ケンドーコバヤシ

「ハマりたての中学生みたい」 オードリー・若林のプロレス愛に賞賛の声

新日本プロレス、プロレスリング・ノア、DDTプロレスリングなど、メジャー・インディー問わず数々の団体が活躍し、プロレスは群雄割拠時代に突入した。

5日に放送された『アメトーーク』(テレビ朝日系)でプロレス大好き芸人が集合。中でも、「3年前からファン」のオードリー・若林正恭(39)にプロレスファンから賞賛の声が上がっている。

(画像は『アメトーーク』公式Twitterからのスクリーンショット)

 

■3年前からのプロレスファン

かつては金曜20時台、いわゆるゴールデンタイムに放送され多くのファンを夢中にさせたものの、ファン離れから、一時は存亡の危機を迎えたプロレス業界。

近年はブームが再来。男性だけでなく、女性ファン「プ女子」も登場し盛り上がりを見せている。

その中で、「イジられた時に受け身が取れない」悩みを抱えた若林は、プロレスを勧められ3年前から観戦。「受け身とか関係なくハマって」しまう。

プロレスを見始めた若林は、よほどうれしかったのか、プロレスファンとして名高いケンドーコバヤシ(45)に、プロレスのことばかり報告。プロレスファンとしての道を歩み出した。

 

■中継に映りたい願望

観戦だけでなく、レスラーのブログをチェック。好きな選手や試合を熱弁するなど、プロレスファンらしい一面を見せる若林。とくにファンの琴線に触れたのが「中継に映りたい」想いを吐露した瞬間。

どうしても中継に映りたかった若林は、最前列のチケットを何とか入手。注目しなければ分からないほど小さくだが映り、「ハイボール飲みながらコマ送りで確認した。めちゃくちゃ嬉しい」と笑顔を見せた。

『アメトーーク』ケンコバの宮迫不倫イジリに反響 「宮迫が出るとハズレ」の声も

食傷気味になるほど、有名人による不倫騒動が連日報道される昨今。雨上がり決死隊・宮迫博之(47)は、W不倫を芸人らしく、何とか「笑い」に変えようとしている。

『バイキング』(フジテレビ系)で騒動を説明後、出演番組で不倫をイジられてきた宮迫だが、14日深夜放送『アメトーーク』(テレビ朝日系)でも、ついに本格的に不倫イジリを解禁。

視聴者に大きな反響があったが、すべてを「笑い」として受け止めてはもらえなかったようだ。

 

■陣内「誰が誰に言うとんねん!」

この日は、芸人たちが集まり、テーマを決めずにトークを広げていく人気企画「立ちトーーク」を放送。宮迫の不倫を芸人たちが語った。

7月に入籍した陣内智則(43)は籍を入れる際、宮迫から「結婚ってええぞ」と声をかけられたが「誰が誰に言うとんねん!」と、不倫経験のある自身も絡めてツッコんだ。

 

■ケンコバ「朝にめっちゃヤった」

ケンドーコバヤシ(45)は、「酔って寝てしまい、何もできなかった」という宮迫の釈明を背景に、さらに過激にトークを展開。

「酔っぱらって寝てしまい、一線を超えなかった経験は僕もある。でも僕は、朝めっちゃヤリましたけどね」

 

苦笑いするしかない宮迫は、ダウンタウン・松本人志(54)の「2人と3泊、8回はしてる」発言を見た妻から、「私は12回と見ているけどな」と一喝されたエピソードも披露した。