グラフィックカード

【Sonnet Tech.】Thunderbolt3接続の低価格グラフィックボード追加ケース

Sonnet Tech.社から、低価格なThunderbolt3接続の外付けグラフィックボード用ケース「eGFX Breakaway Box」が販売されています。同種の製品は割りと発表されてはいたのですが、ネックになるのはその価格。この製品では機能を限定する事で低価格を実現しており、オンラインストアでの販売価格が$299、国内では秋葉館で販売されており、そこでも39744円(税込み)と低価格なのが特徴です。機能制限は主として電源回りとスロット数で、内蔵するのはPCIe3.0対応のスロットが1基のみ。これでも、ビデオカード1枚の追加であれば問題はありませんので。物理形状はx16ですが、電気特性はx4相当となっています。電気特性はThunderbolt3の仕様によります。電源回りは、補助電源コネクタが8ピンか6ピンのもので、最大消費電力が300W程度のモノまで。取り付けられるビデオカードは割りと多そうで、公開されているだけでもRADEON RX460から580クラス、GeForce GT 1030からGTX 1080Tiクラスまでが使用可能となっています。接続はUSB-Cで、対応OSはmacOS 10.12.6以降、Windows10等となっています。USB-Cポートを経由して外部に給電が可能な様ですが、こちらはわずかに15Wなので、単独ではノートPCへの給電が行なえない状態かと。これで、MacBookProのグラフィック強化も図る事が可能になりますね。ただし、この9月には上位モデルとして600Wの電源を内蔵し、外部給電87Wに対応した「eGFX Breakaway Box 550」がリリースされるらしいので、本命はそちらかも知れません。参照:eGFX Breakaway Box

The post 【Sonnet Tech.】Thunderbolt3接続の低価格グラフィックボード追加ケース appeared first on デジノ杜.

【CFD販売】Thunderbolt3接続の外付けグラフィックボックス

CFD販売から、Gigabyte社の Thunderbolt3接続の外付けグラフィックBOXの販売がアナウンスされています。Thunderbolt3接続の外付けボックスに、NVIDIA社のGEFORCE GTX 1070搭載グラフィックボードを内蔵した製品です。これにより、従来はゲームには不適当と思われていたミニサイズのPCでも、十分に高画質での画面表示が行なえる様になります。本体サイズは212mm(L) x 96mm(W) x 162mm(H)と比較的小型サイズで、持ち出す事は難しいですが、不可能と言う程のサイズではありません。内蔵するグラフィックボードはGEFORCE GTX 1070搭載で、8GB/GDDR5のVRAMを持ちますが、ボードサイズはフルサイズではない様です。PCとの接続はUSB-CによるThunderbolt3で、USB PD対応になっているので、ノートPCなどへの電源供給もここから賄えます。外部出力はDisplayport x1,HDMI x1,DVI-D x2の4ポートで、8KTVに相当する解像度での出力が可能になっています。4ポートのUSB-A端子が装備されており、ここから外部のストレージや入力デバイス等を接続する事が可能になっています。7月下旬からの販売が予定され、店頭予想価格は8万円程。残念ながらWindowsの美濃対応の様ですが、この秋のHighSierraでmacOSが対応してくれるとうれしいのですが。参照:GIGABYTE NVIDIA GEFORCE GTX 1070 搭載 外付けグラフィックBOX

The post 【CFD販売】Thunderbolt3接続の外付けグラフィックボックス appeared first on デジノ杜.