クルーズ

名前の通り「夢」のよう! 船の上でバトラー付きのお嬢様体験

人生1度くらい、お手伝いさんを雇って、「窓開けてくれる?」「コーヒー淹れてくれない?」とか、どうでもいい用事をお願いしてみたい。

そんな夢のような体験が、船の上で、しかも格安でできてしまうとしたら…?

 

■船の上のスイート

夢を叶えてくれる場所がこちら、「ゲンティンドリーム」。メディアツアーとして、しらべぇ取材班も「お嬢様体験」を覗かせてもらうことに。

ぱっと見からして、すごい船…しかし、意外にもお値段は、一番安い部屋で香港発着2泊3日のツアーが3万円代なのだ。しかし、今回オススメしたいのは「スイートルーム」!

もちろん金額は8万円に上がるため、差額は5万円ほど。決して安くはない。

しかし、「あ、それくらいなら出そうかな…」と思えちゃうくらい、充実した3日間を過ごせてしまうのだ。

出港後、香港の夜景を楽しんだのちに部屋に向かえば…もう「お嬢様」。

 

■電話1本できてくれる!

スイートルーム最大の魅力は、電話1本で来てくれちゃう「バトラー」サービスだろう。

バトラーを呼べば、部屋の窓を開けてもらうことも、コーヒーを淹れてもらうことも、もちろん可能。この携帯から連絡するだけで「そこのバルコニーに、ビールを2本用意しておいて?」とか、「このショー見たいから予約お願いね」とか、お嬢様体験ができちゃうのだ!

そんなの、絶対最高でしょ…。

もちろん部屋は広々、ベッドはふかふか。これが船の上にあるなんて信じられないレベルだ。

さらに、今年9月からはお値段そのままで「オールインクルーシブ」に!

つまり、すべてのバーやラウンジで、アルコール類を無料で楽しめたり、WiFiサービスの基本プランや専用シャトルバスによる寄港地での市内送迎などが含まれたり…「これだけで全部できちゃう」のだ。

いたれりつくせりって、このことか…と思ってしまう。

名前の通り「夢」のよう! 船の上でバトラー付きのお嬢様体験

人生1度くらい、お手伝いさんを雇って、「窓開けてくれる?」「コーヒー淹れてくれない?」とか、どうでもいい用事をお願いしてみたい。

そんな夢のような体験が、船の上で、しかも格安でできてしまうとしたら…?

 

■船の上のスイート

夢を叶えてくれる場所がこちら、「ゲンティンドリーム」。メディアツアーとして、しらべぇ取材班も「お嬢様体験」を覗かせてもらうことに。

ぱっと見からして、すごい船…しかし、意外にもお値段は、一番安い部屋で香港発着2泊3日のツアーが3万円代なのだ。しかし、今回オススメしたいのは「スイートルーム」!

もちろん金額は8万円に上がるため、差額は5万円ほど。決して安くはない。

しかし、「あ、それくらいなら出そうかな…」と思えちゃうくらい、充実した3日間を過ごせてしまうのだ。

出港後、香港の夜景を楽しんだのちに部屋に向かえば…もう「お嬢様」。

 

■電話1本できてくれる!

スイートルーム最大の魅力は、電話1本で来てくれちゃう「バトラー」サービスだろう。

バトラーを呼べば、部屋の窓を開けてもらうことも、コーヒーを淹れてもらうことも、もちろん可能。この携帯から連絡するだけで「そこのバルコニーに、ビールを2本用意しておいて?」とか、「このショー見たいから予約お願いね」とか、お嬢様体験ができちゃうのだ!

そんなの、絶対最高でしょ…。

もちろん部屋は広々、ベッドはふかふか。これが船の上にあるなんて信じられないレベルだ。

さらに、今年9月からはお値段そのままで「オールインクルーシブ」に!

つまり、すべてのバーやラウンジで、アルコール類を無料で楽しめたり、WiFiサービスの基本プランや専用シャトルバスによる寄港地での市内送迎などが含まれたり…「これだけで全部できちゃう」のだ。

いたれりつくせりって、このことか…と思ってしまう。

忙しい人ほど乗るべき! 知られざるクルーズの魅力6選

「クルーズ」と聞いて、どんな旅を思い浮かべるだろうか。

おじいちゃんおばあちゃんが優雅に寝そべっていたり、ものすごくドレスアップした人しかいなかったり…そんな「高そう」「庶民の世界とは程遠い」と思っている人は少なくないはず。

…確かに記者も、そう思っていた。メディアツアーで香港発着のクルーズ、ゲンティンドリームに乗るまでは。

実際は、むしろ普段忙しく働いている人ほど、クルーズツアーにいくべきなのだ!

 

(1)食事が全部ついてくる

「船の上ってことは、食事とかすんごい高いんでしょ?」

 

こちらのクルーズ代金には、食事が基本的に全てついている。どれも高クオリティな上に、量が多い。若者でも十分お腹いっぱいになれるはず。

なんなら、アフタヌーンティーや夜食まで含まれているのだ。

飲み物は別料金だが、意外にも普通のお値段。瓶ビールで500円〜600円程度と、居酒屋価格と変わらない。

 

 

(2)アトラクションが豊富すぎ

「クルーズって、退屈そう」

 

全くそんなことはない。数多くのアトラクションが、船上に用意されているのだ。

ウォータースライダーが5機もある上に、ロープコース、パターゴルフ、ロッククライミング…はっきり言って、遊びきれない。時間が足りない。もっと遊びたい。

ナイトプール体験だって出来るのだ!

忙しい人ほど乗るべき! 知られざるクルーズの魅力6選

「クルーズ」と聞いて、どんな旅を思い浮かべるだろうか。

おじいちゃんおばあちゃんが優雅に寝そべっていたり、ものすごくドレスアップした人しかいなかったり…そんな「高そう」「庶民の世界とは程遠い」と思っている人は少なくないはず。

…確かに記者も、そう思っていた。メディアツアーで香港発着のクルーズ、ゲンティンドリームに乗るまでは。

実際は、むしろ普段忙しく働いている人ほど、クルーズツアーにいくべきなのだ!

 

(1)食事が全部ついてくる

「船の上ってことは、食事とかすんごい高いんでしょ?」

 

こちらのクルーズ代金には、食事が基本的に全てついている。どれも高クオリティな上に、量が多い。若者でも十分お腹いっぱいになれるはず。

なんなら、アフタヌーンティーや夜食まで含まれているのだ。

飲み物は別料金だが、意外にも普通のお値段。瓶ビールで500円〜600円程度と、居酒屋価格と変わらない。

 

 

(2)アトラクションが豊富すぎ

「クルーズって、退屈そう」

 

全くそんなことはない。数多くのアトラクションが、船上に用意されているのだ。

ウォータースライダーが5機もある上に、ロープコース、パターゴルフ、ロッククライミング…はっきり言って、遊びきれない。時間が足りない。もっと遊びたい。

ナイトプール体験だって出来るのだ!