ウェアラブル

脱ヘッドホン!? ソニーが肩に乗せる『ウェアラブルネックスピーカー』を発表

たしかに開放感はありそうです。

ソニーは家庭で映画やゲームを楽しむための新感覚スピーカー『ウェアラブルネックスピーカー SRS-WS1』を2017年10月14日に発売すると発表しました。背中から肩、鎖骨にかけてのラインに沿ったアーチ型のスピーカーの上部から音が広がることで、まるで音に包まれるような新しい視聴体験ができるとされていますが、実際の装着感やサウンドの臨場感がどういったものになるのか、非常に気になりますね。

ウェアラブルスピーカーの構造とメリットとは?

大きくて場所をとるホームシアターシステムを使わずにテレビの音をより臨場感ものにしてくれるというウェアラブルネックスピーカー。先端部に配置されたφ30mm小型フルレンジスピーカー、耳元で拡散させるスリット構造と音の方向性を整えるディフューザーが、音に包まれるような感覚を実現してくれるのだそう。

スピーカーが首元にあることで、壁からの反射音やクロストークが最小限に抑えられるというメリットも。

送信機と充電台はコンパクトで省スペース

装着中のネックスピーカーは完全ワイヤレスとなり、テレビとの間には専用の送信機を設置することになります。なお、テレビと送信機は光デジタルもしくはヘッドホン端子で有線接続する方式。ネックスピーカー本体は専用オーディオケーブルを使ってのスマホとの有線接続にも対応しているとのことです。

専用充電台によるフル充電までの所要時間はおよそ3時間。最大で約7時間の連続使用ができるとされています。ちなみに充電台を使わずにUSBケーブルによる充電も可能ですよ。

音に連動したバイブレーション機能も

左右スピーカー本体前方に内蔵された振動板「パッシブラジエーター」が低音を増強し、映画のアクションシーンや音楽の低音部分を振動として再生するバイブレーション機能を装備。振動は3段階の強度で設定可能となっています。

肩から首にかけて装着する機器が振動すると聞くと、肩凝り持ちとしてはマッサージ機として使えないものかと夢想してしまいますが、残念ながらそうした機能は備えていない模様。とはいえ新感覚のスピーカーとして純粋に試してみたいものですね。ちなみに市場想定価格は税抜で2万5000円前後となる見込みです。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

SRS-WS1アクティブスピーカー(ソニー)

ソニー SONY ワイヤレスポータブルスピーカー 重低音モデル SRS-XB20 : 防水/Bluetooth対応 ライティング機能搭載 ブラック SRS-XB20 B

The post 脱ヘッドホン!? ソニーが肩に乗せる『ウェアラブルネックスピーカー』を発表 appeared first on デジノ杜.

後方カメラと内蔵HUDで360度ビジョンを実現!未来派バイクヘルメット鋭意開発中

これこそまさに、SF映画のヘルメット!

クルマではバックモニターのお陰で後方視界を得られるようになりましたが、バイクでは未だにバックミラー、あるいはライダー自身が振り返らないと、後方の様子がわかりません。21世紀にもなってそれはいかんだろうと、とうとうバックカメラとHUD(ヘッドアップディスプレイ)の組み合わせで360度ビジョンを実現するヘルメット『X7』の開発プロジェクトがスタートしました。 

ヘルメット後頭部に「第3の目」が

『X7』最大の特徴は、ヘルメット後方に搭載されたバックカメラの映像をヘルメット内蔵のHUDに映し出せること。これによって後方の死角をなくし、背後から迫ってくる車両の様子を確認できるように。そして安全なライディングを実現してくれるというのです。

環境音までコントロール

「クロスサウンドコントロール」機能では、走行中に発生する風切り音やロードノイズ、エンジンノイズを低減。ライダーの疲労を減らしてくれるんだとか。まるで、ノイズキャンセリングヘッドホンのようですね。

スマホ連携でさらに便利に

専用アプリの「Open Maps」機能と連携させれば、HUDにわかりやすく矢印で進行方向を表示。また環境音のコントロール機能の強弱を調節したり、バイク停車時に使えるグループトーク機能のオン/オフもアプリから行います。

さらなる情報公開を待て

現時点では『X7』の発売時期や価格は明かされておらず、公式ウェブページには「2018」の文字だけが記載されています。ということは、2018年の発売を目指しているのかな……? メールアドレスを登録すればニュースレターが受け取れるそうなので、このハイテクヘルメットを少しでも早く入手したい方は新着情報を待ってみましょう。

文/塚本直樹

関連サイト

『X7』製品情報サイト

amiibo サムス・アラン (メトロイドシリーズ)

The post 後方カメラと内蔵HUDで360度ビジョンを実現!未来派バイクヘルメット鋭意開発中 appeared first on デジノ杜.

自動ゲットだぜ!ポケモンGOをフルオート化する『Go-tcha Wristband』試用レポート

ボタンをポチポチ押す必要さえナシ。完全自動化が実現します。

スマホ向け位置情報ゲーム『ポケモンGO(Pokémon GO)』を便利にしてくれるアイテムといえば『Pokémon GO Plus(ポケモンGOプラス)』が知られていますが、海外ではゲーム改造(チート)グッズを手がける「Codejunkies」による非公式アイテム『Go-tcha Wristband』が販売されています。

このリストバンドはポケモンの捕獲やポケストップでのアイテム回収といったゲーム中操作を完全自動化してくれるというもの。設定によってはポケモン捕獲時にボタンを押す必要すらありません。今回たまたま海外出張先で入手することができたので、その使い勝手について簡単にご紹介しましょう。

▲ ニューヨークにいくつかある小売店「GameStop」にて49.99ドルで購入。人気商品らしく、地下鉄を乗り継ぎ3軒目でようやくゲットできました。

自動/手動を細かく設定できる

ポケモンGOがインストールされたスマホ端末とのペアリングは、ポケモンGOプラスと同じ手順で行います。ポケモンの自動捕獲(オートキャッチ)やポケストップでのアイテム収集についての設定はリストバンド側で詳細に設定。初見では設定方法がわかりにくいという難点があるものの、出現したすべてのポケモンをオートキャッチするだけでなく、まだ持っていないポケモンだけは手動で獲るといった細かな設定もできますよ。

動作状況はリストバンド上のタッチスクリーンOLEDディスプレイの画面表示と振動フィードバックによって通知され、ポケストップから収集できたアイテムの個数までスマホの画面を見ずに把握できる、なかなかのスグレモノ。ただし押した感覚がはっきりわからないタッチスクリーンの操作性は今ひとつと言ったところ。

日本ではあまり知られていないアイテムなので、身につけていても周囲の人たちにポケモンGOを遊んでいるとは気付かれにくい、なんてメリットもあるかもしれません。

付属の専用チャージャーでUSB充電が可能

公式アイテムのポケモンGOプラスではボタン型電池(CR2032)が用いられていた電源まわりは、『Go-tcha Wristband』は付属チャージャーによるUSB経由の充電ができるように作られています。ヘビーユーザーにとっては、電池交換の手間とコストが省けるのは非常にありがたいのではないでしょうか。

今回は米国内で使用した感触をお伝えしましたが、非公式アイテムということもあり、日本で正式に発売される可能性は低いであろうと思われます。また日本円にして5500円近くになる価格(49.99ドル)も、高いと感じるか安いと感じるかは微妙なところでしょうねー。

撮影・文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

Go-tcha Wristband for Pokemon Go(Codejunkies)

Pokémon GO Plus (ポケモン GO Plus)& 【Amazon.co.jp限定】オリジナルスマートフォン壁紙 配信

The post 自動ゲットだぜ!ポケモンGOをフルオート化する『Go-tcha Wristband』試用レポート appeared first on デジノ杜.

1万円以下で健康管理からトレーニングまでおまかせ!『HUAWEI Band 2』シリーズ

この値段なら欲しくもなります。だってスポーツの秋ですから。

最近ますます製品が増える、ヘルスケア機能を搭載したリストバンド。一体どのブランドのどの製品を購入したらいいのか、検討するだけで疲れてしまいそうです。初期投資を抑えながら最初の一本を選ぶなら、ファーウェイ・ジャパンから登場したフィットネスから睡眠管理、コーチング機能まで搭載した『HUAWEI Band 2』『HUAWEI Band 2 Pro』はいかがでしょう? こちら、『HUAWEI Band 2 Pro』が9980円(税別)でブラックとレッドの2色、EC限定モデルの『HUAWEI Band 2』はオープン価格でブラック1色のみ、どちらも2017年9月8日から発売予定となっています。

装着しやすい本体に安心の防水設計

ディスプレイ部分のサイドにメタルパーツを採用するなど、高級感にもこだわったという『HUAWEI Band 2』シリーズ。本体は5気圧防水と防塵に対応しており、装着したままでのスイミングも可能です。ただし温水中での利用には対応していないそうなので、手洗いの際などは少し気をつけてあげましょう。内蔵バッテリー容量は100mAhで、通常利用なら最大21日間も利用できるとのこと。

欲しい機能を網羅した設計

基本的なフィットネス機能としては、ランニング中などに心拍数を高精度かつ秒単位で測定可能。またスポーツをしていない時にも自動で心拍数を測定し、自分の体調を知ることができます。

本体ディスプレイには消費カロリーや運動強度が表示可能で、集中力を高める呼吸コーチ機能も用意されていますよ。

『HUAWEI Band 2 Pro』ならさらに便利に

上位モデルの『HUAWEI Band 2 Pro』には独立したGPSが搭載され、スマホを携帯していなくてもランニングのルートや距離、スピードやペースを計測できます。走っているときにスマホを邪魔に感じるランナーに重宝されそうな機能です。

また『HUAWEI Band 2』にも搭載されている睡眠計測機能ですが、『HUAWEI Band 2 Pro』では睡眠モニタリング技術「HUAWEI TruSleep」によって具体的な睡眠状況や睡眠の質が把握可能とされています。さらにランニングコーチ機能や、体内に取り込まれた酸素の最大量を知る効果測定(VO2max)も利用可能。1万円を切る価格(税別ですが)でこれだけの機能を備えているのは魅力的ですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『HUAWEI Band 2 / Band 2 Pro』製品情報ページ 『HUAWEI Band 2 / Band 2 Pro』プレスリリース

Huawei 5.2型 P10 lite SIMフリースマートフォン プラチナゴールド 【日本正規代理店品】 P10 lite/WAS-LX2J/Platinum Gold

The post 1万円以下で健康管理からトレーニングまでおまかせ!『HUAWEI Band 2』シリーズ appeared first on デジノ杜.

価格破壊で普及が進むか?レノボが『Lenovo Explorer』でMR(複合現実)市場に参入

MRデバイスも徐々に価格がこなれてきましたね。

現実世界と仮想世界をデバイス上でミックスする、MR(複合現実)技術。これまではMRを体験するには33万円以上するマイクロソフト製『Hololens』開発キット上位機種だと900万円にもなるキヤノンの『MREAL』など、なかなかに高額なヘッドセットを購入する必要がありました。しかし今回レノボが発表した『Lenovo Explorer』なら本体価格が349ドル(約3万8000円)、コントローラー付きの価格が449ドル(約5万円)と、非常にリーズナブルな価格で複合現実感の世界を楽しむことができるんです。

「Windows Mixed Reality」とは?

『Lenovo Explorer』は、マイクロソフトが一定スペック以上のWindows 10搭載パソコンで気軽にMRが楽しめるように提供しているプラットフォーム「Windows Mixed Reality」に対応したデバイス。アプリやゲームなどのMRコンテンツ、あるいは360度映像や通常の動画をMR空間で楽しむといった、さまざまな体験を提供してくれます。ヘッドセットには空間移動を把握するセンサーが搭載されていて、装着者は3.5×3.5メートルのMR空間を自由に動き回れるとのこと。動きを把握するために外部センサーを設置する必要もありません。PCに接続するだけですぐにMR体験が開始できるとされています。

かっこいいコントローラーも登場

製品にはコントローラー『Motion Controllers』付きのバージョンもあり。タッチパッドやスティックで複雑な操作が可能です。また、お手持ちの『Xbox』のコントローラーを流用することもできるそうですよ。

残念ながら日本での発表や販売は未定となっているようですが、『Lenovo Explorer』はホリデーシーズン(年末)に海外で販売開始されます。他の「Windows Mixed Reality」対応のMRヘッドセットが日本でも販売されているように、レノボの廉価なMRヘッドセットの日本上陸を待ちたいですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Lenovo Explorer』情報ページ(英語) 『Lenovo Explorer』製品情報ページ

【国内正規品】開発者限定 Acer Windows Mixed Reality Headset デベロッパーエディション Windows Mixed Reality 対応 エイサー

The post 価格破壊で普及が進むか?レノボが『Lenovo Explorer』でMR(複合現実)市場に参入 appeared first on デジノ杜.

あえて情報を絞ったシンプル腕時計『ICON』は、現代社会へのアンチテーゼなのか

単純に見やすいのがいいですよね。

情報化どころか情報過多といっても過言ではない現代社会。スマホ、パソコン、そしてスマートウォッチから溢れだす怒涛の文字情報の洪水に、若干辟易気味だという人も多いはず。必要最低限の情報しか表示しないシンプル腕時計『ICON』を身につければ、情報過多時代の疲れからちょっとだけ解放されるかもしれませんよ? 製品はシリアルナンバー入りでオーダーメイド生産され、価格は1万1500ドル(約130万円)。2018年第1四半期(1月〜3月)の出荷が予定されています。

時間表示以外、なにもいらない

『ICON』の文字盤はほとんどの部分が黒いプレートで覆われ、設置された小さな窓からは現在の時刻「時」「分」だけが読み取れます。この文字盤なら迷うことなく、時刻を最速で把握できるはず。

高級感ある仕上がり

販売価格を見てもわかるように、『ICON』は単にシンプルなだけの腕時計ではありません。ケースにはポリッシュ仕上げを施されたチタンを採用。風防とバックパネルはサファイアクリスタル製です。ストラップには高級感あるアリゲーター・レザーが用いられ、腕時計本体は水深50mでも動作する耐水仕様となっています。

シンプルイズベストを体現した腕時計

機能に関してはほとんど語るところのないシンプルデザインの『ICON』。その使い方はひと目見ただけですぐにわかるはず。複雑化する現代社会へのアンチテーゼとも言えるアイテムかもしれないですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『ICON』製品情報ページ(英語)

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

The post あえて情報を絞ったシンプル腕時計『ICON』は、現代社会へのアンチテーゼなのか appeared first on デジノ杜.

あえて情報を絞ったシンプル腕時計『ICON』は、現代社会へのアンチテーゼなのか

単純に見やすいのがいいですよね。

情報化どころか情報過多といっても過言ではない現代社会。スマホ、パソコン、そしてスマートウォッチから溢れだす怒涛の文字情報の洪水に、若干辟易気味だという人も多いはず。必要最低限の情報しか表示しないシンプル腕時計『ICON』を身につければ、情報過多時代の疲れからちょっとだけ解放されるかもしれませんよ? 製品はシリアルナンバー入りでオーダーメイド生産され、価格は1万1500ドル(約130万円)。2018年第1四半期(1月〜3月)の出荷が予定されています。

時間表示以外、なにもいらない

『ICON』の文字盤はほとんどの部分が黒いプレートで覆われ、設置された小さな窓からは現在の時刻「時」「分」だけが読み取れます。この文字盤なら迷うことなく、時刻を最速で把握できるはず。

高級感ある仕上がり

販売価格を見てもわかるように、『ICON』は単にシンプルなだけの腕時計ではありません。ケースにはポリッシュ仕上げを施されたチタンを採用。風防とバックパネルはサファイアクリスタル製です。ストラップには高級感あるアリゲーター・レザーが用いられ、腕時計本体は水深50mでも動作する耐水仕様となっています。

シンプルイズベストを体現した腕時計

機能に関してはほとんど語るところのないシンプルデザインの『ICON』。その使い方はひと目見ただけですぐにわかるはず。複雑化する現代社会へのアンチテーゼとも言えるアイテムかもしれないですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『ICON』製品情報ページ(英語)

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

The post あえて情報を絞ったシンプル腕時計『ICON』は、現代社会へのアンチテーゼなのか appeared first on デジノ杜.

自転車乗りに朗報。方向指示器にもなる腰巻き式のウェアラブルLEDランプ

ライトもウインカーも身につけて周囲に存在をアピール。

最近徐々に周知されてきた、「自転車は原則車道を走る」というルール。しかし、車が行き交う車道に自転車で乗り出すのはまだ怖いという声もまだまだ根強く聞かれます。そんな不安を払拭してくれるかもしれないアイテムがこちら。自転車乗りたちが安心して車道を走行できるよう、自分の存在をしっかりアピールしつつ、方向指示器としても使える腰巻き式の自転車用LEDランプ『BlinkLight』です。クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場し、すでに資金調達に成功しているんですよ。

ピカピカ光って自分の位置をお知らせ

腰巻き式ベルトにLEDランプが並べて設置されているこの『BlinkLight』は、LEDランプがホワイトやレッドに光ることで、往来の車両や歩行者に自転車の接近をアピールできるグッズ。本体サイズは大人が余裕を持って装着できるだけの長さとなっているばかりか、チャイルドシートやハンドルなど、車体の任意の場所への装着も可能とされています。

まるで自転車用のウェアラブル・ウィンカー?

LEDライトのコントロールは、製品付属の無線式のリモコンにて行う仕組み。このリモコンは自転車のハンドルなどに括り付けることができ、ウインカーのように左右へと光を流したり、道路を横切る際の安全性を高める「歩行者横断モード(pedestrian crossing mode)」にしたりといった操作が行えます。

本体内蔵の加速度センサーにより、自転車が減速し止まる時にはランプが自動で点灯してくれます。また、1つのリモコンで5台の『BlinkLight』を同時にコントロールすることも可能だそう。家族やグループでのサイクリングなどで、メンバー全体の『BlinkLight』に方向指示を出すといった使い方ができそうですね。ほかにも自転車の前後に2つの『BlinkLight』を装着し、1つのコントローラーでフロント部分はホワイトに、リア部分はレッドに光らせる、なんてことも可能です。

Kickstarterでは19ポンド(約2700円)からの支援で『BlinkLight』が入手可能となっています。製品は2017年11月の出荷が予定されており、日本への発送にも対応してくれるとのことですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『BlinkLight』プロジェクトサイト(英語)

ミズケイ 役立~ツ LEDタスキ型安全ベルト 「光るんです」 ゴールド/赤LED 3020001

The post 自転車乗りに朗報。方向指示器にもなる腰巻き式のウェアラブルLEDランプ appeared first on デジノ杜.

「G-SHOCK」誕生35周年。新色ブラック採用の記念モデル『BIG BANG BLACK』が登場

やっぱり引き締まって見える、黒い「G-SHOCK」。

2018年4月に35周年を迎えるタフネス腕時計ブランド「G-SHOCK」。このメモリアルイヤーを記念し、カシオ計算機は新色のブラックが印象的な『BIG BANG BLACK(ビッグバンブラック)』5モデルを2017年9月8日に発売します。価格は、上画像の左から順に、『GA-135A-1A』が2万円、『GG-1035A-1A』が4万3000円、『GW-5035A-1』が4万4000円、『GA-735A-1A』が1万9500円、『GA-835A-1A』が2万円(すべて税別)です。

『BIG BANG BLACK』では、粒子を混ぜ込んだ塗料で時計表面を塗装したことで光沢感を低減した、いわゆるマットブラックカラーが採用されます。一方の裏蓋はゴールドをあしらった鮮やかな配色で、グラフィックアーティストのエリック・ヘイズ氏による35周年記念ロゴを刻印。バンドを止める遊環には「35」を意味するスターマークが刻まれるとのこと。文字盤の「SINCE 1983」表記と相まって、「G-SHOCK」が歩んできた歴史をこれでもかと体現した特別なモデルとなっています。なお、製品は専用パッケージに封入される予定だそうですよ。

定番デザインからタフな防塵・防泥、耐磁モデルまで

各モデルの特徴を個別に見ていきましょう。まずはスクウェアデザインが特徴となる定番の『GW-5035A-1』(上写真左)。こちらはタフソーラー(ソーラー発電システム)に対応しています。そして同中央は防塵・防泥構造を備える『GG-1035A-1A』、同右端に見えるのは立体的な文字盤が特徴の『GA-735A-1A』です。

続いて上の写真左側の『GA-835A-1A』はミドルサイズで腕に馴染みがよいとされ、同右側の『GA-135A-1A』は耐磁時計(JIS1種)という『BIG BANG BLACK』で唯一の性能を備えているのが特徴。もちろん全モデル、耐衝撃構造かつ20気圧防水となっています。

G-SHOCKファンにとってはぜひとも1本は手に入れたい『BIG BANG BLACK』。それぞれスペック的にも特徴的なモデルがそろったことで、どれをチョイスするかにも頭を悩ませることになりそうです。

文/塚本直樹

関連サイト

『BIG BANG BLACK』プレスリリース

G-SHOCK 30th Anniversary PERFECT BIBLE: オフィシャル版 (Gakken Mook)

The post 「G-SHOCK」誕生35周年。新色ブラック採用の記念モデル『BIG BANG BLACK』が登場 appeared first on デジノ杜.

3万円台!コスパ良好GPSスポーツウォッチ『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』発売へ

アスリートだけでなく、日々の健康管理に取り組みたい人にも。

フィンランドの精密機器メーカー「SUUNTO(スント)」は、マルチスポーツ対応GPSスポーツウォッチ『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』を発売すると発表しました。Spartanシリーズの本格的トレーニング機能、3個の心拍計測LEDランプ、GPS/GRONASSといった充実機能を備えながら、本体価格3万1900円(一部カラーは3万6900円)というコストパフォーマンスの高さが魅力です。初回限定カラー含め7色のカラーバリエーションが用意され、2017年8月31日より順次発売されるとのこと。

▲写真左より、BLACK、BLUE、OCEAN、STEEL、GOLD、WHITE、CORAL(STEELとGOLDのみ3万6900円で10月初旬発売予定、WHITEとCORALは初回限定生産モデル)。

スポーツから日常生活のライフログ管理にも

『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』にはランニング、サイクリング、スイミングなど約80種類のスポーツモードがインストールされていて、画面には各スポーツに特化した計測データがリアルタイム表示されます。内蔵GPSはランニングなどの速度・ペース・距離の計測に用いられるだけでなく、ルートナビゲーション機能にも使われるのだそう。

また、日常生活のライフログ管理にも活用でき、歩数計や睡眠時の心拍モニタリングといった機能は毎日の健康管理に役立ってくれそう。これらのデータはSUUNTOオリジナルアプリ「Movescount APP」およびPCサイト「Movescount.com」と同期されます。

フィンランドデザインのハードウェア

すっきりしたデザインのボディは56グラムと軽量で(STEELとGOLDは66グラム)、直径46mm厚さ5.7mmのスリムなケースはポリアミド製、ストラップ部はシリコン製。5気圧防水のおかげで水泳にも使えます。

また、GPSをオフにして時計画面表示のみにした場合には最大14日間持続するというバッテリーの持ちの良さも特徴です。GPS使用時は1秒毎更新のフルパワーGPSモードで最大10時間、60秒更新のパワーセーブGPSでは最大30時間の稼働となりますが、常に着用してアクティビティトラッキング機能を有効にしていたとしても、1回のフル充電で最長10日間の連続使用が可能なのだそう。

コンパクトかつ多機能なスポーツウォッチを求めるニーズに合致しそうな『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』、全国のSUUNTO正規取扱い店舗ならびに直営店舗、公式オンラインストアにて販売されるとのことですよ。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

SUUNTO(スント)公式サイト

SUUNTO(スント) コンパス A-10NH 【日本正規品】 [メーカー保証2年]

The post 3万円台!コスパ良好GPSスポーツウォッチ『SUUNTO SPARTAN TRAINER WRIST HR』発売へ appeared first on デジノ杜.