これは便利

押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売

最初、映画フィルムの映写機かと思いました。

ケンコー・トキナーは8mmフィルムをデジタルデータ化できるフィルムコンバーター『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を2017年10月6日に発売します。希望小売価格はオープンですが、ケンコー・トキナーオンラインショップでの価格は5万220円(税込)になるとのこと。

8mmフィルムをクルクル回してデジタル化

8mmフィルムと聞くと若い方は「何それ?」状態だと思いますが、こちらはかつて映画撮影や家庭用ビデオ、そしてVHS以前の小型カメラの記録メディアとして利用された映像記録メディアです。今回の『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を使えば、8mmフィルムに記録された映像をデジタルデータ化してSDHCカードへ直接保存できるというわけ。ただし音声はダビングできないので、その点はご注意を。

この『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』では、8mmフィルムの映像が1440×1080ドット/30fpsのMP4(H.264)形式で記録されます。所要時間は3分(3号)の8mmフィルムなら約35分、7分(5号)の8mmフィルムなら約1時間40分。動画のダビングでは露出やフレーム、それにシャープネスの調整も可能なんだとか。対応している8mmフィルムの種類はスーパー8(シングル8)、レギュラー8(ダブル8)で、リールは3号(直径7.5mm)と5号(12.5mm)となっています。

本製品単体でも本体正面の2.4インチ液晶で動画を確認できますが、付属のTV接続ケーブルを利用すればTVの大画面で動画を楽しむことができます。お父さんやおじいさんの書斎に埋もれていた謎の8mmフィルム、もしかしたらとんでもなく価値のある映像が記録されているかもしれませんよ!

文/塚本直樹

関連サイト

『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』製品情報ページ 『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』プレスリリース

8mm映写機

The post 押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売 appeared first on デジノ杜.

押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売

最初、映画フィルムの映写機かと思いました。

ケンコー・トキナーは8mmフィルムをデジタルデータ化できるフィルムコンバーター『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を2017年10月6日に発売します。希望小売価格はオープンですが、ケンコー・トキナーオンラインショップでの価格は5万220円(税込)になるとのこと。

8mmフィルムをクルクル回してデジタル化

8mmフィルムと聞くと若い方は「何それ?」状態だと思いますが、こちらはかつて映画撮影や家庭用ビデオ、そしてVHS以前の小型カメラの記録メディアとして利用された映像記録メディアです。今回の『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』を使えば、8mmフィルムに記録された映像をデジタルデータ化してSDHCカードへ直接保存できるというわけ。ただし音声はダビングできないので、その点はご注意を。

この『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』では、8mmフィルムの映像が1440×1080ドット/30fpsのMP4(H.264)形式で記録されます。所要時間は3分(3号)の8mmフィルムなら約35分、7分(5号)の8mmフィルムなら約1時間40分。動画のダビングでは露出やフレーム、それにシャープネスの調整も可能なんだとか。対応している8mmフィルムの種類はスーパー8(シングル8)、レギュラー8(ダブル8)で、リールは3号(直径7.5mm)と5号(12.5mm)となっています。

本製品単体でも本体正面の2.4インチ液晶で動画を確認できますが、付属のTV接続ケーブルを利用すればTVの大画面で動画を楽しむことができます。お父さんやおじいさんの書斎に埋もれていた謎の8mmフィルム、もしかしたらとんでもなく価値のある映像が記録されているかもしれませんよ!

文/塚本直樹

関連サイト

『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』製品情報ページ 『8mmフィルムコンバーター KFS-888V』プレスリリース

8mm映写機

The post 押入れの奥に眠る8mmフィルムをデータ化できるコンバーター、ケンコー・トキナーが発売 appeared first on デジノ杜.

手間なし水耕栽培キット『Click & Grow』で、自宅がハーブガーデンに!?

無農薬ってのがいいですよね。

最近ブームの兆しを見せているのが、部屋の中で気軽に野菜が収穫できる”水耕栽培キット”。これまで登場してきたプロダクトでは育成部分がドームで囲われているなど、大柄なものも多いのですが、海外で販売されている『Click & Grow』はそのコンパクトさと気軽さがセールスポイント。ひょいと片手で持ち上げられる程度の本体サイズながら、さまざまな野菜が栽培できるんです。

製品の本体価格は59.95ドル(約6700円)で、本体カラーはホワイト、キウィグリーン、オレンジの3色。

お手軽なカプセル式の栽培キット

『Click & Grow』の本体にはLEDランプが備え付けられていて、野菜の”カプセル”を本体に装着して利用します。カプセルには野菜の育成に充分な栄養が含まれており、また栽培用の水のPHを調整することで、健康に野菜を育ててくれます。

1か月分の水を貯蔵できるタンク入り

製品の使用方法は至極簡単で、電源を入れて定期的に水を補給するだけです。内部の水が減ってくると本体サイドの「浮き」が下がってくるので、浮きが上にせり上がるまで水を注いであげましょう。そうは言っても、内部の水槽は1.2リットルの容量があって、およそ1か月分にあたる水を貯蔵できるんですけれどね。野菜が育ってきたら、LEDランプの高さの調整を忘れずに。

ハーブを中心に多彩な野菜を栽培できる

別売りされる野菜のカプセルは多種多様にわたり、バジルやセージ、シソ、イエロー・スイートペッパーといったハーブ類からレタスまで多彩な作物を育てられます。苗カプセルは3個セットなら9.95ドル(約1100円)で販売され、9個セットや18個セットでも購入可能。本体には最初からバジルのカプセルが3個付属しています。ただ、残念ながら本体、野菜カプセル共に日本への配送には対応していませんでした。

文/塚本直樹

関連サイト

『Click & Grow』製品情報サイト(英語) 

グリーンフィールド ハーブ有機種子 バジル [小袋] A001

The post 手間なし水耕栽培キット『Click & Grow』で、自宅がハーブガーデンに!? appeared first on デジノ杜.

手間なし水耕栽培キット『Click & Grow』で、自宅がハーブガーデンに!?

無農薬ってのがいいですよね。

最近ブームの兆しを見せているのが、部屋の中で気軽に野菜が収穫できる”水耕栽培キット”。これまで登場してきたプロダクトでは育成部分がドームで囲われているなど、大柄なものも多いのですが、海外で販売されている『Click & Grow』はそのコンパクトさと気軽さがセールスポイント。ひょいと片手で持ち上げられる程度の本体サイズながら、さまざまな野菜が栽培できるんです。

製品の本体価格は59.95ドル(約6700円)で、本体カラーはホワイト、キウィグリーン、オレンジの3色。

お手軽なカプセル式の栽培キット

『Click & Grow』の本体にはLEDランプが備え付けられていて、野菜の”カプセル”を本体に装着して利用します。カプセルには野菜の育成に充分な栄養が含まれており、また栽培用の水のPHを調整することで、健康に野菜を育ててくれます。

1か月分の水を貯蔵できるタンク入り

製品の使用方法は至極簡単で、電源を入れて定期的に水を補給するだけです。内部の水が減ってくると本体サイドの「浮き」が下がってくるので、浮きが上にせり上がるまで水を注いであげましょう。そうは言っても、内部の水槽は1.2リットルの容量があって、およそ1か月分にあたる水を貯蔵できるんですけれどね。野菜が育ってきたら、LEDランプの高さの調整を忘れずに。

ハーブを中心に多彩な野菜を栽培できる

別売りされる野菜のカプセルは多種多様にわたり、バジルやセージ、シソ、イエロー・スイートペッパーといったハーブ類からレタスまで多彩な作物を育てられます。苗カプセルは3個セットなら9.95ドル(約1100円)で販売され、9個セットや18個セットでも購入可能。本体には最初からバジルのカプセルが3個付属しています。ただ、残念ながら本体、野菜カプセル共に日本への配送には対応していませんでした。

文/塚本直樹

関連サイト

『Click & Grow』製品情報サイト(英語) 

グリーンフィールド ハーブ有機種子 バジル [小袋] A001

The post 手間なし水耕栽培キット『Click & Grow』で、自宅がハーブガーデンに!? appeared first on デジノ杜.

私はロボモップ『Everybot RS700』。拭き掃除を執行するのが任務だ(がしゃーんがしゃーん)

やっぱり水拭き、したいですよね。

最近はお掃除ロボットが次々と発表されていますが、それらのほとんどは乾いたブラシによる「掃き掃除」を行うタイプ。一部の拭き掃除ロボをのぞいては、床にこびりついた汚れなどがちょっと苦手だったりします。そんな頑固な汚れに立ち向かうべく、水拭きができる自走式のロボモップ『Everybot RS700』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

デュアルモップでお部屋をキレイに

『Everybot RS700』の本体下部には水タンクと一体化した2つの回転式モップが装備されています。回転モップへと自動で給水が行われ、移動しながら床をキレイに拭き掃除。面白いことに本体の移動そのものもモップの回転によって行われるなど、まさに回転モップが一石二鳥な役割を果たすのです。

障害物や家具下の暗所にも賢く対応

本体には各種センサーが搭載され、障害物を感知して避ける、階段などの段差を認識して止まる、ベッドの下などの暗い場所を掃除し終えると自動で明るい場所に出てくる、といったようになかなか賢いAIを備えている模様。動作の指定は本体ボタン、および付属のリモコンから行う仕組みとのことです。

手持ちでも使えるぞ

ロボット掃除機として床掃除に使うだけでなく、手持ちすることで窓掃除などにも利用可能。「ドライモード」を利用すれば、乾いたモップでカラ拭き掃除もできます。

『Everybot RS700』のクラウドファンディング・プロジェクトはすでに資金募集に成功しており、279ドル(約3万1000円)支援すれば1台手に入ります。製品は2017年12月の出荷が予定されており、全世界へ発送対応してくれるとのこと。水拭きできるロボット掃除機といえばiRobotの「Braava(ブラーバ)」シリーズが有名ですが、掃除能力にどの程度の違いがあるか試してみたいところです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Everybot RS700』プロジェクトページ(英語)

ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

The post 私はロボモップ『Everybot RS700』。拭き掃除を執行するのが任務だ(がしゃーんがしゃーん) appeared first on デジノ杜.

野外ラーメン作りが捗るぜ!直火調理OKで、財布サイズに折りたためる携帯クッカー

バッグみたいな見た目だけど、直火にかけられるみたい!

キャンプや登山の合間に即席ラーメンを作るのが楽しみという人は結構多いと思うのですが、ネックとなるのが鍋(クッカー)の持ち運び。あれ、リュックの中で結構かさばるんですよね。そんな悩みを解決してくれそうな、折りたためばお財布ほどのサイズにまで小さくなるアウトドア用クッカー『Bear Bowl』が、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達に成功しました。

直火にかけても燃えない! 水分も通さない!

クッカーというより小さめのバッグみたいな『Bear Bowl』。しかし本体は軟らかくて燃えにくく、水を通さない素材でできています。本体底面には火にかけるための金属プレートがあり、携帯用ストーブに載せて直火調理ができるんです。

約900mlの水を入れられるサイズで、お湯を沸かせるのはもちろん、スープと麺を入れて即席ラーメンだって作れます。一般的なストーブを使う場合、およそ5〜8分ほどで水を沸騰させられるのだそう。また製品ラインナップには内容量が2倍の『Mama Bear』、4倍の『Papa Bear』も用意されています。

折りたためばコンパクト&お手入れも簡単

本体重量はわずか約180gと、軽量そのもの。見ての通り、たたんだ状態は二つ折りの財布と見間違えるほどの小ささになります。

クッカー内側の汚れは、ふきんなどで拭けば簡単にきれいになるとのこと。アウトドアシーンで使用済みの飯盒やクッカーを水でザブザブ洗う手間を思うと、サッと拭くだけでバックパックにしまえるラクさは非常に魅力的ですね。

お求めやすい価格。日本発売が待ち遠しい

Indiegogoではわずか19ドル(約2100円)で購入できて、コストパフォーマンスも良好な気がする……のですが、残念ながら日本は配送対象国に含まれていません。アウトドア愛好家以外にも人気が出そうな製品だけに、日本での発売を期待したいなー。

文/塚本直樹

関連サイト

『Bear Bowl』プロジェクトサイト(英語) 

サッポロ一番 塩らーめん 5食×6個

The post 野外ラーメン作りが捗るぜ!直火調理OKで、財布サイズに折りたためる携帯クッカー appeared first on デジノ杜.

電動キックボードがスクーターに。変形マシンに乗りたい人は寄っといで~!

疲労度によって切り替えたい。

ここ最近は『セグウェイ』のような立ち乗り式の電動スクーターのプロジェクトが次々と登場していますが、中には「ずっと立ちっぱなしで疲れない?」と思った人もいるでしょう。そんなあなたの不安を解消してくれる、立っても座っても乗車できる電動スクーター『Metro Shark』が中国で誕生しました。車両カラーはサファイアブルー、コーラルレッド、ロマンティックパープル、パールホワイト、オリーブブラックの5色。

どっちのスタイルで乗りたい?

キックスケータースタイルから、ボード部分を跳ね上げて着脱式シートを取り付ければスクータースタイルに変身。座って楽々移動できます。

車体には12Ahのリチウムイオンバッテリーを搭載し、最高速度は時速25kmとなかなか速め。巡航距離も30〜35kmと十分なスペックを達成しています。10インチタイヤを装着した後輪にはディスクブレーキが搭載されており、安全性にも考慮されているのがいいですね。

折りたたんで持ち運べます

車体サイズは全長1160×幅620×高さ1150mmで、車重は25kg。車体はコンパクトに折りたたむことも可能です。車に積み込んだり、あるいは公共機関で持ち運んで、あちこち走り回ってみたいですね。なお、日本で走行する場合には免許などのさまざまな制限が予想されるのはいつものパターン通りです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Metro Shark』情報サイト

JD RAZOR MS-105R クリア

The post 電動キックボードがスクーターに。変形マシンに乗りたい人は寄っといで~! appeared first on デジノ杜.

至福の時間を6種のツールで演出。便利な『ワインマスター』がビクトリノックスから

コルクを抜いて、付け合せのチーズや肉を切って……と、ワインを飲むのって意外と忙しいもの。

ワインと過ごす至福のひとときをより快適にしてくれる、フォイルカッターからコルクせん抜き、ナイフなどの6機能を小さなボディに集約した『ワインマスター(Wine Master)』が、おなじみビクトリノックスから2017年10月21日より発売されますよ。本体カラーはウォールナットとオリーブウッドの2色で、価格は2万520円(税込)です。

ワインを楽しむための機能を凝縮

ビクトリノックスといえば1本のナイフにギュッと凝縮された多彩なマルチツールの代名詞的存在。この『ワインマスター』もワインを楽しむためのツールがすべて内蔵されていると言えるほどの充実ぶり。まずは本体下部にあるフォイルカッターでコルクの周りを覆うフォイルを切り開き、その後は様々な長さのコルクに対応可能な通常より長いコルクせん抜きをどうぞ。開栓時にはテコの原理で簡単にコルクが抜けるという、2ステップレバーが活躍します。

この2ステップレバーはせん抜きとしても利用可能。チーズやハムを切るためのナイフはロック機能つきで、安全性に配慮されています。

気分を盛り上げるレザーケース

製品には高級感のある専用レザーポーチが付属。お食事前のエレガントな雰囲気を壊しません。『ワインマスター』の本体サイズは長さ130×奥行き34.5×厚さ34.5mmで、重量は約120gです。

文/塚本直樹

関連サイト

ワインマスター(ビクトリノックス・ジャパン公式Tumblr)

ビクトリノックス ワインオープナー ブラック 769233

The post 至福の時間を6種のツールで演出。便利な『ワインマスター』がビクトリノックスから appeared first on デジノ杜.

もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上

一人でするアレやコレやが、ますます捗る!?

2014年にビビラボから発売され、「自宅のデスクを個室にする」という概念を広めた初代『ぼっちてんと』が、この度リニューアル。さらに暗さと通気性を向上させた『ぼっちてんと(BT1-110/130)』として発売を開始しました。Amazon.co.jpでの価格は幅110cmモデルが1万811円、幅130cmモデルが1万581円となっています。

遮光性の高まった個室空間

新型の『ぼっちてんと』では初代モデルよりも遮光性の高い生地を採用。メーカーの実験によると、明るさ約300ルクスのオフィスで全ての窓を閉じた状態での家庭用の照度計の数値が「21」から「0」に低減されるなど、圧倒的な暗さを実現しています。

デスクがすっぽり入るサイズながら、持ち運びも簡単

本体サイズは横幅130/110×奥行き130×高さ150cmで、多くの家庭用のデスクに適合。同メーカーが展開するオフィスチェアブランド「バウヒュッテ」のデスクシリーズでも利用できるようです。

ポップアップ式で簡単に設置でき、利用しないときはクルクルっと丸めて手持ちサイズにまで小さくなります。本体重量は幅110cmタイプが2.7kg、幅130cmタイプが2.85kgと軽量で、持ち運びも楽々。

便利に使える気遣いも

本体の4隅はケーブルホールになっているので、内部のPCや照明用の電源ケーブルの取り込みも簡単です。

メッシュ窓が大型化したことにより、通気性が向上。たとえ狭い個室内であっても、快適な作業ができるよう配慮されています。

文/塚本直樹

関連サイト

『ぼっちてんと』製品情報ページ

BIBILAB (ビビラボ) デスク用テント ぼっちてんと BT1-110-BK

The post もっと一人っきりになる!新型『ぼっちてんと』は暗さと通気性が向上 appeared first on デジノ杜.

新iPhoneでワイヤレス充電器デビューする初心者に。3480円のお手軽モデルがベルキンから登場

最初はこういうのでいいんじゃない?

『iPhone X』『iPhone 8』が対応したことで、にわかに注目されつつある“ワイヤレス充電”。その充電器として、ベルキンはワイヤレス充電規格「Qi」に対応した『BOOST↑UP Qiワイヤレス充電パッド(5W)』の発売を開始しました。価格は3480円(税別)です。

iPhone以外にも対応します

Qiに対応している機器であれば、つい先日発表された『iPhone X』や『iPhone 8/8 Plus』はもちろんのこと、『Galaxy S8』や『Galaxy Note 8』のような最新Androidスマホも充電できます。また厚さ3mm程度までのスマホケースであれば、端末に装着したままでも問題なく利用できるそうですよ。

充電能力は必要十分

本製品の充電能力は5W/1.0A出力。これはQiの最新規格には一歩及ばないものの、一般的なスマホの充電には必要十分と言ったところです。ケーブルによる高速充電には敵いませんが、ワイヤレスの利便性はそんなことを凌駕してくれるでしょう。

ちょうどいい感じのサイズ

パッドの表面は柔らかく滑らかで、スマホを傷つけずに充電できます。また本体下部には高摩擦素材を採用し、机などから滑り落ちないように設計されているんだとか。本体が薄型で、大きすぎないのもポイントと言えますね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Boost↑Up Qi Wireless Charging Pad (5W)』プレスリリース 『BOOST↑UP Qiワイヤレス充電パッド(5W)』製品情報サイト

ベルキン F8M747BT BOOST UP Qi ワイヤレス充電パッド

The post 新iPhoneでワイヤレス充電器デビューする初心者に。3480円のお手軽モデルがベルキンから登場 appeared first on デジノ杜.