さんま

「若者の魚離れ」って本当? シンプルだけど「きちんとごはん」の印象も

((C)AC)

スーパーや魚屋で、塩焼き用のサンマが並ぶのを見て「秋だなあ」と感じる季節。

その一方で、「若者の魚離れ」が話題になるなど、骨をよけたり、皮やワタを苦いと感じたりして、嫌う人が増えているという意見も。

農林水産省のサイトで「魚離れ」と検索してみると、水産庁が発表した「平成20年度 水産白書」ほか、約 1,420 件がヒットするなど、本気で懸念している感が満載。食文化の変化に対する課題として、重要視していることが伺える。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「焼き魚が好き」か、意識調査を実施した。

 

■意外と多数派

全体では「大好き」32.7%と「まあまあ好き」47.1%で「焼き魚が好き」な人は、ほぼ8割の79.8%。予想外の多数派ぶりで、「魚離れ、してないのでは?」という印象。

一方、「あまり好きではない」15.3%と「嫌い」4.9%で「焼き魚は苦手」な人は、20.2%に留まった。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「焼き魚が好き」な人の割合は、男性が76.6%に対し、女性は83.0%と、6ポイント以上の開きが。

さらに、「焼き魚が好き」な人を性別・年代別で見てみると、

女性は20代を除き、8割超え。男性も30代以外は7割を超えており、60代男性が全体で最も高い89.2%という結果に。

年代に比例して上昇する傾向はあるため、「若者の魚離れ」の兆しがなくもないが、魚料理の定番のひとつ「焼き魚」に対し、まだまだ過半数が「好き」と回答している状況だ。

 

■一番旬を感じる

実際に「焼き魚が大好き」という人に、話を聞いた。

「もちろん、お肉だって大好きですよ。でも、白飯に味噌汁、焼き魚って、シンプルだけど『家庭料理』って気持ちがして、いいなぁ…って。あと、ちょっと煮物とか、漬物とかあると最高。定食屋なんかで焼き魚定食があったら、積極的にオーダーします。

 

忙しいと、ファーストフードやラーメンとか、お腹を満たす“だけ”のものになりがち。それはそれでいいんだけど、『きちんとしたもの、食べたいな』って気持ちになる時って、焼き魚定食的なものを求めているんですよね」(20代・男性)

 

「塩鮭とか干物は別にして、生の魚はお肉よりも保存がしにくいし、子供がいるのでどうしても肉料理になりがちですね。でも、夫も私も魚が好きで、子供たちにもバランスよく、好き嫌いなく食べてもらいたいので、焼き魚の頻度は多い方だと思います。

 

一年中食べられるようになった食材が多い中で、魚は旬がはっきりしているし、美味しい時期に安くなるものが多いのも嬉しい。今の日本で食べ物の旬を一番感じられるのは、魚なんじゃないですかね」(30代・女性)

 

世界的な和食ブームや温暖化の影響などさまざまな要因もあり、庶民の魚が高値になることもあるが、ごはんと味噌汁と焼き魚が軸の食事は、日本人のDNAに刷り込まれた食卓の風景のひとつなのかも。

お肉もいいけど、旬の美味しい魚を味わってみては。

・合わせて読みたい→若者のカレー離れ? 社内で「暗黙のルール」確立するツワモノ女子も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ 参考/農林水産省

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

食欲の秋が来た! 大戸屋『生さんまの炭火焼き定食』がコスパ最強

もう9月に入り、気温もだいぶ低くなってきた。季節も秋になってきたことを感じるころ。

そんな秋の定番であるさんまを、9月6日から、ほかの定食屋に先駆けていち早く大戸屋が定食として提供しはじめた。

 

■値段はやや高めだが…

2017年はさんまが不漁で小ぶりなため値下げで対応するらしいのだが…ショボいさんまが出てこないか心配である。

値段は2匹で税込1190円と値下げしたにしてはややお高い値段だが、味はどうなのだろうか? 実際に行って確かめることにした。

 

■多くの人がさんま定食を注文

店内にはいりほかのテーブルを見てみると、かなり多くの人がさんま定食を注文している。みんな秋になるとさんまを食べたくなるらしい。

注文して数分後に届いたさんまを見ると…小ぶりと言っていたのに昨年と同じぐらいのちょうどいいサイズじゃないっすか! コレはウマそうだ。

 

■脂のノリは十分

焼き加減もバッチリで、炭火で焼いているからか皮はパリパリ。

身を持ち上げてみると、しっかりとした脂のノリがわかる。さすが有名な根室で獲れたさんまである。

 

■大根おろしで最後までさっぱりと

気になる味は、もちろん激ウマ! 生なので臭みもなく、つけあわせの大根おろしと一緒に食べればボリューム満点なのに最後までさっぱりいただける。

しかしここまでベストな焼き具合は、あのランチタイムに超絶混みあう店でどのようにすればできるのだろうか? 不思議なぐらい完璧な仕上がりだったので、そこが気になってしまった。

 

■市場でも300円前後で取引

ちなみに、しらべぇ取材班が先日訪れた『松戸南部市場』では、さんまが1匹250円~300円程度で販売されていた。

それを考えると、焼き具合もベストで脂のノリもばっちりなさんまを使用した、大戸屋のさんま定食は非常にコスパが優れていると言っていいだろう。

まださんま定食を提供する店は少ないので、いちはやく秋を感じたい人は、大戸屋へ行ってみるといいかもしれないぞ。

・合わせて読みたい→100円回転寿司で最強? 千葉の水産会社が経営の『とびっ子』が安ウマすぎる

(取材・文/しらべぇ編集部・熊田熊男