クラウドファンディング

私はロボモップ『Everybot RS700』。拭き掃除を執行するのが任務だ(がしゃーんがしゃーん)

やっぱり水拭き、したいですよね。

最近はお掃除ロボットが次々と発表されていますが、それらのほとんどは乾いたブラシによる「掃き掃除」を行うタイプ。一部の拭き掃除ロボをのぞいては、床にこびりついた汚れなどがちょっと苦手だったりします。そんな頑固な汚れに立ち向かうべく、水拭きができる自走式のロボモップ『Everybot RS700』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

デュアルモップでお部屋をキレイに

『Everybot RS700』の本体下部には水タンクと一体化した2つの回転式モップが装備されています。回転モップへと自動で給水が行われ、移動しながら床をキレイに拭き掃除。面白いことに本体の移動そのものもモップの回転によって行われるなど、まさに回転モップが一石二鳥な役割を果たすのです。

障害物や家具下の暗所にも賢く対応

本体には各種センサーが搭載され、障害物を感知して避ける、階段などの段差を認識して止まる、ベッドの下などの暗い場所を掃除し終えると自動で明るい場所に出てくる、といったようになかなか賢いAIを備えている模様。動作の指定は本体ボタン、および付属のリモコンから行う仕組みとのことです。

手持ちでも使えるぞ

ロボット掃除機として床掃除に使うだけでなく、手持ちすることで窓掃除などにも利用可能。「ドライモード」を利用すれば、乾いたモップでカラ拭き掃除もできます。

『Everybot RS700』のクラウドファンディング・プロジェクトはすでに資金募集に成功しており、279ドル(約3万1000円)支援すれば1台手に入ります。製品は2017年12月の出荷が予定されており、全世界へ発送対応してくれるとのこと。水拭きできるロボット掃除機といえばiRobotの「Braava(ブラーバ)」シリーズが有名ですが、掃除能力にどの程度の違いがあるか試してみたいところです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Everybot RS700』プロジェクトページ(英語)

ロボコップ/ディレクターズ・カット [Blu-ray]

The post 私はロボモップ『Everybot RS700』。拭き掃除を執行するのが任務だ(がしゃーんがしゃーん) appeared first on デジノ杜.

レゴ互換の『Cubroid』こそ、親子で楽しむのに最適プログラミングブロック!?

お気に入りのレゴ作品を自在に動かせるぞ。

最近のレゴ製品には「レゴテクニック」「マインドストーム」のようにモータパーツで動かして遊べるものもありますけれど、すべてのレゴがモーターライズされているわけではありません。「オリジナルのレゴ作品が動いてくれたらなぁ」と思っている方もいることでしょう。そんなレゴビルダーにぴったりな、レゴと互換性があり、かつプログラミング可能なブロック『Cubroid』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterで人気を博しています。

お気に入りのレゴが大変身

『Cubroid』はパッケージによって構成内容が異なりますが、センサーを内蔵したブロックやモーター入りの「動力ブロック」、プログラムを保存できる「マスターブロック」、そしてタイヤなどのパーツが同梱されています。ブロックの表面にはレゴブロックと互換性のある凸凹ジョイントが設けられており、ここに自分のレゴ作品を合体させれば思うがままに動かすことが可能というわけ。さらに、独自のプログラムを読み込ませて自律的に動作するロボットを作る、なんてこともできるんです。

多彩なブロックが楽しそう!

各ブロックの内部にはそれぞれバッテリー、Bluetooth通信モジュールを搭載。スマホやタブレット端末向けの専用アプリで動作のパターンなどを自由に設定できます。

製品として用意されるブロックは「DCモーターブロック」、「LEDブロック」、「サウンドブロック」、「タッチセンサーブロック」、「ライトセンサーブロック」、「近接センサーブロック」、「マスターブロック」の7種類。これらを組み合わせて、たとえば「ライトがオンになったらモーターを動かす」「人が近づいたらLEDでパターンを表示する」といった動作を組み立てていきましょう。

PCでのプログラミングなら知育目的にも

マスターブロックをPCにUSB接続することで、MITメディアラボが開発したプログラミング言語学習環境「Scratch」が利用可能になります。これにより、ブロックにますます細かな指示を与えられるようになりますよ。お子さんにプログラミングなどの理系分野へ興味を持ってもらうには、ピッタリのキットと言えそうです。

『Cubroid』のプロジェクトはすでに目標金額の5倍以上となる資金を集め、かなり注目度が高いプロジェクトとなっています。現時点では149ドル(約1万7000円)の支援で基本ブロックを含むベーシックキット、269ドル(約3万円)の支援でマスターブロックを含む全てのブロックが同梱されたプレミアムキットが入手可能です。製品は2018年2月出荷予定とされており、全世界への配送に対応しています。

文/塚本直樹

関連サイト

『Cubroid』プロジェクトページ(英語)

レゴ(LEGO)テクニック 6x6 全地形マグナムレッカー車 42070

The post レゴ互換の『Cubroid』こそ、親子で楽しむのに最適プログラミングブロック!? appeared first on デジノ杜.

音楽配信ストアと電動歯ブラシが融合!『Benjamin Brush』が新発想すぎて震える

電動歯ブラシという意味でも、しっかり震えます。

音楽の力で日々のルーチンワーク「歯磨き」をもっと楽しく……そんな思いを結実させたかのようなスマート電動歯ブラシ『Benjamin Brush』が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。プロジェクトはすでに目標金額の調達に成功していますが、その発想はかなり独特。なにしろ電動歯ブラシに音楽配信サービスを融合させてしまったというのです。

歯ブラシから音楽(1曲あたり0.99ドル)が!

『Benjamin Brush』の本体下部にはスピーカーが内蔵され、歯磨き中に楽曲の再生ができます。楽曲の再生時間は2分間、歯磨き中には30秒毎にブルブルッと本体が震えることで、まんべんなく歯を磨くように促してくれるんですって。

ここで再生する楽曲は専用の「BleepBleepsミュージックストア」にて、1曲あたり0.99ドルで購入。歯磨きに適した選曲なのかはよくわかりませんが、ジャスティン・ビーバーからベートーベンまで取り揃えているそうですよ。また専用アプリでは歯磨きの実績がポイントとして表示され、お子さんが友達や家族とゲーム感覚で競いながら歯磨きを楽しめるように工夫されているとのことです。

ブラシヘッドは選択可能

電動歯ブラシとしては音波振動で駆動するタイプのもので、ブラシヘッドには縦長の「ビッグブラシ」と、円形の「ポンポンブラシ」の2種類が用意されます。ヘッドはそれぞれ軟質シリコン製。柔らかい素材が磨きすぎを防ぎ、歯のエナメル質を損なわないよう配慮されているようです。このブラシヘッドには5種類のカラーバリエーションが存在し、その時の気分に合わせて形や色を選択できるという特徴も。本体はもちろん防水仕様で、お子さんにも安心して使ってもらえそう。毎日の充電はUSB経由で行います。

音楽配信と歯ブラシの融合という奇抜すぎる発想が世界の注目を集めたのか、クラウドファンディングのプロジェクトはすでに成立。現時点では59ドル(約6600円)の支援で一つ入手できます。製品は2018年3月に出荷され、全世界への配送に対応してくれるということですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Benjamin Brush』プロジェクトサイト(英語)

tooth tunes ブルーハーツ

The post 音楽配信ストアと電動歯ブラシが融合!『Benjamin Brush』が新発想すぎて震える appeared first on デジノ杜.

体臭を”見える化”する『Kunkun body』は男の救世主か、それとも…?

武者良太の『気になるニッポン発モノイノベーション』

「そこに不満があるって気がつかなかった!」そんなクラウドファンディング系アイテムを発見しちゃう連載企画。お届けするのはガジェットキュレーターの武者良太氏です。

今回の気になるモノイノベーション

Kunkun body

『Kunkun body』ってどんなクラウドファンディング? ボケッタブルな臭気センサー。従来製品とは異なり匂いの強さだけではなく、匂いの質も判別できる。スマートフォンアプリと連携することで高機能を実現。今後、さらなる匂いの質の検出も可能となるように開発が進められている。匂いを可視化する技術は人体のみならず、車内や室内などでも必要とされる時代がくるだろう。

新たなスメハラにつながる可能性はあるが

身体能力だけではありません。集中力、睡眠の質などなど、人間のアレコレが可視化される時代となりました。そして新たに、重要なスキルが可視化されようとしています。……すみません間違えました。スキルではなく、スメルでした。ええ、匂いとか臭みとかいわれるアレですよ。

2016年末、CCCグループが運営しているクラウドファンディング「GREEN FUNDING」で『はなちゃん』という動物ロボットのプロジェクトが提案されました。見た目が可愛らしいチワワのぬいぐるみというか、おもちゃ。子供向けの動物玩具ってあるじゃないですか、チンパンジーがシンバル叩くやつとか。アレと同じカテゴリのプロダクトをカスタムして、鼻の部分に匂いセンサーをビルトインしたんですって。ふむ、鼻をクンクンして、香りを可視化するってわけですね。説明を読むに、匂いが弱ければ擦り寄り、中くらいから尻尾を振り、匂いというか臭いなランクだと卒倒するという機能を持っているそうです。………いや、チワワがバタンと卒倒するって? どういうこと?

自分だけに使うのであればいいでしょう。ハイテンションなアクションも事前に知っていれば納得できます。しかしこれ、知らない人に使ったとしたら……難しいな。集中力の可視化よりも難しい。心情的に。

しかし匂いを可視化するビジネスは、求める人が多いだろうなという思いもあります。家が汚れている時に、どの部分からの一番強い臭気が来ているかを判別できるとしたら。センサーのサイズにもよるけど、メカを修理している際にも活用できるかもしれない。

……と思っていた今年の初夏。この『Kunkun body』の存在を知りました。プロジェクトを手がけているのはコニカミノルタ。コピー機や印刷機器だけではありません。複雑な計測機器や、高精度なレンズ開発にも定評あるメーカーです。ヘルスケア部門の新しいチャレンジということでしょうか。匂いの強さだけではなく、匂いの種類まで判別できる仕様になっているというのは。

【シンプルな本体と多機能なスマホアプリ】 ▲本体部分はセンサー及び、スマートフォンとの通信機能、バッテリーで構成される。匂いの質などを判断するアーキテクチャは、スマートフォンアプリが担当。

【初期状態では3種類の匂いに対応する】 ▲汗臭、ミドル脂臭、加齢臭と言った、成人男性の匂いに関しての悩みを解決するようなカテゴリをチェックできる。測れる匂いの種類は今後増える。

一見するとプラスチックの小型ハードケースに見えます。コイツが汗臭、ミドル脂臭、加齢臭を測れるツールだとは思えません。匂いの心配をしなければならないシーンでも、素早く測って大丈夫ならそのままレッツゴー。ダメならコンビニで汗拭きシートなどを買って拭いて対策すればいいのでしょう。ぶっちゃけ、うまい。電車の中で、横に立った女性が顔をしかめた時に、自分の身体が放出する成分が原因なのかどうかを知ることができるんですから。普段から匂いが気になっている人にとっては助かるアイテムとなるでしょう。

【コンパクトでいつでも自分をチェック】 ▲本体部分はコンパクト。スーツやシャツの胸ポケットにも入るサイズだ。スキャン時間も短く、思い立った時にすぐ測ることができる。

しかしながら、『はなちゃん』にも感じた危険性がここにもあるのかな、という思いがぬぐいきれません。大人なら大丈夫だろうけど、いたずらっ子な子供に渡したらイジメに発展してしまうかも、という。

時代を改革する勢いのあるアイテムは、多かれ少なかれ想定外の使い方がされた時の影響度が大きめ。プロダクトの企画、性能は素晴らしく、そこからくる幸せを享受できる人の多さが想像できるからこそ、人を傷つけてしまうかもしれない使い方をしないように注意したいもの。また、家族にもその旨を伝えておきたいところです。

文/武者良太

武者良太(むしゃりょうた):1971年生まれのデジタル系ライター。音響機器にスマートフォン、ITビジネスにAI、最先端技術など、ハードウェア面に限らず、ガジェット市場を構成する周辺領域の取材・記事作成も担当する。元Kotaku Japan編集長。

『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

関連サイト

『kunkun body』製品情報ページ 『e-skin』プロジェクトページ

The post 体臭を”見える化”する『Kunkun body』は男の救世主か、それとも…? appeared first on デジノ杜.

コスパ抜群な360度カメラか!? 7K静止画&3K動画撮影対応で2万円切りの『VRDL360 Camera』

「RICOH THETA」に似た形状です。

周囲の上下左右全方位をぐるっと丸ごと撮影できる“360度カメラ”。最近では製品の種類も増えて、選択肢も多く、ちょっとしたブームが到来していますよね。そんな“360度カメラ”にスリムでコンパクトな新顔が登場しました。国内クラウドファンディングサイトDISCOVERは、VR Dongliの“360度カメラ”『VRDL360 Camera』の販売を開始しています。価格は1万9300円(税込)。2017年10月下旬以降で3週間以内に発送を予定しているようです。

7K静止画&3K動画の撮影に対応!

スティック型の本体には、F2.0のレンズ、1600万画素のCMOSセンサーを前後それぞれに装備。ISO100~1600のISO感度に対応するため、屋内や暗所などの低照度下でも利用できるとされています。

幅4.7×高さ13×厚さ1.8cmと小さな本体ながら、最大7K解像度(7000×3500ドット)の静止画撮影、最大3K解像度(3072×1536ドット)の動画撮影に対応。撮影した静止画や動画はmicroSDカードに保存する仕組みとなっています。重量が104gと軽量なので、ドローンに載せて使うこともできるんだとか。

ちなみに、内蔵バッテリーは容量が2000mAhで、静止画なら1000枚、動画なら2時間の撮影が可能とのこと。

もちろん専用アプリもあります

専用アプリ「VRDL360」では、撮影した静止画や動画はアプリ上で編集し、家族や友人などと共有することが可能。また、「Fisheye」「Perspective」「Little Planet」「VR」といった4つの表示モードが用意され、写真やビデオ視聴時の視点がカスタマイズできるそうですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『VRDL360 Camera』プレスリリース 『VRDL360 Camera』プロジェクトサイト

マイクロソフト ゲームコントローラー 有線/Xbox/Windows対応 ブラック Xbox360 Controller for Windows 52A-00006

The post コスパ抜群な360度カメラか!? 7K静止画&3K動画撮影対応で2万円切りの『VRDL360 Camera』 appeared first on デジノ杜.

都丸紗也華、ファンとつくる写真集プロジェクト カメラマンとして参加も可能?

(©『週刊SPA!』/撮影:小池伸一郎)

アイドルグループ『FYT(ファイト)』のセンターとして活動した後、グラドル・モデルを兼ねるいわるる「モグラ女子」としても活躍中の都丸紗也華(20)。

彼女が、ファンと一緒に写真集をつくるプロジェクトが始まった。

 

■都丸紗也華が「彼女」になる?

(©『週刊SPA!』/撮影:小池伸一郎)

「都丸紗也華が『僕の彼女』になる写真集プロジェクト」と題された今回の企画は、ファンを巻き込みながら一緒に写真集をつくるというもの。

幻冬舎と写真家・曽根将樹氏率いるクリエイティブチーム PEACE MONKEY が、『 Makuake』でクラウドファンディングを実施する。

 

■都丸「たくさん挑戦していきたい」

(©『週刊SPA!』/撮影:小池伸一郎)

都丸本人も、

「ファンのみなさんと一緒に写真集を作りたい! という思いからこのプロジェクトが始まりました。 みなさんと一緒にワクワクするような楽しいことにたくさん挑戦していきたいです。 最高の写真集を私と一緒に作ってください!」

 

とコメントしている。

思い通りのカタチに手曲げできる!ぐにゃぐにゃLEDランプ『Art Lamp』に興味津々

確かにアートな雰囲気を感じます。

世界にひとつだけの照明を手に入れるには、どうしたらいいのでしょう。職人さんにオーダーするのもいいですし、自作するのも一つの手なのかもしれません。手で曲げてぐにゃぐにゃっと形を変えられる卓上LEDランプ『Art Lamp』なら、あなたのセンスを活かした作品がよりお手軽に作れるかも。こちらはクラウドファンディングサイトのIndiegogoで資金調達に成功したプロダクトとなっています。

グニャグニャっと、思い通りの形に

ブナ材から作られたスタンドの上に透明なチューブで構成されるシンプルな『Art Lamp』。スタンド部分には0.75WのLEDライトが2つ内蔵されており、スタンドの穴に差し込んだチューブを明るく発光させます。このチューブが簡単に手で曲げられることで、自由な形のランプが作れるというわけ。バッテリー駆動により、ケーブルレスで点灯させられるのも魅力です。なお、製品には充電用ケーブルが付属するとのこと。

目に優しい調光機能付き

操作系はボタン1つが設置されているだけのシンプルさ。ランプのオン/オフのみならず、ボタンを長押しすれば徐々に明るさを上げたり下げたりできる調光機能付きです。薄暗い部屋でもちょうどいい明るさに調節できそうですね。

あなたのデスクの上にも、一ついかが?

スタンドの大きさは縦横100×高さ45mm。狭いスペースでも設置可能です。すでにクラウドファンディングのプロジェクトが成立している『Art Lamp』、現時点では29ドル(約3100円)からの出資で入手が可能となっています。製品は2017年10月の出荷予定。3ドルの送料を追加すれば日本への発送にも対応してくれるようですよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『Art Lamp』プロジェクトサイト(英語)

BPOLER ビーポーラ 蛍光ブレスレット10色50本 光る サイリウム

The post 思い通りのカタチに手曲げできる!ぐにゃぐにゃLEDランプ『Art Lamp』に興味津々 appeared first on デジノ杜.

ボス、ブラインドの紐に取り付けるだけで自動開閉できるアイテムがありますよ!

あのジャラジャラした紐の操作を自動化!

日々お世話になっているブラインドにはたいていジャラジャラと引っ張る紐がついていると思いますが、あれって結構重かったり動きが悪かったりして操作するのが面倒くさいですよね。そんなブラインドの紐をオートメーション化して、自動で上げ下げしてくれるガジェット『Blind Engine』が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。

もう手で動かさなくていいんです

『Blind Engine』の構造は単純で、本体上部の丸い部分が回転する仕組みです。ここにブラインドの紐を引っ掛けて、窓枠に固定したり、あるいは壁に貼り付けたりして利用するというわけ。設置したあとは、本体の上下ボタンやスマホからの指示でブラインドの上げ下げが行えるように。ちなみに、電源は付属のACアダプターから供給します。

あんなブラインドにも、こんな紐にも

『Blind Engine』を利用できるブラインドはロールタイプから水平や垂直な板状のもの、そしてカーテンタイプと、紐さえついていればOK。さらに、内部に引き込む紐の太さに応じて、2種類のギアが用意されているので、対応するブラインドはかなり多そうです。ただし、途中にコネクタがあるような特殊な紐には対応していないそうなので注意が必要。

スマホ利用でリモートコントロールも

Wi-Fi経由でスマホと連携すれば、離れた場所から専用アプリでブラインドを上げ下げできます。専用アプリはiOS向けとAndroid OS向けが用意されるとのこと。タイマーを設定したり、複数のブラインドを管理したり、あるいは家主が家に近づいたらブラインドを上げたり、なんていう設定も可能です。それだけでなく、『Amazon Echo』や『Google Home(現在機能の開発中)』によるボイスコントロールでの操作もできるんですって。

自宅にブラインドを設置している方にはなかなか便利そうな『Blind Engine』。プロジェクトはすでに資金調達に成功しており、89ドル(約9600円)の支援で一つ入手できます。製品の出荷は2017年11月予定。全世界へ発送対応してくれるようです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Blind Engine』プロジェクトサイト(英語)

西部警察 PARTⅠセレクション 大門BOX 1 [DVD]

The post ボス、ブラインドの紐に取り付けるだけで自動開閉できるアイテムがありますよ! appeared first on デジノ杜.