アクションカム

最新GoProレポート!4K/60p対応の『HERO 6 Black』も注目だけど、気になるのはやっぱり『FUSION』?

360度動画から通常動画が切り出せる「OverCapture」がかなり良さげ

米国時間2017年9月28日、GoProは米サンフランシスコにてスペシャルイベントを開催。同社のアクションカム「GoPro」シリーズ最新モデルとして、『HERO 6 Black』と『FUSION』を発表しました。製品概要については既報の通りですが、ここではイベントの模様と、プレス向け体験会の模様をお届けしたいと思います。

▲発表イベントの会場は米カリフォルニア州サンフランシスコに位置するカリフォルニア科学アカデミーのプラネタリウム。プラネタリウムで再生される360度の映像は迫力満点!

▲GoPro CEOのNick Woodman氏。

というわけでまずは360度カメラの『FUSION』。前後それぞれにカメラを1つずつ備え、5.2K/30fpsで360度動画の撮影が行えるモデルです。GoProから満を持して登場しただけあって、他の全天球カメラとはひと味違いますよ。

▲GoPro曰く、それぞれのカメラによる映像のつなぎ目がかなり自然な仕上がりになっているとのこと。前後のカメラ位置がズレているのがポイントなのでしょうか?

既存マウントとの互換性を備えつつ、5mの防水性能、ボイスコントロール機能、GPSやジャイロセンサーなどを搭載するあたりはGoProならではといったところですが、『FUSION』の真髄は360度動画から任意の画角でフルHD動画が切りだせる「OverCapture」でしょう。実際にどんな感じかは以下の動画の8:58あたりからをどうぞ。

ちなみにこの「OverCapture」は、2018年リリース予定となる新バージョンの「GoPro App」アプリを使えば、スマホでも利用できるんだとか。スマホでこれができるってスゴくないですか?

ただし、現状はアメリカ、カナダ、イギリスとEU各国でプレオーダーを受け付けている状況で、2017年11月の出荷予定なのだそう。日本での発売時期は未定とのことです。そのため、今回のイベントでも実機をじっくりと触ることはできず……「OverCapture」を試すことはできませんでした。うーん残念。続報に期待したいところです。

見た目は同じだけど中身は結構進化している『HERO 6 Black』

一方で、発表即発売となっているのが『HERO 6 Black』。予想が付くとは思いますが、『HERO 5 Black』の後継となるモデルです。外観は同じに見えるでしょうけれど(実際外装は全く同じだと思われます)、お伝えしているとおり中身は大幅な進化を遂げているんですよ。

目立ったところでは「GP1」と呼ばれるプロセッサの新搭載により、4K/60pの動画撮影やフルHD/240pのスローモーション動画撮影が可能になったことが挙げられます。この「GP1」により手ブレ補正機能が強化され、GoProシリーズ初のタッチ操作によるデジタルズームを備えた点も見逃せないポイントと言えるでしょう。そのほか、視覚情報処理と機械学習の能力が向上し、スマホ向けアプリの「GoPro App」と「Quik」を使った自動動画生成時に従来よりベストなシーンを自動で抜き出してくれるんだとか。

そんな『HERO 6 Black』をサンフランシスコで試してみました。激しく揺れる船上で撮影してみたのが下の動画です。こちらはフルHD/60pでの撮影。体感的には『HERO 5 Black』の手ブレ補正よりもしっかり効いている印象でした。

続いては移動中のバスの窓からフルHD/240pでのスローモーション動画。手ブレ補正機能もしっかりと効いていますね。

そして最後はバス移動中に4K/60pで撮影してみたもの。4K動画撮影時はフレームレートにかかわらず手ブレ補正機能が無効となるため、動きが激しいシーンの撮影には向かないかもしれません。4K動画を撮影する場合は、スタビライザーなどを併用するのがいいのかな?

▲こちらは静止画。暗めの場所から鮮やかなGraffitiをパシャリ。色の再現性も良好な気がします。

というわけで短い時間での試用でしたが、『HERO 5 Black』からの進化はしっかりと感じられた気がします。後日、ガッツリと『HERO 6 Black』と『HERO 5 Black』を比べてみますのでご期待ください!

文/こばやしなおき(編集部)

関連サイト

GoPro公式サイト

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO6 Black CHDHX-601-FW

The post 最新GoProレポート!4K/60p対応の『HERO 6 Black』も注目だけど、気になるのはやっぱり『FUSION』? appeared first on デジノ杜.

GoPro、進化した『HERO 6 Black』と5.2K高画質の360度カメラ『FUSION』を発表!

アクションカムの代名詞から、盤石のラインアップを持つカメラブランドへ進化中?

米国カリフォルニア州サンディエゴで開催中のイベントにて、GoProが2つの新製品『HERO 6 Black』と『FUSION』を発表しました。これまでのシリーズ名を継承するネーミングが示す通り『HERO 6 Black』は従来からのアクションカムの進化型モデル、そして『FUSION』は先行して情報がチラ見せされていた高画質全天球(360度)カメラということになります。

プロセッサ強化で画質が向上、暗所にも強い『HERO 6 Black』

GoPro定番のアクションカム最新版『HERO 6 Black』は、同シリーズの持ち味である防水・堅牢ボディにカスタムデザインされたという「GP1」プロセッサを搭載。前モデルHERO 5 Blackの2倍のフレームレートでの撮影、ダイナミックレンジの向上や低光量下でのパフォーマンス向上、ビデオスタビライゼーション(手ブレ補正)の強化を実現。4K解像度で60fps、1080pでは240fpsでのスローモーション動画撮影も可能としました。

操作性にも改良が加えられ、画面タッチによるズーム操作や10ヶ国語対応のボイスコントロールといった機能が追加されています。またGoProで撮影した映像を自動的にアプリへ転送、シーンを抽出した動画の編集までを行ってくれる「QuickStories」が利用できるように。なお、無線通信機能に5GHzのWi-Fiが追加されたことでスマホへの転送速度は約3倍に向上しているとのことですが、残念ながら今のところ日本国内では対応しないとのこと。

『HERO 6 Black』の販売価格は5万9000円(税込)。あまり前モデルと大差ない価格帯に設定してきた印象ですね。

既存のGoProマウントと互換性のある高画質360度カメラ『FUSION』

一方、GoProとしてはまったくのニューモデルとなるのが『FUSION』。セールスポイントである5.2K解像度の全天球動画は30fps、解像度を3Kに設定すれば60fpsでの撮影が可能、さらに360度動画から通常画角の動画を切りだせる「OverCapture」機能を備えています。ビデオ、フォトともにタイムラプス撮影ができ、『HERO 4』からGoProに採用されている「ナイトラプス」を使えば夜空のタイムラプス撮影だってOK。

GoProらしさのある特徴としては、単体での5m防水に対応していたり、既存の各種GoProマウント群にしっかり対応していることが挙げられるでしょうか。あと『HERO 6 Black』と同様に10ヶ国語対応のボイスコントロール操作ができるのも面白いところですね。

日本版のGoPro公式ウェブサイトによれば『FUSION』の価格は8万5000円となっています。しかし現時点でここから購入できるのはグローバル版で、日本仕様の正式版はまだ発売未定である模様。それにしてもGoProならではの防水やマウント対応、そして5.2K高画質を兼ね備えた360度カメラとして、この価格でも気になる人は多いのではないでしょうか。続報に期待です。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

GoPro 公式ウェブサイト

Maxun Gopro Hero 5/ Hero 6 に対応 45m 防水ハウジングケース レンチ/曇り止めシート付き 水中撮影用

The post GoPro、進化した『HERO 6 Black』と5.2K高画質の360度カメラ『FUSION』を発表! appeared first on デジノ杜.

こんな映像みたことねぇ! ぐるぐる回して360度映像が撮影できる『Insta360 ONE』

まるでドローンから撮影したみたいです。

これまでも多数の360度カメラをリリースしている「Insta360」が、新型の360度カメラ『Insta360 ONE』を発表しました。本体をiPhoneに接続しての全天球撮影だけでなく、自撮り棒やストラップを使えば映画「マトリックス」風に視点がぐるぐると移動する「バレットタイム撮影」も可能なこの製品、日本での販売価格は4万2999円で、2017年9月9日に入荷予定とのことです。

まずはこの映像をみてくれ!

本体の前後に2400万画素カメラを搭載した『Insta360 ONE』では、360度の4K解像度動画や高画質写真が簡単に撮影可能です。カメラを支持する自撮り棒などを自動消去する機能と、指定した被写体を画面の中心に捉え続ける「SmartTrack」を組み合わせれば、一人でもまるで映画のような映像を撮影できますよ。

このカメラはLightning端子でiPhoneやiPadに接続できる設計ですが、もちろんカメラ単体でも動画撮影は可能。Bluetoothを利用したリモート撮影にも対応します。またカメラには6軸の手ぶれ補正機能が搭載され、傾き補正や傾斜補正などの自己補正の組み合わせにより、安定した動画撮影ができるとのこと。満充電状態での撮影時間は最大70分、撮影した動画や静止画はmicroSDカードに保存されます。

多彩な撮影機能にも注目

『Insta360 ONE』には通常の360度パノラマ撮影だけでなく、120fpsでのスローモーション撮影モードもあり。「FreeCapture」機能を利用すれば、撮影した360度動画から好きな瞬間を1080p解像度の通常の動画として切り出すこと可能です。iPhoneやiPadに接続している状態では、FacebookやTwitterなどのSNSアプリでのライブ配信もできます。

周辺機器オプションも充実

本体下部には三脚用のカメラ穴が用意されており、三脚や自撮り棒はもちろん、ドローンやヘルメット、自動車用の吸盤ベースに接続できます。また防水ハウジングも近日登場予定です。本体サイズは縦96×横37×奥行き25mm、重量は82gです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Insta360 ONE』製品情報ページ

Insta360 ONE 360度カメラ、7K写真、4Kビデオ、iPhone 7シリーズ, iPhone 6シリーズ

The post こんな映像みたことねぇ! ぐるぐる回して360度映像が撮影できる『Insta360 ONE』 appeared first on デジノ杜.

4980円で防水ケースに自撮り棒付き!ドンキが世に送り出すアクションカムの爆安っぷりよ

初めての一台ならこれでOKかも?

夏はアウトドアにキャンプにと、あれこれ冒険をアクションカムで撮影したくなる季節。でも、カメラ本体だけならまだしもアクセサリーなどを一緒に揃えようとすると、結構お高く付くのが玉に瑕ですよね。それなら、量販店のドン・キホーテが全国で販売を開始した、4980円(税別)のアクションカメラ『アクティブギア フルHDカメラ』はいかがでしょう? こちら、なんと防水ケースや自撮り棒がセットでのお値打価格となっています。

買ってすぐ使える充実のセット

この『アクティブギア フルHDカメラ』、アクセサリ類が豊富に付属しているのが大きなポイントです。まずは注目の防水ケースから。こちらはIPX8相当の防水性能を達成しているとのことで、水深最大約30mまでの水中で使用できるんだとか。夏場のプールや海辺、川での撮影にもってこいですね。そのほか、もはや説明不要の自撮り棒や、自転車やバイクのハンドル部分などに固定するためのパイプマウント、さらにはヘルメットへの装着用のヘルメットマウントなんかも付属しています。

カメラ性能はちょっと妥協が必要かな……

カメラ自体の性能はというと、1.3メガピクセルのCMOSセンサーを搭載し、動画撮影時で最大撮影解像度が1080p(1920×1080ドット)/30fps、記録方式がAVI。静止画なら12MP(4032×3024ドット)のJPG形式で記録可能となっています。多数のアクセサリが付属して4980円(税別)となるため、カメラ性能はある程度の妥協が必要ですね。アウトドアアクティビティの記録用として割り切るなら……と言ったところでしょうか。

本体サイズは幅59×高さ41×厚さ29mm。本体重量は52g(バッテリー含む)となっています。対応メディアは最大容量32GBまでのmicroSDカード。動画なら約90分(1080p記録時)、静止画なら約1000枚(5MP撮影時)の連続撮影にそれぞれ対応するとのこと。

なお、本体はブラック、レッド、カーキ、カモフラージュ、デザートの5色が用意されます。

文/塚本直樹

関連サイト

『アクティブギア フルHDカメラ』プレスリリース

R11 地球の歩き方 リゾートスタイル 世界のダイビング完全ガイド 2016~2017―――地球の潜り方 (地球の歩き方リゾートスタイル)

The post 4980円で防水ケースに自撮り棒付き!ドンキが世に送り出すアクションカムの爆安っぷりよ appeared first on デジノ杜.

防水&耐衝撃なだけじゃない!夏の技ありアウトドアカメラ【夏を楽しむ!】

例年と比べて涼しかった6月から一転、7月に入ってからは驚異的な猛暑が続く、この夏。というわけで、本誌執筆陣が“夏”をテーマに選んだこの夏をものともしない、いや、むしろ積極に楽しむための納涼デジタルグッズ10ジャンル50製品を紹介する!! 今回はカメラ。カメラカテゴリーでは、海やプール、そして山などで活躍してくれるレジャー向けモデルを“夏カメラ”と定義。ただ防水&耐衝撃なだけでなく、それぞれオンリーワンの注目アウトドア機能を備えている。

防水モデルはまだまだコンデジが元気!

今回、“夏”をテーマにセレクトしたカメラは全て、防水タイプ。しかし、その性格はどれも明確に異なっており、同じように見えて同じではない。その違いを明確に把握した上で、自分の用途にあったものを選ぶようにしてほしい。

第1位に選んだ『OLYMPUS Tough TG-5』は、長年タフカメラを洗練し続けてきたオリンパスの最高傑作。優れたタフスペックに加え、各種センサーを駆使した「フィールドセンサーシステム」によって、屋外のアクティビティを多方面から記録できるようにした。

第2位の『COOLPIX W300』はその直接の対抗馬。内蔵センサーの面では一歩譲るが、単体で水深30mまで潜れるという強力な防水性能を誇っている。

第3位『LEICA X-U』は、あのライカが手がけた本格防水カメラ。大型センサー&ライカ銘レンズによって、防水カメラでは犠牲になりがちな画質を一眼カメラクオリティにまで高めることに成功した。

近年、やや影の薄いコンパクトカメラだが、このカテゴリーではまだまだ注目度は高い。スマホでも、一眼カメラでも不可能なユーザー体験をもたらしてくれる。

 

BEST 1

アウトドアの楽しさを堅牢タフ&充実ログ機能でブースト!

オリンパス OLYMPUS Tough TG-5 実勢価格:5万3870円

【SPEC】有効画素数:1200万画素、光学ズーム:×4、防水/防塵/耐衝撃/耐荷重/耐低温

水深15m防水、耐落下衝撃2.1mなどのタフスペックを備えたハイエンドモデル。GPS/気圧/温度/方位センサーを駆使した「フィールドセンサーシステム」によって、撮影時の位置情報や環境情報などを記録、専用スマホアプリなどで一覧できる。

【ここに注目!】 ▲電源オフ時のログ情報トラッキングを簡単にオン/オフできる専用レバーを本体天面に配置。使い勝手も上々です。

▲レンズ先1cmまで寄れる顕微鏡モードは、HDMI接続で、なんと4K解像度で大画面テレビなどに出力できます!

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 RED

 

BEST 2

強力な防水性能によって深い海の底などでも撮影できるように!

ニコン COOLPIX W300 実勢価格:4万8580円

【SPEC】有効画素数:1605万画素、光学ズーム:×5、防水/防塵/耐衝撃/耐低温

ハウジングなしで水深30mまで潜れる本格アウトドアモデル。一般的な防水カメラ(水深10〜15mまで対応)と比べて倍以上の耐水性能を誇る。また、LEDライト点灯ボタンを本体側面に新設。暗い場所で簡易ライトとしても使いやすいようにしている。

【ここに注目!】 ▲先代『AW130』と比べ、ホールド性を高めるため、グリップ部分を大きく張り出した形状に変更。耐落下衝撃性能も最大2.4mまでに強化されている。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 OR クールピクス オレンジ 防水

 

BEST 3

ライカの画質を水辺や水中でも楽しめる防水コンパクト

ライカ LEICA X-U 実勢価格:43万2000円

【SPEC】センサーサイズ:APS-Cサイズ、有効画素数:1620万画素、防水/防塵/耐衝撃

ライカ初となる防水・耐衝撃性能を備えたコンパクトカメラ。有効1620万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、35mmフィルム換算値f=35mm相当のライカ ズミルックスf1.7/23mm ASPH.レンズなどによって、防水カメラ随一の高画質を実現した。

【ここに注目!】 ▲シャッター速度や絞り値などは、天面の専用ダイヤルで変更可能。水中でもこだわりの撮影が楽しめます。

▲持ち運び時に便利なブルーの巾着型ポーチが付属。何とネックウォーマーとして使うこともできるそうです。

Leica X-U (Typ 113) Under water Digital Camera (18435) by Leica

 

BEST 4

アクションカメラだからといって画質や操作性にも妥協なし!

ソニー FDR-X3000R 実勢価格:6万3450円

【SPEC】4K動画撮影、空間光学ブレ補正、防水

コンパクトなアクションカメラでありながら、同社製ビデオカメラで好評な「空間光学ブレ補正」や4K動画撮影機能を搭載。腕や自転車のハンドルなどに固定して使えるモニタ付きリモコンや防水ケースも同梱される。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000R) ライブビューリモコンキット

 

BEST 5

ただ安いだけじゃない! 機能充実の低価格防水カメラ

ニコン COOLPIX W100 実勢価格:1万6750円

【SPEC】有効画素数:1317万画素、光学ズーム:×3、防水/防塵/耐衝撃/耐寒

1万円台で入手可能な低価格防水カメラ。低価格とは言え、10m防水や、最大1.8mまでの耐落下衝撃性能など、充分なタフスペックを誇る。撮った写真をワイヤレスでスマホに自動転送する「SnapBridge」機能も便利だ。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100MR クールピクス マリン

文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 防水&耐衝撃なだけじゃない!夏の技ありアウトドアカメラ【夏を楽しむ!】 appeared first on デジノ杜.

『GoPro』にピッタリの自撮り棒がない?ならペットボトルを使えばいいじゃない

利用できるものはなんでも利用しよう。

観光地で自撮り棒を使って写真を撮る光景はもうおなじみになりましたが、あの棒を持ち運ぶのは思いのほか邪魔だったり。それなら、ペットボトルを自撮り棒のようにして使える『GoPro』用のマウント『ROGETI』はいかがでしょう。ペットボトルだけでなく、カメラ用の三脚にも取り付けられるこのマウント。現在、クラウドファンディングサイトのIndiegogoで開発資金の募集が行われています。

さまざまなペットボトルが自撮り棒に

ペットボトルキャップの上に、『GoPro』のマウントが鎮座しているような構造の『ROGETI』。本体をそのままペットボトルにねじ込めば、簡易的な『GoPro』スタンドや自撮り棒のできあがりです。手持ちのペットボトルにこのマウントと『GoPro』をおもむろに装着して、記念撮影を素早くキメられると、ある意味スマート……なのかもしれません。

ちなみにイエローモデルはコーラなどの一般的なペットボトル用、ブルーモデルは海外製エビアンなどちょっと口径が異なる飲料水ペットボトル用、となっているそうです。

三脚への装着だってOK

『ROGETI』の内側を覗き込んで見るとネジ穴が設けられています。、イエローモデルは1/4インチ、ブルーモデルでは3/8インチの規格に対応。三脚などのネジに合わせて使い分ける必要はありますが、ここにカメラ用のセルフィー棒や三脚をねじ込んで固定できるので、ほとんどのペットボトルおよび、既製の自撮り棒や三脚などに装着可能というわけ。この応用力の高さは魅力的ですね。

思わず手が出そうな安さ

『ROGETI』は現在も資金募集を続けており、成功した暁には12ドル(約1300円)の出資でイエローモデルとブルーモデルのセットが入手できます。製品の出荷時期は2017年8月が予定。全世界へ配送対応してくれるとのことです。

文/塚本直樹

関連サイト

『ROGETI』プロジェクトページ(英語)

最大7色 様々な アウトドア シーンに大活躍 カラビナ ペットボトル ドリンク ホルダー 5個 セット

The post 『GoPro』にピッタリの自撮り棒がない?ならペットボトルを使えばいいじゃない appeared first on デジノ杜.

ダイビング撮影はこれ一本。『Paralenz Dive Camera』なら防水も補正も完ぺきだ

コンパクトボディのカメラを着けて海へダイブ!

最近はアクションカムでのアウトドア撮影が流行り。より非日常の世界を求め、海でのダイビングに、アクションカムを持ち込みたいという人もいるでしょう。しかしだいたいのアクションカムでは、本格的な水中撮影に専用防水ハウジングの装着が必要。それなら、本体のみでダイビング撮影にも使える防水対応アクションカム『Paralenz Dive Camera』はいかがでしょう? これなら、価格も599ドル(約6万7000円)と悪くない感じです。

カラーフィルターいらずで美しい撮影を

公式サイトでの説明によれば、「海中での動画撮影は深く潜れば潜るほど色の情報が失われ、青っぽいぼやっとした映像になる」そうです。それを解消すべく、この『Paralenz Dive Camera』には内蔵の圧力センサーからの情報を利用し、潜った深さに応じて自動で色を補正する機能を備えているんだとか。手間いらずで美しい動画が撮影できます。さらに水深20m以上に潜る場合には、フラッシュライトを利用して画質の劣化を防ぐことも可能だそう。

カメラの本体は軍用グレードのアルミ素材でできており、潜水できる深さは最大200m。マイクでの録音も可能です。レンズ手前に搭載された大きな録画ボタンは押しやすく、シリンダー方式での撮影モードの切り替えも操作感の向上に役立っています。製品にはスイムマスクに装着するためのマウンタが付属。充電はUSB Type-Cケーブル経由で行います。

録画はH.264形式で行われ、解像度が4k/最大30fps、1080p/最大100fps、720p/最大200fpsから選べます。容量64GBまでのmicroSDカードに対応し、カードの容量にもよりますが、1080p解像度/30fpsなら2時間以上の録画が可能とのこと。

水深情報や水温情報を記録

カメラの内部には圧力センサーだけでなく、温度センサーも内蔵。撮影中の水温と水深の情報を常に記録してくれます。そしてスマホ向け専用アプリでは、水温と水深をグラフで表示することも。アプリでは潜水時間や最大水深など、さまざまなダイビング情報を参照できるほか、友人とのシェアが可能です。

自撮り棒も登場

「自分が泳いでいる姿をカッコよく写したい!」という人のために、公式ストアでは自撮り棒『3rd Person Viewer』も登場。こちらは30〜180cmまで4段階で長さを変更できるスグレモノです。価格は79ドル(約8900円)となっています。

『Paralenz Dive Camera』は出荷対象地域が北米やヨーロッパ、オーストラリアなどとなっており、日本への配送は非対応。ダイビングでの撮影に特化したアクションカムということで、海に潜る機会があればぜひ使用感を試してみたかったのですが……。うーん残念。

文/塚本直樹

関連サイト

『Paralenz Dive Camera』製品情報ページ(英語)

PROBLUE[プロブルー]スナッピーコイル水中ライト・デジカメホルダーAC-30-8 (イエロー)

The post ダイビング撮影はこれ一本。『Paralenz Dive Camera』なら防水も補正も完ぺきだ appeared first on デジノ杜.