(©下村一喜)

「国民的美少女」のキャッチコピーで一斉を風靡し、元F−1ドライバーのジャン・アレジ氏とフランス、スイスを拠点に生活している後藤久美子。

2人の長女であるエレナ・アレジ・後藤さん(20)が、この秋にロンドンの映画学校を卒業し、日本で芸能界デビューすることがわかった。

 

■10月からオスカーに所属

オスカープロモーションの発表によれば、エレナさんは、母と同じくオスカーに10月1日より所属する。英語・日本語・仏語など、6ヶ国語が堪能な国際派美少女だ。

映画制作についても学び、将来は映画監督になりたいという夢もあるという。

 

■母・後藤久美子とツーショットで雑誌に

エレナさんのメディア初登場は、母であるゴクミとの競演。ゴージャスなドレス姿で、28日発売のラグジュアリーマガジン『Richesse(リシェス)』(ハースト婦人画報社)の表紙を飾り、全6ページの特別インタビューに答えている。

エレナさんは、母に対して、

「母から受け継ぎたいものがあるとしたら、それは家族へ捧げる愛。いつか私も母になる 日が来たら、彼女のようになりたいと思う。ずっとずっと憧れです」

 

と思いを語り、母から娘へは、

「(私とは)別の人生をエンジョイしてほしいな、と思う。私とは性格的にまったく違うけれど、 だから面白い。彼女の人生を見ることで、もしかしたら歩めたかもしれない別の人生に触れられるようで、それも面白いのです」

 

と将来への期待を覗かせている。

 

■ネットではゴクミの美貌に驚愕

ネットでは、2人の美しさに驚くとともに、40歳を過ぎてもまだ輝き続ける母・久美子の美貌に称賛の声が目立つ。

 

「後藤久美子、美しく年を重ねてるよね…すごいきれい」

 

「後藤久美子が変わってなさ過ぎて怖い」

 

「娘さん綺麗だけどお母さんのほうがやっぱり綺麗」

 

「ゴクミ変わらないねぇ。本当に美人。娘さんも美人さんね」

 

 

母譲りの美貌と国際感覚を武器に、エレナさんの今後の活躍が楽しみだ。

・あわせて読みたい→国民的美少女によるアイドルユニット『X21』 リーダー吉本実憂が卒業ライブ

(文/しらべぇ編集部・タカハシマコト