アート

性別なんて関係無し!美人コスプレイヤーが演じるハイクオリティコスプレが凄い

コスプレ歴…わずか3年にも関わらず、本人と見間違うほどのクオリティの高さで、一躍アメリカ・コスプレ界のトップに上り詰めた女性。これが「マジで本人かと思った。」「スゲェェェ!これは鳥肌レベル!」とネットを中心に話題沸騰!多くの人々の度肝を抜いていたので紹介したいと思います!

芸術の秋に美術館へ! 「絵がわからなくても楽しめる」に納得

(Comstock/Stockbyte/Thinkstock)

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…さまざまな「秋」があるが、ちょっとハードルが高そうなのが、芸術の秋。

美術館などは、普段からアートに親しんでいる人にとっては、気軽で楽しいスペースだが、馴染みがない人だと「選択肢としても、思い浮かばない」レベルかも?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「美術館は好き」か、意識調査を実施した。

■美術館デートもあり?

全体では「大好き」18.2 %と「まあまあ好き」43.7%で「美術館が好きな人」は6割超えの61.9%、「あまり好きではない」28.5%と「嫌い」9.6%で「好きではない人」は38.1%となった。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「美術館が好きな人」の割合は、男性が58.6%に対し、女性は65.2%と女性の方が高い割合に。

ある程度は年代に比例して上昇傾向だが、女性は「きれいなもの」や「かわいいもの」が大好きなので、デートの候補地にピックアップしてみてもいいかも。

また、「美術館が好き」な人の多い特徴を見てみると、

「募金するほうだ」「ビットコイン(仮想通貨)を保有している」「アンダーヘアはツルツルだ」「新商品はチェックする方だ」が並んだ。

マイナスな意味でなく意識が高い人に、美意識が高い人、トレンドをチェックしている視点から「アートも範疇のひとつ」と考えているのかも――といった傾向があるもよう。

 

■素敵なカフェやショップが

実際に「美術館によく行く」という人に、話を聞いた。

「絵画や写真・アートも好きなのですが、元気が出る音楽を聴くみたいに、元気になる絵があったり、癒されるオブジェがあったり…難しい背景とかなしに、そういうフィーリングが合う作品って、あるんですよ。

 

それに美術館って、図書館ほど声を潜めなくてもいい、でも静かにそれぞれが楽しんでいる…といった、空間としての雰囲気が好きなのかも。

 

小さいところだと、ほとんど民家に近いようなところとか、建物自体がアートになっている美術館など、幅広くタイプがあって…最近は体験型のところも増えているから、馴染みのない人でも楽しめる美術館って、意外とあると思いますよ」(30代・男性)

 

「絵には全然興味がないんですけど、引っ越して近所を探検がてら散歩していたら、ステキなお庭の施設があり、入ってみたら美術館でした。いいな…って思った庭に面してカフェがあって、そこが今のお気に入りです。

 

スーベニールショップを覗くと、おしゃれなカードや小物があって、展示が変わると商品も割と変わるので、全然飽きません。アートを見るだけが美術館じゃないんだなって感じで、すごく好きになりました。

 

調べてみると素敵なカフェのある美術館が多くて、『なんで今までチェックしなかったんだろう!?』って感じです」(20代・女性)

 

入場料なしで「カフェ利用のみOK」というのもあり、カフェだけ楽しめるところも。

高尚なアートの知識はなくても、美術館はリラックスできる場所としても楽しめる。ちょっといつもと違う休日をすごしたくなったら、美術館もチェックしてみては?

・合わせて読みたい→子供連れにも人気の博物館! アイデア行き詰まると立ち寄る人も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

芸術の秋に美術館へ! 「絵がわからなくても楽しめる」に納得

(Comstock/Stockbyte/Thinkstock)

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋…さまざまな「秋」があるが、ちょっとハードルが高そうなのが、芸術の秋。

美術館などは、普段からアートに親しんでいる人にとっては、気軽で楽しいスペースだが、馴染みがない人だと「選択肢としても、思い浮かばない」レベルかも?

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「美術館は好き」か、意識調査を実施した。

■美術館デートもあり?

全体では「大好き」18.2 %と「まあまあ好き」43.7%で「美術館が好きな人」は6割超えの61.9%、「あまり好きではない」28.5%と「嫌い」9.6%で「好きではない人」は38.1%となった。

男女別に見ると

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「美術館が好きな人」の割合は、男性が58.6%に対し、女性は65.2%と女性の方が高い割合に。

ある程度は年代に比例して上昇傾向だが、女性は「きれいなもの」や「かわいいもの」が大好きなので、デートの候補地にピックアップしてみてもいいかも。

また、「美術館が好き」な人の多い特徴を見てみると、

「募金するほうだ」「ビットコイン(仮想通貨)を保有している」「アンダーヘアはツルツルだ」「新商品はチェックする方だ」が並んだ。

マイナスな意味でなく意識が高い人に、美意識が高い人、トレンドをチェックしている視点から「アートも範疇のひとつ」と考えているのかも――といった傾向があるもよう。

 

■素敵なカフェやショップが

実際に「美術館によく行く」という人に、話を聞いた。

「絵画や写真・アートも好きなのですが、元気が出る音楽を聴くみたいに、元気になる絵があったり、癒されるオブジェがあったり…難しい背景とかなしに、そういうフィーリングが合う作品って、あるんですよ。

 

それに美術館って、図書館ほど声を潜めなくてもいい、でも静かにそれぞれが楽しんでいる…といった、空間としての雰囲気が好きなのかも。

 

小さいところだと、ほとんど民家に近いようなところとか、建物自体がアートになっている美術館など、幅広くタイプがあって…最近は体験型のところも増えているから、馴染みのない人でも楽しめる美術館って、意外とあると思いますよ」(30代・男性)

 

「絵には全然興味がないんですけど、引っ越して近所を探検がてら散歩していたら、ステキなお庭の施設があり、入ってみたら美術館でした。いいな…って思った庭に面してカフェがあって、そこが今のお気に入りです。

 

スーベニールショップを覗くと、おしゃれなカードや小物があって、展示が変わると商品も割と変わるので、全然飽きません。アートを見るだけが美術館じゃないんだなって感じで、すごく好きになりました。

 

調べてみると素敵なカフェのある美術館が多くて、『なんで今までチェックしなかったんだろう!?』って感じです」(20代・女性)

 

入場料なしで「カフェ利用のみOK」というのもあり、カフェだけ楽しめるところも。

高尚なアートの知識はなくても、美術館はリラックスできる場所としても楽しめる。ちょっといつもと違う休日をすごしたくなったら、美術館もチェックしてみては?

・合わせて読みたい→子供連れにも人気の博物館! アイデア行き詰まると立ち寄る人も

(取材・文/しらべぇ編集部・くはたみほ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1349名(有効回答数)

ミュージシャンや女優からも注文が!リアルなカボチャアートが芸術的すぎる

ハロウィンには欠かせない西洋の妖怪「ジャック・オー・ランタン(Jack-o'-Lantern)」をアートに昇華。アニメや映画キャラを超絶リアルに彫るアーティストが「凄い!想像を絶するクオリティだった!」「ハロウィンだけ飾るなんて勿体ないレベル。本気で欲しい!」と全米を中心に話題沸騰!多くの人々を魅了

モチーフは動物やアニメのキャラ!野菜嫌いの息子の為に作る動物プレートが素敵

好き嫌いの多い息子に野菜や果物をちゃんと食べさせたい! そんな想いを胸に、日々、野菜や果物を使って“動物”や“アニメキャラ”を創作、プレートに飾りつける母親。これが「凄い!なんて素敵なママなの!」「羨ましいな。こんな料理なら野菜嫌いも克服出来る気がする!」と、インスタグラムを中心に話題沸騰!多くの人

まるで別人レベル!コスプレイヤーたちの進化の歴史が集まるハッシュタグが話題に

コスプレに初挑戦した頃の写真と、コスプレイヤーとしてキャリアを積み重ねた現在の写真を比較、ビフォーアフター形式で公開するハッシュタグ「#cosplayglowup(成長したコスプレ)」。これが「凄い!ここまで人は変われるのか…」「みんな努力をしているのね。私も頑張ろう!」と海外を中心に話題沸騰!多く