エイリアン

本日公開!映画『エイリアン:コヴェナント』を観る前に知っておきたい6つの事(後編)

Filed under: , , ,

本日9月15日、ついに公開された『エイリアン』シリーズ最新作、『エイリアン:コヴェナント』。 この新作を観る前に知っておきたい6つの事として、前回は、『コヴェナント』は『プロメテウス』の続編である点や新たな登場人物の他、『プロメテウス』では少なくなっていたホラー要素が増した点をお伝えした。それでは早速、その続きをご紹介しよう。4. 描かれる新たな神話 前回、原点回帰でホラー要素が増したとお伝えしたが、それと同時に『プロメテウス』の哲学的要素もしっかりと引き継いでいる。今回の映画のタイトルは、実は最初は『Alien: Paradise Lost』と決まっていた。パラダイス・ロスト(失楽園)というタイトルからリドリー・スコット監督が何からインスピレーションを受けたか想像がつくだろう。 『コヴェナント』は、人類とエイリアン=ゼノモーフの両方を生み出したとされるエンジニアや、黒い液体の謎について迫っている。5. 新たなゼノモーフ「ネオモーフ」とは? 新種のゼノモーフが少なくとも1つは登場しなければ、れっきとした『エイリアン』シリーズとは言えないだろう。『エイリアン:コヴェナント』には、ゼノモーフより小型でもっと残酷な、「ネオモーフ」が登場する。前編でお伝えした通り、人類の移住先を目指していたコヴェナント号のクルーは、謎の信号を受信し、ある惑星の探索を行う。一見美しい惑星に、このネオモーフが潜んでいたのだ。詳細は、映画館で確認してほしい。 昔のエイリアンシリーズが好きな人は、心配するに及ばないだろう。同作品は、我々が知っている、お気に入りの元祖"ビッグチャップ"ゼノモーフがたくさん登場する。だが、ゴム製のボディスーツを着た背の高い人間が中に入っているビッグチャップというより、ほとんどコンピューターで製作された、これまで以上にどぎつい見た目の、さらにすばしっこく、破壊力の大きい生物となっている。6. 『コヴェナント』は、『エイリアン』前日譚3部作の2作目 リドリー・スコット監督は、この作品が、『エイリアン』の前日譚を描く『プロメテウス』3部作の1つになると明かしている。つまり、『プロメテウス』と『コヴェナント』の次にもう1作品、前日譚が控えており、3部作の結末は、シリーズ第1作目の『エイリアン』に最終的にリンクしていくという事だ。 リドリー・スコット監督は、次のシナリオをすでに考えており、2018年には『Alien: Covenant 2』(仮題)の製作を始めたいとのこと。この壮大な物語の鍵を握るのは一体誰なのか? 映画『エイリアン:コヴェナント』は、本日、2017年9月15日(金)全国ロードショー。<前編はこちら> ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

本日公開!映画『エイリアン:コヴェナント』を観る前に知っておきたい6つの事(前編)

Filed under: , , ,

遠く離れた宇宙に行ってもエイリアン=ゼノモーフの餌食になるだけだという事を、『エイリアン』シリーズの世界の人たちは、一体いつになったら気が付くのだろうか? と思っている方もきっと多いはずだ。しかし、彼らの災難は我々の娯楽でもある。本日9月15日、ついに公開を迎えた最新作『エイリアン:コヴェナント』では、再び、エイリアンが人々を恐怖に陥れている。 ゼノモーフ誕生の秘密を描く『エイリアン:コヴェナント』。この週末に観に行きたいけれど、やや複雑な『エイリアン』シリーズの中で最新作がどういった位置付けなのかまだわからない、という方もご安心を。新作と2012年公開の『プロメテウス』とのつながりから、新たに登場するゼノモーフまで、『コヴェナント』を観る前に知っておくべきこと6つを、2回に分けてご紹介する。1. 『コヴェナント』は『プロメテウス』の続編 映画のタイトルは『プロメテウス2』にはなっていないが、『コヴェナント』は、2012年公開『プロメテウス』(2012年)の続編だ。 舞台は、『プロメテウス』から約10年後の2104年。エリザベス・ショウ博士(ノオミ・ラパス)とアンドロイドのデヴィッド(マイケル・ファスベンダー)が人類を生み出したとされる「エンジニア」を求めて惑星LV-223を去った後のことが明らかになる。『プロメテウス』同様、ガイ・ピアースがピーター・ウェイランド役で出演する。2. 新たな登場人物を中心としてストーリーが展開 『プロメテウス』の続編とはいえ、『コヴェナント』には新しいキャラクターも多数登場する。ストーリーは主に、新惑星へ2000人以上の入植者を運ぶコヴェナント号のクルーを中心に展開。ウェイランド・ユタニ社の乗組員たちが、無慈悲なエイリアンの攻撃にさらされるのだ。 乗組員には、テラフォーミング(惑星を人類が住めるように改造すること)のエキスパートで、人類移住計画の責任者、ダニエルズ(キャサリン・ウォーターストン)、コヴェナント号の副官、クリストファー・オラム(ビリー・クラダップ)、チーフパイロットのテネシー(ダニー・マクブライド)、警備責任者のロープ軍曹(デミアン・ビチル)などがいる。 今回、ファスベンダーは1人2役で出演し、前述のデヴィッドと、コヴェナント号で活躍する新型アンドロイド、ウォルター役をこなしている。3. 原点回帰 前作の『プロメテウス』は全ての『エイリアン』のファンに歓迎されたわけではなかった。というのも、リドリー・スコット監督は、『プロメテウス』ではエイリアンの誕生を描く事を重視し過ぎるあまり、最初の『エイリアン』2作で観客に強烈な印象を残した、閉塞感のあるホラー要素が少なかったからだ。 幸い、米国の評論家たちのレヴューによると、同映画は血みどろなホラーとしてのシリーズの原点に戻っているようだ。人類移住計画実行のため旅立ったコヴェナント号の乗組員たちは、新たな惑星を目指す途中で謎の電波を受信。その電波の発信元である未知の惑星に立ち寄るが、ジワジワと死の恐怖に包まれていく。 映画『エイリアン:コヴェナント』は、本日、2017年9月15日(金)全国ロードショー。 後半では、新たなゼノモーフなどを紹介するので、是非そちらも併せてご覧頂きたい。<後編はこちら> ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink