クイズ

清水富美加が出家後バラエティ初出演 奇怪すぎる言動に困惑の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)

『幸福の科学』への出家が世間を賑わせた女優・清水富美加こと千眼美子(22)。

6日放送の『千眼美子の幸福のBAZOOKA!!! 〜全部、やっちゃうね〜』(BSスカパー)に出演し、軽妙なトークが大きな話題を呼んでいる。

 

■「マジ神」が気軽に言えない

出家後初のバラエティ番組への出演だという千眼は、最近の悩みを告白。以前は「マジ神」や「ありがとう」と気軽に言えていたようだが、出家した今となっては「ちょっと前と重みが違う」と笑いを交えて語った。

さらに出家騒動をきっかけにアンチが増え、「宗教ディスもされるようになってしまった」と明かした千眼。「ムダ絡みやウザ絡みを街でされることが…ウザいとか言っちゃダメですね。すみません、修行が足りなくて。最近、怖い人と接する機会が増えて。知らない男の人に肩を掴まれたりとか、バカにした感じでドキュン(DQN)の男の人に『LINE交換しよ』と絡まれることが増えまして」と告白した。

 

■トリッキーなキャラに困惑

何かと「出家問題」がピックアップされがちな千眼だが、番組ではコミカルな彼女のキャラクターを掘り下げた。「クイズ!千眼美子が正解!」のコーナーでは、千眼が自作したという紙粘土のオブジェが何かを当てるクイズを展開。

「肩たたきと私がもっている肩こりの原寸大」というトリッキーな正解にスタジオも騒然。MCの小籔千豊(44)をはじめ、野性爆弾・くっきー(41)も終始笑い続けていた。

そして正解にもっとも近かった小籔にオブジェがプレゼントされると、小籔は「いらん。すぐにゴミ箱」と怪訝な顔でコメント。それを聞いた千眼は「紙粘土なので燃えるゴミでーす」と軽妙に返し、小籔は「捨てるんはええんかい」とツッコミを入れて笑いを誘った。

さらに「誰の気持ちを歌っているのでしょうか?」のクイズでは、千眼がギターで弾き語りをはじめ「上上下下横横 前はないうしろは芯」と、とうもろこしの粒の気持ちを軽やかに歌いあげる。これにはくっきーも笑いながら「何やコイツ」と驚きの様子だった。

 

■7割が「宗教を信じている」

その他にも、会話の中に宗教ネタを挟みながら手慣れた様子で番組を進行するなど、軽妙なトークを繰り広げた千眼。ネット上では「おもしろかった」「レギュラーで頼む」といった称賛の声があがっている。

なにかと毛嫌いされることも多い宗教だが、世間はどう思っているのだろうか。しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,400名に調査したところ、約7割が「宗教を信じている」と回答。

伝統宗教や新興宗教を含めさまざまな宗教が存在するが、信じている人が多数派のようだ。

 

「出家した」と騒がれる彼女だが、軽妙なトークを含めて魅力的な要素はたくさんある。今後、バラエティ番組にも進出する機会も多いのかもしれない。