おぎやはぎのブステレビ

「クレームをつけてくるブス」の実態にドン引き ブスほどクレーマーになる? 

©AbemaTV

店員の態度にクレームを言いたくなる出来事に遭遇することはあるが、中には「そこまでする?」と非常識なほどにクレームを入れる人たちもいるだろう。

6日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた「ブスにつけられたクレーム」が話題になっている。

 

■クレームをつけてきたブス

番組では「こんなブスにクレームつけられた」エピソードについて街頭インタビュー。

・特売のブロッコリーが売り切れたことにキレた「ブロッコリーブス」。謝罪するも「謝って済む問題じゃないでしょ、ブロッコリー出しなさいよ」とすごい形相で1時間くらい説教したのち「こんな店、二度と来ないわ!」と捨て台詞を吐いて帰っていった

 

・「前髪を切られすぎて顔が大きく見られる」と美容系口コミサイトに書いてきた「顔デカブス」

 

・料理が遅れると女性従業員にブチギレるのに、男性従業員が持っていくと「え、いいよ♡」と媚びるブス

 

・ファミレスの空席もない忙しい時間帯に「ここ寒いから席をかえて。客が困ってるでしょ」と言ってくる「空調ブス」

 

・合コンでカワイイ子にだけ料理の取り分けをしたり、良い対応をしていたら「なんで私にもやってくれないのよ」とブチギレてきたブス。もともと小さい一重の目をさらに細めて睨みつけるように言ってきた

 

■クレームを言う女性は「女」を捨てている?

これらエピソードを受け、オアシズ・大久保佳代子(46)は相方・光浦靖子(46)を「警戒心が強いブス」として紹介した。クレジットカードで変な引き落としがあったためカード会社に連絡した際、カード会社から住所を聞かれた光浦は「なんでそんな個人情報ばっかり聞くんですか!」と言って電話を切ってしまったという。

また、タレントのぱいぱいでか美(26)もこれまでのアルバイト経験から数多くのクレームを経験したことを明かした。そして、クレームを言ってくる女性に共通するのはいずれも「ブスとまでは言えなくても『女性的な部分』は捨てている人」だと語った。

オアシズ大久保の「モテるブスとモテないブス論」に納得の声

©AbemaTV

「ブス」とひと口にいっても、そこにはモテる女性とモテない女性の境界線があるという。

30日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で、オアシズ・大久保佳代子(46)が明かした「モテるブスとモテないブス論」が話題になっている。

 

■大久保の「ブス仕分け」

ブス界のレジェンドとして番組に出演した大久保は、同じく「ブス枠」のスタジオ女性たちをモテるかどうか仕分けた。「あくまでも男目線」と言いながらグループがふたつに分けられると、スタジオは大盛り上がり。

その中の、「モテるブス」であるキャバクラ店員の女性に対して、MCのおぎやはぎは「なんでアリなの?」「顔ヤバイよ、本当」と大ブーイング。他の女性たちも納得がいかないのか、悲鳴があがった。

 

■モテるブスは口元がだらしない?

その理由について、大久保は「口元のだらしなさ」がモテにつながると主張。「そういう人ってお酒一緒に呑んでて酔っぱらったときに、すごいヤラしい感じがない?」と持論を展開した。

すると、口元がゆがんでいると自覚する元ナンバーワンキャバクラ嬢の芸人・ぐっちは、「お客さんに言われたことあるんですよ!それで指名もらってたんです」と熱弁。「口元がだらしなくて、エロくて好きだ」と言われた過去を振り返り、大久保の説に納得した。

 

■「ブサイク女子好き」の男性は1割

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名に「好きな異性のタイプ」について調査したところ、「ブサイクな異性が好き」と回答したのは全体の1割未満という結果に。

しかし性別に見ると、男性は1割が「ブサイクが好き」と思っていることが明らかに。

 

大久保の説が正しいとすれば、男性は女性に対して、どこかセクシーな要素を求めているということだろう。口元がゴリラといわれることもある大久保だが、モテる理由はそこにあるのかもしれない。

・合わせて読みたい→ブスは露出狂? おぎやはぎも驚愕の「ハロウィンで見たブス」があるある

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年1月20日~2017年1月22日対象:全国20代~60代の男女1,400名(有効回答数)

ブスは露出狂? おぎやはぎも驚愕の「ハロウィンで見たブス」があるある

©AbemaTV

31日はハロウィン。街中は仮装をして祭りを楽しむ人たちであふれているだろう。しかし、中には非常識な人も…。

30日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた、ハロウィンで見かけたブスたちが話題になっている。

 

■ブスは露出しがち?

番組では「ハロウィンで見たブス」について街頭インタビュー。

・太い足で露出できるわけがないのに肌色多めの「勘違い露出ブス」

 

・ブスなのに男性の前ではしゃぎ始める、異様にテンションの高いブス

 

・「KEEP OUT」のシールを胸に貼りまくって、胸の谷間やお腹を露出する「KEEP OUTブス」

 

・デブなのにナースのコスプレをする「ボンレスナースブス」

 

・そもそも顔がゾンビみたいなのにゾンビメイクをするブス

 

といった声があがった。

 

■ハロウィンはブスたちの収穫祭

傾向としては、露出に対して厳しい印象がもたれているようだ。このことについて、オアシズ・大久保佳代子(46)は女性は基本的に露出狂だとしたうえで、「ブスは寒いと感じない。温度調整は自分でできちゃうから」と持論を展開。スタジオの「ブス枠」の女性たちも大きく賛同した。

さらに、MCのおぎやはぎ・矢作兼(46)が「(露出するのは)顔はブスだけど体は自信あるからなの?」とブス女性たちに聞くと、スタイルに自信のある女性は「そういうこと」と本音を語った。

大久保も、「(男性たちは)酔っ払ってくると顔とかストライクゾーンが広くなってくる。『体さえ良ければイケる』みたいなのをこっちは狙う」と戦略を語った。

さらに、とある女性からハロウィンの目的について、ワンナイトラブを狙うことにあると主張すると、大久保も「ハロウィンは私たちにとって本当の収穫祭」と笑いを誘った。

 

■ハロウィン好きは4人に1人

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,354名に「ハロウィン」についての意識調査を実施したところ、「大好き」「まあまあ好き」と賛成派は4人に1人という結果に。

大半の人はハロウィンに対してあまり良い印象をもっていないようだ。

 

ハロウィンの楽しみ方は人それぞれだ。しかし、あまりハメを外しすぎると、周りからはイタい目で見られるかも。

・合わせて読みたい→森星、圧倒的美ボディで次元の違うハロウィンコスプレを披露 姉・泉もスゴイ

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

 

「ブスと揉めた話」におぎやはぎ大爆笑 美人とブスでは行くカラオケが違う? 

©AbemaTV

意見や価値観の違いから、誰かと揉めた経験は誰しもあるだろう。中には「ブスのくせに!」と怒りを燃やした人も少なくないはず。

23日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた「ブスと揉めたエピソード」が話題になっている。

 

■ブスと揉めたエピソード

番組では「コレでブスとモメました」と題して、ブス女性と揉めたエピソードについて街頭インタビュー。

・「○○があなたの悪口を言ってたよ」と友人や上司にウソをつき、関係を崩してきた「悪口ブス」。腹が立ったため、その女性を呼び出して「二度と関わんじゃねーぞブス」と言った

 

・彼氏の恋愛相談に乗ってくれていた優しい女性だったが、彼氏と別れた次の日にその彼氏とホテルにいる写真をSNSにアップしていた

 

・スーパーのトイレにあるトイレットペーパーを盗む常習犯の女性。店長と現場を取り押さえたが「公共の物。自分は悪くない」と開き直った

 

・電車で「私、盗撮されてる!」と騒いでその光景を写真に納め、SNSで悪口を言っていた女性。実際に盗撮はなく、その顔も「めちゃくちゃブサイクで盗撮しようと思わない」女性だった

 

といったエピソードがあがった。

 

■美人はパセラに行きがち?

これらの話を受け、たんぽぽ・川村エミコ(37)は、美人と揉めたエピソードを披露した。

かつて、バイトの2次会でカラオケに行くことになったとき、美人たちはパセラに行きたがったが、川村たちブス軍団はビッグエコー、カラオケ館に行きたいと言い出し、揉めたよう。結果、それぞれが分かれることになったという。

このエピソードを受け、スタジオのブス女性たちからは「あるある」と共感の声が。美人たちが『パセラ』に行く理由について、「美人はハニートーストを食べたい」との推測が。

磯山さやか、勝負下着やH後のパンツ回収方法を赤裸々に告白

©AbemaTV

磯山さやか(33)といえば、17年にもわたりグラビア界の第一線を走ってきたベテラングラドルだ。しかし、一方で恥ずかしがり屋という性格のせいか、恋愛トークは苦手のよう。

16日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で、Hな恋愛話を披露して話題になっている。

 

■赤面しながら勝負下着を発表

番組で、勝負下着について聞かれると「ツルツルしたやつ。触ったときに気持ちいいんじゃないかな」と明かした磯山。MCのおぎやはぎから「カタチは?」「大きさは?」と深く追及されると、「ふつうです」と照れながら答えた。

さらに、ふたりから色について聞かれた磯山は「うすピンクです」と赤面してしまう。これにはふたりも満足のようで、「イメージどおりだな」と感想をもらした。

 

■H後のパンツはどう回収する?

そして話題は、Hの後のパンツの回収方法に。他の出演者らは「足で床を探る」「朝、トイレに行くときに穿く」「穿かずにそのまま寝る」との意見をあげた。

一方、磯山は「そういうことがあったとします」と前置きをしたうえで、「男性が穿いたら(自分も)穿きます」と回答。矢作兼(46)から「男が全然穿かなかったら?」と聞かれると、「穿かない」と断言した。

この意見を聞いた小木博明(46)は「(男性に)合わせるタイプね」と感心していた。

 

■脱いだパンツを再度穿くのは嫌だ?

行為に至るまでにパンツが汚れてしまう場合もあるだろう。その後、汚れたパンツを再度穿くことに抵抗がある人も多いはず。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,387名に「一度脱いだパンツ」について調査したところ、6割が「再度穿くのは嫌だ」と回答。

ホテルなど、替えがない場合は、しぶしぶ穿いているということだろうか。

 

磯山の奥ゆかしさがピックアップされた下着事情。男性ファンが多いのも、こういった恥ずかしがり屋ながらも男性に尽くす姿勢なのかも。

・合わせて読みたい→女子の実態におぎやはぎもドン引き 「女子会で見たブス」があるあるすぎる

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年10月21日~2016年10月24日対象:全国20代~60代の男女1,387名 (有効回答数)

女子の実態におぎやはぎもドン引き 「女子会で見たブス」があるあるすぎる

©AbemaTV

気心知れた女子同士で、恋愛話や、ときには男性が居ると話せないようなエグい話題を話す「女子会」。しかし、中には非常識すぎる行動をとる女性も…。

16日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた、女子会で見かけたブスたちが話題になっている。

 

■女子会で見たブス

番組では「女子会で見たブス」について街頭インタビュー。

・みんなで飲んだあと、帰るときに「私めっちゃ酔っ払って〜お財布がどこにあるかわかんない」とお金を払わない「無銭飲食ブス」

 

・料理が来て食べようとなったとき「ちょっと待って! 写真撮るから」と写真を気にする「エセインスタグラマーブス」

 

・盛り上がりがピークのときに「彼氏から連絡きたから抜ける」と、女子会なのに男をとるブス

 

・一ヶ月前から予定を立てていたのに「サロンモデル頼まれたから」と約束を断るブス

 

・「私、女子力あります。お前らとは違います」というオーラを出してくるブス

 

・ブスなのに「私ナチュラルメイクなんで」と言ってくるブス

 

といった声があがった。

 

■割り勘だからと暴飲暴食するブス

女子会で見たブスについて、グラドル・磯山さやか(33)が、割り勘をいいことに暴飲暴食する女性をあげると、スタジオのブスメンバーの女性からは「めっちゃ食べる。美味しいものとか高いものばっかり食べる」との意見が。

その女性によれば、お金はちゃんと払うようだが、「出したお金の元はとる!」との思いで食べまくるようだ。

おぎやはぎも驚愕! 「オシャレを履き違えたブス」があるあるすぎる

©AbemaTV

自分を表現する手段でもあるファッション。さまざまな理由でオシャレに気を遣っている人も多いだろう。しかし、ときには非常識ともいえる服装を見かけることも…。

9日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた、「オシャレを履き違えたブス」が話題になっている。

 

■ブスは中村アンを意識しがち?

番組は「オシャレを履き違えたブス」について街頭インタビュー。

・ほぼ毎日ホットパンツを履いているブス。はみ出している足が太く、汚い

 

・胸が見えそうになるほど深いVネックのシャツを着ているブス。夏でもタートルネックを着てほしい

 

・目の下に真っ赤なチークをしている「年中ハロウィンブス」。流行っているが、気持ち悪い

 

・勉強が忙しい学部にも関わらず、何が入っているかわからないほどの小さいバッグで登校してくるブス

 

・首にチョーカーを巻いている「チョーカーブス」。ブルドッグが首輪を付けているみたいになっている。かわいい子とチョーカーを付けたブスが一緒に歩いていると、ペット感がある

 

・中村アンを意識して髪をかきあげているブス。自分も中村アンになれると思っちゃっているブス

 

といった声があがった。

 

■メイクで美人も台無し

ブスのファッションについて意見を求められたフォーリンラブ・バービー(33)は韓国系のメイクをする女性に疑問を呈した。薄くとった前髪をカールさせた髪型に、太眉、白い肌、赤いリップを塗っている、韓国アイドル風メイクをしている女性を見かけるようだ。

バービーはそれらの女性に「何がかわいいと思ってやっているんだろう。美人でもおかめちゃんみたいになる。『おかめ納豆』そのまま」と感想をもらした。

磯山さやかが経験人数を激白 おぎやはぎも驚愕の人数とは…

©AbemaTV

34歳という年齢ながら、いまだグラビア界の第一線で活躍するグラドル・磯山さやか。17年ほど男性ファンたちを喜ばせ続けたベテランだ。しかし、恋愛に関する話はあまり聞かない。

9日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かした、恋愛経験が話題になっている。

 

■34歳の磯山、経験人数は…

極度の恥ずかしがり屋だという磯山。MCのおぎやはぎ・矢作兼(46)から「異常なほど」と言われるほどだそう。

さらに矢作に「経験人数どれぐらいなの? 34歳だよな、5人くらい?」と聞かれた磯山は、「全然、片手なんて超えないです」と照れながら発言。その答えにスタジオは騒然とし、「マジで!?」「ウソだよ!」と驚きのよう。

おぎやはぎ・小木博明(46)も「(身持ちが)そんなに堅いのか! 34歳で5人は少ないだろ」とツッコミを入れた。

 

■恋愛は苦手?

矢作が「2、3年付き合った彼氏が20歳からいたとして…2年ずつだとしても7人行くんだぜ?」と指摘すると、「そんなにお付き合いしていないです。恋愛はあんまり…」と磯山。

小木がすかさず「付き合ってない人とは?」と、彼氏以外のベッドインの経験を聞くも、「ないです!」と即否定。矢作も「プロデューサーとは?」と追求するも、磯山はすかさず否定した。

この反応を見て矢作は「なんだ! 枕(営業)やってないのか」と残念な様子。小木も「グラビアは大体枕やってんだから」と便乗し、スタジオの笑いを誘った。

 

■男性がドン引きしてしまう経験人数とは…

34歳にして経験人数が5人以下という磯山に驚いていたおぎやはぎ。世間の男性たちはどう思っているのだろうか。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男性679名に「ドン引きしてしまう女性の経験人数」について調査したところ、もっとも多いのが「10人以上」で3割。

磯山の「4〜5人」は1割という結果に。「経験ナシ希望」と回答した男性も2割ほどいた。

 

男性たちを魅了するルックスとボディをもっていながら、恋愛はオクテという磯山。グラビアでのセクシーな姿とはギャップがあるところも、魅力なのかもしれない。

・合わせて読みたい→磯山さやかがSNSの「太っちゃうよ?」に鬼ギレ 「あなたに言われることではない」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日対象:全国20代~60代の男性679名(有効回答数)

おぎやはぎもドン引きの「泊まりに来たブス」 使用済みナプキンの処理で議論も

©AbemaTV

知人や友人を家に招き入れたのはいいものの、そこで非常識な行動をとられてイラッとした経験はないだろうか。

2日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で明かされた、「泊まりに来たブス」が話題になっている。

 

■泊まりに来たブス

番組では「泊まりに来たブス」について街頭インタビュー。

・頼んでもいないのに、美味しくもない料理を勝手に作り始める「朝食ブス」。ブスの手の込んだ料理より、美人の卵かけご飯のほうが美味しい

 

・「おじゃましまーす」という挨拶とともに、勝手に冷蔵庫を空けて、牛乳をラッパ飲みし始めたブス

 

・「私の家で洗うから下着脱いで」と言って、パンツを盗んだ「下着転売ブス」

 

・3人で宅飲み中、買い出しに行って戻ってくると、人の家で勝手にベッドインしていたブスの男女

 

・やたらと家から帰りたがらないブス

 

・目を離したスキに、人の家で勝手にムダ毛処理をしていたブス

 

といった声があがった。

 

■他人の家では洗面所をビショビショにする?

中には「ブスは家に呼ばない。同じ空気を吸いたくない」と豪語する人も。

これらの意見を受けスタジオでは、ブスを自覚している「ブス枠」の女性たちがさまざまな実体験を告白。

ある女性が「洗面台やお風呂場にある高そうな化粧水やシャンプーをバンバン使う」と話すと、「週に1回の高級のやつをベタベタにして使う」と共感の声が。Mr.マリックの娘でラッパーのLUNA(37)も「洗面所をビショビショにしちゃう」と明かした。

元NMB48・山田菜々が「ブス扱い」に不満 「美人ではない」と厳しい声も

©AbemaTV

自分では美人と思っていても、周りから「ブス」と言われたことで容姿を自覚する人は少なくない。

2日放送の『おぎやはぎのブステレビ』(AbemaTV)で元・NMB48の山田菜々(25)が明かした、ブス扱いされたエピソードが話題になっている。

 

■マネージャーからブス扱いの山田

番組に出演した山田に、MCのおぎやはぎは「かわいいよね」とコメント。

しかし、ブスを自覚する「ブス枠」の女性たちは「まぁまぁ」「ボチボチ」と厳しい評価が。「私たちに感謝してほしい。山田だけを見ても『美人』とはならない」と、引き立て役がいるからこそ美人に見えると主張した。

山田は自分の容姿について「ブスだとは思っていなかった」と自信満々な様子。しかし、2年半前にNMB48を卒業してからは周りの態度も変わったようで、「マネージャーからすごいブスと言われる」と悩みを明かした。

 

■ブス枠女性からもバッサリ

また、「泊まりにきたブス」というトークテーマでは、矢作兼(46)から「ブスとか泊まりに来るの?」と聞かれた山田は「(ブスは)来ないです。家に上げない」とバッサリ。

ブス枠の女性からは「ひどい」と声があがるも、山田は「リアルな話、ブスの友達がいないんですよ」と発言。「類は友を呼ぶ」と、自分が美人だから友人も美人だと主張した。

しかし、ブス枠の女性からは「山田さんがブスって可能性ありません? 自分が一番下だから気付いていない」と猛反論が。この意見を聞いた山田は「じゃあ友達になりません?」とブス枠の女性に訴えるも、「なりません」と否定され、スタジオは笑いに包まれた。

 

■ブスを自覚している女性は約半数

自らの容姿に自信満々な山田だが、周りからは厳しい声が相次いでいた。

しらべぇ編集部が全国20〜60代の女性702名に「自分の容姿」について調査したところ、「ブスだと思う」と自覚しているのはおよそ半数との結果に。

半数以上は自らをブスだとは思っていないようだ。もしかすると、山田のように自らのルックスには自信がありながらも、周りからは否定的な目で見られている女性も多いのかもしれない。

 

けっしてブスではないし、かといって絶賛するほど美人でもないと評判の山田。バラエティ番組でも活躍している要因のひとつは、彼女のこうした「イジりやすさ」なのかも。

・合わせて読みたい→天木じゅん、ブス扱いされ号泣した過去を告白 母に泣きついた結果…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2015年8月21日~2015年8月24日対象:全国20~60代の男女1413名(有効回答数)