つるの剛士

日めくりカレンダー発売の「ひふみん」 本業を知らない人がいる?

(画像はTwitterのスクリーンショット)

16日、将棋棋士の「ひふみん」こと加藤一二三九段が自身のTwitterで、11月頃「日めくりカレンダー」を発売する予定であると発表。

ツイートには、赤いシルクハットとタキシード姿で横たわる同九段が収められており、早くも話題騒然だ。

 

■引退後メディアに多数出演

加藤一二三九段といえば、言わずと知れた将棋の大棋士。14歳7ヶ月でプロ棋士となり、名人・十段・王位・棋王・王将のタイトルを複数回獲得したレジェンドである。

残念ながら今年6月をもって現役を引退し、棋士人生には一定の区切りがついた加藤九段だが、メディアの露出は一気に増加。

レギュラー出演中の『アウトデラックス』(フジテレビ系)だけでなく、さまざまなテレビ番組に登場している。とくに『ダウンタウンDX』で見せた浜田雅功との絡みは、名コンビ誕生を予感させた。

 

■将棋ファンからは扱いに嘆きも

『ダウンタウンDX』には、かつてEテレの『将棋フォーカス』でMCを務め、自身も将棋ファンである有段者のつるの剛士が登場。

その中でレジェンドである加藤九段が「ひふみん」と呼ばれることについて、「どんな人か知っているのですか」と嘆くシーンも。

最近は活動の幅を広げ、棋士としての加藤九段を知らない人も多く、「陽気なおじいちゃん」と思っている人もいるらしい。