サワコの朝

作詞家・松本隆、『サワコの朝』で音楽業界に「分業を考えたほうがいい」と指摘

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

18日に放送された、『サワコの朝』(MBS/TBS系)に作詞家・松本隆が出演。

松本は『赤いスイートピー』や『ルビーの指環』など、数々の名曲を世の中に送り出した功績が讃えられ、3日に紫綬褒章を受賞した。そんな名作詞家が現代の音楽に物申した。

 

■これからの作詞家は?

音楽業界で47年間、作詞に携わり日本の音楽シーンを牽引してきた松本に阿川が「これから作詞家を目指す人は何をしたらいい」のか質問すると…

「ずっとシンガーソングライターの時代が続いちゃったからね。今までは、みんな自分で書いてるからやめたほうがいいと言っていた。

 

でも、冷静に考えるとシンガーソングライターでいい歌詞を書いてる人は10人くらいしかいない。それ以外の人は埋めているだけ。それだと、この先もたないと思う。また、分業を考えたほうがいいと思う」

 

と、作詞、作曲、歌う人の分業化が今後の音楽にも必要なようだ。さらに「それくらいしか、音楽に残された救済手段がない」と苦言を呈した。

 

■大人向けの音楽を

世の中の移り変わりとともにダウンロード配信などがメインになり、CDが売れないなどの問題が音楽業界でも叫ばれるようなってきた。そんな世の中に松本は…

「今の音楽は若者向け。昔はピラミッドがあって、高齢者が少なくて若者が多かったけど、今は逆三角形になっている。

 

それなのに三角形の小さい部分をターゲットにしてるから売れない。一番大きいところをターゲットにしなければ意味がない。僕らの世代はお金を持ってるわけですよ、CDの一枚くらいすぐに買う」

 

と、語った。CDを買わないのは面白くないから買わないのであって、狙うターゲットを変えれば売れるチャンスは多くあるようだ。

 

■ネット民も納得

ネットでは松本の意見に納得する声が目立っている。

サワコの朝、松本隆先生を見て思った。これからは作詞家が、言葉が求められる時代だと思う。言葉への愛、こだわり、繊細さを大切に、日常的なものに命を与えられるよう、心を燃やして生きたい。

— ハガハナエ (@36hanae69) November 18, 2017

「逆三角形の、上の部分、ぼくらの世代の娯楽になるようなものをつくんないと」サワコの朝の松本隆さん。年齢を重ねて初めて見える景色や色もある。還暦過ぎるのが楽しみになってきた。

— おとじ (@otozie) November 18, 2017

#サワコの朝 松本隆もっと大人が楽しめる音楽を作ったら売れる。年寄りが多い世の中だしお金持ってるし。今はティーン向けの音楽ばかりだから。(確かに)作詞作曲する人で歌詞がいい人は数えるほどしかいない。それ以外の人は埋めてるだけだからそれじゃ保たない。分業を考えた方がいいよ(なるほど)

— キャトリーヌ (@chanchanagunes) November 18, 2017

 

■歌詞は気にする?

そこでしらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「音楽を聴くのに歌詞の意味はあまり興味がない」と思うかどうかの調査を実施。

全体で見ると、歌詞の意味に興味がないことに「自分もそうだ」や「共感する」と答えた人は少ない。

しかし「理解はできる」と答えた人は39.5%もおり、歌詞の意味を重視しない人の気持ちを尊重する傾向もあるようだ。

最近では、ポップでリズミカルな曲が流行し、歌詞を気にしない若者も増えている。しかし、しっとりしたメロディで歌詞を楽しむフォークのような曲を作ることで音楽業界もさらに成長発展できるかもしれない。

『サワコの朝』林修先生が出演 過去の苦い経験を告白も「人生は今でしょ!」と熱弁

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

11日に放送された、トークバラエティー番組『サワコの朝』(TBS系)に人気予備校講師・林修氏が出演。名言が飛び出し、ネットで話題になっている。

 

■過去には多額の借金…

2013年に「いつやるか今でしょ!」や「誰がやるか君だよ!」という東進ハイスクールのCMで注目を集め、テレビで引っ張りだこの林修氏。今では順風満帆だが、40歳まで多額の借金があったという。

そんな過去について林氏は…

「東大を卒業して銀行に就職したが、バブルのど真ん中でみんなが浮かれてて、これは潰れるなと思った。銀行を退職して色々な事業に挑戦したけどひどい目にあった。そこで借金を抱えて、返済には40歳くらいまでかかった」

 

と、日本中が儲けていたバブル期に多額の借金を抱えたエピソードを語った。

 

■過去の色を染めるのは今

『サワコの朝』では、ゲストの心にきらめく曲を流している。林氏が選んだのは、大嫌いだったと語るイーグルスの名曲『Hotel California』。林氏が語った選曲の理由は…

「学生の頃に暮らしていた寮で同じ部屋だった人が、かっこいいミュージシャンで夜中の1時にギターを弾いてた。それが頭にきて、この曲が大嫌いだった。だけど、この間、街でたまたま聴こえてきたときに悪い思い出はなかった。

 

過去を今の色に染める今は順調で、過去もその色に染まる。もし、今も借金を抱えていたら悪い思い出の曲だったかもしれない。なので、結局人生は『今でしょ!』だなと感じる」

 

と、秘められたエピソードを語った。

 

■ネット民は林先生を称賛

ネットでは「名言だ」など林氏を称賛する声が目立っている

過去の思い出は、今の色に染まる。by林修

どんな苦い思い出も、現在の心の在り方で、良きものに見えてくる。

まさに、「今」でしょ。

— グレコ (@gulecomi) November 10, 2017

林修「人は過去を今の色に染める」これはまた名言だな#サワコの朝

— まだ弱いオッサン:みんなでひとつ (@ossan_wug) November 10, 2017

林修さんがいい事言ってらした。過去は今の色に染められる、だって。大嫌いだった歌が今は心に響く事もある。♪いつか本当に笑いながら話せる日が来るから♪に通じるね。 #サワコの朝

— 冬萌来福 (ふゆもえ) (@fuyumoekita29) November 10, 2017

 

■タイムマシンで行くなら?

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,334名に「タイムマシンについて」の調査を実施。

「タイムマシンで行ってみたいのは、未来よりも過去だ」と答えたのは51.7%だった。未来と過去、人々の興味は真っ二つに分かれている。

年代別では、あまり変化は見られない。

過去に戻って人生をやり直したいと考える人もいるだろう。しかし、いちばん大事なのは人生をどんな色にできるかであり、いちばん大切なのは未来でも過去でもなく「今」なのかもしれない。

博多華丸・大吉が『サワコの朝』でブレイク秘話を告白 「大阪の師匠に助けてもらった」

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

28日に放送された、トークバラエティ番組『サワコの朝』(MBS/TBS系)に漫才コンビ・博多華丸・大吉が出演。漫才界の師匠たちに助けられたエピソードを告白し、話題になっている。

 

■師匠たちの前座で勉強

福岡吉本の一期生である博多華丸・大吉は、先輩や師匠もおらず、指導者には恵まれなかった。

ところが、仕事には恵まれ、大阪吉本の師匠と呼ばれる人たちが出演するイベントの前座によく呼ばれており、その頃のエピソードを大吉が語った。

「たぶんですけど、福岡吉本の一期生なんで、何かと理由をつけて呼ばれる。その仕事が大阪の師匠たちが出演するイベントの前座。そのときに師匠たちの漫才を舞台袖で見せてもらっていた。中でも、一番影響を受けたのは大木こだま・ひびき師匠」

 

舞台袖で大物漫才師のパフォーマンスを間近で見ることで、漫才の腕を伸ばすことができたようだ。さらに、オール巨人師匠にはフラフラする立ち姿を指摘され、テレビでは言えないフラフラしない立ち方のコツを特別に伝授されたという。

 

■師匠の助けもあり大成功

コンビで活躍する博多華丸・大吉だが、先にブレイクしたのは児玉清や川平慈英のモノマネを習得した華丸だった。

ところが、それまでコンビで作り上げたものが大きかったのか、大阪の師匠に助けてもらったようだ。大吉が語る師匠の助けとは…

「児玉清のモノマネで華丸がブレイクしたときも師匠たちがコンビで売ってやってくれとお願いしてくれて、僕もテレビに出してもらった。座ってるだけだったが、そのおかげで、テレビでも緊張しなくなった」

 

大吉は「アタックチャンス!」とモノマネをする華丸の指を指すだけだったが、それが仕事にプラスになったようだ。

檀ふみが「作家の父に抱いていた恐怖」を告白 阿川佐和子、ネット民も同情

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

14日に放送された、人気トーク番組『サワコの朝』(MBS/TBS系)の放送300回を記念して、阿川佐和子の親友、女優・檀ふみが出演。

『火宅の人』などの著作を持つ、有名作家の父・檀一雄に激怒されたエピソードを語った。

 

■父はいつ怒り出すかわからない…

阿川は、檀の父である一雄の著作からのイメージで、「家を放り捨てて、家族を悲しませて恋人と遊んでいた」という印象を持っていたと話した。

この話を聞いた、檀は…

「父はいつも家にいた、家でご飯を食べるのが大好きな人だから。私が小学校4年生くらいのときには恋人ともほとんど別れていたので、家が中心。ただ、父はどこに逆鱗を秘めているのかわからない。突如として怒り出すのでいつも怯えていた。

 

一番恐ろしかったのは、小学校3年生の頃、髪を伸ばしていたが、あるとき、母に切りなさいと言われて腹がたった。それで、屋根裏に隠れてハンストをした。そしたら、父が激怒して髪の毛を引っぱって引きずられた。必死で暴れて、家の外まで逃げた。それ以来、髪の毛を気にしなくなった」

 

と、涙ながらに激怒されたエピソードを語った。

 

■ネット民は同情

ネットでは、「トラウマになるよね」といった同情する声が目立っている。

さっきサワコの朝見ていて、すごく辛かったわ。檀ふみさんはサラッと言ってたけど、虐待だよね。子供の髪持って引きずるって。髪の毛引っ張られるのってすごく痛いし、心的ダメージも大きいから、トラウマになるよね。それからはヘアスタイルには無頓着になったって。。。

— may (@maymgg) October 13, 2017

阿川佐和子と檀ふみの少女時代が可哀想すぎる。偉大な作家の父をもつと父との摩擦で,娘は苦労するんだなあ。ある意味DVなのかもしれないけど,親から子への価値観の伝承というのは,ぶつかり合いが必要だと思う。躾と虐待は,紙一重。

— 宇宙精 (@soranosei) October 13, 2017

お二人の作家である面倒なお父さん方…と言っても他の作家さんはちょっと違うらしい(´`;) #サワコの朝

— 久木元浩人 (@coga76) October 13, 2017

 

■親から殴られたことある?

しらべぇ編集部では、「親から殴られたことがある」かどうかの調査を実施。あると答えたのは、全体では36.3%であった。

一番多いのは、40代男性で6割近くの人が親に手を挙げられた経験をしている。

「昔は、親が殴るのは当たり前だった」との意見があるが、60代以上は男女ともに少ない割合。今回の結果から見ると、70〜80年代にかけて広がった文化だといえる。

しつけのために殴る場面もあるだろうが、当たり前のように殴っているとトラウマになったり、虐待と勘違いされてしまうので気をつけたほうがいいかもしれない。

・合わせて読みたい→暴力は連鎖する?親から殴られるといじめっ子になる可能性が…

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年9月23日~2016年9月26日対象:全国20代~60代の男女1,365名 (有効回答数)

五木ひろしの「家族思いぶり」が深い 『サワコの朝』で阿川佐和子も思わず涙

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

16日に放送された『サワコの朝』(MBS/TBS系)に人気演歌歌手・五木ひろしが出演。家族に対する思いを赤裸々に告白し、話題を呼んでいる。

 

■母の姿を見たから今の自分がある

母親のために家を建てたり、『ザ・ベストテン』(TBS系)を実家から中継するほど母親思いな五木。それには、子供の頃のエピソードが影響しているようだ。

阿川が「小さい頃にお母様が1人で子供4人を育てた。だから同じような家庭にはしたくなかった?」と、尋ねると五木は思いを告白。

「そんな両親の姿を見てそれが励みになり、自分がそういう立場になったときには子供たちにはそんな姿は見せたくないし、同じ思いをさせたくない。

 

過去の気持ちが今の自分の人生に繋がっていて、それがなかったら今の自分はない。子供が3人いるけどお父さん誇りに思ってますとかメッセージをもらうのが一番嬉しい」

 

この思いに、阿川も涙を浮かべた。五木は自分のためでなく、育ててくれた母や支えてくれる家族のために歌を頑張り続けるようだ。

 

■ネット民も感動

ネットでは、「五木ひろしの生き様に感動」など感動の声が目立つ。

本日のサワコの朝に出演した、五木ひろしさんの今までの生き様の話に感動しました。長く歌手生活を続けて居られる理由がよく分かりました。これからも国民の心に残る人として、歌手生活を元気で続けて下さい。

— 香風 (@EPqXtvnGOx32l1x) September 16, 2017

サワコの朝 はじめてみた。話す五木ひろしさんの涙、きくサワコさんも涙。みている私も涙。テレビは こんな番組が良い

— よし (@yoshitti10) September 15, 2017

五木ひろし、普通の人で素晴らしい。家族をホントに大事にしてることが伝わった。 #さわこの朝

— shira (@poorpapas) September 15, 2017

 

■親を尊敬してる?

しらべぇ編集部では以前、「親を尊敬してるか」の調査を実施。全体の49.5%で、年代があがるとともに該当率も上昇する結果に。

五木は母親を思う気持ちから人生観を生み出したからこそ、自身も子供に尊敬される親になれたのかもしれない。そんな、五木には今後も人生を歌った曲を日本中に届けてもらいたい。

・合わせて読みたい→佐藤二朗が誕生日の父親に感謝のメール やり取りが微笑ましい

(文/しらべぇ編集部・嘉手川裕太

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年4月21日~2017年4月24日対象:全国20~60代の男女1336名(有効回答数)

若返り求めない? 『サワコの朝』でIKKOが語った「50代からの美しさ」とは

(画像はYouTubeのスクリーンショット)

2日に放送された『サワコの朝』(MBS/TBS系)のゲストに「どんだけ~!」のフレーズで一世を風靡した、美容家・IKKOが出演。そこで語られた、これからの美との向き合い方が話題だ。

 

■若返りは必要ない?

美容家、タレントして、ストイックに全力で仕事をこなすIKKO。今後の目標を阿川佐和子に聞かれると…

「50代以降の人がその人なりに思っている美しさになれるか勉強したい。50代なら50代の美しさあるし60代なら60代の美しさがある。

 

若返りは必要ない思う、私は変に若返りをすることは、違う気がする。メイクが美しいとかじゃなくて輝いてることが年齢と共に重要で私も50過ぎて色々あるけど、喪失感に負けたくない」

 

■外見美人は増えているが…

現代では、年齢より驚くほど若く見える「美魔女」と呼ばれる人達が増えている。「キレイすぎる」と度々話題になるが、一方では「痛いおばさん」だと言われることも。

美を追求し、キレイを保つ努力は素晴らしいが、大切なのは「外見美」だけでは無く「内面美」を磨くことかもしれない。

美魔女ブームもあり今後は、外見的な美しさに限らず、内面が輝く50代60代を増やし「内面美」引き立てたいと思いが込められていそうだ。