イジメ

いじめ主犯格への誤解が判明 『明日の約束』展開に「恐すぎる」の声

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

14日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第5話が放送された。

いじめや自死報道を受けた過剰な「犯人探し」に警鐘を鳴らす社会派ミステリーはますます盛り上がり、ネット上でもさまざまな感想が飛び交っている。

 

■いじめの主犯格にされた生徒と「誤解」

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

第5話では、「圭吾の自死の原因となったいじめの主犯格」として、ネット上で個人情報を晒されたバスケ部キャプテン長谷部(金子大地)を巡る、重大な「誤解」が明らかになる。

それは、長谷部と圭吾が不仲になった原因は、圭吾の「喫煙をバラされたくなければ(バスケ部で)ベンチ入りさせろ」という趣旨の脅迫がきっかけだったことだ。

さらに、長谷部のLINEに送られてきた圭吾からのメッセージ「僕は、先輩のせいで死にます。」は、圭吾が死んだ後に送信されたものだったという事実が判明。

ネットでの犯人扱いやバッシング以上に、「自責の念」に苦しんでいた長谷部は、事実を知って泣き崩れる。

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』

残ったのは「誰が圭吾の死後、LINEアカウントから送信したか」という謎。現時点では「圭吾の母親(長間由紀恵)が送信した」という意見が主流だが、次回以降の展開が気になるところだ。

 

■いじめの連鎖に警鐘を鳴らすセリフ

また学校内では、ネット上で長谷部が吊るし上げられる原因になった「長谷部が圭吾の死に言及しながら怒鳴っている動画」を撮った生徒が特定される。

「動画は撮影したがネット上に流したのは自分ではない。動画が盗まれた」と釈明する彼に対し、バスケ部員たちは「お前、この後普通に学校に来られると思うなよ」と言って、彼を吊るし上げようとする。

そんな場面に割って入った日向のセリフが、印象深い。腹が立つのは当然だ、と理解を示しながらも、

「でもその気持ちのまま動いていると、おんなじことの繰り返しになるんだよ。間違ったことをしたら、正さなきゃいけないよ。反省もしなきゃいけない。でも間違ったことをした人間だからいじめていいなんて、理屈はない」

 

と話したのだ。現場に駆けつけた長谷部本人も、彼を許し、

「こういうの続くときりないから」

 

と、自分のために報復しようとする、部員の怒りの感情を止めようとする。

ゲス記事に踊らされる特定厨たち 『明日の約束』クズマスコミに反響

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

7日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第4話が放送された。生徒の自死を巡る過激報道とネットの無責任な犯人探しはますます過激化。「さらに闇が深くなりそう」な不吉さで、注目を集めている。

 

■疑わしきは有罪? 晒される個人情報

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)がスクールカウンセラーの藍沢日向(井上)に告白した翌日に不可解な死を遂げ、日向がその真相を探っていくという本作。

第4話は、圭吾が所属していたバスケ部の顧問教師の辻(神尾佑)が何者かに襲撃され大怪我を負うシーンから始まる。

圭吾と揉め事を起こしていたと噂されるバスケ部キャプテンの長谷部(金子大地)も、週刊誌に「顔にモザイクをかけた動画」を流された後、ネット上で顔やプロフィールを特定され、個人情報を晒される。

 

■清々しいほどゲスなセリフ

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

最後のシーンでは、長谷部が圭吾と揉めていた原因が明らかになるものの、正直今の時点では「圭吾の自殺の原因」とは考えにくい状況だ。

しかし、ネット上ではすでに「いじめの首謀者」として槍玉にあげられており、取り返しのつかない状況に。

情報操作に近い記事を書いた週刊誌記者の小嶋(青柳翔)に責任を問う教師たち。しかし、小嶋はあざ笑うかのようにこう言ってのける。

「デシタルタトゥー、て言葉、ご存じです? 加害者の個人情報が晒されるのは大昔、罪人に入れ墨を入れるのと同じ罪の証です。だけどね、肝心なのはそれをやるのは我々マスコミではなく、一般の人たち、てことです」

中2男子いじめ自殺 加害者の父親「被害者を思っての暴力」発言に物議

(spukkato/iStock/Thinkstock)

2011年に、滋賀県大津市で同級生からのいじめを受けていた中学2年生の男子生徒が自ら命を絶った痛ましい事件。

この事件で、遺族が加害者の同級生らに損害賠償を求めている裁判での、「同級生の父親の発言」に怒りの声が相次いでいる。

 

■父親「被害者を思っての暴力だった」

2011年、同級生から暴行されるなどのいじめを受けていた中学2年の男子生徒が、自宅マンションから飛び降りて死亡。

遺族は大津市や加害者とされる同級生3人に損害賠償を求め提訴、市とは和解が成立したものの、同級生らは「いじめはなかった」と主張し、現在も争いが続いている。

報道によると、7日にはいじめに関与したとされる同級生の保護者らへの尋問が行われた。その中で、ある同級生の父親は息子が暴力を振るっておたことは認めたうえで…

「被害者を思ってのことだった。当時は仲が良いと思っていたので、いじめがあるとの疑いはなかった」

 

と、発言したのだという。

 

■「意味不明」怒りの声が噴出

この同級生の父親の発言に対し、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』では怒りの声が噴出している。

・なにを言っているか分からない

 

・クズの親はクズ

 

・バカじゃないの? 自分の子供が同じ目に遭ってもその言葉が言えるのか

 

・いつも思う。 いじめられた側は苦しんで死ぬのにいじめた側は自分がかわいくて仕方ないんだと

 

・このクズのためを思って、この父親もボコボコにしてやろう。このクズのためだ

 

この父親の発言を「多額の損害賠償から逃れるための必死の言い訳」として捉えた人は少なくないようで、呆れと怒りが渦巻く。

 

■「いじめ被害者」は約半数

後を絶たない学校や職場での深刻ないじめ問題。しらべぇ編集部が以前行った調査でも、深刻な実態が浮かび上がった。

全国の20~60代男女1,381名を対象に「いじめられた経験」について調査したところ、全体で47.0%もの人が「過去に一度でもいじめられた経験がある」と回答したのである。

昨今では、学校にとどまらず職場での「職場いじめ」の実態も問題となっている。「被害者を思っての暴力」という発言が、今後の争いにどう影響してくるのか。裁判の行方が注目される。

「整形モンスター」ヴァニラが後遺症の恐怖を激白 「ブス」と断言した父に批判の声も

(画像はInstagramのスクリーンショット)

フランス人形のような見た目になるべく、美容整形に総額1億円つぎ込んだ「整形モンスター」ことモデル・ヴァニラ。

3日放送の『キテレツ人生!』(フジテレビ系)に出演し、整形の後遺症や恐怖、すべての元凶となった理由を語り、話題になっている。

 

■薬がないと外出できない

これまで100回以上の整形手術を行い、1ヶ月のメンテナンス代は300万円にもおよぶことがあるというヴァニラ。顔はもちろんのこと、Fカップだった胸をJカップにし、ウエストにも月に1回脂肪を分解する注射を40本以上も行っているという。

給料のほとんどを美容整形につぎ込むほど美意識の高いヴァニラだが、一方で整形による後遺症もあると話す。おでこの手術をしてからというもの頭痛がひどくなってしまい、「これがないと外に出られない。いつ頭痛が起きるかわからない。頭痛が起きたら動けなくなっちゃうので」と薬を服用する生活だという。

 

■「顔がぐちゃぐちゃになるんじゃないか」という恐怖

また、鼻にも皮ギリギリまで手術を施しているため、洗顔もゴシゴシと強くこすることできないようだ。「鼻が曲がっちゃうかもしれないし、糸がたくさん入ってるから痛い」と生活に支障が出ていることも明かす。

さらに雨の日には、滑ると「顔がぐちゃぐちゃになるんじゃないか」という恐怖や、子供好きでありながら「何をするかわからない」という恐怖からあまり近づくことができないと、細心の注意を払って生活していると語った。

遊びじゃないのに! 仕事に支障が出た「職場での最低いじめ」3選

(AH86/iStock/Thinkstock)

給料や責任が発生する職場でも、イジメをする人は少なくない。中には、そんなイジメが原因となって仕事に支障を与えることもあるようだ。

 

①重要な取引先からの電話をきちんと取り次がない

「同期の女子グループからいじめられたことがあるんですが、『取引先の人から電話あったよ』と嘘をつかれて、かけたら『電話なんてしてないけど?』と怒られたり。

 

逆に本当に電話がきた時は教えてもらえずに『なんで折り返してこないんだ』と怒られたりしました。私をいじめているつもりが、会社の評価を落としているだけ…」(女性・26歳)

 

②「彼女に仕事をまわしたくない」と新規の客を断る

「営業の仕事をしていたんですが、いじめてくるお局様が私に客をまわしたくないと、私の顧客に失礼な態度を取って解約させたり、新規のお客を断ったりしていました。

 

当然、客はどんどん激減して、私の成績だけでなく、部署の売上も下がり、そのせいで1年後くらいに部署は解体。たったひとりの嫌がらせのせいで、皆が迷惑」(女性・28歳)

 

③仕事よりも「話したくない」気持ちの方が優先

「商品の発注業務をしていたんですが、商品数の変更があったのに私に話しかけたくないから、と伝達してこなかった子がいて、数百個の誤発注が起きたことがありました。

 

その子は『言い忘れた』とごまかしていましたが、仕事上でそれだけのトラブルを起こしてまでも喋りたくない…って子供じみているし、社会人として終わっていると思う」(女性・25歳)

 

▪️職場でのいじめ経験者は…?

しらべぇ編集部が全国の20~60代の会社員経験者の男女899名を対象に「職場でいじめを受けたことがある」人の割合を調査したところ、全体では25.8%という結果に。

職場でいじめをするだけでも恥ずべき行為だが、中には、いじめに夢中になるあまりに仕事や業績に悪影響が出るような嫌がらせをする人もいるようだ。

社会に出ている大人である以上、しっかりと分別を持って働きたい。

いじめ報道で安易な「学校叩き」は危険? 『明日の約束』テーマにネット震撼

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)

10月31日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第3話が放送された。未成年の自死報道に対する「過剰なバッシング」に警鐘を鳴らす内容に、ネット上でもさまざまな意見が交わされている。

 

■毒親とゲスジャーナリストに注目

スクールカウンセラーの藍沢日向(井上)が不登校の男子生徒・圭吾(遠藤健慎)に告白されるものの、翌日に彼が不可解な死を遂げる。自死とされた圭吾の家庭環境や学校生活に不可解な点を感じた日向が、彼の死の謎を追う…という内容の本作。

第3話では、マスコミや世間の「犯人探し」とも言えるバッシング報道の過激さに揺れる生徒と、教師の日常を追うストーリーが展開された。

「圭吾が死を選んだのは、学校でのいじめが原因」とマスコミに語る圭吾の母・真紀子(仲間由紀恵)の不気味な演技と、事件を追うジャーナリストの「ゲスすぎる言動」が話題になっている。

 

■ネット掲示板への皮肉?

女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』で話題になったのは、日向に突撃取材をかけてきた男性ジャーナリストの「ゲスゼリフ」。

「いじめで子供が自殺した、芸能人が不倫した、こういう報道を見てまったく無関係な連中が当事者を叩くでしょ。これ楽しいんですよ。自分は正しい意見の持ち主だ、悪い奴や間違っている奴を叩きのめしてやる、て、その快感がね」

 

このセリフが放映された直後の時刻には…

・ガルちゃんのことだ(笑)

 

・ガル民言われてるぞ←

 

などなど、「ネットの掲示板ユーザーに対する皮肉」と受け取った意見が、複数連続投稿されている。

加藤浩次、子供のいじめ原因に「親が悪い」「親も絶対に連帯責任」

(画像はTwitterのスクリーンショット)

今も消えぬ学校のいじめ問題だが、いじめた子供だけでなく、その親も責任があるとの意見もみられる。

20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)での極楽とんぼ・加藤浩次(48)の発言が話題を呼んでいる。

 

■いじめた子供の親が責任

子供のいじめ問題について番組では、アメリカ・ニューヨーク州のノーストナワンダ市で1日に施行した条例をとりあげた。

その内容とは、子供がいじめを行った場合、その親が罰金、または勾留されるというもの。16歳未満の子どもが90日間にいじめを2度行った場合、その親が250ドルの罰金、または15日間の拘留を科せられるようだ。

この条例について、番組ではアンケートを実施。賛成が3万1,109票、反対が1万1,913票との結果になった。

 

■いじめの原因は家庭内にあると主張

スタジオでも意見が割れる中、賛成派の加藤は持論を展開。「いじめる側といじめられる側。これは明らかに(責任が)100対0です。いじめられてる側はひとつも悪くない。いじめてる側が100%悪い」と断言した。

さらに、いじめが起こる原因について「家庭の中で『いじめがOK』のような会話がすすんでいる」と主張。「あそこのママ、だめよ」といった、両親たちの悪口を子供が聞く環境こそ、子供が学校で悪口を言う原因、そしていじめに発展するきっかけになると推測した。

そして、「そういう意味で親も絶対に連帯責任だと思う。親が悪いと思う、小さい頃はね。中高とかなった時には子どもの意思は働くのかもしれないけど」と語った。

いじめられる子供の性格や原因は?4つの対策や仕返し方法をご紹介します

いじめられる子供は、環境を変えてもいじめられてしまうということが珍しくないようです。 今回はいじめられる子供の性格や原因、いじめの内容などについてご紹介します。対策と仕返し方法も覚えておくと良いかもしれません。...

The post いじめられる子供の性格や原因は?4つの対策や仕返し方法をご紹介します appeared first on ガール配信局.

いじめられやすい人の特徴6選!原因と内容・対策法も徹底紹介

世の中には、いじめられやすい人とそうでない人がいます。いったいその違いは何なのでしょうか? 今回は、いじめられやすい女性の原因や特徴をご紹介します。内容によっては後遺症も残るいじめ、対策についても確認しておきま...

The post いじめられやすい人の特徴6選!原因と内容・対策法も徹底紹介 appeared first on ガール配信局.

親がこれだから! いじめ加害者の親がした最悪行動3選

(deeepblue/iStock/Thinkstock)

自分の子供がいじめの加害者になっても、我が子が可愛いゆえに擁護してしまうのが親心なのかもしれない。

そのため自分の子を守ることに必死で、いじめられた子にたいしてとんでもない行動をしてくる親もいるようだ。

しらべぇ取材班は、「いじめ加害者の親がした最低行動」を調査してみた。

 

①いじめられた子にも謝罪させる

「いじめに遭い、学校で保護者を含めた話し合いになった時に、相手の親が『あなたにも問題があったはず。だからうちの子だけじゃなく、お互いに謝ろうね』と…。

 

自分はいじめられた側なのに『ごめんね』を言い合うことを強要されて、言わされました。当時は小学生でしたが、子供心にすごく悔しかったのを覚えています」(男性・26歳)

 

②電話してきて個人的に問い詰める

「中学生の時にいじめに遭い、学校に相談。その話が先生側から、相手の保護者に通達されたのか、夜分遅くにいじめっ子の親から私の携帯に電話があり…。

 

そこで『うちの子はいじめてないって言っているけど? 証拠あんの?』と、問い詰められました。大人にキツい口調で責められて、怖かったです」(女性・30歳)

 

③子供がいじめをしたことに反省なし

「子供の学校でいじめで怪我をした子がいて、緊急の保護者会が開かれました。そこに加害者の父親が参加したんですが、社長をされているとかでかなり横柄な人。

 

担任の経緯説明には『これくらいでいじめだなんておおげさ』と反省はないし、被害者の両親には『治療費いっぱい払います』と笑いながら。同じ親としてムカつきました」(女性・38歳)

 

▪️いじめられた経験者は…?

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「学生時代のいじめ」について調査。その結果、60代は2割、そのほかの世代はおよそ4割が「いじめられた経験がある」と回答した。

「この親にして、この子ありだな…」と思われないためにも、子供がいじめをした時にはしっかりと教育したいものだ。

・合わせて読みたい→最強の味方! 学校でイジメられた時に親にされて嬉しかったコト

(取材・文/しらべぇ編集部・オレンジおっかさん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)