アンパンマン

「最終回?」と困惑も 『アンパンマン』30年目突入節目の放送が「神回」と話題

やなせたかし氏が生み出したアンパンマンは、子供たちの永遠のヒーローだ。

2018年に放送30周年を迎える『それいけ! アンパンマン』(日本テレビ系)だが、30年目突入となる第1375回を6日放送。視聴者から「神回」と絶賛の声が挙がっている。

(画像は戸田恵子オフィシャルブログからのスクリーンショット)

 

■アンパンマンファン必見の記念回

記念すべき第1375回は「アンパンマンとどろんこ魔王」。

どろんこ魔王は1989年公開の劇場版第1作『それいけ! アンパンマン キラキラ星の涙』に登場した敵キャラクターだが、映画版とは異なるストーリーが展開された。

アンパンマンとばいきんまんの誕生シーンから始まり、宿敵・どろんこ魔王との対決、ばいきんまん一派との共闘など、まるで劇場版のような胸が熱くなる展開が続く。

 

■やなせうさぎに感動

さらに注目すべきは、やなせ氏をイメージした「やなせうさぎ」の登場シーンだろう。

放送終盤、空腹で動けないやなせうさぎにアンパンマンは自分の顔を分け与える。元気を取り戻したやなせうさぎに「いつでも呼んでくださいね。どんなに離れていても必ず助けに来ます」と飛び去った。

まるで雲の上のような、不思議な湖に立ちアンパンマンを見送るやなせうさぎは、2013年10月13日に亡くなったやなせ氏が「天国から見守っている姿」を象徴するかのようだった。