オーディション

『わろてんか』ヒロインの妹を演じる19歳 大注目の女優・堀田真由の素顔に迫る

NHK朝の連続テレビ小説『わろてんか』で、葵わかな(19)演じるヒロイン・藤岡てんの妹(りん)を演じる、堀田真由(19)。

10月には、オムニバスホラー映画『狂い華』の中で『呪いうつり』に主演。母を亡くし、再婚した父と暮らす少女という難しい役をホラーテイストで見事に演じている。

しらべぇ取材班は、今もっとも注目の若手女優のひとりである彼女に、直接話を聞いた。

 

■笑いが絶えない『わろてんか』の撮影現場

数多くのお笑いタレントを抱える吉本興業の創業者、吉本せいをモデルにした『わろてんか』。撮影現場の雰囲気も、その題名のとおりだという。

堀田:「笑い」をテーマにしているので、ストーリー自体が見てくださる方も楽しいと思うのですが、演じている側も共演者やスタッフさんを含めて、とにかく誰かが笑っているような楽しい撮影です。

 

今まで出演させていただいた作品で、ここまで本番中に笑いを我慢して演じる現場は初めて。カメラが回っているときは、「素に戻って笑っちゃわないように」というのが、いちばん気をつけているところです(笑)

 

■滋賀県出身も活かして

そんな堀田の出身は、関西の滋賀県。今回の朝ドラの舞台にもほど近い。

堀田:『わろてんか』では京都篇に出演しているのですが、出身地とお隣ということもあって、それほど戸惑うこともなかったです。滋賀県の方言は京都に近く、やわらかい印象があるようで、はんなりしゃべる話し方は通じるものがありました。

 

とはいえ舞台は明治時代の京都なので、今知っている京都の言葉とはやっぱり違いもあります。ドラマの中で「私」のことを「うち」って言うのですが、私の地元とはイントネーションが違うんです。とてもよく出てくるセリフなのに、最初はなかなかうまく言えないこともありました。

 

ドラマは、てんとりんが暮らしていた京都から、大阪に舞台を移している。

堀田:今、ドラマは姉のてんちゃんが家を出て「大阪篇」なんですけど、妹のりんはお姉ちゃんが大好きな役なので、これからも様々な登場シーンがあります。楽しみにご覧ください。

新・三愛水着イメージガールの16歳、黒木麗奈 合格を真っ先に報告した相手は…

菜々緒や木下優樹菜、山本梓など、そうそうたる美女たちを輩出してきた『三愛水着楽園イメージガール』に、2018年は16歳の高校2年生、黒木麗奈が選ばれた。

しらべぇ取材班は、その喜びもまだ醒めやらない黒木本人を直撃した。

 

■モデルになるのは小5からの夢

彼女がモデルを志したのは、小学生のとき。父のアドバイスがきっかけだったという。

黒木:オーディションでは、見た目が大人っぽい方が多くて、他の人と比べると「私はまだ子供っぽいかな…」と思ったりもしたんですけど、モデルになることはずっと夢だったので、「絶対に受かりたいな」と思って臨みました。

 

今、16歳なのですが、モデルになりたいと思ったのは小学校4年生の頃です。父がファッションにくわしくて、洋服もよく一緒に買いに行っていて、「モデルをめざしたら?」って勧めてくれたんです。ちょうどその頃、事務所にスカウトされて、中1から撮影やウォーキングなど、モデルとしてのレッスンを始めました。

 

■合格はまず父だけに報告

レッスンの送り迎えや付き添いなど、モデルをめざすことをいちばん応援してくれたという父の存在。オーディション合格も、まず父親に報告した。

黒木:合格の連絡が来て、まず父に伝えました。いつもいちばん近くで支えてくれたので。「公式発表のタイミングまでは、誰にも言わないように」と言われたので、一緒に住んでいる家族にも内緒でした。

 

11月6日に情報解禁になったタイミングで、家族や友達にも伝えました。家族は私の夢を知っているので、「絶対に決まると思ってたよ!」って本当に喜んでくれて。

 

有名な女優さんやタレントさんがたくさん出ているイメージガールなので、友達もびっくりしていましたが、学校の先生も応援してくれました。

 

■菜々緒や小松菜奈のようなモデルに

すらりとした体型の黒木は、身長172cm。2010年の同イメージガールで、事務所の先輩でもある菜々緒と同じ身長だ。

黒木:菜々緒さんは、以前から家族みんなで大好きで、たまたま身長も同じなので、憧れの存在です。菜々緒さんや小松菜奈さんのようなモデルになれたらいいな、と思っています。

 

私はまだ高校生なので、元気や笑顔を武器に頑張っていきたいと思っていますが、小松菜奈さんのクールな表情もすごく好きで、そういうのも勉強したいですね。

 

■石原さとみのような女優にも

モデルレッスンだけでなく、演技の勉強もしているという黒木。

黒木:中学生のとき、ドラマ『GTO』(フジテレビ系)にランウェイを歩くモデルの役で出演させていただいたことがありますが、本格的に演技のレッスンもしています。ちゃんと役をいただけるようになりたいですね。石原さとみさんみたいな女優になれたら、嬉しいです。

 

■フリルの水着が好き

来年からイメージガールを務める水着についても聞いてみたところ…

黒木:女の子らしいかわいらしさがある、フリルがついたタイプの水着が大好きです。この黄色い花柄の水着は、お気に入りですね。体のラインをあまり出したくない子もいると思うので、ぜひ試してみていただきたいと思います。

 

イメージガールとしては、近々、海外で水着のお仕事があるそうなのですが、中学の修学旅行でオーストラリアに行って以来の海外なので、とても楽しみです。1月には新作水着のお披露目もあるので、楽しみにしていてください。

 

■英語を学んで海外で活躍も

残された高校生活も、あと1年と少し。芸能界と学業の両立は大変なことも想像されるが…

黒木:将来、モデルとして海外で活躍したい夢もあるので、英語はとくにしっかり勉強したいと思っています。苦手な部分もあるのですが、頑張ります。

 

と、決意を語った。モデル、女優として、今後の活躍が楽しみな16歳だ。

【黒木 麗奈(くろき・れな)】

2000年11月26日 東京都生まれ/16歳・高校2年生/T:172cm・B:81cm・W:56cm・H:82cm/特技:水泳、書道、料理、絵を描くこと

次世代のスターの卵は小4・安藤百華さん 先輩・手島優も「応援しています」

4日、おのののか(25)やトリンドル玲奈(25)など、多くの人気タレントが所属しているプラチナムプロダクションによる、次世代のスターを発掘する『第2回 金の卵発掘オーディション』が開催された。

全国から約1,500名の応募が集まり、最優秀グランプリとグランプリ、また各賞が決定した。

 

■応募のきっかけはイオン?

今回のオーディションは審査員も優秀な人が多く選ぶのが非常に難しかったと苦戦したよう。そんな激戦の中、最優秀グランプリに輝いたのは、小学4年生の安藤百華(あんどうももか)さん。

受賞に対する気持ちについて聞かれると、落ち着いた雰囲気で「ちょっと不安もあったけど(グランプリが取れて)よかったです」と答えた。

また、応募のきっかけについて「よく行くお店の人に『やってみれば?』と言われた」と答え、これに対し「お店というのは?」と聞かれ、「イオン太田店の…」と素直すぎる回答に報道陣もほころんだ。

 

■憧れは菜々緒

グランプリの田中愛夢里(たなかあゆり)さんは、Exvision.賞とのダブル受賞となった。最終審査時に披露した空手について聞かれると、「3歳からやっていて、初段を持っている」と多彩な一面も。

憧れの人、会いたい人ともに菜々緒をあげ、「(菜々緒さんのように)モデルとしても女優としても活躍できて、みんなに憧れるような存在になりたい!」と自身の目標しっかりと語った。

『MステウルトラFES』は新星・POLUに大注目 同日開催の『裏虎FES』も話題に

画像はYouTubeのスクリーンショット)

8日に放送された、テレビ朝日系音楽番組『ミュージックステーション』では、18日開催される『MステウルトラFES』の注目企画が発表された。

今年で3回目の開催となり、毎回とくにジャニーズ関連で多くの注目が集まる。とくに、18日はタッキー&翼が、活動休止前のラストパフォーマンスということもあり、話題だ。

ところが、今回の目玉は『Mステへの階段』と題したオーディションで選ばれたミュージシャン・POLUだった。

 

■『Mステ』初のオーディション企画

6月から行われていた『Mステへの階段』は2,000組の一般応募から『ウルトラFES』の参加権をかけて争うものだ。1日にAbemaTVで最終選考10組の審査が放送された。

中でも群を抜いていたのが、POLUという5人組。ボーカル・丸山純奈は、13歳とは思えない歌唱力と伸びのある歌声で審査員を魅了した歌姫だ。

 

■本家に対抗?

もうひとつの注目は、『Mステへの階段』のファイナリストが開催する「裏虎FES」。

❤ 開催決定 ❤

Mステへの階段ファイナリストが集結?!

【 MUSIC STATION 裏虎FES 】

やっちゃうで!Mステの裏でやっちゃうで!一夜限りの豪華共演!

ハッシュタグ ❥ #Mステ裏フェスみんなぜひ拡散してねえええっ

チケット予約はDMから pic.twitter.com/CVTnAUU49v

— なすお☆ @ 9/18裏虎フェス(渋谷) (@naaasuooo) September 5, 2017

最終選考に残ったミュージシャンから7組が集まるので、こちらも目が離せないイベントになっている。