を呼んでいる。

 

■自身の曲の歌詞を引用

「生きてく事は、どうして切ない? 生きてく事は、どうして嬉しい? 君のために出来る事は、この涙を拭いて笑顔で居る事」

 

と自身の楽曲である『SAKURA』の歌詞とともに赤い花が一面に咲いた花畑の写真をアップした浜崎。

また、コメントの最後には「R.I.P」と添えられており、浜崎が大切に思う身近な人が亡くなったのではないかとの推測もされている。

生きてく事は、どうして切ない? 生きてく事は、どうして嬉しい? 君のために出来る事は、この涙を拭いて笑顔で居る事。 _ R.I.P

A post shared by ayumi hamasaki (@a.you) on

 

■ファンからは心配の声

投稿を受け、ファンからは「どうしたの?」「なにかあった?」と、浜崎への心配の声があがっている。

・心にしみます ついつい自分のことでいっぱいいっぱいになってしまうのて、笑顔でいることの大切さ痛感します。

 

・あゆ大丈夫? 話せる時がきたら話して。僕はいつも貴女の味方だよ。こんな世の中だって狂った世界だって君のその綺麗さが僕を生かしてる

 

・泣きたい時に泣ける人は、周りを安心させる気がします。感情を偽るのは人にも自分にも毒

 

・生きて行くのって楽しい事ばかりじゃなくて、苦しくて辛い事の方が多いかもしれないね…

 

■半数が音楽で泣いた経験アリ

音楽に感情を揺さぶられた経験がある人は多いだろう。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,345名に「音楽を聴いて泣いた経験」について調査したところ、約半数が「経験アリ」と回答した。

歌詞や曲に込められたメッセージに感動する人は多いようだ。

 

9月に安室奈美恵(40)が引退を表明したときも、自身の曲の歌詞を引用して意味深な投稿をしていた浜崎。曲が自身とリンクしているということか。

・合わせて読みたい→セクシーワンピの浜崎あゆみ 松浦社長と親密ツーショット

(文/しらべぇ編集部・らむたそ) 

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2015年7月24日~2015年7月27日
対象:全国20代~60代男女計1345名
浜崎あゆみがSNSに意味深な投稿 「どうしたの?」と心配の声も しらべぇ | 気になるアレを大調査ニュース!