みえる人

子供たちには見えている

 

アパートで一人暮らしをしていた時の話。

 

そのアパートの隣には民家があったのだが、そこに住んでいる幼稚園児くらいの女の子二人がとにかくうるさかった。

 

いつも「キャー!」とか「キヒャヒャヒャ!」と叫びながら遊んでいる。

 

それだけならまだ良いが、それ以上に母親がうるさかった。

 

子供たちの2倍以上のボリュームで、「あんたらうるさいよっ!」、「なんでそんなの持ってくるのっ!」と、それこそ一日中叫んでいた。

 

正直あんたが一番うるさいんだよ!と何度思ったか分からないが、俺たち近所の人達には普通に接するから常識人なんだと思う。

 

そのアパートに住んでから一年ほど経過したある日の事。

 

休日に部屋でゴロゴロしていると、母親の声が聞こえないことに気付いた。

 

その時は、「あれ?今日は留守なのかな?」ぐらいにしか思わなかったが、それ以降も声が聞こえることは無かった。

 

後に大家さんから聞いて分かったが、母親は数週間前にガンで亡くなったらしい。

 

あんなに元気だったのに、そんな簡単に死ぬのか・・・。

 

子供だってあんなに小さいのに・・・。

 

「悲しんでるでしょう?」大家さんにそう言うと、「それが今までとまったく変わらないんだよ。まだ死んだって理解できないのかねぇ」と不憫そうに喋っていた。

 

それから数日後。

 

また部屋でゴロゴロしていると、子供たちの声が聞こえてきた。

 

いつもと変わらず楽しそうにはしゃいでいる。

 

無邪気なもんだな、とその声に聴き耳を立てていると、こんな会話が聞こえてきた。

 

「あー、○○ダメなんだよー!またお母さんに怒られる!」

 

「いいの!」

 

「ダメなんだよー!おかーさん!おかーさん!」

 

それから家の中に走って行く足音。

 

えっ?と思って聞いていると、さらにこんな声が。

 

「ほらー、○○がこんなことしてるんだよ、お母さん」

 

それから一瞬沈黙があった後、子供が大声で泣き始めた。

 

馬鹿な?!と思って玄関から出てみたが、そこには子供が二人居るだけだった。

 

その後もちょくちょくそんなことがあったので、直接子供たちに聞いてみた。

 

「ねぇねぇ、お母さんはウチにいるの?」

 

二人は元気に、「うん!」、「いるー!」と叫んでいた。

 

(終)

The post 子供たちには見えている appeared first on 怖いもん通信.

ある時から幽霊が見えるようになった

 

俺のばあちゃんの話。

 

ばあちゃんは不思議な人で、昔から俺だけに「おばあちゃんは幽霊が見えるとよ。誰にも言っちゃいかんけんね」と言っていた。

 

実際に俺が霊体験をしたわけではないが、ばあちゃんの話は印象に残っている。

幽霊というのは知らん振りをすれば・・・

ばあちゃんが幽霊が見えるようになったのは、15歳の頃からだったらしい。

 

ばあちゃんは元々福岡に住んでいて、福岡大空襲の後に見えるようになったと言っていた。

 

空襲が終わった後、辺りは一面の焼け野原。

 

ばあちゃんの両親も亡くなって、これからどうしようと途方に暮れていた時、一人の大怪我をした男の人を見つけたそうだ。

 

急いで近づいたけれども、どう考えても生きていられるような傷ではなかった。

 

両腕は吹っ飛び、脳みそがはみ出ている。

 

「痛い・・・、痛い・・・、お父さーん、お母さーん・・・」

 

ずっと泣き叫んでいる。

 

ばあちゃんはその男の人の体を掴もうとするが、なぜか掴めない。

 

話かけても反応しない。

 

そのうち、ばあちゃんも怖くなり、走って逃げたらしい。

 

ばあちゃんは、「その日から幽霊が見え始めた」と言っていた。

 

外を見れば、体中から血を噴き出して叫んでのた打ち回っている人や、焼け爛れた体でひたすら助けを求める人、頭が無いのに動いている人など、最初は地獄だったそうだ。

 

空襲が終わった後、どうにか親戚に身を寄せることが決まっても、幽霊は見え続けた。

 

でも、それは絶対に言えなかった。

 

「幽霊が見える」なんて言ったら、すぐに異常者扱いされるような時代だった。

 

でも、ばあちゃんもなかなか強い女で、段々と幽霊も見慣れてきたらしい。

 

足が無かろうが、頭が吹っ飛んでようが、あまり怖くなくなった。

 

ばあちゃんいわく、幽霊というのは知らん振りをすればあまり関わって来ないらしい。

 

下手に近づく方が危ないのだと。

 

最初に見た頭が吹っ飛んでいる人にも、相当長い間付きまとわれたらしい。

 

そんなある日、だいぶ町並みもまともになってきた頃、ばあちゃんは一人の知り合いの男の子を見つけたそうだ。

 

その男の子は近所に住んでいてよく遊んであげた子。

 

でも本当は死んでいるはずの男の子だった。

 

両腕が無くなった痛々しい姿でばあちゃんを見ると、「お姉ちゃーん!」と大きい声で叫んだ後にっこりと笑った。

 

でも、幽霊の怖さを知り始めたばあちゃんは、知らん振りをし続けた。

 

それからそこを通る度、絶対に返事をしないばあちゃんに向かって「お姉ちゃーん!」と叫び続けていたそうだ。

 

「幽霊が見えるようになって随分経つけれど、あの子はまだあそこにいるんだろうね・・・」

 

ばあちゃんは寂しそうに俺に言った。

 

(終)

The post ある時から幽霊が見えるようになった appeared first on 怖いもん通信.

その別荘に入らなくて本当に良かった

 

危うく霊に遭遇しそうになった話。

 

それは僕が大学生の時のこと、夏休みの前にゼミのメンバーがリゾート地でのバイトを見付けてきた。

 

リゾート地でのバイトといっても今は寂れてしまった避暑地で、「そこにある別荘の掃除をしてくれ」というものだった。

 

2泊3日で食事と宿付き。

 

僕らはゼミのメンバー5人(男3人、女2人)で行くことにした。

Aさんには見えていた・・・

最寄駅に着いたら別荘の管理人のおじさんが来ていて、車で別荘へ連れて行ってくれた。

 

別荘は古いものの、結構大きな洋館で、庭にプールもある立派な所だった。

 

しかし、「すげぇ~すげぇ~」と騒ぐ僕らをよそに、ただ一人、メンバーのAさんだけが黙っている。

 

普段から大人しいタイプではあったけれど、来る途中は皆と同じように楽しくはしゃいでいたのに。

 

どうしたんだろうと思っていると、突然Aさんの携帯が鳴った。

 

電話に出るAさん。

 

通話が終わった後、僕らと管理人のおじさんに向かって言った。

 

A「すみません。今ゼミの先生から電話があって、全員戻って来いって言われてしまいました。近々学会があって、ちょっと都合が悪くなってしまって・・・」

 

A「ここまで来て、すみません。バイトをキャンセルさせて下さい」

 

いきなりそんなことを言われても、と渋るおじさん。

 

「今日中に作業しなきゃいけないんだよ。誰か君たちの代理で来てもらえる友達はいないの?」

 

A「すみません。それも難しいと思います」

 

きっぱりと言い切るAさん。

 

どういうことなんだ、と僕が訊こうとすると、横にいたBが・・・

 

B「ああ、そうだ!俺ら、先生に作業を頼まれてたんだった!締切明日だから帰らなきゃ!」

 

A「すみません。本当にすみません。私達これで帰ります。駅までは歩いて帰るので、送って頂かなくても構いませんので」

 

Aさんはもう一人の女の子の手をグイグイ引っ張って歩き始めた。

 

B「んじゃ、すみません。俺らも帰ろうぜ!」

 

そうBが促すので、僕もお辞儀をして帰った。

 

ちらっと振り向くと、おじさんは別荘の方を見たまま突っ立っていた。

 

駅まで歩きながら、「ねえ、先生なんて言ってきたの?」とAさんに訊くと、「電車に乗ってから話す」と言って教えてくれない。

 

Bも黙って頷いていた。

 

電車に乗り、駅を2つほど過ぎた頃、やっとAさんが教えてくれた。

 

A「ごめんね。先生からの電話なんて本当は嘘なんだ」

 

A「ただ、あの別荘怖かったから、絶対に長居しない方が良いと思って・・・」

 

なんだそりゃ、と僕らが言うと、Bがボソッと言った。

 

B「お前ら、見なかったのかよ。ほら、プールの水の下にあっただろ?底に壺とかマネキンの手足が重しを付けてバラバラに転がっていたのを」

 

A「えっ?」

 

怪訝な声を出すAさん。

 

B「あれ?Aさん、それで断ったんじゃないの?」

 

A「違うよ。私が断ったのは、窓際のところに草刈鎌を持った女の人が居たからだよ・・・」

 

Aさんによると、窓には注連縄(しめなわ)みたいなものが何重にも張ってあって、中に居た女の人は白目を向いたまま、その注連縄を一心不乱に鎌で切ろうとしていたらしい。

 

僕らはそれを聞いた瞬間、別荘に入らなくて本当に良かった、と心底思った。

 

(終)

The post その別荘に入らなくて本当に良かった appeared first on 怖いもん通信.

囚人に掘らせたというトンネル

 

10年ほど前の話になるが、就職したばかりで俺は会社の寮に入っていた。

 

当時つるんでいた先輩や友人らと計4人でドライブへ出掛けることに。

 

先輩の車で。

 

行った先は、東北のM市から秋田に抜ける峠道。

 

新道はバイク乗りが集まっているところだったが、先輩が向かった先は旧道の方だった。

 

そこは洒落にならない道だった・・・。

かなりヤバイ目に遭っていた

舗装していないどころか、藪だらけで前も禄に見えない程の車一台通るのがやっとの道。

 

よりによって先輩は、愛車のスカイラインで豪快にそんな道を走らせた。

 

登った先にはトンネルがあった。

 

岩をそっくり刳(く)り貫いたようなトンネル。

 

時間にすれば午前1時を回っていたと思う。

 

以前から『囚人に掘らせたトンネルがある』という噂は聞いていた。

 

ライトに照らされたモヤが動くと、まるで沢山の人が動いてるように見えた。

 

俺は早く戻りたかったが、Uターンなんか出来る広さではない。

 

トンネルを抜けてこの道を進むしか道がないし、先輩は車をトンネルに入れた。

 

先輩や友人は「おっかねえ~」とはしゃいでいた。

 

俺はそれどころではなかった・・・。

 

なぜなら、モヤが車の中まで入り込んでいる。

 

信じられないくらいの湿気が体に纏わり付き、ベタベタとしている感じで体も動かせない。

 

はしゃいでいる周りを見ながら、早くまともな道路に抜けて欲しいと思っていた。

 

トンネルを抜け、藪の中を抜け、やっと車は国道に戻った。

 

気分もいくらか楽になり俺は一息ついたが、考えが甘かった。

 

県境を越えると、国道は川に沿って走る形になる。

 

しばらく走ると脇に『吊橋』があり、先輩は車を止めると言った。

 

「肝試しするべ」

 

冗談じゃない!と思った。

 

あんたの運転と、さっきのトンネルで十分肝試しじゃん!

 

そう言いたかったが、周りの雰囲気を壊したくなくて黙っていた。

 

先輩と友人一人が細い吊橋を渡り始めた。

 

“根性あるなあ”と関心した。

 

ここは結構自殺者が出ているところだった。

 

俺ともう一人の友人は車に残って先輩らを見ていた。

 

臆病者と言われたけれど・・・。

 

友人はどうだったか知れないが、俺にはぼんやりと見えていた。

 

橋を渡ってこちらを見ている先輩らの横に、もう一つの影が並んでいた。

 

先輩らは最後まで気付かなかったようだが・・・。

 

この日はこれで終わった。

 

何事もなく。

 

それからしばらくして、先輩が車で事故をした。

 

車は大破したが、幸い怪我は無かった。

 

懲りずにまたスカイラインを買ってしまうくらいに。

 

ただ・・・、そのすぐ後に先輩の親父さんが亡くなり、先輩は仕事を変えなければならなくなった。

 

事故の借金や親父さんの葬式で金がかかったみたいで。

 

先輩と吊橋を渡った友人の一人は死んだ。

 

バイクの事故だった。

 

外傷は無かったが、事故のショックで心臓麻痺起こしていた。

 

そして病院に担ぎ込まれてしばらくして・・・。

 

元々このバイクは、俺が友人に譲ったものだった。

 

譲った直後に友人は事故で死んだ。

 

バイク事故で死亡のニュースが報道された時、知り合いは俺の事だと思ったらしい。

 

もしかすると、友人は“俺の身代わり”になったのかも知れない。

 

向こうの親に合わせる顔がなかった。

 

もう一人の友人は、肺気腫で仕事中に倒れて入院するハメに。

 

とうとう俺はノイローゼ気味になり、行方をくらました。

 

挙句の果てには自殺未遂まで。

 

今の俺からは想像もつかないが・・・。

 

どこまで”あの肝試し”が関わっていたのか分からないが、あの夜から僅か半年の間にこれだけの事が起こった。

 

今でも俺の手首には、薄っすらとリスカの痕が残っている。

 

後日談

この肝試しの直後、俺は寮を出てアパートに移った。

 

ちょうど友人がバイク事故を起こした直後だったかな。

 

俺がノイローゼで姿を消す前後の話だ。

 

隣の部屋は同僚だったが、俺の部屋の前を通る度に「なんでこいつ線香なんか焚いてんだ?」と思っていたらしい。

 

もちろん俺は線香など焚いていない。

 

今は常備しているが・・・。

 

俺はともかく、先輩や友人はオカルトが好きだったわけでもなかった。

 

この出来事で俺の人生はかなり変わった。

 

今は落ち着いているが、かなりヤバイ目に遭ったんだと思う。

 

そして、ちょうどこの頃だった。

 

母方の家系(叔母二人)が”拝み屋をやっている”ことを知ったのも・・・。

 

両親は俺が小さい頃に離婚していたからだ。

 

霊の類を頻繁に見るようになったのも、言われてみるとこれがキッカケだった気がする。

 

(終)

The post 囚人に掘らせたというトンネル appeared first on 怖いもん通信.