ひどい

PCやスマホの画面を何時間見続けてる? 目の疲れ放置して体調崩す人も

(sunabesyou/iStock/Thinkstock)

デスクに向かっている時はPCを見続け、外出しても移動中にはスマホをチェック…現代人の場合、起きている間かなりの割合で何らかの「画面を見ている」状態になっている人も多いだろう。

そこで出てくるのが「目の疲れ」。ドライアイやピントを調節する機能が低下する、人によっては頭痛を引き起こすなど、さまざまな影響があるが、どれくらいの人が「目の疲れに悩まされているのだろうか?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,354名を対象に「目の疲れはある」か、意識調査を実施した。

■女性は半数以上が

全体では「ひどい」14.4%と「まあまあひどい」33.1%で「目の疲れがひどいほうだ」は47.5%、「まあまあ大丈夫」35.1%と「大丈夫」17.4%で「疲れ目ではない」が52.5%となった。

しかし、男女別に見ると

「ひどい」「まあまあひどい」の「目の疲れがひどいほうだ」の割合は、男性が41.2%に対し、女性は53.7%と12.5ポイントも女性が上回る結果に。

性別・年代別では、全ての年代で女性が上回るほか、男性は全年代で半数以下。一方で、女性は20代~40代まで6割近くが「目の疲れがひどいほうだ」に該当する。

また、「目の疲れがひどいほうだ」という人の多い特徴を見てみると、

「ビットコイン(仮想通貨)を保有している」「ゴシップが好きだ」「自分はツイッター廃人だと思う」「インスタグラムを使っている」が上位に。

情報を常にチェックしている人や、SNSを頻繁に活用している人は、やはり目を酷使しがち――といった傾向があるようだ。

 

■疲れ目が体調に影響も

実際に「目の疲れがひどい」という人に、話を聞いた。

「以前からコンタクトをしていて、ドライアイ気味ではあったのですが、仕事で酷使しているせいか、ここ1・2年でかなり目の疲れを感じるようになりました。

 

仕事中はある程度は仕方ないけど、肩コリと合わせて、本当にひどい時は頭痛や吐き気がしてくるので、ランチは画面から離れるために外食したり、夕方ブレイクタイムを作ってコンビニにお茶やおやつを買いに出たり、目を休ませる時間を取るようにしています」(20代・女性)

 

「昔からPCはよく使う方でしたが、それでも目の負担はあまり感じていませんでした。それがスマホやタブレットを使うようになり、手軽にチェックできるようになったせいか、ずーっと仕事のデータや情報収集をするようになってしまって…。

 

気づいたら疲れだけでなく、目を閉じてもチカチカしているような状態になり、体調も崩しがちになったので、ひとまず眼科へ行きました。そこで神経科にも行くように勧められ、いろいろ検査しましたが、結局のところオン・オフの切り替えが、できなくなっていたんですよね。

 

目の疲れ自体が身体からのサインだったわけで、そうした変化を感じたら、素直に画面から目を離して、休むようにしないといけないと、実感しました」(50代・男性)

 

忙しい時や集中しているとどうしても長時間、画面を見続けることも多い。

しかし、そんな時にこそ目の疲れを感じたら、お茶を淹れたり、窓の外を眺めたり、一息入れることも大切といえそうだ。

子連れOKなのに! 飲食店で子供が泣いた時に店員にされた最悪行動

(kazoka30/iStock/Thinkstock)

子どもが公共の場で騒いだり、泣きじゃくったりすると周りの目が気になるため、外出を避けている親は多いかもしれない。

そんな親にとって、子供連れOKの飲食店はありがたい存在。だが、子供連れOKのお店であるはずにも関わらず、周りの客どころか、お店自体が陰険な対応をしてくるところもあるのだとか。

しらべぇ取材班は、子供のいる女性に「飲食店で子供が泣いた時に店員にされた最悪行動」を調査してみた。

 

①子供OKと言ったのに、泣いたら「外に出てあやせ」と言う

「家族でお寿司を食べに行くことになり、予約の際に赤ん坊がいて泣いてしまうかもしれないことを伝えて『大丈夫ですよ』と、言ってくれたお店に行きました。

 

しかし食事中に子供が泣いてしまい席であやしていたら、板前から嫌な顔をされた挙句に、女将に『他のお客さんのご迷惑になるので』と、外に出てあやすことを要求。

 

当時は1月の真冬でしたが、泣き止むまで外に出ましたよ…。泣いても大丈夫なように子供OKのお店を選んだのに、なんか納得いきませんでした」(女性・36歳)

 

②子供が泣くと気に入らない顔をされて、サービス料が割高にされる

「子供ができる前からよく利用していたオシャレでサービス料もあるようなレストランに家族で行きました。一応、子連れOKではあったんですが…。

 

それでも子供が泣くと、男性店長や店員からチラチラ見られることもあり、あきらかに子供がお店の空気を乱しているのを気に入らない様子は感じ取っていました。

 

そんな中でお会計をしたら、子供なしで来た時と比べて、あきらかに料金が高くなっており、子供がいるから迷惑料でも加算されたんだな…と察知しました…」(女性・34歳)

 

▪️飲食店で騒ぐ子供は許せない?

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,343名を対象に、飲食店で子供が騒いでいても注意しない親にイラっとするか調査したところ、全体の77.5%が注意しない親にイラッとすると回答。

ゆっくりと食事を楽しみたい人にとっては、迷惑となる子供の鳴き声や騒ぐ声。

しかし最近は、子供を放置する親ではなく、きちんとあやして申し訳なくしている親にも厳しい視線をなげかける人も多くなっているという。

子育てを精一杯頑張っている人には、もう少し優しい世の中になってほしいものだ。

・あわせて読みたい→運動の秋! でも「筋肉痛がつらいからしない」の声も

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1,343名(有効回答数)

こいつとは縁切ろう! 無職になった時に友達にされた暴言3選

(chombosan/iStock/Thinkstock)

世の中には、会社の都合でリストラをされたり体調面で働けなくなったり…など、自分の意思に反して無職になってしまう人もいる。

だが中には、どのような理由があれ「仕事をしていない」というだけで、バカにしたような発言をしてくる人も…。

しらべぇ取材班は、無職になった経験がある人たちに「周囲に言われて傷ついた言葉」を調査してみた。

 

(1)自分を棚に上げて「仕事を選ぶな。早く決めろ」と言う

「リストラに遭いましたが、自分に合う仕事が見つからずに3ヶ月ほど無職に。周りは『仕事なんて山ほどあるだろう。贅沢を言わずにどこでもいいから入れ』とお説教。

 

でも生きていくうえで、仕事の選択は大事だと思います。あなたたちは同じ立場になった時に、職種も待遇も気にせずにどんな仕事でもするの? という気分でした」(男性・30歳)

 

(2)バカにするように変なアルバイトの求人を送ってくる

「無職になるも新しい仕事がなかなか見つからなかったら、『求人なんて一万件以上あるでしょ。選り好みしているから見つからないんだよ』と、説教してきた女友達。

 

果ては、時給が安かったり変なアルバイトの求人を見つけてきては『こんな仕事はどう?』とバカにするように送ってきて、悔し泣きをしそうになりました」(女性・28歳)

 

(3)遊びに参加しようとしたら「そんな暇があったら仕事探せ」と言う

「無職にはなりましたが、焦らずに次の仕事を探そうと思っていました。そんな時に、女友達数人と遊ぶことになり、グループLINEで日程などを話していたら…。

 

その中のひとりが『あなたもくるの!?』と言いだし、『遊ぶ時間があるならさ、仕事探しなよ…』と嫌味たっぷりなメッセージを。そんなことを言われる筋合いはないです…」(女性・26歳)

 

▪️「無職」とは言いづらい世の中…

ちなみにしらべぇ編集部が、「職業を聞かれて、うそをついたことがある」かの調査を行ったところ、職業別では「無職・家事手伝い」が最も多い結果に。

仕事をしていない人の中には、周囲の目を気にしてうそをついてしまう人もいるようだ。

他国に比べて、日本人は「額に汗水して働くのは素晴らしい」と考えがちだと言われる。

その勤勉さゆえに、無職に偏見を持って、意地悪な発言をする人もいるのかもしれない。

・合わせて読みたい→人生を壊される! この仕事はもう辞めようと思った時3選

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年6月24日~2016年6月27日対象:全国20代~60代の男女1,358名 (有効回答数)