ジミーキンメル

米司会者、ヘルスケア法案についてビル・カシディ上院議員が「面と向かってうそをついた」と非難

Filed under: , , , , ,

米司会者ジミー・キンメルが、ルイジアナ州選出のビル・カシディ上院議員を公然と非難している。同議員が共和党のヘルスケア法案に対する自身の意向について、面と向かってうそをついたというのだ。 カシディ議員は今年、キンメルの番組に出演した。キンメルが、生まれたばかりの息子は生命に関わる心疾患を抱えていると明かして間もない頃だ。同議員はインタビューで、今後のヘルスケア計画は彼の言うところの「ジミー・キンメル・テスト」をパスしなければならないと話した。子どもに特定の保護を保証するということだ。 そして、キンメルは、9月19日の番組で、カシディ議員は自分で約束した要件を守らなかったと非難した。 「彼はその際、ヘルスケア法案に対する要求を非常に明確に挙げていました。こう言ったのです。先天性疾患、中流家庭の安い掛け金、生涯上限で区別することなく、全ての場合で適用されるようにしたいと。どうなったと思いますか? 新しい法案では、どれも適用されないのです」 「(カシディ議員は)面と向かって私にうそをつきました」とキンメルは続けている。「この法案は確かにジミー・キンメル・テストにパスしますが、それは別物のジミー・キンメル・テストです。つまり、先天性疾患を抱えた子どもが必要なケアを受けられるのは、父親がジミー・キンメルである場合のみなのです。そうでなければ大変なことになるかもしれませんよ」 キンメルの息子ビリー君は4月に生後3日で開心術を受け、キンメルは番組でそのことを明かしていた。キンメルはその後、連邦政府負担のヘルスケアを廃止しないよう政府に訴えた。 「新たなジミー・キンメル・テストが出来ました。うそ発見テストです」とキンメルは述べ、カシディ議員に対し、「歓迎しますので、いつでもスタジオに寄ってください」と呼びかけて話を締めくくっている。 さらに、キンメルはTwitterでフォロワーに対し、反対の声を上げようとツイート。この訴えは大きな反響を呼び、すでに9万件以上もリツイートされている。

If you too are disappointed in Sen @BillCassidy#GrahamCassidy let them know it - call (202) 224-3121 pic.twitter.com/eswlh6BaoV

- Jimmy Kimmel (@jimmykimmel) 2017年9月20日 「自分もビル・カシディ上院議員に失望したという方は、その声を彼らに伝えよう。(202) 224-3121(上院の代表電話番号)に電話を」 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

初代バットマンを演じたマイケル・キートン、目の前で「スパイダーマンが好き」と言った司会者の首を絞めるww【映像】

Filed under: , , , , , , , ,

ご存じのとおり、新作『スパイダーマン:ホームカミング』でマイケル・キートンが悪役を演じているが、まさかキートンがバットマンがだったとお忘れではあるまい。演じた本人はもちろん忘れるはずがない。 https://www.youtube.com/watch?v=eK-OSTfpdMA 人気トーク番組『ジミー・キンメル・ライブ』に出演したキートンが、この新作『スパイダーマン』シリーズについて話しをしているところへ、司会のキンメルが口を挟んだところ、言ってはいけないことを口走ってしまったのだ。 キンメル: スパイダーマンは好きだなぁ。もうコミックの主人公の中ではダントツだね。 キートン: 何だって!? キンメル: スパイダーマンさ。ありゃ変わってるから。 (キートンがデスクに座ったキンメルの首を絞める真似をする) キンメル: (笑いながら)あぁそうか! 忘れてた、あの映画で悪役だったっけ。共演者は・・・ キートン: そうじゃなくて、俺はバットマンだぞ。何を血迷ったことをぬかしてんだお前は! 場内の観客からは大歓声が上がる。DCコミックスのバットマンはマーベルのスパイダーマンの悪役より愛着の強いキャラクターだということだろうか。 その後キンメルは『バットマン:ホームカミング』での共演者であるトム・ホランドとロバート・ダウニー・Jr.に話を戻そうとするが、キートンはどうもバットマンの話がしたかったようだ。撮影現場ではトム・ホランドとよくバットマンの話題になったという。「言っとくよ、トムは若いのによくできたヤツだ」 ベン・アフレックもキンメルのバットマンへの愛着のなさについて首を絞めに番組に出て来るべきだろう。(もしかすると、キンメルは『バットマンvsスーパーマン ジャスティスの誕生』の出演シーンをカットされたことを根に持っているのかも知れない) 忘れたなどという方はいらっしゃらないだろうが、念のために記しておくと、キートンは1989年、映画シリーズ第1作目となるティム・バートン監督の作『バットマン』で主役を務め、続く1992年同監督の『バットマン・リターンズ』にも再登場している。 『スパイダーマン:ホームカミング』は、日本では8月11日から公開だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink