ケイトウィンスレット

ケイト・ウィンスレットが、ハリウッド・フィルム・アワードで大好きなアリソン・ジャニーとキス!

Filed under: , , , , ,

私たちと同じくらいミーハーなセレブも中にはいるようだ。ケイト・ウィンスレットは、先週末開催されたハリウッド・フィルム・アワードで、大好きなアリソン・ジャニーとのキスを実現させた。 ケイト・ウィンスレットは11月5日の夜、『Wonder Wheel』(原題)での演技が評価され、主演女優賞を受賞。受賞スピーチで、仲間の俳優陣の仕事ぶりに常にインスパイアされていると語った。その俳優陣には同授賞式で受賞した人たちも含まれており、特に『I, Tonya』(原題)で助演女優賞を受賞したアリソン・ジャニーの名前を挙げた。

Kate Winslet is honored with the Hollywood Actress Award for her role in @wonderwheelmov. 🙌 #HollywoodAwardspic.twitter.com/zmPl3il3oT

- Hollywood Awards (@hollywoodawards) 2017年11月6日 「ケイト・ウィンスレットが『Wonder Wheel』での好演で主演女優賞を受賞」 「アリソン、あなたのことをあまりよく知らないけど、でもあなたになりたいの。・・・それかあなたをなでさせてもらえるだけでもいいわ・・・キスとかさせてもらえるかしら、どう?」 カメラが大勢の出席者の中で笑っているアリソン・ジャニーを映し出した。彼女はケイト・ウィンスレットの発言にとても喜んでいるようだった。そしてケイト・ウィンスレットのキスの提案に、即座に席を離れ、ステージに向い、ステージ上でケイト・ウィンスレットの唇に軽くキスをしたのだ。 アリソン・ジャニーが席についた後、ケイト・ウィンスレットは「今、ちょっと息ができないわ」と、明らかに興奮した様子だった。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ケイト・ウィンスレット、『アバター』続編でジェームズ・キャメロン監督と再びタッグ!

Filed under: , , , , ,

ケイト・ウィンスレットは、『アバター』続編に出演し、ジェームズ・キャメロン監督と『タイタニック』(1997年)以来のタッグを組むと、米『Deadline』が伝えた。 ケイトはロナル(Ronal)と呼ばれるキャラクターで続編に登場するという。しかし、続編4作品にどれくらい登場するのかなど、詳しい事は分かっていない。 キャメロン監督は、『Deadline』に次のように語っている。「私のキャリアで最もやりがいのあった作品の1つである『タイタニック』でのコラボレーション以来、20年間にわたって、ケイトと一緒に何か出来ないかと考えてきました。ケイトがロナルというキャラクターに命を吹き込むのが今から待ちきれません」 『アバター』第1作は、2009年に公開され、世界歴代興行収入1位を記録した。現在、4作の続編が一気に製作中で、その総製作費は10億ドルを超えると言われている。先日、第1作の主人公である元海兵隊員ジェイク・サリー(サム・ワーシントン)と先住民族ナヴィの女性ネイティリ(ゾーイ・サルダナ)の間の子供たちなど、続編で活躍する新キャラクターのキャスト7人が発表されたばかりだ。 『アバター2』は2020年12月18日に全米公開を予定している。続いて『アバター3』が2021年12月17日、『アバター4』が2024年12月20日、『アバター5』が2025年12月19日に公開される予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ケイト・ウィンスレット、ディカプリオとの友情を語る「タイタニックのセリフを言い合ったりする」

Filed under: , , , , ,

『タイタニック』が世界中を席巻して20年経ったが、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの魅せた愛はまだ明るく輝いているようだ。もちろん、現実の世界での2人の愛はロマンチックなものではないが、お互いの恋人や配偶者よりもかなり長く関係を築いているのだ。 2人とも40代を迎えたが、いまだに友達付き合いが続いている。ケイト・ウィンスレットは先日、『Glamour』誌によるインタビューでレオナルド・ディカプリオとの友情について語り、ファンをからかっている。 「私たちが最近話した会話の内容なんて知りたくないと思うわ。とてもおかしくて、すごく大笑いしたの。私たちは気づくとこう言ってたの。『皆、私たちがこんなバカげた話をしてるって想像もつかないでしょうね』って。実際どういう話をしたかは教えないけど、でも私たちは本当にとっても仲が良いのよ。時々、『タイタニック』のセリフを言い合ったりするの。だって、私たちだからできるし、本当におかしいと思うから」 『タイタニック』の後、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオは『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』で不幸せな夫婦を演じている。同映画のプロモーションでテレビ番組『TODAY』に出演した際、『タイタニック』以降、身体的にどれだけ変化したかなど、お互いについて熱く語っている。 ケイト・ウィンスレット 「私たち2人ともだと思うけど、シワがたくさんできたの。そうでしょ? でもレオのことが誇らしいわ。彼の背が伸びたかどうかわからない。だって、当時から背が高かったから。今は大人の男性よ。彼を見て。大きくなっている。身体的にレオはそんなに変わってない。すごいわ」 レオナルド・ディカプリオ 「彼女は初めて出会った日と同じように今でも美しくて輝いている。彼女は完璧でプロフェッショナルなんだ。仕事の時、自分を追い込んでいる。だから彼女は最高だと僕はいつも言っているんだ」 ケイト・ウィンスレットは、レオナルド・ディカプリオの最高のサポーターでもある。彼が昨年、『レヴェナント 蘇えりし者』で数々の賞を受賞した時、ケイトがどれだけ喜んでいたか覚えている人もいるかもしれない。 2人の関係はこうして永遠に続いていくのであろう。20年以上の友情に乾杯だ。 ケイト・ウィンスレットの最新映画、『The Mountain Between Us』(原題)は10月6日全米で公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ケイト・ウィンスレット、ディカプリオとの友情を語る「タイタニックのセリフを言い合ったりする」

Filed under: , , , , ,

『タイタニック』が世界中を席巻して20年経ったが、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオの魅せた愛はまだ明るく輝いているようだ。もちろん、現実の世界での2人の愛はロマンチックなものではないが、お互いの恋人や配偶者よりもかなり長く関係を築いているのだ。 2人とも40代を迎えたが、いまだに友達付き合いが続いている。ケイト・ウィンスレットは先日、『Glamour』誌によるインタビューでレオナルド・ディカプリオとの友情について語り、ファンをからかっている。 「私たちが最近話した会話の内容なんて知りたくないと思うわ。とてもおかしくて、すごく大笑いしたの。私たちは気づくとこう言ってたの。『皆、私たちがこんなバカげた話をしてるって想像もつかないでしょうね』って。実際どういう話をしたかは教えないけど、でも私たちは本当にとっても仲が良いのよ。時々、『タイタニック』のセリフを言い合ったりするの。だって、私たちだからできるし、本当におかしいと思うから」 『タイタニック』の後、ケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオは『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』で不幸せな夫婦を演じている。同映画のプロモーションでテレビ番組『TODAY』に出演した際、『タイタニック』以降、身体的にどれだけ変化したかなど、お互いについて熱く語っている。 ケイト・ウィンスレット 「私たち2人ともだと思うけど、シワがたくさんできたの。そうでしょ? でもレオのことが誇らしいわ。彼の背が伸びたかどうかわからない。だって、当時から背が高かったから。今は大人の男性よ。彼を見て。大きくなっている。身体的にレオはそんなに変わってない。すごいわ」 レオナルド・ディカプリオ 「彼女は初めて出会った日と同じように今でも美しくて輝いている。彼女は完璧でプロフェッショナルなんだ。仕事の時、自分を追い込んでいる。だから彼女は最高だと僕はいつも言っているんだ」 ケイト・ウィンスレットは、レオナルド・ディカプリオの最高のサポーターでもある。彼が昨年、『レヴェナント 蘇えりし者』で数々の賞を受賞した時、ケイトがどれだけ喜んでいたか覚えている人もいるかもしれない。 2人の関係はこうして永遠に続いていくのであろう。20年以上の友情に乾杯だ。 ケイト・ウィンスレットの最新映画、『The Mountain Between Us』(原題)は10月6日全米で公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

レオナルド・ディカプリオら『タイタニック』出演者が再会!

Filed under: , , , , ,

ハリウッドの大作映画『タイタニック』から20年の時を経て、出演俳優のビリー・ゼイン、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレットが先週、久しぶりの再会を果たした。 ビリーは7月26日の夜にフランスで開催されたイベントでレオとケイトと一緒に写った写真をシェアし、「仲間が再会した。今は氷山を保護するために。信じられないよ」とコメントしている(残念ながら、同イベントで3人がそろっている写真はこの1枚だけのようだ)。

Gangs back together. Now we're saving icebergs. Go figure.. @katewinsletofficial @leonardodicaprio @leonardodicapriofdn pic.twitter.com/jWmzzhDeXK

- Billy Zane (@BillyZane) 2017年7月26日 「みんなと再会。今や、氷山の保護を行っている。不思議なもんだね」 もちろん、1997年の大ヒット作『タイタニック』の中では、ビリーも氷山も、レオが演じたジャックにとって忌まわしい存在だった。しかし今や、レオは氷山も含めた環境保護のための資金集めに力を注いでいる。 今回の再会の舞台は、レオナルド・ディカプリオ基金が開催した資金集めのイベントだった。アカデミー賞俳優のレオが1998年、「地球の全住民の健康と幸福のため、特に原生地と海洋の保護、気候変動、先住権の問題に取り組む」ことを目的として設立した基金である。 なお同夜、大いに宣伝された「レオとケイトとのプライベートディナー権」がオークションにかけられたが、落札者の名前や落札額は発表されていない。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink