インターネット

いつも見てるぞ… 知人のSNSアカウントをこっそり探す方法

(©ぱくたそ)

仕事でのストレスを、SNSに投稿して発散をしている人も多いだろう。しかしその投稿は、会社の誰かに見られているかもしれない。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のSNSを利用している男女660名に「SNSの利用について」の調査を実施。

全体では30.8%の人が、「知り合いのSNSをフォローせずにこっそり見ている」と回答をしたのだ。

 

■気になる相手を事前にSNSでチェック

年代別では、20代から30代の若い世代で多くなっているが、かなり上の世代もチェックしている。

デジタルネイティブからネット黎明期をリアルタイムで経験した年代まで、幅広い人が知り合いのSNSを「こっそり見ている」結果となった。

ちなみに20代に「こっそり見る」理由を聞いてみると、

「少し気になってた女の子のアカウントをみつけたら、彼氏がいるようだったので諦めた」(20代・男性)

 

恋愛までも、ネットで情報収集する時代のようだ。

 

また、なぜわざわざ隠れて、知り合いのアカウントをのぞき見するのだろう。

「特に理由はないけど、探すまでの作業が楽しい」(30代・男性)

 

見つける工程を楽しむ人もいれば、投稿の内容をチェックしている人も。

「会社の後輩が、アニメ好きなことをSNSで知った。会社では隠しているから、意外な感じ。私もアニメオタクだから、勝手に親近感が湧いている」(20代・女性)

 

■知り合いのアカウントのみつけ方

知り合いのSNSをフォローする場合には、お互いに教え合うのが一般的だ。こっそりと見るには、どのようにしてアカウントをみつけるのだろう。

30代の男性が、SNSのアカウントを探す手順を教えてくれた。

「Facebookなら基本的に本名だから、名前を入れるだけですぐ見つかる。よくある名前なら、住んでる地域や出身校などの情報を確認すると見つけやすい。

 

Twitterやインスタグラムは、かなり難易度が上がる。ターゲットの友達で、実名でやっている人がいないか検索。実名の友達が見つかれば、その人のフォロワーの名前や投稿内容を見て目星をつけていく」

 

ここまでして探されるのなら、下手な投稿はできない。先ほどの男性も、次のように語る。

「他の人が、自分のアカウントをこっそりと見てる可能性も十分にある。でも、見られるものだと思って投稿をするから、変なことは書いていないと思う」

 

SNSは鍵をかけなければ、世界中の人たちから見られるようになっている。誰に見られているかわからないだけに、発言には気をつけたいものだ。

林修先生が『初耳学』でLINEの「既読機能」の重要性を熱弁 「震災の影響で生まれた機能」

5日に放送された、TBS系バラエティ番組『林先生が驚く初耳学』では、「LINE」の既読機能の重要な役割がテーマになり、話題になっている。

 

■「既読機能」の重要性

インターネットを通じて無料電話やメッセージのやりとりができることで、人気を集めている「LINE」。

ところが、相手がメッセージを読んだという合図の「既読」が付いたにも関わらず、返信を行わない「既読スルー」と呼ばれる行為がトラブルを巻き起こすことも。

社会問題にまで発展した「既読機能」をなくさない理由を尋ねられると、林修氏は…

「震災の影響で生まれた機能。連絡が取れなくなった、メールを送ったけど相手が読んだかわからない状況だった。それで、LINEを送って『既読』に変われば、相手が読んでくれたことが確認できる。だから、あえてこの機能を残している」

 

と、語った。「既読」は震災発生時に「安否確認」の役割を果たすようだ。

LINE開発のきっかけは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」。電話がつながりにくい状況を受けて、インターネットを通じて連絡が取れるようにと開発に至ったそうだ。

 

■ネットでは納得の声

ネットでは「既読機能」に納得する声が目立っている。

初耳学見てるんだけど、LINEの既読ってとっても大事なんだって初めて知ったネット社会だからこその大事な機能なんだなぁ〜

— ばんちゃん (@bnhnsik_Ynmhays) November 5, 2017

ラインの既読機能の意味を知って、納得してる 初耳学視聴中

— あさこ (@asako126) November 5, 2017

その一方、「既読スルー」だけでは「未読スルー」問題も勃発しているという声も見られる。

既読スルー未読スルー問題勃発LINEの使い方おかしいやついる東大生が言ってたけどLINEがLINEの意味をなしてない時がある#初耳学

— アリス (@Azul_Cerezo) November 5, 2017

 

■「未読スルー」をしたことある?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のLINEユーザーである男女629名を対象に「LINEを『未読スルー』した経験があるか?」調査を実施。

その結果、全体で35.8%の人が「ある」と回答。相手への気遣いから読まなかったことにする場合や、単純に既読の事実を知られたくないケースもあるだろう。

今後、既読スルーされたときには「返信はないけど生存は確認できたし未読よりもいいか」とポジティブに捉えてみてはどうだろうか。

ネット炎上に参加した経験は? 「祭り」「炎上」は誰が起こしているのか

(©ぱくたそ)

インターネット上では、毎日のように数多くの炎上が発生している。これだけ数が多いなら、多くの人が炎上に加担しているように思えてくるが。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「インターネットについて」の調査を実施。

「ネットの炎上に参加したことがある」と答えた人は、全体で7.1%と1割も満たない結果であった。これほど少ないのに、なぜ炎上をしてしまうのだろうか。

 

■デジタルネイティブ世代と炎上

年代別で見ると、若い世代ほど炎上に参加していることがわかる。

デジタルネイティブとも呼ばれる世代だが、炎上に参加するほどネットが身近な存在なのだろう。

「有名人の失言で炎上しているときは、SNSで批判を書くことはある」(20代・男性)

 

しかし、若い人に炎上参加者が多いといえど、1割程度である。大半の人は、炎上を見つけても放置している。

「わざわざ面倒なことに、自分から足を踏み入れる必要はない」(20代・女性)

 

■インターネット黎明期からあった炎上

インターネット黎明期から某巨大掲示板を中心に、一般人の投稿が晒し上げられることは頻繁にあった。「祭り」としてディープなネットユーザーたちは、経過を観察して楽しんだのだ。

「ネット初期の『祭り』も、一部の人たちが楽しんでいたもの。近年の炎上も、最初は誰も気にしてなかったものを『声の大きい人』が掘り起こして、燃え上がるんだと思う」(40代・男性)

 

今回の調査から見ても、炎上はほんのわずかな人たちで成り立っていると考えられる。

 

■一般人の炎上は将来への悪影響も

ネットでの炎上は、定義が難しい。

元フジテレビアナウンサーである長谷川豊氏の透析患者に対する発言は、もともと炎上する要素が多く含まれていた。しかし一方では、本来の意図とは違う意味で広がり、炎上してしまうことも多い。

さらには、炎上を狙って発言をしているのでは? と思うような人も少なくない。元衆議院の上西小百合氏や、お笑い芸人のキングコング・西野亮廣などに、その典型と感じている人も多いだろう。

「有名人の炎上は、『有名税』と考えれば納得もいく。でも一般人の炎上は、かなり気の毒に思う。若い人だと、将来に悪影響にもなりかねない」(30代・男性)

 

炎上を恐れて、ネット上に当たり障りのないことしかなくなってしまうと、それはそれで、とても味気ないものになりそうだ。

ネットリテラシーが高いと自負する人 60代以上に多い謎

(©ぱくたそ)

インターネットが普及して便利な社会になったが、一方で炎上などのマイナス面が問題になっている。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代のネットリテラシーという言葉を知っている男女441名に、「インターネットについて」の調査を実施。

「ネットリテラシーは高いほうだと思う」と答えた人は全体で64.4%おり、「自分は大丈夫だ」と考えている人が多いことが判明した。

 

■ネットリテラシーに自信があるのは60代以上

年代別では、意外にも60代以上が一番多い割合になっている。

インターネットがなかった時代を長く経験したからこそ、慎重になる人も多いようだ。

「母が最近スマホを買いインターネットデビューをしたけど、かなり慎重に使っている。ツイッターをなんとか始めたけど、貼ってあるリンクさえも踏むのが怖いみたい」(30代・女性)

 

しかし、最初は警戒をしていた人たちも、だんだんと使いこなすようになる。

「定年退職した元上司が暇なのか、会社の人たちが投稿したものすべてにコメントをつけている。しかも少しずれた感じだから、みんなが扱いに困っている」(40代・男性)

 

■インターネットで実名を名乗ること

若者のネットとの付き合い方について、不安の声を上げる人も多い。

「名前や通っている学校まで書いて、顔出ししている子が多い。何かあったらすぐに特定されそう」(30代・女性)

 

しかし、若者だけが、危なっかしい使い方をしているわけではないとの意見もある。

「実名登録のFacebookでヘイトコメントを書いてる人を何人か見たけど、さすがに心配になる」(30代・男性)

 

■ビットコイン保有者はネットリテラシーが高い

ビットコインを保有している人は、8割以上が自分はネットリテラシー高いと思っている。

仮想通貨の購入は、インターネット上の取引所を利用するのが一般的だ。そこまでのノウハウがある人は、ネットの使い方に自信を持っても不思議ではない。

「警戒することは大切だけど、多くの人が発信することを恐れたらおもしろくなくなる。微妙なバランスが必要だけど、それを見極めるのはなかなか難しい」(30代・男性)

 

誰もが気軽にインターネットを利用できる時代になり、この先さらにネットリテラシーが問われるようになりそうだ。

・合わせて読みたい→インターネット上で顔出しNG? 会社員が少ない理由

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代のネットリテラシーという言葉を知っている男女441名 (有効回答数)

ネットで拡散されるデマの恐怖 ビートたけし「気にしてると神経もたない」

(BrianAJackson/iStock/Thinkstock)

21日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』ではインターネット上で拡散される「デマ」の恐怖を放送し、ネットで話題を呼んでいる。

 

■デマが拡散され休業に

東名高速道路で家族四人を乗せる車を停止させ、夫婦が死亡した事故で逮捕された石橋和歩容疑者。今、ネットでは石橋容疑者への怒りが歪んだ形で爆発している。その標的になっているのは、福岡県の建設会社だ。

石橋容疑者は福岡出身だが、全くの無関係。ところがネット掲示板に社長が実父だと書き込まれ、住所や電話番号を公開される事態に。

1日100件ほどのイタズラ電話により仕事に支障をきたし休業に追い込まれた。中には命の危険を感じるものもあったという。

ネットで拡散されるデマにITジャーナリスト・三上洋氏は…

「一人が『こんな関連した情報があるよ』というと他の人も調べる。手柄を競うような形で特定をする。まるで間違った情報が本当のように流れてしまっている」

 

と、デマが拡散される理由を語った。

 

■気にしてたら神経が持たない

ネットで拡散され深刻な被害をもたらすデマについて、ビートたけしは…

「俺らはデマだらけ。あることないこと全部言われるから。いちいち否定してたら面倒くさくなって、そういうものだとしか思わなくなった。

 

スタッフに『また、たけしさんのことが書いてありますよ』って言われても、いつも書いてるんだよと流してる。いちいち気にしていると神経が持たない」

 

長年芸能界で活躍するたけしは、ネットのデマなどは気にしないようにしているようだ。

ネットで拡散されるデマの恐怖 ビートたけし「気にしてると神経もたない」

(BrianAJackson/iStock/Thinkstock)

21日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』ではインターネット上で拡散される「デマ」の恐怖を放送し、ネットで話題を呼んでいる。

 

■デマが拡散され休業に

東名高速道路で家族四人を乗せる車を停止させ、夫婦が死亡した事故で逮捕された石橋和歩容疑者。今、ネットでは石橋容疑者への怒りが歪んだ形で爆発している。その標的になっているのは、福岡県の建設会社だ。

石橋容疑者は福岡出身だが、全くの無関係。ところがネット掲示板に社長が実父だと書き込まれ、住所や電話番号を公開される事態に。

1日100件ほどのイタズラ電話により仕事に支障をきたし休業に追い込まれた。中には命の危険を感じるものもあったという。

ネットで拡散されるデマにITジャーナリスト・三上洋氏は…

「一人が『こんな関連した情報があるよ』というと他の人も調べる。手柄を競うような形で特定をする。まるで間違った情報が本当のように流れてしまっている」

 

と、デマが拡散される理由を語った。

 

■気にしてたら神経が持たない

ネットで拡散され深刻な被害をもたらすデマについて、ビートたけしは…

「俺らはデマだらけ。あることないこと全部言われるから。いちいち否定してたら面倒くさくなって、そういうものだとしか思わなくなった。

 

スタッフに『また、たけしさんのことが書いてありますよ』って言われても、いつも書いてるんだよと流してる。いちいち気にしていると神経が持たない」

 

長年芸能界で活躍するたけしは、ネットのデマなどは気にしないようにしているようだ。

ネットで拡散されるデマの恐怖 ビートたけし「気にしてると神経もたない」

(BrianAJackson/iStock/Thinkstock)

21日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』ではインターネット上で拡散される「デマ」の恐怖を放送し、ネットで話題を呼んでいる。

 

■デマが拡散され休業に

東名高速道路で家族四人を乗せる車を停止させ、夫婦が死亡した事故で逮捕された石橋和歩容疑者。今、ネットでは石橋容疑者への怒りが歪んだ形で爆発している。その標的になっているのは、福岡県の建設会社だ。

石橋容疑者は福岡出身だが、全くの無関係。ところがネット掲示板に社長が実父だと書き込まれ、住所や電話番号を公開される事態に。

1日100件ほどのイタズラ電話により仕事に支障をきたし休業に追い込まれた。中には命の危険を感じるものもあったという。

ネットで拡散されるデマにITジャーナリスト・三上洋氏は…

「一人が『こんな関連した情報があるよ』というと他の人も調べる。手柄を競うような形で特定をする。まるで間違った情報が本当のように流れてしまっている」

 

と、デマが拡散される理由を語った。

 

■気にしてたら神経が持たない

ネットで拡散され深刻な被害をもたらすデマについて、ビートたけしは…

「俺らはデマだらけ。あることないこと全部言われるから。いちいち否定してたら面倒くさくなって、そういうものだとしか思わなくなった。

 

スタッフに『また、たけしさんのことが書いてありますよ』って言われても、いつも書いてるんだよと流してる。いちいち気にしていると神経が持たない」

 

長年芸能界で活躍するたけしは、ネットのデマなどは気にしないようにしているようだ。

ネットで拡散されるデマの恐怖 ビートたけし「気にしてると神経もたない」

(BrianAJackson/iStock/Thinkstock)

21日に放送された、TBS系情報番組『新・情報7daysニュースキャスター』ではインターネット上で拡散される「デマ」の恐怖を放送し、ネットで話題を呼んでいる。

 

■デマが拡散され休業に

東名高速道路で家族四人を乗せる車を停止させ、夫婦が死亡した事故で逮捕された石橋和歩容疑者。今、ネットでは石橋容疑者への怒りが歪んだ形で爆発している。その標的になっているのは、福岡県の建設会社だ。

石橋容疑者は福岡出身だが、全くの無関係。ところがネット掲示板に社長が実父だと書き込まれ、住所や電話番号を公開される事態に。

1日100件ほどのイタズラ電話により仕事に支障をきたし休業に追い込まれた。中には命の危険を感じるものもあったという。

ネットで拡散されるデマにITジャーナリスト・三上洋氏は…

「一人が『こんな関連した情報があるよ』というと他の人も調べる。手柄を競うような形で特定をする。まるで間違った情報が本当のように流れてしまっている」

 

と、デマが拡散される理由を語った。

 

■気にしてたら神経が持たない

ネットで拡散され深刻な被害をもたらすデマについて、ビートたけしは…

「俺らはデマだらけ。あることないこと全部言われるから。いちいち否定してたら面倒くさくなって、そういうものだとしか思わなくなった。

 

スタッフに『また、たけしさんのことが書いてありますよ』って言われても、いつも書いてるんだよと流してる。いちいち気にしていると神経が持たない」

 

長年芸能界で活躍するたけしは、ネットのデマなどは気にしないようにしているようだ。