コンパクトカメラ

高性能&多機能なのに安い!今買うべきカメラ、教えます【安くて良いもの50】

「良いモノが欲しい! でも予算はない!!」 今回の特集はそんな人のためのハイコスパセレクション。満足度の高い逸品が驚きのお得プライスで手にはいります。品薄注意、売切御免の早い者勝ちなので、今すぐ店頭へ!!

大切なのは安さではなく、必要な性能を備えていること

スマホのカメラがここまで高画質化している以上、ただ安いだけのカメラには意味がない。スマホには撮れない写真が撮れるカメラが安くて初めて意味があるのだ。 そこでここでは、ミラーレス、一眼レフ、フルサイズ一眼レフの3カテゴリーから“高性能・多機能なのに安い”買い得モデルをピックアップ。特に第1位の『E-M10 Mark III』は、初心者から上級者まで、幅広い層におすすめできる懐の広い逸品だ。

また、個人的に推したいのが第5位のライカ。「高嶺(高値?)の花」だったライカが3万円で買えるのはすごい。実のところ、インスタントカメラとしては高額なのだが、デザインや写真体験などで、それ以上の満足感を得られる。

 

BEST 1

人気のOM-Dがレンズ2本付きで約12万円!!

オリンパス OM-D E-M10 Mark III EZダブルズームキット 実勢価格:11万9880円

5軸手ぶれ補正や高性能EVFなど、上級機顔負けの機能と、分かりやすいタッチ操作、撮影設定に即アクセスできるショートカットボタンなどといった快適操作が融合。

  ▲アルミ削り出しダイヤルなど、手触りが良いのも気に入りました。

オリンパス デジタル一眼カメラ「OM-D E-M10 MarkIII」ダブルズームキット(ブラック) OM-D E-M10MK3WZK BLK

 

BEST 2

ミニマムボディに便利機能を満載!

キヤノン EOS Kiss X9 EF-S18-55 IS STM レンズキット 実勢価格:7万9290円

ミラーレスカメラ並みの小型化を実現した一眼レフ入門機。これほどの小型サイズながらバリアングルモニターやWi-Fi/NFC/Bluetoothにも対応する。

▲先代モデル『EOS Kiss X7』(上)と比べて、グリップが深く、持ちやすくなりました。

キヤノン デジタル一眼レフカメラ「EOS Kiss X9」EF-S18-55 IS STM レンズキット(ブラック) EOSKISSX9LK-BK

 

BEST 3

使い勝手も極上のフルサイズ機

リコー PENTAX K-1 ボディキット 実勢価格:23万940円

PENTAX初のフルサイズセンサー搭載機。ボディ内5軸手ぶれ補正や、超解像撮影機能など、実用性の高い機能を数多く搭載しつつ、20万円台前半という価格を実現した。

▲4本のステーで支えられたモニタ部。ワンアクションで好きな向きに固定できます。

PENTAX デジタル一眼レフ K-1 ボディ 5軸5段手ぶれ補正 ローパスセレクター フルサイズフォーマット 19570  

BEST 4

キヤノン PowerShot SX720 HS 実勢価格:3万810円

税込3万円という低価格ながら、手ぶれ補正機構付き光学40倍ズームやWi-Fi対応など、これ以上ないコストパフォーマンスを実現したコンパクトハイズーム機。

Canon コンパクトデジタルカメラ PowerShot SX730 HS ブラック 光学40倍ズーム PSSX730HS(BK)

 

BEST 5

ライカ Leica Sofort 実勢価格:3万4560円

横位置撮影を基本とするスタイリングや、極力自然光で撮影するオートモードなど、ライカならではのこだわりが凝縮。フィルムは定番のinstax miniを使う。

ライカ ゾフォート オレンジ

文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年11月号より抜粋

The post 高性能&多機能なのに安い!今買うべきカメラ、教えます【安くて良いもの50】 appeared first on デジノ杜.

コダックのインスタントカメラ『PRINTOMATIC』。ちょっとデジタル&洗練されたデザインが注目!

凹凸の少ないミニマルデザイン。どこかアップル製品にも通じるものが……?

最近ではインスタントカメラと言われたら富士フィルムの『チェキ』を思い浮かべる人が多いかと思いますが、フィルムカメラの始祖ことコダックも負けてはいません。同社は撮影した画像をすぐにプリントできるインスタントカメラ『PRINTOMATIC』を発表しました。価格は69.99ドル(約7800円)。本体色はイエローとグレーの2色が用意されます。海外では2017年9月末の発売予定とのこと。

パシャッと撮って、そのままプリント

インスタントカメラを使ったことがある方ならおなじみですが、『PRINTOMATIC』でも撮影方法は従来のインスタントカメラと基本的に同じ。1000万画素のカメラで撮影した写真が、そのままカラーや白黒でプリントアウトされます。撮影した画像が一度デジタルデータで保存されるのが従来のインスタントカメラと異なる部分ですね。ちなみにデータはmicroSDカードへと保存されますよ。

『PRINTOMATIC』ではプリント中であっても次の写真をすぐに撮影可能。写真を撮影してからプリントを待って、撮影して……というインターバルは不要です。また、本体には光センサーが搭載されているので、周囲が暗い場合にはフラッシュが自動で発光します。

印刷は専用のZINK用紙に

プリントにはZINK Zero Ink方式を採用した2×3インチ(約5.1×7.6mm)の「KODAK ZINK」プリント用紙を利用します。用紙は耐水仕様かつ破れにくい素材でできており、耐久性もバッチリだそう。用紙の後ろは粘着シートになっていて、ノートや冷蔵庫などに貼り付けることもできるんだとか。

各社が競い合うように発売しているインスタントカメラ市場にあって、『PRINTOMATIC』はミニマルでスタイリッシュな本体デザインがセールスポイントとなりそうです。カバンにこのインスタントカメラを潜ませてパーティーに参加すれば、周囲の注目を集められるかもしれませんよ。

文/塚本直樹

関連サイト

『KODAK PRINTOMATIC』製品情報ページ(英語) 『KODAK PRINTOMATIC』プレスリリース(英語)

ポケットモンスター サン&ムーン めちゃでかコダックぬいぐるみ

The post コダックのインスタントカメラ『PRINTOMATIC』。ちょっとデジタル&洗練されたデザインが注目! appeared first on デジノ杜.

小さな大艦巨砲主義。世界最速AFと超連写に進化したソニーのネオ一眼『RX10 IV』デビュー

連写速度がただごとではありません。

ソニーは2017年9月13日、新型のレンズ固定式デジタルカメラサイバーショット『RX10 IV』(DSC-RX10M4)を国内発表しました。1インチセンサーに35mm換算で24mm〜600mmとなる光学25倍の高倍率ズームレンズを搭載し、AF(オートフォーカス)速度を世界最速レベルにまで引き上げ連写速度も大幅向上したモデルとなっています。2017年10月6日発売で、価格はオープン(市場想定売価:税別19万円前後)。2017年9月20日10時には予約受付が開始される予定です。

AFと連射性能がとんでもないことに!

『RX10 IV』の最大の進化は、世界最速を謳う0.03秒の高速オートフォーカスとAF/AE追従で最高約24コマ/秒の連写性能でしょう。イメージセンサーの違いこそありますが、フルサイズミラーレスカメラ『α9』の連写性能(20コマ/秒)すら上回っています。連続撮影枚数は249枚(画質「ファイン」時)です。

これ一台であらゆるシーンに対応

前モデルの『RX10 III』と同じく、ZEISS Vario- SonnarT∗ 24-600mmの高倍率ズームレンズを搭載した『RX10 IV』。レンズのF値も2.4〜4と明るく、日常的なスナップ撮影から航空写真まで、あらゆるシーンで活躍してくれそうです。イメージセンサーは有効約2010万画素の1.0型積層型CMOSイメージセンサー「Exmor RX」、画像処理エンジンは「BIONZ X」です。

さらにRX10シリーズとしては初めて、位相差検出方式とコントラスト検出方式を併用する「ファストハイブリッドAFシステム」を採用。315点の像面位相差AFセンサーと「高密度AF追従テクノロジー」を組み合わせ、動き回る被写体を正確に捉え続けます。

動画撮影では全画素読み出しによる高解像度4K(QFHD:3840×2160)動画や、最大40倍のスローモーション撮影が可能。またサイレント撮影やアンチディストーションシャッターによる歪みの少ない撮影にも対応しています。

使いやすい操作系

チルト可能な3.0インチの背面液晶はタッチディスプレイ化。フォーカス位置を指先で指定する「タッチフォーカス機能」「タッチパッド機能」が利用できます。また連写した静止画のグループ表示や、グループ単位での削除も可能です。

さらに撮影が楽しくなる機能付き

レンズの付け根部分には距離に応じてあらかじめ合焦する範囲を限定する「フォーカスレンジリミッター」を搭載し、スムーズなフォーカシングを実現。カメラが自動判別してAFモードを切り替える「AF-A」モードへの切り替えスイッチも搭載されています。

2017年9月16日にはソニーショールーム/ソニーストア 銀座、ソニーストア 札幌/名古屋/大阪/福岡天神で先行展示が開始されます。身軽なスタイルで本格的な撮影にもチャレンジしたい方にとって、うってつけの1台となりそうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『RX10 IV』プレスリリース

ソニー SONY デジタルカメラ DSC-RX10M3 F2.4-4.0 24-600mm 2010万画素 ブラック Cyber-shot DSC-RX10M3

The post 小さな大艦巨砲主義。世界最速AFと超連写に進化したソニーのネオ一眼『RX10 IV』デビュー appeared first on デジノ杜.

防水&耐衝撃なだけじゃない!夏の技ありアウトドアカメラ【夏を楽しむ!】

例年と比べて涼しかった6月から一転、7月に入ってからは驚異的な猛暑が続く、この夏。というわけで、本誌執筆陣が“夏”をテーマに選んだこの夏をものともしない、いや、むしろ積極に楽しむための納涼デジタルグッズ10ジャンル50製品を紹介する!! 今回はカメラ。カメラカテゴリーでは、海やプール、そして山などで活躍してくれるレジャー向けモデルを“夏カメラ”と定義。ただ防水&耐衝撃なだけでなく、それぞれオンリーワンの注目アウトドア機能を備えている。

防水モデルはまだまだコンデジが元気!

今回、“夏”をテーマにセレクトしたカメラは全て、防水タイプ。しかし、その性格はどれも明確に異なっており、同じように見えて同じではない。その違いを明確に把握した上で、自分の用途にあったものを選ぶようにしてほしい。

第1位に選んだ『OLYMPUS Tough TG-5』は、長年タフカメラを洗練し続けてきたオリンパスの最高傑作。優れたタフスペックに加え、各種センサーを駆使した「フィールドセンサーシステム」によって、屋外のアクティビティを多方面から記録できるようにした。

第2位の『COOLPIX W300』はその直接の対抗馬。内蔵センサーの面では一歩譲るが、単体で水深30mまで潜れるという強力な防水性能を誇っている。

第3位『LEICA X-U』は、あのライカが手がけた本格防水カメラ。大型センサー&ライカ銘レンズによって、防水カメラでは犠牲になりがちな画質を一眼カメラクオリティにまで高めることに成功した。

近年、やや影の薄いコンパクトカメラだが、このカテゴリーではまだまだ注目度は高い。スマホでも、一眼カメラでも不可能なユーザー体験をもたらしてくれる。

 

BEST 1

アウトドアの楽しさを堅牢タフ&充実ログ機能でブースト!

オリンパス OLYMPUS Tough TG-5 実勢価格:5万3870円

【SPEC】有効画素数:1200万画素、光学ズーム:×4、防水/防塵/耐衝撃/耐荷重/耐低温

水深15m防水、耐落下衝撃2.1mなどのタフスペックを備えたハイエンドモデル。GPS/気圧/温度/方位センサーを駆使した「フィールドセンサーシステム」によって、撮影時の位置情報や環境情報などを記録、専用スマホアプリなどで一覧できる。

【ここに注目!】 ▲電源オフ時のログ情報トラッキングを簡単にオン/オフできる専用レバーを本体天面に配置。使い勝手も上々です。

▲レンズ先1cmまで寄れる顕微鏡モードは、HDMI接続で、なんと4K解像度で大画面テレビなどに出力できます!

OLYMPUS デジタルカメラ Tough TG-5 レッド 1200万画素CMOS F2.0 15m 防水 100kgf耐荷重 GPS+電子コンパス&内蔵Wi-Fi TG-5 RED

 

BEST 2

強力な防水性能によって深い海の底などでも撮影できるように!

ニコン COOLPIX W300 実勢価格:4万8580円

【SPEC】有効画素数:1605万画素、光学ズーム:×5、防水/防塵/耐衝撃/耐低温

ハウジングなしで水深30mまで潜れる本格アウトドアモデル。一般的な防水カメラ(水深10〜15mまで対応)と比べて倍以上の耐水性能を誇る。また、LEDライト点灯ボタンを本体側面に新設。暗い場所で簡易ライトとしても使いやすいようにしている。

【ここに注目!】 ▲先代『AW130』と比べ、ホールド性を高めるため、グリップ部分を大きく張り出した形状に変更。耐落下衝撃性能も最大2.4mまでに強化されている。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W300 OR クールピクス オレンジ 防水

 

BEST 3

ライカの画質を水辺や水中でも楽しめる防水コンパクト

ライカ LEICA X-U 実勢価格:43万2000円

【SPEC】センサーサイズ:APS-Cサイズ、有効画素数:1620万画素、防水/防塵/耐衝撃

ライカ初となる防水・耐衝撃性能を備えたコンパクトカメラ。有効1620万画素のAPS-CサイズCMOSセンサーと、35mmフィルム換算値f=35mm相当のライカ ズミルックスf1.7/23mm ASPH.レンズなどによって、防水カメラ随一の高画質を実現した。

【ここに注目!】 ▲シャッター速度や絞り値などは、天面の専用ダイヤルで変更可能。水中でもこだわりの撮影が楽しめます。

▲持ち運び時に便利なブルーの巾着型ポーチが付属。何とネックウォーマーとして使うこともできるそうです。

Leica X-U (Typ 113) Under water Digital Camera (18435) by Leica

 

BEST 4

アクションカメラだからといって画質や操作性にも妥協なし!

ソニー FDR-X3000R 実勢価格:6万3450円

【SPEC】4K動画撮影、空間光学ブレ補正、防水

コンパクトなアクションカメラでありながら、同社製ビデオカメラで好評な「空間光学ブレ補正」や4K動画撮影機能を搭載。腕や自転車のハンドルなどに固定して使えるモニタ付きリモコンや防水ケースも同梱される。

ソニー SONY ウエアラブルカメラ アクションカム 4K+空間光学ブレ補正搭載モデル(FDR-X3000R) ライブビューリモコンキット

 

BEST 5

ただ安いだけじゃない! 機能充実の低価格防水カメラ

ニコン COOLPIX W100 実勢価格:1万6750円

【SPEC】有効画素数:1317万画素、光学ズーム:×3、防水/防塵/耐衝撃/耐寒

1万円台で入手可能な低価格防水カメラ。低価格とは言え、10m防水や、最大1.8mまでの耐落下衝撃性能など、充分なタフスペックを誇る。撮った写真をワイヤレスでスマホに自動転送する「SnapBridge」機能も便利だ。

Nikon デジタルカメラ COOLPIX W100 防水 W100MR クールピクス マリン

文/山下達也(ジアスワークス)

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 防水&耐衝撃なだけじゃない!夏の技ありアウトドアカメラ【夏を楽しむ!】 appeared first on デジノ杜.