オスカープロモーション

イケメンだらけ30人! オスカー初の男劇団『青山表参道X』お披露目

(「男劇団 青山表参道X」お披露目記者発表会)

米倉涼子(42)、上戸彩(32)らが所属する芸能事務所・オスカープロモーションが14日、都内でエンターテイメント集団『男劇団 青山表参道X』の結成を発表。

栗山航(26)、塩野瑛久(22)、飯島寛騎(21)、西銘駿(19)ら男性メンバー30名が、お披露目記者発表会に出席した。

 

■男劇団はオスカー初の男性推し

『男劇団 青山表参道X』は1970年のオスカープロモーション創業以来初となる、男性によるエンターテインメント集団。

芝居はもちろん、歌やダンスを始めとするさまざまなジャンルのエンターテイメントに挑戦していく予定で、今は全員で30名だが、これから公募して40名、50名と増えることもあれば、逆に減ることもあるそうだ。

(飯島寛騎)

『仮面ライダーエグゼイド』で主役を演じた飯島は、生き残るためにどう闘うかと聞かれ「自分なりの決め技を見つけてフィニッシュを決めたい」と意気込む。

 

■楽屋裏は男子校のノリ

(西銘駿)

『仮面ライダーゴースト』の主演を務めていた西銘は、劇団イチのムードメーカー。

「楽屋裏は男子校のノリです。みんな明るくハシャイでます。ぼくは盛り上げ役ですね」と語る。

さらに「初めて会ったメンバーもいます。でも、同世代の同性なので、レッスンなんかで顔を合わせていると、すぐに仲良しです」と楽しそうだ。

美人声優ユニットelfin’「新生3rdシングル」が発売決定 『けいおん!』大森祥子が作詞

人気声優ユニットelfin’(エルフィン)が、10月からデュオとなって新生。来年1月には、3rdシングルを出すことが発表された。

 

■オスカー&青二プロの強力タッグ

elfin’は、「全日本美声女コンテスト」で、応募総数14,434通の中から選ばれたグランプリと準グランプリによって、2015年に結成。

コンテストは、「国民的美少女」で知られるオスカープロモーションと、声優事務所として国内最大手の青二プロダクションの共同で、容姿と声の両面からヒロインを発掘する目的で行われたものだ。

10月にメンバーが辻美優(21)と花房里枝(21)の2名となり、新生デュオとしての初の楽曲が、来年1月17日に発売される。

 

■『おジャ魔女どれみ』『けいおん!』の作詞家

3rdシングル「貪欲スナイパー」の作詞は、『おジャ魔女どれみ』や『けいおん!』を手掛けた大森祥子。美人声優デュオにぴったりの歌詞が期待できそうだ。

また作曲は、2ndシングルに引き続きRyu*が担当する。

美しいルックスと美声を新曲でも楽しみに待ちたい。

・あわせて読みたい→13歳の国民的美少女グランプリ・井本彩花に直撃 「度胸はバレエで磨きました」

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

ゴクミ長女、エレナ・アレジ・後藤 10月に日本デビューで母と「美の競演」

(©下村一喜)

「国民的美少女」のキャッチコピーで一斉を風靡し、元F−1ドライバーのジャン・アレジ氏とフランス、スイスを拠点に生活している後藤久美子。

2人の長女であるエレナ・アレジ・後藤さん(20)が、この秋にロンドンの映画学校を卒業し、日本で芸能界デビューすることがわかった。

 

■10月からオスカーに所属

オスカープロモーションの発表によれば、エレナさんは、母と同じくオスカーに10月1日より所属する。英語・日本語・仏語など、6ヶ国語が堪能な国際派美少女だ。

映画制作についても学び、将来は映画監督になりたいという夢もあるという。

 

■母・後藤久美子とツーショットで雑誌に

エレナさんのメディア初登場は、母であるゴクミとの競演。ゴージャスなドレス姿で、28日発売のラグジュアリーマガジン『Richesse(リシェス)』(ハースト婦人画報社)の表紙を飾り、全6ページの特別インタビューに答えている。

エレナさんは、母に対して、

「母から受け継ぎたいものがあるとしたら、それは家族へ捧げる愛。いつか私も母になる 日が来たら、彼女のようになりたいと思う。ずっとずっと憧れです」

 

と思いを語り、母から娘へは、

「(私とは)別の人生をエンジョイしてほしいな、と思う。私とは性格的にまったく違うけれど、 だから面白い。彼女の人生を見ることで、もしかしたら歩めたかもしれない別の人生に触れられるようで、それも面白いのです」

 

と将来への期待を覗かせている。

 

■ネットではゴクミの美貌に驚愕

ネットでは、2人の美しさに驚くとともに、40歳を過ぎてもまだ輝き続ける母・久美子の美貌に称賛の声が目立つ。

 

「後藤久美子、美しく年を重ねてるよね…すごいきれい」

 

「後藤久美子が変わってなさ過ぎて怖い」

 

「娘さん綺麗だけどお母さんのほうがやっぱり綺麗」

 

「ゴクミ変わらないねぇ。本当に美人。娘さんも美人さんね」

 

 

母譲りの美貌と国際感覚を武器に、エレナさんの今後の活躍が楽しみだ。

・あわせて読みたい→国民的美少女によるアイドルユニット『X21』 リーダー吉本実憂が卒業ライブ

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト

武井咲の結婚で再注目の恋愛禁止ルール 世間はどう見ている?

(Teraphim/iStock/Thinkstock)

しらべぇ既報の通り、EXILEのボーカルTAKAHIRO(32)と武井咲(23)が結婚を発表。突然のニュースに、驚きが広がっている。

とくに武井咲はオスカープロモーション所属で、「25歳までは恋愛禁止」ルールがあるという噂があっただけに、武井ファンにとっては寝耳に水だったよう。

 

 

■恋愛禁止を採用するアイドルグループは多いが…

AKBなど、「恋愛禁止」をルールとして明言しているアイドルグループは多い。実際、交際発覚でファンから不興を買ったうえ、脱退に追い込まれた人も。

一方で、最近は交際が発覚しても「謝罪する」「しらを切る」などで風化させることもあるうえ、「ルールがおかしい」「恋愛くらいさせてやれ」という声も。

一体世間は、アイドルの「恋愛禁止ルール」について、どのように感じているのだろうか?

 

■恋愛禁止ルールについてどう思う?

そこでしらべぇ編集部では、全国の20代から60代の男女1,342名に「アイドルの恋愛禁止ルール」について調査を実施。

結果、各世代の6割が「もうやめてもいいと思う」と回答している。アイドルグループのファンが多いと思われる20代男性も、61.4%がやめてもいいと考えているのだ。

 

■それぞれに意見を聞いてみた

実際に「恋愛禁止ルール」賛成派・反対派のそれぞれに意見を聞いてみた。

<賛成派>

「アイドルは男性ファンに『つきあえるかも』と思わせることが仕事。実際には、無理だとわかっていてもそうすべき。それを守れないなら、アイドルになるべきじゃない。

 

事前に恋愛禁止ルールを提示されたうえでアイドルになったのなら、やめるまで守るべき」(20代・男性)

 

<否定派>

「アイドルファンの純粋な気持ちはわからなくもないけど、どうせ陰でみんないろいろやってるんだから、良くも悪くも表に出せばいいのに。

 

交際発覚が気に食わなければ、ファンをやめれば済むこと。若い女の子をそんなルールで縛る必要ないでしょ」(30代・女性)

 

さまざまな意見がある「恋愛禁止ルール」。この先、果たしてなくなってしまうのか、残り続けるのか…。

・合わせて読みたい→『ワイドナ』上原多香子の不倫疑惑スルーで大批判 一方の『サンジャポ』は称賛も

(取材・文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代の男女1.342名(有効回答数)

武井咲妊娠報道に坂上忍が「予想外」コメント 視聴者は消化不良に?

しらべぇでも既報のとおり、女優の武井咲(23)と、EXILEのヴォーカル・TAKAHIRO(32)が入籍、さらに武井が妊娠していることも明らかとなり、世間を騒がせている。

4日放送の『バイキング』(フジテレビ系)でもトップニュースとして取り上げられ、そこでの俳優・坂上忍の発言がネットで話題となっている。

 

■人気女優の「デキ婚」仕事への懸念

放送中のテレビ朝日系ドラマ『黒革の手帖』で主演を務めている他、多くのCM契約も抱えている武井。

同番組に出演していた芸能記者らは、武井のような人気女優であれば、3年先までスケジュールが埋まっている(決まっている仕事がある)と考えるのが妥当であり、突然の妊娠による仕事への影響は避けられない、と見解を述べた。

武井の所属事務所であるオスカープロモーションは、2015年4月にTAKAHIROとの熱愛報道が出た際、ふたりの交際を強く否定し「(ふたりは)もう2度と会わない」とコメントも発表しており、武井の交際に否定的だったことが伺える。

 

■坂上は武井の言動を賞賛

同番組では、2015年にTAKAHIROとの熱愛報道が出た直後の、武井の囲み取材の様子が放送された。

そこでは、TAKAHIROとの関係について追求する報道陣を、武井の関係者らが必死に諌めようとする中、「今でも変わらず仲良くしています」と、凛とした姿勢で応じる武井の姿が。

これを見た坂上は…

「ちょっと好感度アップ。止めているのはイベントのスタッフさんや事務所の関係者でしょ? 『絶対にこの話は触れさせないぞ』と。あわよくば、もう別れてくれと言っているのを、あの年齢で言い切るのはすごくないですか」

 

と、武井を絶賛。そんな坂上とは対象的に、武井の「責任問題」について言及したのは美容家のIKKO。予期せぬ妊娠が仕事に与える影響もさることながら、「お腹の赤ちゃんのことを考えたら、仕事も調整すべき」とも指摘した。

武井咲・TAKAHIROの結婚で注目 「恋愛禁止ルール」について弁護士が解説

(Jupiterimages/iStock/Thinkstock)

レイ法律事務所、弁護士の河西邦剛です。

女優の武井咲さんとEXILEのボーカル、TAKAHIROさんが結婚を発表しました。武井さんは23歳、2年半の交際を経てのゴールインとのことですが、一部報道では、「彼女が所属するオスカープロモーションには25歳まで恋愛禁止というルールがある」とされています。

 

■契約書には「保持義務」が明記

芸能プロダクションとタレントとの間では、専属マネジメント契約という契約を結ぶことが通常で、契約には、タレントとの保持義務が規定されています。

タレントの保持義務規定のなかには、「違法薬物を使用しないこと」「犯罪を起こさないこと」「未成年が飲酒喫煙をしないこと」などが規定されています。

これらは、会社員の場合の雇用契約書や就業規則と同じ内容となっています。さらに、体型、髪型等の容姿を維持することや、「恋愛禁止条項」が規定されている場合もあります。

 

■全体の1割程度の契約に

恋愛禁止条項が規定されているのは契約書全体の1割程度というイメージです。恋愛禁止条項が多いのは、主にアイドルの場合で、女優の場合にはほとんど見受けられません。

契約書上は恋愛禁止条項に違反した場合、タレントが所属事務所に対して損害賠償責任が生じるような規定になっているのですが、実際の裁判では、恋愛禁止条項そのものが無効と判断されることが通流です。