ガリガリ君

冬にぴったりなアイスかも? 『ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味』が登場

10月31日に赤城乳業から『ガリガリ君リッチ 温泉まんじゅう味』(130円・税別)が全国で発売された。

過去には「ナポリタン味」や「コーンスープ味」と、さまざまな変わり種フレーバーにも挑戦しているが、和菓子とガリガリ君の相性はどうなのか…。

どんな味か知るため、しらべぇ取材班も実際に食べてみた。

 

■カロリーはソーダの2倍

まずパッケージだが、ホカホカの饅頭を持ったガリガリ君が描かれていいる。冷たいアイスなのに、ホカホカ…かなり斬新だ。

裏面の成分表を見ると、エネルギーが141kcalとなっており、定番の「ソーダ味」69kcalに比べるとほぼ倍。

中身の見た目は、温泉まんじゅうの皮の色である茶色なのだが、単体で見ると「コーラ味」を思い浮かべてしまう。

(ぱっと見はコーラ味だが…)

切ってみると、

(中にはこしあんがぎっしり)

黒糖味のかき氷の中にぎっしりとこしあんが入っていて、かなりおいしそう。

こしあんの中に見えるつぶつぶとしたものは、まんじゅうの皮をイメージして作られたスポンジ生地で、これがどのようなアクセントになるのか。

「まんじゅうをガリガリ君にしたら…」といった面での見た目の再現度は高く、これは期待できそうだ。

 

■味は完全に温泉まんじゅう!

実際に食べてみると、想像以上に温泉まんじゅう感が再現できていて驚く。かなり濃いめの黒糖味と、滑らかなこしあんが、口の中で混ざり合った時の味が完全に温泉まんじゅうだ。

スボンジはしっとりとしていて、そこまで主張はないものの、アイスが溶けた後ほのかに、まんじゅうの皮の味が口に広がる。

しっかりとまんじゅう感はあるものの、ガリガリ君の特徴である、シャリシャリとした食感との相性がいい!

 

熱いお風呂に入った後に食べて、温泉地の気分に浸ってみるのもいいのでは。

・合わせて読みたい→子供の頃から親しんだアイス『ガリガリ君』 もっとも愛する世代

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

子供の頃から親しんだアイス『ガリガリ君』 もっとも愛する世代が判明

(©ぱくたそ)

コンビニのアイスケースで、必ずといっていいほどみかける『ガリガリ君』。それだけ幅広い層から、愛されているのであろう。

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代のガリガリ君を知っている男女1,192名に「ガリガリ君についてどう思っているか」との調査を実施。

全体では「大好き」と「まあまあ好き」を合わせて、64.2%と多く人から指示をされていることが判明した。

 

■男性からの人気が高い

男女別では、女性よりも男性からの人気が高いことがわかる。

女性でも半数以上の指示を集めているが、中には次のような意見からあまり好きではないとの声も。

「アイスクリームみたいに、なめらかなものが好き。それこそガリガリしているから、あまり好んでは食べない」(40代・女性)

 

しかしダイエットを視点にして考えると、氷菓はカロリーが低いところが魅力である。

「ダイエット中に冷たいものが欲しくなったら、アイスクリームは我慢してガリガリ君を食べていた。我慢するのが一番いいんだろうけど、ストレスになるので」(30代・女性)

 

■ガリガリ君と一緒に歩んだ30代

さらに詳しく、年代別で見てみよう。

ガリガリ君を一番指示しているのは、30代だ。ガリガリ君が発売されたのは、1981年。30代はまさに、ガリガリ君とともに成長したといえる。

「子供の頃から、慣れ親しんだ味。大人になり、もっとおいしいものをたくさん知ったはずなのに、今でもつい手が伸びてしまう」(30代・男性)

 

しかし40代になると、そこまで思い入れがない人が増える。

「私の小さい頃には、まだなかった。これだけロングセラーだとなじみはあるけど、そこまで愛着はない」(40代・女性)

 

さまざまな商品が登場しては消えていく中で、30年以上も継続して販売されているガリガリ君。これからも多くの人から、愛され続けることだろう。

・合わせて読みたい→コンビニアイスはどれが一番ウマい? 1ヶ月かけて検証(9日目)

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年7月14日~2017年7月17日対象:全国20代~60代のガリガリ君を知っている男女1,192名 (有効回答数)