ウォーキングデッド

『ウォーキング・デッド』主人公リック役、自身のキャラクターが死んでも構わないと語り話題に

Filed under:

遂に本日、『ウォーキング・デッド』シーズン8が日本でスタートし、主人公リック率いるコミュニティ連合軍と二ーガン率いる「救世主」との全面戦争の火蓋が切られる。 『ウォーキング・デッド』は、現在も継続しているロバート・カークマン原作のコミックに基づいているのだが、TVシリーズでは、これまでに数々の重要かつ想定外の展開があった。同シリーズでリック・グリムスを演じるアンドリュー・リンカーンは先日、もし、自身が演じるメインキャラクターが死ぬ展開になっても構わないと発言し、ファンの間で話題を呼んだ。 アンドリューは、『the New York Daily News』に以下のように語っている。 「(年をとって)あごひげに多くの白髪が生えてくる時期がやってくる・・・視聴者には終局が必要だと思う。何らかの解決策なしのストーリーに、みんなあまりにも膨大な時間を費やしている。もし僕がこのドラマを見ていたら、何かしら答えのようなものがほしいだろう。もしその答えが、中心人物もしくは主要人物の死だとしたら、僕はそうなっても構わないと思っている」 ロバート・カークマンは以前、「リックは最後まで生き残ることはできない」と語っている。だが、だからといって、コミックでもドラマでもリックがすぐに死ぬわけではない。しかし、ロバート・カークマンは『ウォーキング・デッド』が頼りの綱である彼なしでも続いていけると信じているようだ。 ウォーキング・デッドは絶対的な人気で、これまで、特に18歳から49歳までの、広告主が重視するターゲット層から、絶大な支持を受けていた。だが、前シーズンのシーズン7では、この18歳から49歳までの視聴率が大幅に減少。暗くて遅いストーリー展開は多くのファンから支持されず、多くのファンが離れて行ってしまったと言われている。シーズン8では、アクション満載な展開が復活し、ファンが戻ってくるかもしれないが、シーズン7で視聴者を失ったことは、このドラマが結局は不死身ではないことを証明していると言える。 これにより、一部の視聴者、そしておそらくAMC重役、プロデューサー、そしてキャストはドラマの結末について考え始めたのだろう。アンドリューが言うとおり、ファンに何らかの解決策を示すべきだ。だが、それはいつになるのだろうか? ロバート・カークマンは、これからもTVドラマを続けられるのに充分なほどのエピソードをコミックで描いているが、ドラマでも同じようにすべきとは限らないのではないだろうか? 『ウォーキング・デッド』の第100話目となるシーズン8第1話は、米AMCで10月22日21時から放送。日本では、FOXチャンネルで、本日10月23日(月)22時からスタートする他、Hulu、dTV、U-NEXTでリアルタイム配信される。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『ウォーキング・デッド』シーズン8初回の冒頭を製作総指揮が明かす※ネタバレ注意

Filed under:

昨年は、リック・グライムズがメインキャラクターの座をニーガンと分け合うことになったが、それももう終わりだ。『ウォーキング・デッド』シーズン8では再び、絶対的リーダー"リクテーター"にスポットライトが当たることが分かったのだ。 『ウォーキング・デッド』のプレミアは製作総指揮のグレッグ・ニコテロが指揮する傾向にあり、第100回目のエピソードに当たるシーズン8のエピソード1も彼が手掛けている。『TV Guide』誌が報じたニコテロからのちょっとしたネタバレを以下にご紹介しよう。 「エピソード801はリック・グライムズのクローズアップから始まる。ニーガンじゃなくリックがストーリーを引っ張るんだと実感できるよ」 同じく製作総指揮を務めるロバート・カークマンは、シーズン8プレミアを見れば、コミコン・インターナショナルで公開された予告編の最後に出てくる年老いたリックの映像が何を意味するのかが分かるとエンタメ系情報メディア『Entertainment Weekly』に話しているから、シーズン8はそのクローズアップ場面から始まり詳細があとで明らかになる、という流れが考えられる(コミックファンはすでに、老いたリックについて見当がついているようだが、様子を見てみるとしよう)。 また、ニコテロは『TV Guide』に対して、第100回目のエピソードには長年のファンに感謝を込めてイースターエッグをいくつか忍ばせているとも述べている。 「何度か見てもらえば、我々が埋め込んだいくつかの情報に気づくはずだよ。以前のエピソードを思い起こさせるものだ」 予告編をおさらいして、何かヒントがないか確かめてみよう。 『ウォーキング・デッド』シーズン8の「All Out War(全面戦争)」は、米国ではAMCで10月22日に、日本ではFOXチャンネルで10月23日に放送開始だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ダリルとキャロルの姿が!『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が初公開

Filed under:

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8の画像が公式に初公開された。どうやら新シーズンでは、同作品のベストカップルの1つと言えるキャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)とダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)が活躍するようだ。 (※ここからネタバレ注意※)シーズン8では、シーズン7の終盤で宣言された「All Out War(全面戦争)」が描かれる。また、製作総指揮のスコット・M・ギンプルが『エンターテイメント・ウィークリー』に語ったところによると、このシーズン8では、さらに多くの再会や出会いがあるという。これは、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシーズン7に似ているかもしれない。 シーズン8の公式トレーラー映像は、7月21日(金)にコミコンで初公開される予定なので、楽しみに待っていよう。シーズン8は米国で10月から放送開始する。詳しい日程は来週、コミコンで発表されるだろう。

The first exclusive photo from #TWD Season 8 shows Daryl and Carol reunited. Check it out on @EW: https://t.co/CVwP1tDQ7Upic.twitter.com/MIoqHKrO6X

- The Walking Dead AMC (@WalkingDead_AMC) 2017年7月12日 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com

Permalink

待望の『ウォーキング・デッド』シーズン8、ファンが人気キャラクターのミショーンを心配するワケとは?

Filed under: , , , , , ,

誰もが『ウォーキング・デッド』に登場する女剣士ミショーンを仲間にしたいようだ。この人気キャラクターを演じるダナイ・グリラがなんと、マーベルの作品に出演する事が明らかとなった。 『ウォーキング・デッド』のファンにとっては、今さら騒ぐことではないかもしれない。「Deadline」 の報道によると、ダナイ・グリラは現在撮影中の『アベンジャーズ:インフィニティ・ウォー』(原題)に出演することになっているという。撮影は彼女がミショーン役で出演している『ウォーキング・デッド』シーズン8と並行して行われているようだ。『インフィニティ・ウォー』での気になる役どころについてだが、『ブラックパンサー』(原題)で彼女が演じた、チャドウィック・ボズーマンと敵対するワカンダの兵士、オコイエ役と比べればチョイ役のようだ。マーベルの『アベンジャーズ』第3弾の映画には、100万近い(誇張しているが、まんざらでもない)キャラクターが登場するので、彼女のシーンの撮影はそんなに長い時間がかからないかもしれない。 「Comic Book」の記事にも、このように書かれている。 「『ウォーキング・デッド』の大部分の撮影は、ジョージア州のセノアで行われ、アトランタ近くのタイラー・ペリースタジオで撮られるカットもある。『アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー』は現在、ジョージア州のファイエットビルにあるパインウッド・スタジオで撮影されている。パインウッド・スタジオと、ローリー・スタジオ(『ウォーキング・デッド』のホーム)はかなりゆっくり運転しても15分の距離だ。つまりグリラは、どちらの作品も出演することができるのだ。グリアが、マーベルの作品がいいからと言って、AMCの『ウォーキング・デッド』から卒業してしまうと言う根拠は何もないのだ。 だから心配しないでほしい。どちらにせよ今年の夏は、たくさんの俳優が暑いジョージア州で、派手な闘いのシーンを演じるということだ。 ミショーンが危ないというわけではない。だからと言って、彼女が安全だというわけでもない。この『アベンジャーズ』のニュースが出る前にも、漫画でのネタバレがあったので、すでに心配していたファンもいただろう。仮に漫画のストーリーが採用されることになっていたとしても、まだしばらくの間は大丈夫だ。と願っておこう。(※ここから先はシーズン7のネタバレを含む)主人公のリック・グライムズは、もう恋人を失うこともないし、絶対に自分の心を失うこともないはずだ。 『ウォーキング・デッド』のシーズン8は、AMCで10月に公開予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink