コンビニ

吉岡里帆考案レシピの『どん兵衛』登場 ポカポカ体が温まるおいしさ

日々、新商品チェックを欠かさないしらべぇ編集部。さまざまな情報を厳しく吟味し「今回はスルーかな…」なんて話していたら、どん兵衛の新商品情報のパッケージをよーく見てみると、どんぎつねがパッケージに登場しているではないか!

しかも、それぞれ、吉岡里帆(24)がレシピを考えたとか。どんな味わいなのか気になる。気になりすぎる。予定を変更して早速食べてみることに。

 

■鶏塩あんかけうどんを実食

まずは、『日清のどん兵衛 生姜香る鶏塩あんかけうどん』から。鶏塩ベースのあんかけつゆに生姜を効かせ、やさしい味に仕上がっているとのこと。まずはフタを半分はがして、袋を取り出し、かやくを入れてみる。

具材は蒸し鶏に加え、ピンクのかまぼこ、黄色の玉子、緑のネギの3色の彩りが鮮やか。どんぎつねバージョンだと思うと、かまぼこの花の形がめちゃくちゃかわいらしい。

お湯を入れて5分後、粉末スープを入れてよく混ぜると、トロッとしたあんかけ状に。おろし生姜を入れてできあがり。

もちもち麺があんかけによく絡む。食べてみると、鳥のスープはあっさりしており、優しい塩味としょうがが効いていて、体がとても温まる感じ。

これからの季節にピッタリで、こんなすばらしいレシピを考えてくれてありがとう!

 

■ラー油香る鴨だしねぎ太そば

『日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば』は、鴨の脂のうまみとピリ辛のラー油の風味が香り立つ、コク深い味わいが特長だそう。こちらもフタを半分はがし、かやくを入れてみた。

具材は、鴨肉つくねがゴロッと入り、下仁田ねぎとあげ玉。お湯を入れてまた5分。

フタの上で温めた液体つゆを入れてよく混ぜるとできあがり。ラー油の色がちょっと辛そうに見える。麺を上げてみると、太めのそばにラー油が絡んでいる。

食べてみると、辛さは控えめで香ばしさが際立つ。ラー油の辛さも調節してくれたのかな? 香辛料のせいか、こちらも体が温まる感じ。

そばの食べ応えもあり、鴨肉つくねの味もしっかりと美味しく、ひたひたに浸かった揚げ玉のふわふわ食感も楽しい。こんなステキなレシピを考えてくれたなんて!

 

と感謝をしながら食べたにもかかわらず、湯気の向こうにどんぎつねは現れなかったことだけが残念。生姜やラー油を使った体がポカポカ温まるレシピで、この冬を乗り切るしかない!

これからの季節に食べたい! 雪見だいふく系限定アイス食べ比べ

14日からミニストップ各店で、「雪見だいふく」タイプのアイス『まるごといちご大福』(第一食品・237円・税込)が数量限定販売された。

また、このまるごとのイチゴと濃厚バニラアイスをやわらかなお餅で包んだ『まるごといちご大福』だけでなく、現在ロッテ「雪見だいふく」シリーズからも秋冬限定のフレーバーや新商品が発売されている。

しらべぇ取材班は『まるごといちご大福』、『雪見だいふくクッキー&クリーム』(130円・税抜)、10月に発売された『雪見だいふくクリーミーもちシュー』(160円・税抜)の計3種を食べ比べてみることに。

 

■餅アイス3種を食べ比べ

左から『雪見だいふくクッキー&クリーム』『まるごといちご大福』『雪見だいふくクリーミーもちシュー』。

こうして並べると『まるごといちご大福』は、プレーンな『雪見だいふく』と間違えてしまいそう…。

『クリーミーもちシュー』は黄色いカスタード風味のアイスが透けており、『クッキー&クリーム』にはココアクッキーの粒が透けて見えている。

半分に切り断面を見てみると、

『まるごといちご大福』にはパッケージ同様、贅沢に一粒使われたイチゴがバニラの中に入っていてかなりおいしそう。

また『クリーミーもちシュー』はミルクカスタードソースがさっそくあふれだしてきた。

 

①『まるごといちご大福』

濃厚なバニラアイスにより、イチゴの酸味が際立つ。直径2センチほどのシャリシャリとした冷凍イチゴが、絶妙なアクセントになっている。

バニラアイスを包む餅の部分は、本物の和菓子のようなもちもちした食感や味わいも特徴的だ。

肉まんとグラタンが夢のコラボ! ローソンの『グラタンまん』がウマすぎる

寒い季節になると、ふと温かいものが食べたくなる。例えば、肉まんやグラタンなど…。

そして今回、そんな肉まんとグラタンの夢のようなコラボした『国産きのことチキンのグラタンまん』(220円・税込み)が全国のローソンで14日より数量限定で発売された。

 

■カラダが温まる優しい味わい

表面は淡いクリーム色で、うっすら焦げが残っている。触ってみると、皮のモチモチとした感触に期待が高まる。中を割ると、名前の通りたっぷりのきのこと鶏肉が入っていることを確認。

きのこは全4種(まいたけ、しめじ、エリンギ、えのき)と豊富で、チーズを加えているのか芳醇な香りが漂う。

 

■食感の違いも楽しい

熱々のうちにひと口食べてみると、グラタンソースとチーズが絶妙にマッチ。やさしくクリーミーなグラタンソースをまろやかにチーズが絡む。

もちもちでふっくらと口どけのいい生地が餡の味を邪魔しない。そしてなんと言ってもきのこは肉厚でジューシー。

さまざまな種類のきのこが入っていることで独特の繊維質を噛み切る歯ざわりが多種多様で、食感をも楽しませてくれる。

鶏肉はゴロゴロとしたしっかりとした大きさで存在感は十分。中華まんの餡として満足度は高い。1食あたりのカロリーは241kcal。

 

■ネットの声も高評価

ツイッターでは、「食べたい!」という声に加えて、すでに味わった人からの驚きの感想が目立つ。

LAWSONの新商品きのことチキンのグラタンまん これうますぎる 感動

— 田中 翔太 (@tanakasy) November 14, 2017

ローソンのグラタンまんほっぺ落ちそうなくらい美味しい( ⸝⸝ ˃̶᷄ ⁻̫ ˂̶᷄⸝⸝)

— 麻倉 聖P (@hao_0926_p) November 14, 2017

ローソン新発売のグラタンきのこチーズまん高いけどうまい

— すてぃあ (@actia_1031) November 14, 2017

これからの寒い季節には、重宝される一品であることは間違いないだろう。数量限定ということもあり、すぐに無くなるかもしれない。ローソンで見つけた際には早めに購入することをオススメしたい。

ミニストップ『焼き芋まん』は他のサツマイモまんとどう違う? 

ミニストップは、2種類のさつまいもを使用した中華まん『焼き芋まん』(118円・税込み)を、11月10日より順次発売開始。17日から国内全店で発売する。

(ミニストップ・焼き芋まん)

生地の色や形で焼いもを表現し、中の餡にはダイス状にカットした「紅はるか」となめらかでコクのある「安納芋」の2種類のさつまいもを使用。

しらべぇ取材班は、港区内のミニストップで同商品を購入。さっそく実食してみた。

 

■『焼き芋まん』を実食

『焼き芋まん』は長さ10.5センチ、幅4センチほどで、ちょっとゴツゴツした見た目。焼き芋を包む新聞紙っぽい台紙もカワイイ。サツマイモっぽいが、生地はもっちりしている。

(ミニストップ・焼き芋まん)

割ってみると、焼き芋の餡が端までたっぷり入っていて、食べると餡はかなり甘めで、ゴロッとした芋の食感も楽しめる。

生地自体にもほんのりと甘さが感じられ、デザート感覚で食べられるスイーツ系の中華まんだ。

 

■他コンビニのサツマイモまんは?

他のコンビニにサツマイモ餡を使った中華まんがないか調査してみると、コンビニ大手3社のサイトにそれぞれ商品ページを発見できた。

しかし、セブンイレブン『五郎島金時のスイートポテトまん』は、新潟・北陸限定商品。また、ファミリーマート『安納芋まん』は9月に発売したものの数量限定生産で、在庫限りになっている。

そこで、ローソンで10月31日から販売されている『安納芋まん』と比較してみた。

(右:ミニストップ・焼き芋まん、左:ローソン・安納芋まん)

ローソン『安納芋まん』(140円・税込み)は直径8センチで、一般的な中華まんよりも少し小ぶりだ。

大きさを比べてみると、ローソンが一回り大きいが、値段も20円ほど高いため、金額相応だろう。

(ローソン・安納芋まん)

中に入っている餡には、長期熟成した種子島産安納芋のペーストとダイスを使っている。食べてみると、ねっとりとして餡の色が濃く、風味がしっかり味わえる。

また、甘さは控えめで、芋本来のやさしい甘さを感じる。同じサツマイモの餡だが、味の印象が違うので、食べ比べてみるのもおもしろそう。

どちらも、食後に甘いものを軽く食べたいときに、しっかり応えてくれそうなスイーツだ。

あまりの辛さに悶絶! ペヤング新商品「激辛MAXやきそば」が挑戦しすぎ

        

カップ焼きそばの王道「ペヤング」のぶっ飛んだ新商品が、6日からファミリーマート、サークルKサンクスにて数量限定で先行発売されている。

その名も『ペヤング もっともっと激辛MAXやきそば』(税込198円)。従来の『ペヤング 激辛やきそば』の2倍以上の辛さだという。

ペヤングは過去に「背脂MAX」や「わかめMAX」など、いろいろなものをMAXにしてきているが、とうとう辛さもMAXにしてしまうとは…。

怖いもの見たさで、さっそくしらべぇ取材班もチャレンジしてみることに。

 

■辛さしか伝わってこないパッケージ

赤と黒のパッケージが、いかにも辛さを主張してくる。真ん中には辛さで叫ぶ男性の顔が…つらそうだ。

下には「辛味が大変強いので、小さなお子様や辛味が苦手な方の喫食には十分ご注意ください。」注意書きがしっかり。

中には普通のペヤングと同じく、かやくとソースが入っているが、ソースには「激辛ソース」の文字。赤いパッケージが「これは辛いぞ!」と主張してくる。

ソースを開けてみると、普通のソースと違い、ラー油のようなオレンジ色の液体が浮かぶ。

この油のような部分が辛さのポイントだろうか。

 

■辛いというより、もはや痛い!

全ての工程を終え、完成したものがこちら。

パッケージのように、赤々とした焼きそばになるのかと思いきや、見た目や香りは特に変わったところがなく、ノーマルなペヤングとほぼ同じ。見るからに、美味しそうな焼きそばだ。

「辛さ2倍とはいえ…いやいやこれは楽勝だろ」とがっつり一口。

「うわ、辛っ!」

口に入れた瞬間から辛い、いや痛い。一応焼きそばの風味もあるが、正直辛すぎて味わうことなんてできない…。

食べ進めるにつれてどんどん辛くなるため、中途半端な覚悟だと完食できないだろう。

 

■「辛さMAX」のレベルがマジでMAX

せっかくなので、編集部で一番の「体当たり」担当・ふふふふ記者にも食べてもらった。

「辛っ! めっちゃ辛い。舌の上に乗った瞬間に刺激が来る。味というより辛さが最初にきて、その後に焼きそばの味が。これはかなりキツイ…」

さすが「辛さMAX」。振り切ったことは賞賛したいが、ここまで辛いとなかなか手を出しづらいレベルだ…。

ちなみに今回の先行発売で買えなくても、12月4日からは一般発売される。激辛マニアの人は、この辛さに挑戦してみてほしい!

衝撃のサイズ感も…ファミマの変わり種おにぎり2種を実食レビュー

コンビニ業界といえばプライベートブランドを含め、毎週のように新商品が店頭に並ぶ。そのため、「今日はどんな商品があるのかな?」と、楽しみにしている人もいるだろう。

だが、中には「何だこれ!?」「これは…美味しいのだろうか?」と、買うのをためらってしまった商品もあるはず。

そこで今回は、コンビニ大手のファミリーマートに着目し、しらべぇ取材班が独自の判断で珍商品と感じたものを紹介したい。

 

■デカッ! 『海苔弁風おむすび』

おにぎりオーナーに陳列された商品の中で、特に異彩を放っていた『海苔弁風おむすび』(税込248円)。

海苔弁を構成する代表格である、「白身魚のフライ」「ちくわの磯辺揚げ」「おかか」をひとつのおにぎりに詰め込んだというこの商品。

通常サイズのおにぎりと比べてみると、その大きさと規格外のフォルムに「何だよ、これ…」と笑ってしまう。

しかし、味はウスターソースがしっかりと染み込んだ濃い目の白身魚のフライに、タルタルソースの程よい酸味がまさしくあの海苔弁。

また、おにぎりからはみ出すサイズのちくわの磯辺揚げや、おにぎりの中に入っているおかかが、無駄に贅沢な気分にさせてくれる。

おにぎり2個分くらいの満足感もあるが、なんなら『海苔弁風おむすび』をおかずに、塩むすびあたりを攻めたくなるのは記者だけではないはず。

 

■『燻製沢庵とクリームチーズ』は大人の味

燻製沢庵にクリームチーズを和えた、やや変化球な具材のおにぎり『燻製沢庵とクリームチーズ』(税込み120円)。

酒の肴としては、割とよくある組み合わせで美味しそうなのだが、ごはんと合うか? が少し心配だ。

早速、中を割って見てみると、燻製沢庵と思しき茶色い塊とクリームチーズ。

そして味は、沢庵の食感と燻製のスモーキーな香り、クリームチーズの風味が…思った以上に、ごはんに合う!

沢庵の塩気がチーズのまろやかさで緩和されるため、「おにぎりの具としては、ちょっと薄味かなあ」という気がしなくもないが、濃い味が苦手だという人にはちょうどいいのかも。

 

今回レビューしたような「定番」とは一線を画す商品は、油断するといつの間にか他の商品と入れ替わっていることもある。気になった人は、早めにチェックしてみては。

衝撃のサイズ感も…ファミマの変わり種おにぎり2種を実食レビュー

コンビニ業界といえばプライベートブランドを含め、毎週のように新商品が店頭に並ぶ。そのため、「今日はどんな商品があるのかな?」と、楽しみにしている人もいるだろう。

だが、中には「何だこれ!?」「これは…美味しいのだろうか?」と、買うのをためらってしまった商品もあるはず。

そこで今回は、コンビニ大手のファミリーマートに着目し、しらべぇ取材班が独自の判断で珍商品と感じたものを紹介したい。

 

■デカッ! 『海苔弁風おむすび』

おにぎりオーナーに陳列された商品の中で、特に異彩を放っていた『海苔弁風おむすび』(税込248円)。

海苔弁を構成する代表格である、「白身魚のフライ」「ちくわの磯辺揚げ」「おかか」をひとつのおにぎりに詰め込んだというこの商品。

通常サイズのおにぎりと比べてみると、その大きさと規格外のフォルムに「何だよ、これ…」と笑ってしまう。

しかし、味はウスターソースがしっかりと染み込んだ濃い目の白身魚のフライに、タルタルソースの程よい酸味がまさしくあの海苔弁。

また、おにぎりからはみ出すサイズのちくわの磯辺揚げや、おにぎりの中に入っているおかかが、無駄に贅沢な気分にさせてくれる。

おにぎり2個分くらいの満足感もあるが、なんなら『海苔弁風おむすび』をおかずに、塩むすびあたりを攻めたくなるのは記者だけではないはず。

 

■『燻製沢庵とクリームチーズ』は大人の味

燻製沢庵にクリームチーズを和えた、やや変化球な具材のおにぎり『燻製沢庵とクリームチーズ』(税込み120円)。

酒の肴としては、割とよくある組み合わせで美味しそうなのだが、ごはんと合うか? が少し心配だ。

早速、中を割って見てみると、燻製沢庵と思しき茶色い塊とクリームチーズ。

そして味は、沢庵の食感と燻製のスモーキーな香り、クリームチーズの風味が…思った以上に、ごはんに合う!

沢庵の塩気がチーズのまろやかさで緩和されるため、「おにぎりの具としては、ちょっと薄味かなあ」という気がしなくもないが、濃い味が苦手だという人にはちょうどいいのかも。

 

今回レビューしたような「定番」とは一線を画す商品は、油断するといつの間にか他の商品と入れ替わっていることもある。気になった人は、早めにチェックしてみては。

「からあげクン 焦がしネギ味噌味」登場! ネギの風味がそそる味わい

7日、ローソンの人気ホットスナック「からあげクン」シリーズから、「焦がしネギ味噌味」(216円・税込)が数量限定で販売を開始した。

これまでにも「焦がしラー油味」や「すだちぽん酢味」「のりしお味」ほか、さまざまな味が発売されているが、今回の「焦がしネギ味噌味」もかなり美味しそう。

しらべぇ取材班も、早速ゲットしてきた。

 

■産地にこだわったネギを使用

パッケージにはマスコットキャラクターである「レギュラーくん」が、頭に焦がしネギ味噌を乗せ、ネギを手にしている姿が。

裏側には「やわらかで甘みのある伝統的な野菜、京都府産の九条ネギを使用し香ばしい焦がした味噌の風味と合わせました」と記載されており、「香り豊か! 京都府産九条ネギを使用」とアピール。

ちなみに公式Webサイトをチェックすると気になるカロリーは235kcal、レギュラー味の222kcalよりちょっとだけ多め。

 

■ネギ好きにはたまらない

ふたを開けると、まずは九条ネギの香りが食欲をそそる。これは期待できそう。

見た目は定番のレギュラー味より、少し濃い目の印象。焦がしネギ味噌の色が、この色の濃さに表れているのか…。

そして、いよいよ実食!

まず、ネギのインパクトがあり、からあげクンのジューシーな味わいに、アクセントを加えている。続いて、焦がしネギ味噌としての風味が、噛みしめるごとに立ち上ってくるのが印象的。

色の濃さのわりには、強い味ではないので「パンチが足りない?」と、物足りなさを感じる人もいるかもしれない。

一方で、薬味や香味野菜としてネギが好きな人には、かなりグッとくるフレーバーだろう。

ネット上でチェックすると、すでに「めちゃウマ」とコメントする人や、リピート買いを決意している人もいるもよう。

数量限定なので、気になった人は早めのチェックがオススメだ。

「ホットスナックが美味しいと思うコンビニ」ランキング 1位は半数近くが支持の…

(ファミチキ)

小腹が空いたときや、おつまみが欲しいときにコンビニでホットスナックを買う人は多いだろう。コンビニ各店でさまざまなホットスナックが売られているが、世間の人たちはどのコンビニの好きなのだろうか。

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,354名に「ホットスナックが美味しいと思うコンビニ」について調査を実施した。以下、トップ3をランキング形式で紹介しよう。

 

■第3位:ファミリーマート(29.7%)

サクサクした衣で、かぶりついたときの肉汁が人気の『ファミチキ』を代表に、さまざまなホットスナックを揃えているファミリーマートが3位にランクイン。

30代男性では4割近くが支持し、女性では40代を除いてすべての世代が3割を超える結果となった。

 

■第2位:ローソン(32.2%)

代表ホットスナックである『からあげクン』といえば、定番の「レギュラー」をはじめとして、期間限定味など豊富な種類を販売している。最近では焼き鳥にも力を入れており、その影響もあって3ポイントほどではあるが、ファミマを凌いで2位に。

男性では3割前後の支持だが、女性の場合では3、40代が4割近くから愛されているようだ。

 

■第1位:セブンイレブン(47.9%)

1位は半数近くが支持するセブンイレブン。ファミリーマートの『ファミチキ』やローソンの『からあげクン』などに比べれば看板商品のイメージはないが、パリッとした食感とジューシーな味の『揚げ鶏』や、定番人気の『スペシャルビッグフランク』など、惣菜としても人気なホットスナックが魅力だ。

全年代で4〜5割から愛されるなど、圧倒的な支持を得る結果に。

コンビニ各店で個性が出ているホットスナック。その日の気分と目的に合わせて買う店を選びたいものだ。

ダイエット中なのに…コンビニスイーツは「トラップだけど、オアシス」

((C)AC)

クリームやフルーツをあしらったプリンや、秋らしさを感じるモンブラン。フワッとしたロールケーキ…。

コンビニには1つからでも買いやすいスイーツが、深夜でもあれこれ並んでいて、つい手が伸びてしまうことも。

しらべぇ編集部では、全国の20~60代の男女1,349名を対象に「コンビニスイーツが好き」か、意識調査を実施した。

■高年収が意外にも…

全体では「大好き」22.0%と「まあまあ好き」52.0%で「コンビニスイーツが好きな人」はかなり多数の74.0%、「あまり好きではない」19.8%と「嫌い」6.2%で「好きではない人」が26.0%となった。

男女別に見ると、

「大好き」「まあまあ好き」と回答した「コンビニスイーツが好きな人」の割合は、男性が69.0%に対し、女性は79.0%と10ポイントも女性の方が高め。

性別・年代別で見てみると、

20代~40代女性は8割を超える高水準。

男性も60代男性を除くと、60%台後半から80%弱という割合で、比較的高めとなっている。

ちなみに、年収別では「1,000万円以上」が81.1%と最も高く、「大好き」も最多の29.7%。これまでの調査でも高年収者は節約意識やコスパ意識が高く、数百円のコンビニスイーツは、高年収の人が満足できる「コスパ最高!」なスイーツなのかも。

 

■ダイエット中には最大のトラップ

実際に「コンビニスイーツが大好き」という人に、話を聞いた。

「帰宅が遅くなってコンビニへ寄った時に、『こんな時間だから食べないけど、見るだけ』って思っているのに、なんか買っちゃうんですよ。軽くサンドイッチと野菜ジュースだけって思ったのに、クリームたっぷりのプリンとか。

 

買ってしまった…と思うタイミングには、『いやいや、これは明日の朝のおめざ』と考えるんですよ。でも、疲れた体で『今日も1日がんばったし』って思うと、つい夜のうちにフタを開けちゃう。(笑)

 

深夜のコンビニスイーツって、ダイエットの大敵というか、すごいトラップだと思うんですけど、心身の疲れは癒されますよねぇ。トラップなんだけど、疲れきった心と体には、オアシスでもあるという…」(20代・女性)

 

「ケーキ屋さんで1つだけ買うのは勇気がいるし、男性はやっぱりお店に入るのも、ちょっと気恥ずかしい。でもコンビニだったら、気にせず『ついで買い』できるじゃないですか。

 

スイーツ男子は増えたけど、なんだかんだ一番スイーツを買いやすいのはコンビニだし、新しいものが次々と出るので、あれこれチェックして楽しんでいます」(30代・男性)

 

手軽にいつでもスイーツ補給できるのが、コンビニスイーツの魅力。ダイエットは気になるけど、たまには誘惑に負けてもいいのかも…。

・合わせて読みたい→コンビニおにぎりは好き? 定番もいいけど変わった具材が楽しみの声

(取材・文/しらべぇ編集部・チーム・ぺる

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,349名(有効回答数)