コンパニオン

クルマと美の祭典!  東京モーターショーで見ておくべきコンパニオン美女たち

東京ビッグサイトで10月28日から11月5日まで開催される日本最大の自動車の祭典「第45回 東京モーターショー」。

まもなく一般公開となるプレビューデーの10月27日、会場の車に華を添えるコンパニオン美女たちを探し求め、しらべぇ編集部も各社ブースを取材して回った。

 

①プジョー

純白のワンピースに、シルバーに輝くライオンのエンブレムがキラリ。

 

②フォルクスワーゲン

フォルクスワーゲンブースでは、VRでコンセプトカーを展示するというユニークな試みを行っている。

ブースの女性たちは皆、肩にQRコードが書かれたシールを貼っているようだ。

各社とも趣向を凝らしていてアツい!  東京モーターショーの美女コンパニオンたち

東京ビッグサイトで10月28日から11月5日まで開催される日本最大の自動車の祭典、第45回 東京モーターショー。

コンセプトカーから新型車までズラリ並んだ会場から、しらべぇ取材班が厳選した、ブースに彩りを添える美しいコンパニオンたちの姿をお届けする。

 

①トヨタ自動車

会場でも最大級の展示規模を誇るトヨタ・ダイハツブースには、粒選りの美女がズラリ。

純白の衣装が、さわやかな印象だ。

 

②ダイハツ

トヨタグループのダイハツは、コスチュームもトヨタに近い。

艶やかな美女たちをつつむ純白のワンピース。

真っ赤なベルトが、ワンポイントだ。

各社とも趣向を凝らしていてアツい!  東京モーターショーの美女コンパニオンたち

東京ビッグサイトで10月28日から11月5日まで開催される日本最大の自動車の祭典、第45回 東京モーターショー。

コンセプトカーから新型車までズラリ並んだ会場から、しらべぇ取材班が厳選した、ブースに彩りを添える美しいコンパニオンたちの姿をお届けする。

 

①トヨタ自動車

会場でも最大級の展示規模を誇るトヨタ・ダイハツブースには、粒選りの美女がズラリ。

純白の衣装が、さわやかな印象だ。

 

②ダイハツ

トヨタグループのダイハツは、コスチュームもトヨタに近い。

艶やかな美女たちをつつむ純白のワンピース。

真っ赤なベルトが、ワンポイントだ。

各社とも趣向を凝らしていてアツい!  東京モーターショーの美女コンパニオンたち

東京ビッグサイトで10月28日から11月5日まで開催される日本最大の自動車の祭典、第45回 東京モーターショー。

コンセプトカーから新型車までズラリ並んだ会場から、しらべぇ取材班が厳選した、ブースに彩りを添える美しいコンパニオンたちの姿をお届けする。

 

①トヨタ自動車

会場でも最大級の展示規模を誇るトヨタ・ダイハツブースには、粒選りの美女がズラリ。

純白の衣装が、さわやかな印象だ。

 

②ダイハツ

トヨタグループのダイハツは、コスチュームもトヨタに近い。

艶やかな美女たちをつつむ純白のワンピース。

真っ赤なベルトが、ワンポイントだ。

女子中学生コンパニオンをホテルへ 「秘密の接待マニュアル」に唖然

(paylessimages/iStock/Thinkstock)

「JKビジネス」など、18歳未満の女性が安易に水商売などへ手を染める風潮が問題となっている昨今、またしても常軌を逸した事件が報じられた。

まだ「中学生」の女子生徒らを、コンパニオンとしてホテルなどの宴会会場へ派遣していたという、悪質な組織の実態が明るみになったのである。

 

■中学生コンパニオンをホテルへ派遣

報道によると、札幌市中央区のコンパニオン派遣会社が、今年1月~8月の間に、13歳~14歳の女子中学生8人をコンパニオンとして雇用。

彼女たち8人を札幌市内のホテルの宴会会場などへ計24回派遣し、酒をつがせるなどの接待をさせたとして札幌西署と道警少年課は4日、同社の役員を児童福祉法違反の疑いで逮捕した。

児童福祉法では、15歳未満に業務として酒席で接客することを禁止しており、容疑者の同社役員は「年齢確認を尽くさなかった」と供述しているという。

 

■中学生向けの「接待マニュアル」

同社は中学生を意識した「接待マニュアル」も制作していたそうで、ビールやワインの注ぎ方をイラストで解説。

焼酎の割り方のレクチャーや、日本酒については「あつかんになさいますか? ひやになさいますか?」など、ひらがなを多用していた箇所も見受けられたという。

さらに「お客様の飲み物を空にしない」や「2時間ずっと笑顔で」など酒席での立ち振舞を具体的に指南。雇用されていた女子中学生たちには、2時間で5,500円、3時間で8,000円の報酬が支払われていた。

中学生らはコンパニオンの仕事について「先輩や友達から紹介された」などと話しているそうで、1人紹介するごとに、報酬とは別途同社から1,000~2,000円が支払われていたという。

まだまだいるゲームショウの美女 セクシー&キュートなコンパニオン5選

千葉・幕張メッセで9月21日から24日まで開催されている「東京ゲームショウ2017」。

ブースにいるだけで嬉しい、きれいでセクシーなコンパニオンのお姉さんたちを、まだまだたくさんご紹介!

 

①MSI

まずはゲーミングパソコンブランドMSIから、マスコットのラッキーくんと一緒にいたお姉さん。

ラッキーくんが羨ましい…ちょっとラッキーくん、その位置、変わってもらえないかな?

 

②フジゲームス

フジゲームスからは2017年秋リリースのスマホRPG『オーディナル ストラータ』をPRする美女2人。

袖についている透け感のある布にもゲームのロゴが。ロゴ越しに見える、二の腕…!

ついついお姉さんを見てしまうが、2人が手に持っているキャラグッズなど、販促にかなり力をいれているよう。

東京ゲームショウの華! 美しくセクシーすぎるコンパニオンたち6選

千葉・幕張メッセで9月21日から24日まで開催されている「東京ゲームショウ2017」。

世界中の最新ゲームがズラリと並ぶ遊びの祭典を華やかに彩るコンパニオンたちの中から、選りすぐりの美女を一挙公開しよう。

 

①LET IT DIE

『LET IT DIE』は、18才以下はプレイしちゃダメよ! なサバイバルアクションゲーム。

ゴアリーなゲーム内容とは裏腹に、健康的なコスチュームに身を包んだ美女たちがずらり。お腹と胸に貼られたシールがずるい!

 

②KLab Games

スマホ向けリズムゲーム『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル』や『うたのプリンスさまっ Shining Live』を手がけるKLab Games。

ちょっとカウガール風? な衣装の、お腹からふとももから覗くガーターベルトに視線が…。

東京ゲームショウ2017開幕! 6大ブースのコンパニオンが可愛すぎ

9月21日~24日、千葉・幕張メッセで開催される「東京ゲームショウ2017」。

超有名企業からインディーゲームまで並ぶこのお祭りを盛り上げてくれるのが、そう、「ブースの華」コンパニオンたちだ。

その中でも、知名度もブース規模も大きな6社をピックアック! どこもかなりレベル高いぞ。

 

①カプコン

2018年冬発売予定の『モンスターハンター:ワールド』や『バイオハザード』シリーズなど、早く遊んでみたいゲームがたくさんのカプコンは、かなり健康美な格好。

どうしても…胸元に目がいってしまう…。

 

②KONAMI

『ウイニングイレブン2018』や『メタルギアサヴァイブ』もあるが、見逃せないのが『ラブプラスEVERY』!

VR体験はビジネスデイの10時半時点で110分待ちの大人気だが、ブースに行けば超かわいい2人に会えるぞ。

 

③スクウェア・エニックス

スクエニといえば、やっぱり『ファイナルファンタジー』シリーズ。

今年もコスプレイヤーさんがたくさん!

さらに、一緒に撮影できたりしちゃうとか…!

 

④セガゲームス

絶対に見逃してはならないのがここ、セガゲームスのブースだ。

まずはなんといっても、『龍が如く 極み2』

そして『北斗が如く』

さらには『ファンタジースターオンライン2』。

全員、レベル高すぎじゃないか!?

 

⑤ソニー

ソニーブースは、『PlayStationVR』のいろんなソフトの試遊が楽しめる。

『グランツーリスモSPORT』のエリアでは、爽やかなお姉さんがお出迎え。

さらに進むと、『Detroit Become Human』があるのだが…え、これマネキン?

いや、人?

一瞬、どっちなのかわからなくなってしまう…、

 

⑥バンダイナムコエンターテインメント

もう一体、何作品が出展しているのかわからない! ほど大量のゲームが並ぶ、バンダイナムコエンターテインメント。

ブースでは、メイドさんがお出迎え。

こんなかわいい子に掃除してもらえるスマホが、羨ましくなっちゃうかも。

 

みんな知ってるあの企業には、こんな美女が待っているなんて…興味がなくても、ついつい行きたくなってしまうかも!?

・合わせて読みたい→みんな可愛すぎ! コミケ92で出会った美人コスプレイヤーさんたち

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

レースクイーンの頂点・三城千咲が『ヤンジャン』表紙に 「手話で世界が拡がった」

レースクイーンの頂点を極めた美女が、今週発売の『週刊ヤングジャンプ』表紙に登場する。

『レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 15-16』に選ばれ、昨年末にグラビアデビューした、三城千咲(みき・ちさき)ちゃんだ。

 

■4月の選抜企画で優勝

千咲ちゃんは、ヤンジャンが実施したグラビア界の新星発掘企画「ゲンセキ2017 spring」で、5名のグラビアアイドルの中から読者投票でもっとも多い票を獲得。

「ゲンセキ」では、巻末グラビアで「セクシーな家庭教師」という設定を演じたが、今週号のヤンジャンでは、その続編として表紙と巻頭グラビアを飾ることになる。

 

■2014年にレースクイーンデビュー

もともと『東京オートサロン』などでイベントコンパニオンをしていた千咲ちゃんが、レースクイーンデビューしたのは4年前。

「コンパニオンの世界では、レースクイーンをめざしている子が多くて、『それなら私もやってみようかな』と思って」と、ちょっとカジュアルな志望理由。

しかし、持ち前のスタイルと美しさから、スーパーGTの強豪チームであるLEXUS TEAM SARDに所属。2016年は、優勝も経験した。

「オブ・ザ・イヤーもいただいて引退も頭をよぎったんですけど…」と言いながらもチームからのアンコールもあり、今も現役RQだ。