ジャーナリスト

隠しカメラで歌舞伎町に潜入 丸山ゴンザレスがジャーナリストを名乗るまで

出版社に入るまで、私の文章キャリアというのは、プロ作家のような存在とは一線を画していた。端的に言えば特別な文章の才能なんてもっていなかった。

まあ、このあたりはジャーナリスト志望の人でも同じことを考えているかもしれない。それに、もし文章の才能があったら悩むことなく、とっくに自分の道を進んでいることだろうから。

 

■自分の土台となる力を醸成

私の場合、少しだけアドバンテージがあるとしたら、大学院で考古学の論文は書くから執筆経験がまったくないというわけではなかった程度だろう。

ただし書くには書いていたが、わかりやすくとか、エンタテイメント性があるとか、読者を意識するとかいったプロ作家ならば当たり前のこともできていなかったし、そのスキルはもちろん考えもしなかった。

そんな私がいったいどのようにしてジャーナリストというよりも編集者としてのベースを少しずつ作り始めていったのか。それは、少々イレギュラーなところがあるので、説明を必要とするかもしれない。

とくに普通じゃないかもしれない道筋だったからこそ、それが結果としてジャーナリストとしての土台であり、力になっていったように思う。では、いったいどんなことをしたのか、ここから始めてみたいと思う。

 

■仮免編集者時代に受けた薫陶にイライラ(笑)

編集者として働いていた当時、勤務していた出版社で別の班の副編集長に言われたのが、 「転職している時点で、新卒で本作っている奴には負けてるんだから、普通の努力で数年のキャリアの差は埋まらないよ」 という、胸に刺さる言葉だった。

さすがキャリアのある人は違いますね~などと、感動したり、感銘をうけたかって? まさか!? むしろ、逆。正直、イラっとした。 まあ、若かったんだろうなと今では思う。

とはいえ、副編集長の言うことももっともな側面はある。編集という仕事は経験がものをいうのは事実だからだ。そんな当たり前のことに突っかかるあたり、今から当時の自分を振り返ると、何も知らなかったと思うからだ。

隠しカメラで歌舞伎町に潜入 丸山ゴンザレスがジャーナリストを名乗るまで

出版社に入るまで、私の文章キャリアというのは、プロ作家のような存在とは一線を画していた。端的に言えば特別な文章の才能なんてもっていなかった。

まあ、このあたりはジャーナリスト志望の人でも同じことを考えているかもしれない。それに、もし文章の才能があったら悩むことなく、とっくに自分の道を進んでいることだろうから。

 

■自分の土台となる力を醸成

私の場合、少しだけアドバンテージがあるとしたら、大学院で考古学の論文は書くから執筆経験がまったくないというわけではなかった程度だろう。

ただし書くには書いていたが、わかりやすくとか、エンタテイメント性があるとか、読者を意識するとかいったプロ作家ならば当たり前のこともできていなかったし、そのスキルはもちろん考えもしなかった。

そんな私がいったいどのようにしてジャーナリストというよりも編集者としてのベースを少しずつ作り始めていったのか。それは、少々イレギュラーなところがあるので、説明を必要とするかもしれない。

とくに普通じゃないかもしれない道筋だったからこそ、それが結果としてジャーナリストとしての土台であり、力になっていったように思う。では、いったいどんなことをしたのか、ここから始めてみたいと思う。

 

■仮免編集者時代に受けた薫陶にイライラ(笑)

編集者として働いていた当時、勤務していた出版社で別の班の副編集長に言われたのが、 「転職している時点で、新卒で本作っている奴には負けてるんだから、普通の努力で数年のキャリアの差は埋まらないよ」 という、胸に刺さる言葉だった。

さすがキャリアのある人は違いますね~などと、感動したり、感銘をうけたかって? まさか!? むしろ、逆。正直、イラっとした。 まあ、若かったんだろうなと今では思う。

とはいえ、副編集長の言うことももっともな側面はある。編集という仕事は経験がものをいうのは事実だからだ。そんな当たり前のことに突っかかるあたり、今から当時の自分を振り返ると、何も知らなかったと思うからだ。

丸山ゴンザレスがジャーナリストを名乗るまで 「暗黒時代を救った出会い」とは

アクセスいただきありがとうございます。丸山ゴンザレスといいまして、危険地帯と呼ばれる場所を取材するジャーナリストを生業としています。

本連載は「ジャーナリストを名乗るまで――初級危険地帯取材入門講座」ということで、決して王道のジャーナリストとはいえないような私が、これまでに辿ってきた紆余曲折と、そこで学んだことを僭越ながら皆さんにお伝えしてみたいと思っています。

また、「クレイジージャーニー」というテレビ番組をご覧になって私のことをご存じかもしれませんが、私があの番組に出るに至るまでにいったいどんなことをしていたのか。

その部分は他であまり語ることがないので、出演前後の秘話もからめて講座を始めていきたいと思います。

 

■考古学者を目指した学生時代

今でこそジャーナリストを名乗っている私だが、もともとは大学、大学院と考古学を専攻する学者志望の人間だった。それも、わりと真面目に頑張っていたほうだと思う。

当時私が研究していたのは「横穴墓築造時における空間体積からみた労働力の復元と比較」と、なにやら仰々しいのだが、ざっくりと言ってしまえば造るのが大変な墓に葬られた人ほど偉いってことなのだ。

ここでは深く解説する必要もないかと思うので詳細は割愛するが、考古学を専攻したことについては今のジャーナリストな自分に繋がっているところもあるので、もう少し解説を続けたい。

 

■フィールドワークと研究の生活

考古学は遺跡を発掘することから始まる。私もご多聞に漏れず、学生時代は祭祀遺跡や縄文時代や古代の住居跡、貝塚などなどを発掘していた。

それから室内で整理作業もこなす。研究室で、発掘された遺物や測量してきた図面などをもとにして報告書を作成する。それらの資料をもとにして論文を書くのだ。

フィールドワークと研究の両方が必要で、どちらも落とすことはできないから、学内には日焼けして泥だらけの作業着の人間がウロウロしている奇妙な研究室ができあがる。

普通以上にゴツい人も多かったように思う。 考古学者になることは子供の頃からの夢だったので、本当は辞めたくはなかったのだが、いろいろあって研究の道をドロップアウトすることから私のジャーナリストとしてのキャリアが始まることになった。

より正確に言うならば、スタート地点へと動き始めたという感じで、まだ先のことなんてなにひとつわからない状態。手探りもできていなかった。決して順当ではなかったと思う。

『クレイジージャーニー』でも話題の危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが吠える

TBS系深夜放送『クレイジージャーニー』で、その体当たり過ぎる取材姿勢が視聴者の度肝を抜いたジャーナリスト・丸山ゴンザレスの連載が始まる。 その名も「ジャーナリストを名乗るまで」。

連載開始に先駆け、気になるその内容を少しだけご紹介すべく、丸山ゴンザレス氏にご登場いただいた。

 

■異色のジャーナリスト

初めまして、丸山ゴンザレスです。……と改めて自己紹介するのも変な気分ですが、約2年前からTBSの深夜番組『クレイジージャーニー』にたびたび出演していて、ご存じの方もいるかなと思います。

現在、番組内で「危険地帯ジャーナリスト」と紹介されておりますが、以前からジャーナリストとしての活動をしてきました。ただし、「ジャーナリスト」と名乗るには、僕のプロフィールはだいぶ異色です。

一般的にジャーナリストになるには、大学で社会学を学んだり、マスコミ研究会のようなサークルに所属して、卒業後は通信社や新聞社なりのマスコミ関係に就職したりすることでしょう。

 

■「王道」ではない道のりで

僕の場合、自分で「ジャーナリストです」と名乗るまでの道筋は、王道とは言いにくい。普通ならジャーナリストを名乗るなんて考えられないような経歴なので、あまりおおっぴらに話すようなものではない、と思うんですけど(苦笑)。

ただ、まったくの別分野からジャーナリストを目指している人、物を書く仕事に就きたい人はもちろん、既にこの種の職業に就いていてステップアップをはかりたい人にとっても、僕の経験に根差した非王道の「ジャーナリスト論」は参考になるところがあるかもしれません。

ぜひ参考にできるところだけ、していただければと思います。