コミケ

叶姉妹の陰に隠れて…ハライチ・岩井がまさかの「冬コミ抽選漏れ」

(画像は公式Twitterのスクリーンショット)

「じゃないほう芸人」ハライチ・岩井勇気。

趣味はアニメ・アニソン、アニメ『うたのプリンスさまっ』の一十木音也推しを公言するなど、「もしかして芸人で一番濃いオタクでは?」と言われるほどだが…いかんせん、相方である澤部佑の陰に隠れがち。

そんな彼が、コミックマーケット(以下、コミケ)に出展していることを、知っているだろうか。

 

■岩井、コミケに参戦も…

岩井は「スプーキーE」というサークル名で、昨年の冬コミ&今年の夏コミに出展しているのだ。

本日はコミケ92のサークル【スプーキーE】東地区7-ぬ24にいまーす! pic.twitter.com/6xAW8iE6WX

— 岩井勇気 ハライチ (@iwaiyu_ki) August 11, 2017

岩井が考えたコントを石田彰と関智一が演じる「コントCD」や岩井自身が作詞作曲し、人気声優の森久保祥太郎が歌う「キャラクターソングCD」など、好きな人にはたまらないラインナップ。当日はもちろん本人がブースに立ち、サインも書いてもらえたそう。

 

しかし、どちらも叶姉妹の参戦&出展が話題に。「ハライチの岩井が、コミケで自作のCDを売っているぞ!」…はネットでもメディアでも、全く話題にならず。

さすがに本人も

芸能人がコミケに続々と参戦で話題ですが、とりあえず夏コミの僕が忘れ去られてるのと自分のサークルがコミケに受かっただけで大喜びしていたレベルですいません。

— 岩井勇気 ハライチ (@iwaiyu_ki) August 26, 2017

とつぶやくほどのレベル。

 

■この冬はなんと…

そんな岩井だが、今年の冬コミにもしっかり申し込み! …していたのだが、まさかの「抽選漏れ」。え、まさか。あのハライチの岩井なのに?

芸能人でもしっかり抽選され、落ちる時は落ちるのか…。

(ツイッター埋め込む?)

叶姉妹の当選に沸き立つツイッターでも、岩井の抽選落ちに関する話題はあまり出てこない。ここでも「じゃないほう」パワーを発揮してしまったようだ。

 

■スペースに行きたかった! の声多数

記者含め、夏コミの時に「出展していることすら知らなかった」ため、「冬こそは、冬こそはブースに行って、CDを買わせていただきたい」と願う人は少なくなかったのだが…。

夏コミで販売されたCD2種は、Amazonやアニメイト、サークル「スプーキーE」公式サイトで購入可能。

冬コミで出す予定だったCDも、ぜひ通販で販売してほしい…。そして、2018年の夏コミでは、コミケ当選の報告とともに、笑顔でブースに立つ岩井の姿が拝めることを祈りたい!

冬コミも無事当選! 叶姉妹のファビュラスな姿がまた拝めるぞ

8月に行われたコミックマーケット92(以下コミケ)に出展し、そのファビュラスすぎる姿と匂いで周囲の人間の語彙力を根こそぎ奪っていった、叶姉妹。

「冬のコミケにも無事申し込んだ」と公式ブログで明かしていたが、2日、その当落が発表に。

 

■「ファビュラス叶組」「プレシャスM組」の文字が!

2日18時に公開されたWEBカタログには、しっかりと「ファビュラス叶組」「プレシャスM組」の文字が! 今回も、コスプレでの参加になっている。

配置は「1日目 東あ18ab」で、前回同様「壁サークル」だ。

 

夏に販売した「神秘のアメージングブック」、記者は個人的に購入したのだが…コスプレやイラストなど、読むだけでちょっとファビュラスな気持ちが味わえる1冊。

冬はどんな商品になるのか、かなり期待が高まってしまう。夏のコミケでも、スムーズな販売&2人の神対応が目立ったが、冬は

「皆さんをよりお待たせすることなくよりヘブンリーでピースフルな心を皆さんとシェアできますことを楽しみにいましておりますよ。」(公式ブログより引用)

と語るように、パワーアップした同人誌が楽しめそうだ。

 

■ブログでは「億泰くん」ファッションを披露

(写真は公式ブログのスクリーンショット)

1日のブログでは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』(集英社)の虹村億泰テイストを取り入れたセクシーコスチューム姿を公開。

虹村億泰は、『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部『ダイヤモンドは 砕けない』に登場する。ドルマークのついた学ランがトレードマークのキャラクターだ。

「姉とお揃い『億泰くん』ファッションは…」というタイトルのブログには、ボディラインを露出した真っ赤なドレスの上に「億泰マーク」の入った黒ジャケットを羽織った姉妹の写真が掲載されている。

(写真は公式ブログのスクリーンショット)

 

一体どんなコスプレ姿が同人誌に収められるのか、そしてどんなアメージングな姿を直接拝めるのか…。楽しみすぎる!

・合わせて読みたい→アメージング…コミケ初出店の叶姉妹がファビュラスすぎて語彙力がやばい

(文/しらべぇ編集部・星子

現役女子大生でセクシー女優デビュー 竹田ゆめの夢は「母に家をプレゼント」

22歳、現役女子大生が、ごく限られたセクシー女優だけが許される「晴れ舞台」でAVデビューする。

紗倉まなちゃんやミスiD2017ファイナリストにも選ばれた戸田真琴ちゃんらを擁するSODstar専属女優として、10月に初めての作品をリリースするのは、竹田ゆめちゃん。

しらべぇ取材班は、デビュー直前の彼女に今の心境を聞いた。

 

■お母さんに家をプレゼントしたくて

最近は、テレビなどでも活躍するセクシー女優を見て、「私も…」とAVの世界に飛び込む女の子も少なくない。そんな中で、ゆめちゃんがデビューしたきっかけはかなり独特だ。

竹田:小学生の頃に親が離婚して、お母さんに育てられたんです。苦労して大学まで行かせてくれた母に、家をプレゼントしたいな…と思って、この世界に入りました。

 

キャバクラや風俗などの経験は一切なく、まとまったお金を稼ぐためにまずやってみようと思ったのがAVだったという。

 

■経験人数は1人だけ

知的で清楚な雰囲気があるゆめちゃんは、男性経験も17歳のときの初体験だけ。「AV撮影が2回目のエッチだった」というから、驚きだ。そのため、初めての撮影前には緊張感もひとしおだったようだ。

竹田:撮影前日は、やっぱりすごく緊張して眠れなくて、ほぼ徹夜で撮影に臨みました。カメラが回り始めたら、頭が真っ白になったけど、監督さんが落ち着いた優しい方で「痛かったりしたら、いつでも言っていいんだよ」って言ってくれて。実際、久しぶりだったので痛かったですね(笑)

 

男優さんも、ベテランのいい方を集めていただいて、「ツイッターで見たことある、あの人が来た!」みたいな感じでした。

 

撮影前は「お金をかけずにつくっているんだろう」と思っていたが、きれいなロケ現場だったことにも驚いたという。

現役女子大生でセクシー女優デビュー 竹田ゆめの夢は「母に家をプレゼント」

22歳、現役女子大生が、ごく限られたセクシー女優だけが許される「晴れ舞台」でAVデビューする。

紗倉まなちゃんやミスiD2017ファイナリストにも選ばれた戸田真琴ちゃんらを擁するSODstar専属女優として、10月に初めての作品をリリースするのは、竹田ゆめちゃん。

しらべぇ取材班は、デビュー直前の彼女に今の心境を聞いた。

 

■お母さんに家をプレゼントしたくて

最近は、テレビなどでも活躍するセクシー女優を見て、「私も…」とAVの世界に飛び込む女の子も少なくない。そんな中で、ゆめちゃんがデビューしたきっかけはかなり独特だ。

竹田:小学生の頃に親が離婚して、お母さんに育てられたんです。苦労して大学まで行かせてくれた母に、家をプレゼントしたいな…と思って、この世界に入りました。

 

キャバクラや風俗などの経験は一切なく、まとまったお金を稼ぐためにまずやってみようと思ったのがAVだったという。

 

■経験人数は1人だけ

知的で清楚な雰囲気があるゆめちゃんは、男性経験も17歳のときの初体験だけ。「AV撮影が2回目のエッチだった」というから、驚きだ。そのため、初めての撮影前には緊張感もひとしおだったようだ。

竹田:撮影前日は、やっぱりすごく緊張して眠れなくて、ほぼ徹夜で撮影に臨みました。カメラが回り始めたら、頭が真っ白になったけど、監督さんが落ち着いた優しい方で「痛かったりしたら、いつでも言っていいんだよ」って言ってくれて。実際、久しぶりだったので痛かったですね(笑)

 

男優さんも、ベテランのいい方を集めていただいて、「ツイッターで見たことある、あの人が来た!」みたいな感じでした。

 

撮影前は「お金をかけずにつくっているんだろう」と思っていたが、きれいなロケ現場だったことにも驚いたという。

有吉弘行、コミケ騒動の真木よう子に同情 オタクたちに痛烈な批判も

今冬のコミックマーケット(以下、コミケ)で、自身の写真集をクラウドファンディングを利用して販売しようとしていたことで騒動になっていた女優・真木よう子(34)。

ネットで炎上騒ぎになっていたが、3日放送のラジオ『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN系)でのお笑い芸人・有吉弘行(43)の発言が話題になっている。

 

■オタクの後輩に嫌味たっぷりの有吉

真木といえば、「わざわざコミケでやるべきじゃない」「クラウドファンディングじゃなくて自分のお金でやってくれ」と非難を浴びていた。真木は参加を断念し、「一切勉強をせず安易な気持ちで応募してしまいました」と公式サイトを通じて謝罪コメントを出す結果に。

これを受け、「もう大勝利って感じなの? お前らは」と、コミケに詳しいオタクの後輩芸人に問いかけた有吉。「勝利とかないですよ…」と後輩芸人はタジタジの様子。

さらに有吉は「良かったな、自分が気に入らない人が不参加になって、炎上して、謝罪まで追い込んで良かったな! 大勝利だな!」と嫌味いっぱいで責めたてた。

 

■真木に「かわいそうに」と同情

有吉は「もう有名人は参加しないほうがいいよほんと。こんなふうにされるから、かわいそうに」と真木に同情。

さらに「なるべくこっちの領域に入ってほしくない」とオタクの立場で本音をもらした後輩芸人へ、「その代わりお前ら、そこ以外の領域に入ってくるなよ」と痛烈に批判した。

そして「真木よう子さん、また元気出してやってください」とエール送った有吉だった。

 

■コミケ参加は1割未満

しらべぇ編集部が全国20〜60代の男女1,365名に「コミケ」について調査したところ、「行ったことがある」と回答したのは全体の1割未満という結果に。

認知されているものの、実際には1割未満ほどしか参加していないコミケ。やはり、ディープなコミュニティであることは間違いないようだ。

 

後輩芸人に対して、「俺が行ってる焼肉屋さんに二度と来るな」と宣言した有吉。「これはタレで食べるとか、ビールは一杯いくらかとか全部調べてこいよ。認識甘いぞ」と真木の騒動をネタにしていた。

・合わせて読みたい→コミケ参加表明で炎上の真木よう子が謝罪 「参加してほしかった」と嘆く声も

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん イラスト/ミキシマ

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1,365名(有効回答数)