クラスメート

気付くと会えなくなっていた友人

 

先輩と仕事場に二人で泊まり込んでいた日、休憩中にその先輩が聞かせてくれた話。

 

先輩いわく、「友人に会えなくなった」と。

 

最初は単に仕事が忙しいからなんじゃないのか?と思ったが、どうやら違うらしい。

 

事は、先輩が専門学校に通っていた頃から始まる。

友人は一体どこに居るのか?

ある日、高校の頃から仲の良かった友人から、「バイトを始める事にした」という電話が来た。

 

それで、「良いバイトだから一緒にやってみないか?」と、先輩にもバイトを勧めたらしい。

 

毎日課題で忙しかった先輩は、「一緒には出来ない」と先に断りつつも、その友人の楽しそうな声から、どんな場所なのか気になって、好奇心で面接に付いていく事になった。

 

当日、友人と待ち合わせた後、先導してもらいながら一緒にそのバイト先へ行った。

 

見慣れた街を進みつつ、幾つかあまり知らない道も通ったけれど、頭の中の地図では大体の場所は把握出来ていた。

 

20分ほど歩いたところで友人が立ち止まり、「あの店だよ!」と前方を指差す。

 

その方向にあったのは、目立たない古本屋の看板だった。

 

友人が「面接に来ました」と店内に入っていくのを見送ってから、先輩は店頭に置いてあるワゴンの文庫を物色して時間を潰していた。

 

ふと店のガラス戸に目をやると、『パート・アルバイト募集』の張り紙があった。

 

こういう店でもちゃんと募集ってあるものなんだなと思い、特に気にはしなかったらしい。

 

その日はそれから、友人と店でのバイトについて話しながら帰路についたそうだ。

 

数日後、休日に友人が「バイトに受かったから今日から働いてるぜ!なんか買っていってくれよ」と電話をかけてきた。

 

先輩はやる事もなかったから、とりあえず財布を持って以前通った道を辿って古本屋に向かった。

 

ところが、店があった場所は民家になっていた。

 

最初は道を間違えたんだと思って、少し戻ってから周囲を探したけれど無い。

 

先輩は意を決して、古本屋があったと思われる場所にある家を訪ねて、この辺りに古本屋がないか訊いてみたらしい。

 

「この辺りじゃ、駅前の方に行かないと無い」

 

そう言われて、もう訳が分からなくなったそうだ。

 

その後、その友人から電話はかかってくるし、年始には年賀状も届くのに、何故か一度も顔を合わせていないらしい。

 

そして、そのまま少しずつ疎遠になり、今では携帯も通じなくなってしまったそうだ。

 

それから数年が経った頃、高校の同窓会の連絡が来た。

 

懐かしい事もあったし、もしかしたらあの友人に会えるかも知れないと思い、二つ返事で参加した。

 

会場に着くと、旧友の懐かしい顔が並んでいた。

 

でも、一通り見回してみたけれど、あの友人がいない。

 

幹事だったクラスメートに、「○○は来ないのか?」と訊いてみた。

 

すると、「ん?お前、何言ってるんだ?あそこで普通に飲んでるじゃん」と、全く違うクラスメートを指差していたそうだ。

 

(終)

The post 気付くと会えなくなっていた友人 appeared first on 怖いもん通信.

登校しなくなったクラスメートの家にて

 

俺が小学5年生だった頃の話。

 

夏休みが終わってから、同じクラスに登校しなくなった女子(A子)がいて、まるっきり顔を見なくなった。

 

「新しい教科書を渡してほしい」という名目で、集団登校が一緒だった俺に白羽の矢が立った。

 

要は、「ちょっと様子を見て来い」という事だったんだと思う。

 

もう夏が終わりかけていたので、涼しい風が吹いていた。

 

A子は以前から割と控えめで、それまで一緒に遊んだりしたことがなかった。

 

あまり目立たない感じではあったが、イジメを受けているわけでもなく、友達を作るぐらいの要領は持っているような静かなタイプの女子だった。

 

貧乏でもないし、特別裕福というわけでもない。

 

2階建ての家に住んでいて、ちゃんとした両親もいる。

 

不登校になるような原因は思い当たらなかった。

忘れられない恐怖体験をすることに

A子の家の呼鈴を押す。

 

少ししてドアが軋んだ。

 

ドアの覗き窓から誰かが俺を見ているのだ。

 

その時間が異常に長かった。

 

少なくとも1分以上は見られていた気がする。

 

視線のやり場に困って右の方を見ると、犬が夏バテでもしているのか、ぐったりと地面に寝そべっていた。

 

体も顔もピクリとも動かないが、ギラギラした目だけが俺をずっと見ていた。

 

犬から目を離せずにいるとドアが少し開き、A子が「ああ、○○くん。待たせちゃってごめんなさい。今、お料理してたの」と笑顔を見せた。

 

ドアの気配からして、ずっと覗き窓から俺を見ていたのはA子だったはずだ。

 

想像していたよりA子は元気そうだった。

 

普段より活気を感じさせるほどの様子に少し安心して、事情を話し教科書を渡して帰ろうとすると、「せっかくだから上がっていって」と強く引き留められた。

 

「今、私一人しか居なくて暇してたの」と彼女は言って俺の手を取った。

 

家の中は玄関を入って目の前に階段がある間取りで、2階の辺りから階段を照らす明かり以外は全て落とされて真っ暗だった。

 

他人の家の匂いというのは大体にして違和感を感じるものだけど、A子の家のそれは何か異質な感じがした。

 

家の匂いに混じって、ほのかに便所のような臭気があった。

 

2階のA子の部屋も、同様に明かりが点いていない状態だった。

 

ただ、ゲームの途中と思われるテレビの明かりだけが煌々と部屋の中を照らしていた。

 

嫌な汗が流れるのを感じた。

 

A子が不登校になったのは、精神的に何か異常をきたしつつあるからなのではないだろうか。

 

連れられて部屋に入るなり、横から「よぉ!」と声をかけられ、飛び上がって確認するとA子の兄だという。

 

テレビの光でようやく顔が見えた。

 

A子の家は電気を落とした部屋に居るのが常態化しているのだろうか。

 

さっき、A子は「一人だ」と言ってはいなかったか?

 

あまり深く考えたくはなかったので勧められるままにA子とゲームをしていると、兄が「喉が渇いた」と言ってオロナミンCを3人分とお菓子を持ってきた。

 

口を付けると生温かった。

 

それに、何やらしょっぱい。

 

味も違うし、嫌な臭いがする。

 

ふと横を見ると、何故かA子も兄もゲーム画面そっちのけで俺の顔をじっと見ていた。

 

「まさかと思うけど、これ小便じゃないよね?」と問いただすと、兄は「小便なわけないだろう」と驚いたように大声で否定した。

 

その直後、階段の辺りだろうか、おばさんのものらしき大きな笑い声が一秒ほどして不自然にピタっと止んだ。

 

笑った口を手で抑えたみたいに。

 

A子はずっと俺の顔を見ていた。

 

テレビの光に照らされて反面しか見えなかったが、ニヤニヤしているのは分かった。

 

お菓子をよく見ると、ガムの包装紙が明らかに一度開かれてバレないように戻されている。

 

ここに至り、俺の頭は「この家に長居したくない」という感情で一杯になり、トイレを借りるという口実を作って部屋から脱出した。

 

階段には誰も居らず、階段の明かりも点ったままだった。

 

出来るだけ自然な様子で、「そのままこの家から出て行ってしまおう」という腹づもりで階段を下りて玄関に到着した。

 

真っ暗で何も分からない。

 

壁際のスイッチを押し込むと、明かりが点いた。

 

いつの間にかドアに鍵が掛かっている。

 

後ろが気になって振り向こうとして、部分的に明かりに照らされた真っ暗なリビングが視界に入った。

 

そこには、イスに座ったおばさん(おそらく母親)が居て、ニヤニヤしながらこちらを見ていた。

 

床には無数のビンが並んでいたが、中身は黄色い液体の入った何かだった。

 

おばさんが立ち上がる。

 

2階の方からも床が軋む音がした。

 

生きた心地がせず、靴を手に持って玄関から飛び出した。

 

犬が狂ったように俺に吠えかかったが、そんなものを気にしている場合ではない。

 

走り去る途中で、A子の家の方を振り返った。

 

おばさんは追っては来なかったが、2階の窓から逆光になったA子と兄らしき影が並んでこちらを見ていた。

 

先生にはA子は案外元気だったとだけ報告し、それ以外のことは誰にも口外しなかった。

 

A子はそれ以降も学校には登校しなかった。

 

(終)

The post 登校しなくなったクラスメートの家にて appeared first on 怖いもん通信.

僕らはここで終わりなんだから

 

子供の頃に体験した、怖いというより不思議な話。

 

俺は子供の頃、小さな村に住んでいて、どこにでもあるような小学校に通い、いつも同じ5人組のグループで遊んでいた。

 

毎日がとても楽しくて、たまに夜の11時に帰った時には親にめちゃくちゃ怒られたりと。

 

男は俺を含めて4人、女は1人。

 

余談だが、女の子はそこそこ可愛くて、みんなが狙っていた。

 

ある年の大晦日、俺たちは「皆で年を越そう」となり、5人組の一人の家に集まっていた。

俺が見ていたのは幻だったのだろうか

うちの親は過保護だったが、珍しく泊まりに行くのを許してくれた。

 

必死にどう説得するか考えていただけに少し拍子抜けした。

 

だけど、そいつの家は今思えばおかしかった。

 

大晦日の夜だというのに、両親が家に居なかったのだ。

 

結局、夜中まで雪合戦などをしていたけれど、いくら家の庭だからといって、もうすぐ日付が変わりそうな時間なのに注意もされない。

 

そして、一人が腕時計を見て「あ!いよいよ年が変わるぞ!」と言った時、みんなで空を見上げた。

 

どうしてそんな事をしたのかは分からないが、幼いながら星空にロマンを感じていたのだろう。

 

「来年も楽しく過ごせるといいな」と、俺はぼそっと呟いた。

 

すると、グループで一番頭のいい奴が変なことを言うんだ。

 

「無理だよ。だって僕らはここで終わりなんだから」

 

その当時、何かの絵本でそんな言葉を見たことがあって、俺は何で今その言葉が出たのかと考えていた。

 

終いに俺は、本当にもう会えないのかと思って泣き出してしまった。

 

だけど、他の3人はみんな知っているような顔をしていた。

 

「みんな、どこか行くの?なら俺も・・・」

 

「だめ。K(俺)はお終い。次の子が待ってるから」

 

気が付くと、俺は地面に倒れていた。

 

どうも屋根の雪下ろしを手伝って転落したらしい。

 

雪がクッションになり、ちょっと気絶しただけで済んだ。

 

でも次の日から、村は俺の知る村ではなくなっていた。

 

学校の名前、通っていたそろばん塾、行きつけの駄菓子屋、全部が変わっていた。

 

クラスの奴らは変わっていなかったけれど、俺たちのグループの奴らは誰も居なかった。

 

他のクラスメートに訊いたら、「引っ越した」だの「死んだ」だの「誰だよソレ」だの様々な答えが返ってきた。

 

俺が見ていたのは幻だったのだろうか。

 

今でも俺は大晦日になると庭で星を見る。

 

そして、この事を思い出す。

 

けれど不思議なことに、今では「そういう奴らがいた」としか思い出せない。

 

思い出は残っているけれど、あいつらの顔や声がどうしても思い出せない。

 

(終)

The post 僕らはここで終わりなんだから appeared first on 怖いもん通信.

消えてしまったクラスメート

 

小学3年生の時に転校してきたサキちゃんから聞いた話。

 

サキちゃんがまだ1年生だった頃、とても仲の良いユキちゃんという女の子がいた。

 

ある日、ユキちゃんが学校に宿題を忘れてしまったらしい。

 

忘れ物に気が付いたのは夕方だった。

 

一人で取りに行くのは怖いからと、サキちゃんも付いて行くことになった。

 

学校に着くと、ユキちゃんは教室に宿題を取りに入り、サキちゃんは教室のすぐ外で待っていたらしい。

 

けれども、何分経ってもユキちゃんが教室から出てこない。

 

不思議に思って教室の中を見たら、ユキちゃんは居なかった。

そんな子はいない

教室のドアは閉まっていたし、開けたら音ですぐに分かるから、気付かれずに出ることは出来ない。

 

教室にベランダはなく、窓も全部閉まっていた。

 

怖くなったサキちゃんは、そのまま家に帰ってしまった。

 

次の日、学校に行ったら教室にはユキちゃんの机が無かった。

 

担任の先生にユキちゃんのことを訊いてみたら、「そんな子はいない」と言われてしまった。

 

同じクラスの子に訊いてみても、答えは同じ。

 

それでも信じられなかったサキちゃんは、帰りにユキちゃんの家へ行ってみたが、そこは空き地になっていた。

 

サキちゃんの話はここで終わった。

 

この話をした次の日、サキちゃんは急にいなくなった。

 

転校をしたという話はなかった。

 

担任の先生に訊いたら、「そんな子はいない」と言われた。

 

「サキちゃんがした話と一緒だ!」と思って、一緒に話を聞いていた子達にサキちゃんの事を訊いてみた。

 

すると、一人はサキちゃんを覚えていたけれど、他の子達はサキちゃんを知らないと言った。

 

今ではそうでもないけれど、当時はとても怖かった。

 

(終)

The post 消えてしまったクラスメート appeared first on 怖いもん通信.

コックリさんは終わっていなかった

 

俺の女友達に、いわゆる「見える」奴がいる。

 

大学の新入生歓迎会で知り合った奴なのだが、外見は至って普通。

 

でも、勘の良さというのか、第六感が半端じゃない。

 

知らない道に迷い込んだ時、いきなり立ち止まって「この近くで猫が死んでるね」と、さらっと言い出す。

 

面白がって辺りを探してみたら、自販機の裏についさっき轢かれたような猫の死体が隠すように押し込められていた、なんてこともあった。

 

「いつから見えるんだ?やっぱりキッカケとかあるのか?」

 

ある日、喫茶店で話していた時に、冗談半分で彼女に訊いてみたことがある。

 

初めはお茶を濁そうとしていたが、俺があまりにしつこいせいか、結局折れて話してくれた。

 

「後悔しないでね」、と前置きを入れて。

以下、彼女の話

私が小学校3年の時にね、クラスでコックリさんが流行ったの。

 

私は当時はまだ「見えなかった」から、そういうのを信じていなくてね。

 

でも、私のクラスにコックリさんに夢中になっているグループがいたんだ。

 

霊感があるって子が中心のそのグループは、なんかある度に「コックリさんが当たった」だの、「コックリさんが言う通りの事が起こった」だの言ってたのよ。

 

私、正直嫌いだった、その子。

 

それである時、私とその自称霊感少女が喧嘩になってね、コックリさんの事で。

 

「いる」、「いない」の水掛け論だったんだけど、「証拠を見せてやる」なんて言うから私もつい乗っちゃったのよ。

 

まぁ、本当かどうか興味はあったし。

 

その霊感少女グループと私の合計4人で、コックリさんをやることにしたわけ。

 

放課後になるのを待って、私たちは屋上に向かう踊り場に行ったの。

 

なんでも、そこが校舎の中で一番いい「ポイント」らしくてね。

 

バカバカしいと思いながらも、コックリさんの準備を手伝ったわよ。

 

使われていない机を並べたりしてね。

 

それでいよいよ始まった。

 

何回か「コックリさん、コックリさん、おいでください」って呼びかけているうちに、10円玉がすぅっと『はい』に動いたの。

 

他の皆はコックリさんが来たって騒いでいた。

 

その様子を見ていたらなんか馬鹿らしくなって、私はふざけて「コックリさん、コックリさん、お願いですから私たちに幽霊を見せてくださぁ~い」って言ったの。

 

10円玉は『はい』に動いた。

 

すると、みんな慌てて逃げて行った。

 

コックリさんは今でも続いていた

俺「・・・それだけ?」

 

拍子抜けした。

 

確かにドアを叩かれるシーンでの大声には驚いたが、それはあくまで”驚き”だ。

 

恐怖とは違う。

 

話自体も中途半端のままだ。

 

俺「その話、なんか続きないのか?どうも中途半端だ。オチが弱い」

 

正直に聞いた。

 

元々遠慮するような間柄じゃない。

 

女「人がせっかく話したってのに、そんな酷評をしやがりますか、貴様は・・・」

 

そう言いながらも、彼女はニヤニヤしている。

 

どうやら、まだオチは先らしい。

 

女「次の日にその場所へ行ってみたら、コックリさんのセットは無かったの。きっと、見つけた先生が片付けたんじゃないかな」

 

女「でもね、コックリさんのルール、最後は呼び出したものを鳥居を通して帰さなきゃならないじゃない。私達はそれをやっていない」

 

女「だから、あの時のコックリさんはまだ続いているのよ」

 

ゾクッとした。

 

10年以上も続いているコックリさん。

 

呼び出されたモノは何処へ行ったのか。

 

俺「だったらさ、その時のメンバー集めてまたコックリさんやればいいんじゃないか?それで帰ってもらえば万事解決だろ?」

 

それは無理、と彼女は言った。そして・・・

 

女「だって、私以外もう死んじゃってるんだもん」

 

絶句した。

 

固まっている俺を気にもせず、彼女は続けた。

 

女「死に方は事故だったり自殺だったり色々だけどね。結局、一番最初に指を離した私だけが今のところは無事なの」

 

女「さて、私はそろそろ行くけど、嫌な話させたんだからここ奢りなさい。じゃ、またね」

 

俺は何も言えなかった。

 

自分のせいで死んだかも知れないクラスメート。

 

思い出したくもないだろう話を、俺は彼女にせがんだ。

 

激しく後悔していた。

 

一言謝ろう。

 

そう思って顔を上げると、彼女と視線がぶつかった。

 

店を出る準備をしていた手を止めて、彼女は俺を見ていた。

 

女「するなって言ったのに、後悔してるみたいね」

 

頷く。

 

すまん、と言う前に彼女が続けた。

 

女「じゃあ、後悔ついでにもう一つ。私ね、小学校までは垂れ目だったのよ」

 

自分の目を指差して、彼女は笑っていた。

 

呆気に取られて固まっていると、彼女は軽い調子で「そんじゃね!」と店を出て行った。

 

10年以上も続いているコックリさん。

 

呼び出されたモノは”目の前”に居たのだろうか。

 

彼女は吊り目だ。

 

(終)

The post コックリさんは終わっていなかった appeared first on 怖いもん通信.

わたしたち友達だよね?

 

これは、私の妹が体験した話です。

 

私と妹は4つ年が離れています。

 

私が小学5年生の時、妹は小学1年生でした。

 

小学校に入学当初の妹は、うまく友達が作れず寂しそうでした。

 

学校に行きたくないという妹を私は心配していたのですが、何週間か経った頃、やっと妹に友達が出来ました。

 

同じクラスの裕美ちゃん(仮名)です。

 

裕美ちゃんは不思議な子でした。

私たち友達だよね?これから毎日おいで

目の前にいてもその存在に気付かないような、とても静かな子でした。

 

その顔はいつも無表情で、何を考えているのか分からない暗い印象の、例えるならまるで人形のような子でした。

 

裕美ちゃんは何度も我が家へ遊びに来ました。

 

しかし、私は裕美ちゃんが喋っているのを見たことがありませんでした。

 

妹と遊んでいる間もずっと黙ったままで、ただ妹の話を聞いているだけです。

 

私は裕美ちゃんを最初のうちは大人しい子なのだと思っていたのですが、次第に薄気味悪くなってきました。

 

というのも、裕美ちゃんが妹を見るその目はどこか怪しく、とても友達に向ける目ではなかったのです。

 

正直、妹が裕美ちゃんと仲良くするのはやめたらいいのに・・・と思っていました。

 

何ヶ月か経ち、妹は裕美ちゃん以外に友達が出来ました。

 

自然と妹は裕美ちゃんと一緒にいる時間が減っていき、妹以外に友達のいなかった裕美ちゃんはクラスで孤立していったそうです。

 

そんな時に事件は起きました。

 

妹のクラスでは、亀を飼育していました。

 

その亀がある日いなくなったのです。

 

ある生徒が裕美ちゃんが持って帰るのを見たと言いましたが、裕美ちゃんは何も言わず、ただ黙っていたそうです。

 

これを境に裕美ちゃんは「亀泥棒」と言われ、クラスで仲間外れにされるようになりました。

 

当の裕美ちゃんは気にした様子もなく妹に近寄るので、妹は次第に裕美ちゃんを鬱陶しいと思うようになり、露骨に避けるようになりました。

 

そんな妹を、裕美ちゃんは突然自宅に誘いました。

 

しつこく誘う裕美ちゃんに根負けし、妹は仕方なく裕美ちゃんの家に行ったそうです。

 

裕美ちゃんの家は団地でした。

 

とても古く、中は汚れ放題でゴミが散乱していたそうです。

 

そして、物凄い悪臭がこもっていたそうです。

 

悪臭の原因を知った時、妹は驚きました。

 

裕美ちゃんは当たり前のように畳の上で尿を足したのです。

 

呆然とする妹に、「私たち友達だよね?これから毎日おいで」と、裕美ちゃんは言ったそうです。

 

妹は、「嫌だ!もう友達じゃない!」と断り、家から飛び出しました。

 

翌日学校へ行くと、机の上に甲羅を割られて潰れた亀が置いてあったそうです。

 

裕美ちゃんだと直感した妹は、裕美ちゃんを怖がるようになりました。

 

妹いわく、裕美ちゃんはその日から人が変わったように喋るようになったと言います。

 

その内容が酷いのです。

 

「○○ちゃん(妹)のお母さんは男の人とエッチしてお金を貰っている。あたしは見た」

 

「○○ちゃんのお父さんは昔に人を殺しておうちに埋めた」

 

「○○ちゃんもエッチしてお金を貰うようになる」

 

そんなことを繰り返し言うのです。

 

妹は次第に学校を休むようになりました。

 

事態を知った親が学校に苦情を入れると、裕美ちゃんの家庭で驚く事が明らかになりました。

 

なんと、裕美ちゃんは一人で住んでいたというのです。

 

両親は行方不明ということでした。

 

結果、裕美ちゃんは転校しました。

 

施設に入ったのか親戚に引き取られたのかは分かりません。

 

妹は再び学校に通い出しました。

 

問題は解決したと思われました。

 

ただ、疑問が残るのです・・・。

 

果たして小学1年生が一人で生活できるものなのか?

 

あの大人しい裕美ちゃんが、どこで「エッチ」という言葉を知ったのか?

 

意味は分かっていたのか?

 

なにしろ小学1年生です。

 

妹も意味が分かっていませんでした。

 

そして、私が本当にゾッとしたのは、後日に妹が言ったこの言葉です。

 

「裕美ちゃんのお父さん居たよ」

 

妹は確かに、裕美ちゃんのお父さんを見たと言うのです。

 

全然裕美ちゃんと似ていなかったと。

 

ずっと薄笑いを浮かべていたそうです。

 

そのお父さんは、裕美ちゃんが畳の上でおしっこをするのを注意せずに、ただじっと見ていたそうです。

 

そして妹を見ると、裕美ちゃんに何かを耳打ちしたそうです。

 

そうして裕美ちゃんは言いました。

 

「わたしたち友達だよね?これから毎日おいで」

 

その男は何者だったのでしょうか?

 

妹の錯覚ではないとしたら・・・。

 

もしも妹が家から飛び出さなければ・・・。

 

私は今でも時折、裕美ちゃんの無表情な顔を思い出します。

 

(終)

The post わたしたち友達だよね? appeared first on 怖いもん通信.