スターウォーズ

ディズニーの独自ストリーミングサービス、価格はかなりお手頃に?

Filed under: , , , ,

皆さんに朗報だ。米国で始まるディズニーの独自ストリーミングサービスはNetflixに比べてかなりお手頃価格になるそうだ。 ディズニーのロバート・アイガーCEOは、「(米国での)価格設定には気を使いました。詳細については決まっていないので、まだお話できませんが、Netflixを下回ることになるでしょう。扱うコンテンツの量が比較的相当少ないので」とゲーム関連のニュースサイト『Polygon』に語った。 確かにコンテンツの量は少ないのかもしれないが、ディズニーの「マーベル」、「スター・ウォーズ」などご自慢のコンテンツが提供される予定だ。 Netflixの料金改定が先月発表され、最も人気のあるプランが月額10.99ドル(約1250円)へ値上げされるが、ディズニーの言う「かなり」というのがどれくらいになるのかは、発表を待つしかない。Huluは月額7.99ドル(約908円)からなので、そのあたりがディズニーの目論んでいる価格帯だと思われる。 ディズニーのストリーミングサービスは2019年に始まるとされ、ディズニー映画が500本、ディズニーTVからおよそ7000話分の番組が見られるようになるという。この数はNetflixの映画4335本、テレビシリーズ1197本と比べると、その差は歴然としているとNetflixの分析サイト『Allflicks』は伝えている。 ディズニーのライブラリーが増えるにつれ、料金も値上げされるのは確実だ。 この動画配信サービスにはまだ名前がつけられていないが、アイガーCEOによると、ディズニーのブランドとなるため「R指定」の映画は含まれないそうだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ディズニーの独自ストリーミングサービスで『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズを配信へ

Filed under: , , , ,

『スター・ウォーズ』をもっと満喫したい人に、ディズニーからの朗報だ。ライアン・ジョンソンが『スター・ウォーズ』の映画新三部作を手掛けるだけでなく、実写テレビ番組のシリーズも誕生するのだ。同シリーズは、ディズニーが計画する独自ストリーミングサービスの目玉の1つになるという。 同シリーズの企画は11月9日、ディズニーの投資家向け四半期決算説明会の場でロバート・アイガー会長兼CEOが発表した。ディズニーは、2019年末までに開始予定のストリーミングサービスの促進役として、自社のヒット作品を大いに当てにしているようだ。 もちろん、最大の企画は『スター・ウォーズ』の実写テレビシリーズで、この話はかなり前から進められていた。これまでのところ、『スター・ウォーズ』シリーズのテレビ番組としては、評価の高い『スター・ウォーズ 反乱者たち』と『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』というアニメ版しか作られたことがない。実写シリーズが従来の"スカイウォーカー・サーガ"に関連づけられるのか、それともジョンソン監督の新三部作のように銀河の新たな片隅を探検することになるのかは現在のところ不明だ。 ディズニーは今回、他に『ハイスクール・ミュージカル』(映画第4作がすでに製作中)やピクサーと組んだ『モンスターズ・インク』、マーベル作品をベースにした番組の企画についても明かしている。 マーベル作品のテレビシリーズは数多く存在し、放映・配信元も多岐にわたっている。例えば、ABC(ディズニー傘下)の『エージェント・オブ・シールド』、Netflixの『Marvel ザ・ディフェンダーズ』、FOXの『The Gifted』、FX(FOX傘下)の『レギオン』、Huluの『Runaways』(原題)などだ。フリーフォーム(ディズニー傘下)からの放映予定が白紙となった『New Warriors』(原題)については、マーベルは放映開始を2019年にまで延ばしたくはない考えだと報じられている。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

マーク・ハミル、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』への出演を辞退するところだったと明かす

Filed under: , , , , ,

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』ではオープニングからマーク・ハミル演じるルーク・スカイウォーカーが行方不明になっていることが語られた。オリジナル3部作のファンにとってはそれだけでも残念なのに、作品の最後の最後にルークが現れたと思ったらほんの一瞬、しかもセリフもないとなるとさらに落胆したことだろう。演じるハミルもその映画ではチョイ役だったことに同じ気持ちだったようで、最近のインタビューで、ルークとして再び登場するのを辞退するところだったと語っている。 来月公開のシリーズ第8作では、ハミル演じるルークは重要な役どころだ。だが『ニューヨーク・タイムズ』紙の取材に対しハミルが語ったところによると、ジョージ・ルーカスがハミルとオリジナル作の共演者であるハリソン・フォードやキャリー・フィッシャーに『フォースの覚醒』への出演を依頼した際、彼は当初「ノー」と答えるつもりだったという。 同インタビューでハミルは、俳優陣がそれぞれの役を再演するのであれば、ルーク、レイア姫、ハン・ソロを念頭にストーリーが展開されるとルーカスに言われたと語る。ハミルはルークを再び演じるということに「言葉を失った」と同時に「怖くなった」というのだ。 「なんでまた手を出すのかと思ったんです。リバイバルが大当たりする可能性はとてつもなく低いですからね」とタイムズ紙に語っている。「50、60、70歳になった我々がデス・スターを走り回って、出会い頭にぶつかったりする姿なんて誰も見たくないでしょう? 悲惨ですから」 キャリー・フィッシャーが即答でOKしたものの、ハリソン・フォードは辞退すると思っていたというハミルは、その理由を「年齢も重ねてるし、リッチだし、気難し過ぎる」と語った。ところがフォードも承諾したと知り、自分だけがオリジナルの3人で出ないわけにはいかないと思ったそうだ。 「自分だけノーと言ったなんてことになったらどうなると思います? ヲタク界で最低なヤツ呼ばわりされてたでしょうね」 何はともあれ、ハミルが再演を決めてくれたことは非常に喜ばしい。新作で重要な役柄となり登場するその姿を見られるのが待ち遠しい限りである。『スターウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日公開だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画、無事クランクアップを迎えタイトルが発表!

Filed under: , , ,

『スター・ウォーズ』のスピンオフで、タイトル未定だったハン・ソロ映画にようやくタイトルが付いたのだが、あまり驚きのないものだった。 ロン・ハワード監督は、以下の投稿で、無事、クランクアップを迎えた事をファンに報告。そして、同映画のタイトルが『ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(原題)に決定した事を明らかにした。

Hey #Twitterville we just wrapped production so here's a special message #StarWarspic.twitter.com/8QJqN5BGxr

- Ron Howard (@RealRonHoward) 2017年10月17日 「撮影を終えたから、皆に特別メッセージだ」 今年6月、ハワード監督がこのスピンオフ作品の製作を引き継いだのは有名な話だ。フィル・ロード&クリストファー・ミラー監督がルーカスフィルムと揉め、降板したのちに新監督を担うことになったのだ。以降、監督は精力的にSNSで現場からのティーザー画像や映像を投稿してきた。 かつてハリソン・フォードが演じたあのハン・ソロをアルデン・エーレンライクが主役として引き継ぐ。ドナルド・グローヴァーはランド・カルリシアンを演じ、他にもウディ・ハレルソン、エミリア・クラーク、そしてタンディ・ニュートンらが登場する。 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』と言い、もしかしたら、スピンオフ作品は全てタイトルの後ろに「スター・ウォーズ・ストーリー」と付くのかもしれない。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ロン・ハワード監督が『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画の撮影現場の画像を続けて投稿、惑星ケッセルか?

Filed under: , , ,

ロン・ハワード監督は、『スター・ウォーズ』ハン・ソロ映画(タイトル未定/2018年5月25日に日本公開予定)の撮影現場の画像を続けて投稿した。 今回ご紹介する1つ目は、「スパイシー?」というコメントと共に投稿された以下の画像だ。

Spicey? pic.twitter.com/dLhop8S60T

- Ron Howard (@RealRonHoward) 2017年9月20日 「スパイシー?」 これがもし、惑星ケッセルの鉱山からスパイスを密輸するのに使用された航路、「ケッセル・ラン」が同映画で見られるということであれば、筋金入りのファンは興奮するに違いない。これまでにハン・ソロ(ハリソン・フォード)がケッセル・ランを(「14パーセク」ではなく)「12パーセク」で飛んだことが知られている。それゆえ、ハワード監督はこのセットの写真を公開し、私たちがこの伝説の技を見られるというヒントを与えたと思われる。 2つ目は、1つ目の投稿の数日後に投稿された惑星ケッセルのセットと思しき画像だ。

Shooting a scene about desperate and dangerous times in the Galaxy pic.twitter.com/AtNZPOkzFO

- Ron Howard (@RealRonHoward) 2017年9月23日 「銀河系の中の、絶望的で危険な時代のシーンを撮影中」 若かりし頃のハン・ソロを演じるのはアルデン・エーレンライクだ。その他のキャストには、エミリア・クラーク、ドナルド・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、タンディ・ニュートン、ポール・ベタニー、フィービー・ウォーラー=ブリッジが名を連ねる。 ケッセル・ランが登場してもしなくても、2018年5月25日の公開が楽しみだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ネット民騒然!カナダのトルドー首相がチューバッカ柄の靴下を着用

Filed under: , , , , , , ,

カナダのジャスティン・トルドー首相をそんじょそこらの総理大臣と一緒にしてはいけない。彼はファッショナブルな首相なのだ。 去る9月20日にニューヨークで開かれたブルームバーグ主催のビジネス・フォーラムに姿を現したドルドー首相だが、そのズボンの裾からのぞいたチューバッカ靴下にネット民が騒然としている。 言うまでもなく、『スター・ウォーズ』ファンのうろたえようは半端ではない。

Justin Trudeau is wearing Chewbacca socks I'M DEAD pic.twitter.com/7d0qV2IEt5

- Gary He (@garyhe) 2017年9月20日 「ジャスティン・トルドーがチューバッカのソックス履いてる。昇天!」

Justin Trudeau is wearing a Chewy Socks !! His socks game always A+ .. May the force be with you pic.twitter.com/uWdwDDeaxY

- Iðunn (@pamsinfinity) 2017年9月20日 「ジャスティン・トルドーがチューイーの靴下履いてる! この人のソックスのセンスはいつも100点満点。フォースと共にあらんことを」

Justin Trudeau wearing Chewbacca socks, screaming "LOVE ME" to America (but saying he's over us) cause he's bscly everyone's ex from jr high

- Corinne Clark (@corinnec) 2017年9月20日 「ジャスティン・トルドーのチューバッカ靴下はアメリカへの強烈なラブコール(でもあちらはもう冷めてんだけど)。さすがはみんなの高校時代の元カレ的存在ね」 この時のトルドー首相は、グレーのス-ツにスキニータイとパウダーブルーのボタンダウンシャツを合わせ、足元にはレザーのローファーでさっぱりとした着こなしだ。 ただし、首相がこの映画フランチャイズへの愛を堂々と世間に知らしめたのは今回が初めてではない。 スター・ウォーズの日(5月4日)に行われたアイルランド首相との会見で、ドルドー首相はR2-D2とC-3POの靴下を履いていたのだ。

These are the socks you're looking for. #MayTheFourthBeWithYou#GuerreDesÉtoilespic.twitter.com/AXTQkgmkYH

- Justin Trudeau (@JustinTrudeau) 2017年5月4日 「これが君が探していた靴下だ」 その1ヶ月後、米国の人気トーク番組『Live With Kelly and Ryan』に出演した際にもスター・ウォーズの靴下を履いていた。 ■参照リンクhttp://www.aol.com/

Permalink

『スター・ウォーズ エピソード9』の全米公開日が2019年12月20日に延期

Filed under: , , ,

先週の『スター・ウォーズ』の世界では波乱万丈の1週間となったが、またもやフォースに乱れが生じてしまったようだ。これまで2019年5月24日とされていた『『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』の全米での公開日が2019年12月20日まで延期になったのだ。 この公開日の延期は、実は全く予想外というわけではない。当初から予定されていたコリン・トレボロウ監督が先週降板すると発表され、ディズニーとルーカスフィルムは急遽代わりの監督を探すため東奔西走していたのだ。そして、トレボロウの後継に白羽の矢が立ったのが『フォースの覚醒』で成功を収めたJ.J.エイブラムスだったわけだ。だが、共同で脚本を担当するクリス・テリオにとっては、今回のゴタゴタに伴うグループ再編成のために、かなりの時間が必要となるだろう。

Star Wars: Episode IX is scheduled for release on December 20, 2019. pic.twitter.com/rDBqmuHX89

- Star Wars (@starwars) 2017年9月12日 「J.J.エイブラムスがスターウォーズエピソード9の脚本と監督に就任」 「スターウォーズエピソード9の公開は2019年12月20日を予定」 この状況はエイブラムスには馴染みがあるものだ。自身の監督作品である『フォースの覚醒』も実は2015年5月に公開すると当初は発表されたのだが、それが同年12月まで延期されたのだ。ただし、その時はハリソン・フォードがセットでケガをしたため撮影が遅れたのが理由で、製作側のすったもんだが原因ではない。 最近この歴史に残るフランチャイズには不運な出来事が起きているが、『エピソード9』のいざこざはその最新のものである。今年は既に別の作品の監督2人が降板する事態(ハン・ソロを描くスピンオフ作品が、あと数週間で完成というところで監督を務めていたフィル・ロードとクリス・ミラーの2人がいきなり降板させられた)となった。また昨年の『ローグ・ワン』で膨大な再撮影が必要となった理由について、ギャレス・エドワーズ監督の代わりに脚本家のトニー・ギルロイが大いに貢献したという複数の噂も出ている。 ただ、これがもの凄く悪いニュースかと言うとそうでもない。エイブラムス監督は余分な時間を自分に有利に使う術を知っているのだ。それは『フォースの覚醒』でも証明されている。今回の交代劇が最終的に良い結果をもたらすのは間違いないだろう。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

コリン・トレボロウが『スター・ウォーズ』シリーズ第9作の監督を降ろされた理由は、「気難しく」て「利己的」なため

Filed under: , , ,

フィル・ロードとクリストファー・ミラーがなぜハン・ソロのスピンオフ映画の監督を降板したかについて内情が聞こえてきているが、今度はコリン・トレボロウがなぜ『スター・ウォーズ』シリーズ第9作の監督を降板したかについての噂が取り沙汰されている。確かに、トレボロウの最新監督映画『The Book of Henry』(原題)は酷評されているが、それだけで降ろされたわけではなかったようだ。 表向きの理由は、トレボロウとルーカスフィルムの「プロジェクトに対するビジョンの違い」。しかし実際のところは、トレボロウが「気難しく」、周囲の人間にとって「耐えがたく」、「利己的」だったためであると、信頼できる情報筋がエンタメ情報サイト『Vulture』に話しているのだ。 「『The Book of Henry』と『ジュラシック・ワールド』の両作品の製作について直接事情を知っているハリウッド映画の上級関係者」によれば、トレボロウは撮影現場において悪夢のような存在だったらしい。 「トレボロウはスピルバーグから個人的に(『ジュラシック・ワールド』の監督として)雇われていたため、誰も『あなたはクビだ』とは言えなかった。(トレボロウは)同作が大ヒットして、『The Book of Henry』を作ることに決めたとたん、耐えがたい存在になった。考え方が利己的で、その考えを常に言い張っていた」という。 シリーズ第9作の製作準備段階において、トレボロウは「手の施しようがない」状態になり、ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長との関係がまずくなったと報じられている。ケネディ社長は「トレボロウと仕事をしたいという気持ちが失せ」てしまったようなのだ。 その関係者の言葉でまとめるなら、「トレボロウは気難しく、ものすごい自信家だよ」といったところだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

邪悪でもかわいい!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する「BB-9E」のスマートトイが発売【映像】

Filed under: , , , , ,

米国のロボットトイ・メーカーSphero社は、9月1日に行われた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』関連商品を一気に解禁するイベント『Force Friday II』の一環として、最新の『スター・ウォーズ』グッズを披露した。 https://www.youtube.com/watch?v=jwEkC2w4fcI 今回発売されるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場した、愛らしくかわいいドロイド「BB-8」の"邪悪"バージョンである「BB-9E」のスマートトイだ。「BB-9E」は、ブラックとシルバーのドロイドで、ファースト・オーダーの手下として今年12月に公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する。 Sphero社は、BB-8のスマートトイを2015年に発売している。このBB-9Eの仕様もBB-8と似ているようで、スマホアプリと連動させて操作する。しかし、こちらには、頭部のLEDライトが光るようになっている。今回、同社は、「R2-D2」の最新トイも発表している。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、BB-9Eの登場で、スター・ウォーズ史上最高にかわいい作品となるかもしれない。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

邪悪でもかわいい!『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する「BB-9E」のスマートトイが発売【映像】

Filed under: , , , , ,

米国のロボットトイ・メーカーSphero社は、9月1日に行われた『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』関連商品を一気に解禁するイベント『Force Friday II』の一環として、最新の『スター・ウォーズ』グッズを披露した。 https://www.youtube.com/watch?v=jwEkC2w4fcI 今回発売されるのは、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場した、愛らしくかわいいドロイド「BB-8」の"邪悪"バージョンである「BB-9E」のスマートトイだ。「BB-9E」は、ブラックとシルバーのドロイドで、ファースト・オーダーの手下として今年12月に公開される『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に登場する。 Sphero社は、BB-8のスマートトイを2015年に発売している。このBB-9Eの仕様もBB-8と似ているようで、スマホアプリと連動させて操作する。しかし、こちらには、頭部のLEDライトが光るようになっている。今回、同社は、「R2-D2」の最新トイも発表している。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は、BB-9Eの登場で、スター・ウォーズ史上最高にかわいい作品となるかもしれない。 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』は12月15日(金)公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink