アニメ・漫画

任天堂が『スーパーマリオブラザーズ』のアニメ映画化を計画中!?

Filed under: , , , ,

米経済紙『The Wall Street Journal』によれば、任天堂がユニバーサルおよびイルミネーション・エンターテインメント(アニメ映画『怪盗グルー』シリーズの製作会社)と、人気ビデオゲームシリーズ『スーパーマリオブラザーズ』のアニメ映画化について協議を進めているという。 マリオとルイージは1993年、ボブ・ホスキンス主演の実写作品『スーパーマリオ/魔界帝国の女神』で映画館に登場したことがある。しかし、この映画は評価的にも興行的にも失敗に終わっていた。 任天堂は昨年、君島達己社長が映画事業への意欲を示しており、2014年には、リークされたソニー・ピクチャーズのメールから両社が協議中であることが明かされていた。今回のユニバーサルは、任天堂ゲームの世界を再現するテーマパーク「SUPER NINTENDO WORLD」をユニバーサル・スタジオ・ジャパンが建設中であることを考えると、より適したパートナーのように思われる。 かつての実写映画が失敗していることから、任天堂が今度はアニメ映画化を考えるというのは合点の行く話だ。また、同社は映画より小さなスクリーンに対しても自ブランドの展開を図っており、『ゼルダの伝説』の実写ドラマシリーズがNetflixで製作中とのうわさもあった(ただし、これは実現していない)。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

マーベル新作映画『ブラックパンサー』、11人分のキャラクターポスターが一挙公開!

Filed under: , , , ,

マイティ・ソーとその仲間たちは劇場で"バトルロイヤル"を繰り広げているようだが、今回はマーベルの新作映画『ブラックパンサー』キャスト陣にスポットを当てよう。11枚のキャラクターポスターが一挙にリリースされ、作品で登場するワカンダ王国のヒーローとヴィランが紹介されているのだ。 ポスターはどれも息を呑むような美しさながら力強さを秘めている。各ポスターはキャラクターのクローズアップとなっており、カメラのレンズを見下ろしながら不遜な眼差しでにらんでいるものや、自省の念に駆られ視線を外しているものもある。すべてにそのキャラクターが物語とどう関わっているのかを説明するメッセージが添えられており、チャドウィック・ボーズマン演じるブラックパンサーのポスターには「父が遺したもの」の文字が並んでいる。

Wakanda Forever. #BlackPantherpic.twitter.com/hmsELCV0Py

- Chadwick Boseman (@chadwickboseman) 2017年11月9日チャドウィック・ボーズマン(ティ・チャラ、ブラックパンサー) 「ワカンダよ、永遠なれ」 これは本作品のストーリーをほのめかすフレーズで、その名をティチャラという我らがブラックパンサーが、故郷の超文明国ワカンダ王国に、父の死後王位を継承するために戻ることを意味している。ただ、この種のストーリーではお約束のように、この里帰りはすんなりと進まず、ブラックパンサーはその王国の民と共に立ちはだかる敵を倒し、王国に秩序を取り戻すのである。 この他、ダナイ・グリラ、ルピタ・ニョンゴ、フォレスト・ウィテカー、レティシア・ライト、アンジェラ・バセット、アンディ・サーキス、マーティン・フリーマン、マイケル・B・ジョーダン、ダニエル・カルーヤ、ウィンストン・デューク、それぞれのバージョンもご覧いただこう。

Wakanda Forever. #BlackPantherpic.twitter.com/Tqt81nR7ok

- Danai Gurira (@DanaiGurira) 2017年11月9日ダナイ・グリラ(オコイエ) 「(王国の誉れ)ワカンダよ永遠なれ」

Nakia is coming!#BlackPanther 2.16.18 @MarvelStudiospic.twitter.com/0GOL9g5Rxh

- Lupita Nyong'o (@Lupita_Nyongo) 2017年11月9日ルピタ・ニョンゴ(ナキア) 「(王の愛)ナキア参上」

Check out Zuri 's new poster 👍🏿. You can feel the inspiration. Wakanda Forever. Get ready! #BlackPanther@MarvelStudiospic.twitter.com/ZVJlGybiaT

- Forest Whitaker (@ForestWhitaker) 2017年11月9日フォレスト・ウィテカー(ズリ) 「(王の思し召し)ズリのポスターを見てくれ。感覚を刺激されるだろう。ワカンダよ永遠なれ。準備はいいか!?」

Her Brother's Keeper. Wakanda Forever. #BlackPantherpic.twitter.com/zjhYUFNZqz

- Letitia Wright (@letitiawright) 2017年11月9日レティシア・ライト(シュリ) 「(兄の右腕)ワカンダよ永遠なれ」

Wakanda Forever. #BlackPanther@MarvelStudiospic.twitter.com/teyqSKXi5w

- Angela Bassett (@ImAngelaBassett) 2017年11月9日アンジェラ・バセット(ラモンダ) 「(わが子の命脈)ワカンダよ永遠なれ」

Wakanda Forever #BlackPantherpic.twitter.com/ETeVbZXgrs

- Andy Serkis (@andyserkis) 2017年11月9日アンディ・サーキス(ユリシーズ・クロウ) 「(敵の復讐)ワカンダよ永遠なれ」

His country's orders. #BlackPantherpic.twitter.com/l3CduecQyL

- Black Panther (@theblackpanther) 2017年11月9日マーティン・フリーマン(エヴェレット・K・ロス) 「国の秩序」

His people's rage. #BlackPantherpic.twitter.com/VbqKCW5KW6

- Black Panther (@theblackpanther) 2017年11月9日マイケル・B・ジョーダン(エリック・キルモンガー) 「民の怒り」

His nation's security. #BlackPantherpic.twitter.com/FJO3gVQaGW

- Black Panther (@theblackpanther) 2017年11月9日ダニエル・カルーヤ(W'Kabi) 「王国を守る」

His people's pride. #BlackPantherpic.twitter.com/LrOhQc5bz8

- Black Panther (@theblackpanther) 2017年11月9日ウィンストン・デューク(M'Baku) 「民の誇り」 『ブラックパンサー』の日本公開は2018年3月1日だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『CHUCK』ザッカリー・リーバイが、DC映画『Shazam』主役に抜擢!

Filed under: , , , , ,

米海外ドラマ『CHUCK/チャック』でお馴染みのザッカリー・リーヴァイが、DCエクステンディッド・ユニバース(DCEU)の新作映画『Shazam』(原題)で主演を務める事になった。 『ハリウッド・レポーター(THR)』によれば、デヴィッド・サンドバーグ監督が、ニュー・ライン・シネマ製作の同映画の監督を務める。『Shazam』は、「シャザム!」と唱えると大人のスーパーヒーローに変身する、ビリー・バットソンという少年の物語だ。このスーパーヒーローは、「シャザム」の他、「キャプテン・マーベル」という名前でも知られるが、マーベル・シネマティック・ユニバースが現在、ブリー・ラーソン主演で2019年に公開される『キャプテン・マーベル』を製作中のため、恐らく「キャプテン・マーベル」という名前は『Shazam』では使われないだろう。 いずれにしても、キャスティングに関するファンの評判は上々だ。

I dig it! #Shazam! pic.twitter.com/10j1zAYJMH

- ~Oracle (@4eyedRaven) 2017年10月27日 「良いキャスティングね」

I cant believe they actually got the guy from Chuck to play Shazam! Great casting! pic.twitter.com/eGxIq94Hye

- Chandler is ALL IN (@CinematicEX) 2017年10月27日 「まさかチャックの人がシャザムを演じるなんて信じられない! 素晴らしいキャスティングだ」 キャスティングに関しては、これまで、ジョン・シナの他、デレック・テラー、ゼイン・ホルツ、ビリー・マグヌッセン、ジェイク・マクドーマンらがシャザム役を得るため監督と会ったと伝えられていた。また、シャザムの宿敵ブラックアダム役として「ロック様」ことドウェイン・ジョンソンが『Shazam』に登場する話だったが、『THR』によれば、ドウェイン・ジョンソンは同映画には登場せず、その代わり、このドウェイン・ジョンソンのブラックアダムを主人公とする単独映画が進行中だという。 期待を寄せたファンからは、以下のような投稿も。

SHAZAM vs BLACK ADAM@ZacharyLevi vs @TheRockpic.twitter.com/rOnyLThOCt

- DC Comics United (@DcComicsUnited) 2017年10月27日 「シャザム対ブラックアダム ザッカリー・リーヴァイ対ロック様」 『Shazam』は(当初、このタイトルに感嘆符「!」を付け、『Shazam!』にすると言われていた)、『スーサイド・スクワット』(2019年米国で公開予定)の続編や、『Batgirl』(公開年は現在未定)、『Flashpoint』(2020年米国で公開予定)、そして、その他のDCEU映画よりも早く製作に入るという。 『THR』によれば、ニュー・ライン・シネマは、2018年2月にカナダ・トロントで『Shazam』の撮影を開始する見込みだという。また、映画情報サイト『CBR』が伝えるところによれば、同映画は、2019年4月に米国で公開されるとのことだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『怪盗グルー』シリーズがアニメーション映画の世界興行成績でトップに!

Filed under: , , , ,

『怪盗グルー』シリーズは、『シュレック』シリーズを抜いて世界で最も収益を上げたアニメーション映画シリーズになった。これには、スピンオフ映画『ミニオンズ』も含まれる。 これまで、2010年『怪盗グルーの月泥棒 3D』(2010年)、『怪盗グルーのミニオン危機一髪』(2013年)、2015年のスピンオフ映画『ミニオンズ』(2015年)、『怪盗グルーのミニオン大脱走』(2017年)の4作品が世に送り出されているが、これらトータルの世界の興行成績が、何と35億2,800万ドル(約3,873億円)を記録したという。つまり、『シュレック』シリーズの興行成績31億1,000万ドル(約3,854億円)に"僅差で"勝利したことになる。 このシリーズの成功は、爆発的人気を誇る「ミニオンズ」の存在が大きいだろう。スピンオフの映画自体は勿論、キャラクター単体としても大人気だ。スティーヴ・カレルが声を担当する主人公グルーの仲間として1作目に登場し、その後、スピンオフの『ミニオンズ』が誕生した(『ミニオンズ』の第2弾は2020年に全米公開予定だ)。衣類やオモチャ、学用品、そして食品のパッケージに至るまで様々な関連グッズが販売されており、例えば「ヌテラ(チョコレートスプレッド)」などにプリントされた姿を見たことがあるはずだ。映画情報サイト「Deadline」は、「ユニバーサル映画史上最も数字を稼ぐ映画」と伝えている。 『怪盗グルーのミニオン大脱走』の世界興行成績は手堅く数値を更新し続けているのため、記録はさらに伸びそうだ。ユニバーサル社がこの可愛らしい黄色いミニオンたちの人気をキープし続ける限り、シリーズの快進撃は止まらないだろう。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・ホランド、「『アイアンマン2』に出てきた少年は後のピーター・パーカー(スパイダーマン)だった」説を認める

Filed under: , , , , , ,

スパイダーマンはやはり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新顔ではなかった。 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日に日本公開予定)で十代のピーター・パーカーを演じているトム・ホランドが、ピーターのMCU初登場に関してファンが長年抱いてきた説が正しいと認めた。 2010年に公開された『アイアンマン2』の中で、アイアンマンマスクを着けた少年がキラーロボットと対峙する場面がある。ぎりぎりの瞬間、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が飛んできて少年を救い、「いいぞ、坊主」と告げる。 このマスクの少年は幼い頃のピーター・パーカーであるという説が、ファンの間で浮上。年齢的につじつまが合い、スタークエキスポはクイーンズ(ピーターの地元)で開催されており、彼はアイアンマンの大ファンであるからだ。 そして今回、トムがその説を認めた。「あれはピーター・パーカーだ」と『Huffington Post』に述べたのだ。 トムはこう続けている。「今日から認められるよ。ほんの20分前にケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオの社長で一連のマーベル映画のプロデューサー)と話したんだ。大きくて古いネタバレかもしれないけど、もう解禁さ。クールだ。ピーター・パーカーが初めからこのユニバースにいたなんていいよね」 とは言え、『UPROXX』が伝えるところによると、『アイアンマン2』に登場したピーター少年を演じたのは、トム自身ではなく、『アイアンマン2』で監督を務めたジョン・ファヴローの息子だったようだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・ホランド、「『アイアンマン2』に出てきた少年は後のピーター・パーカー(スパイダーマン)だった」説を認める

Filed under: , , , , , ,

スパイダーマンはやはり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新顔ではなかった。 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日に日本公開予定)で十代のピーター・パーカーを演じているトム・ホランドが、ピーターのMCU初登場に関してファンが長年抱いてきた説が正しいと認めた。 2010年に公開された『アイアンマン2』の中で、アイアンマンマスクを着けた少年がキラーロボットと対峙する場面がある。ぎりぎりの瞬間、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が飛んできて少年を救い、「いいぞ、坊主」と告げる。 このマスクの少年は幼い頃のピーター・パーカーであるという説が、ファンの間で浮上。年齢的につじつまが合い、スタークエキスポはクイーンズ(ピーターの地元)で開催されており、彼はアイアンマンの大ファンであるからだ。 そして今回、トムがその説を認めた。「あれはピーター・パーカーだ」と『Huffington Post』に述べたのだ。 トムはこう続けている。「今日から認められるよ。ほんの20分前にケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオの社長で一連のマーベル映画のプロデューサー)と話したんだ。大きくて古いネタバレかもしれないけど、もう解禁さ。クールだ。ピーター・パーカーが初めからこのユニバースにいたなんていいよね」 とは言え、『UPROXX』が伝えるところによると、『アイアンマン2』に登場したピーター少年を演じたのは、トム自身ではなく、『アイアンマン2』で監督を務めたジョン・ファヴローの息子だったようだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8、ファンが人気キャラクターのミショーンを心配するワケとは?

Filed under: , , , , , ,

誰もが『ウォーキング・デッド』に登場する女剣士ミショーンを仲間にしたいようだ。この人気キャラクターを演じるダナイ・グリラがなんと、マーベルの作品に出演する事が明らかとなった。 『ウォーキング・デッド』のファンにとっては、今さら騒ぐことではないかもしれない。「Deadline」 の報道によると、ダナイ・グリラは現在撮影中の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』(原題)に出演することになっているという。撮影は彼女がミショーン役で出演している『ウォーキング・デッド』シーズン8と並行して行われているようだ。『インフィニティ・ウォー』での気になる役どころについてだが、『ブラックパンサー』(原題)で彼女が演じた、チャドウィック・ボズーマンと敵対するワカンダの兵士、オコイエ役と比べればチョイ役のようだ。マーベルの『アベンジャーズ』第3弾の映画には、100万近い(誇張しているが、まんざらでもない)キャラクターが登場するので、彼女のシーンの撮影はそんなに長い時間がかからないかもしれない。 「Comic Book」の記事にも、このように書かれている。 「『ウォーキング・デッド』の大部分の撮影は、ジョージア州のセノアで行われ、アトランタ近くのタイラー・ペリースタジオで撮られるカットもある。『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー』は現在、ジョージア州のファイエットビルにあるパインウッド・スタジオで撮影されている。パインウッド・スタジオと、ローリー・スタジオ(『ウォーキング・デッド』のホーム)はかなりゆっくり運転しても15分の距離だ。つまりグリラは、どちらの作品も出演することができるのだ。グリアが、マーベルの作品がいいからと言って、AMCの『ウォーキング・デッド』から卒業してしまうと言う根拠は何もないのだ。 だから心配しないでほしい。どちらにせよ今年の夏は、たくさんの俳優が暑いジョージア州で、派手な闘いのシーンを演じるということだ。 ミショーンが危ないというわけではない。だからと言って、彼女が安全だというわけでもない。この『アベンジャーズ』のニュースが出る前にも、漫画でのネタバレがあったので、すでに心配していたファンもいただろう。仮に漫画のストーリーが採用されることになっていたとしても、まだしばらくの間は大丈夫だ。と願っておこう。(※ここから先はシーズン7のネタバレを含む)主人公のリック・グライムズは、もう恋人を失うこともないし、絶対に自分の心を失うこともないはずだ。 『ウォーキング・デッド』のシーズン8は、AMCで10月に公開予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『アナ雪』オラフが主役の短編映画、『Olaf’s Frozen Adventure』の予告編が公開!

Filed under: , , , , ,

『アナと雪の女王』に登場する、かわいらしい雪だるまのオラフにまた会えるようだ。新作の短編映画、『Olaf's Frozen Adventure』(原題)で、オラフはエルサとアナのために伝統のお祝いの仕方を探して走り回る。 https://www.youtube.com/watch?v=hb8WDATVB6A 初公開された予告編では(11月に全米公開の『リメンバー・ミー』(12月23日に日本公開予定)の冒頭で上映される予定)、オラフは雪の女王にふさわしい伝統を探して走り回る姿が見られる。 オラフは、キャンディ棒を味わったり、フルーツケーキに挑戦したり、なんとサウナにも入ってしまうようだ。新曲や、アイススケートのシーンも用意されており、もちろんトナカイのスヴェンも登場する。 『カーズ クロスロード』(7月15日に日本公開予定)の冒頭でも予告編は解禁予定だ。予告編でオラフの雄姿をぜひご覧いただきたい。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink