スティーブンスピルバーグ

スティーブン・スピルバーグ監督最新作『The Post』の予告編が公開

Filed under: , , ,

スティーブン・スピルバーグ、メリル・ストリープ、トム・ハンクスの3人が初めて顔を合わせた『The Post』(原題)の予告編がついに公開された。本作はオスカーの賞レース参戦のため12月から一部の映画館で上映され、来年1月に全米で公開される。 この映画は報道の自由、政府の陰謀と隠蔽、政治的分裂、そして女性管理職にまつわる問題などをテーマにしている。舞台は何十年も前で、ベースとなった事件も何十年も前に実際に起きたことだが、2018年になろうとする今でもタイムリーな話題に感じられる。 20世紀フォックスによる概要の全文は以下のとおり。 「スティーブン・スピルバーグがメガホンを取り、メリル・ストリープとトム・ハンクスが出演する『The Post』はワシントン・ポスト初の女性発行人キャサリン・グラハム(ストリープ)と、編集主幹のベン・ブラッドリー(ハンクス)との類まれなパートナーシップをスリリングに描いた作品である。2人はニューヨーク・タイムズに後れを取るまいと、30年にわたって4人の大統領が関与していた政府の機密事項を暴く。2人は自らのキャリアと自由をリスクにさらしながら違いを乗り越え、長年隠蔽されてきた真実を白日の下にさらす。メリル・ストリープ、トム・ハンクス、スティーブン・スピルバーグの3人は本作が初顔合わせとなる。スピルバーグは監督の他にエイミー・パスカル、クリスティ・マコスコ・クリーガーと共にプロデュースも行う。脚本はリズ・ハンナとジョシュ・シンガー。その他の出演者にはアリソン・ブリー、キャリー・クーン、デヴィッド・クロス、ブルース・グリーンウッド、トレイシー・レッツ、ボブ・オデンカーク、サラ・ポールソン、ジェシー・プレモンス、マシュー・リス、マイケル・ストゥルバーグ、ブラッドリー・ウィットフォード、ザック・ウッズの名前が挙がっている。 こちらがポスターだ。 『The Post』は12月22日から米国の一部の映画館で、2018年1月12日に全米で公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

Filed under: , , ,

どこに居ても、聞けば「あ、あれだ!」とわかる、あの5音階。 7月3日、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が「これは何かを意味する」というシンプルなタイトルがついた56秒間のミステリアスなティーザー映像を公開した。冒頭の映像は黒い背景に緑の文字という昔懐かしいコンピュータ画面で、そこに文字が現れる。 毎日 何千もの飛行機を 管制官は見つめている ただ 時として 見てしまうことがある 説明できない何かを 同ビデオのYouTubeの説明欄にはこう書かれている。 これは何かを意味する 重大な何かを WeAreStillNotAlone.com 一体何が起こっていたのだろう? 最後に聞こえるあの5音階は、スティーブン・スピルバーグ監督の1977年のSF名作「未知との遭遇」にファンを導いている。となれば、この映像はあの映画の続編かリブート版の予告編だ、と多くの人が思うだろう。しかし、その真相は、そうではなかったようだ。 WeAreStillNotAlone.com(宇宙にいるのは"今も"われわれだけではない・ドット・コム)は「UFO(未確認飛行物体)目撃に関する最新情報受信にサインアップ」するウェブサイトへジャンプするのだが、『Variety』誌によると、これは米国SPEが実施するキャンペーンとファン(米国在住者限定)をつなげるページなのだという。今年は「未知との遭遇」公開40周年に当たり、 SPEは来たる9月1日から1週間、限定劇場での同作品の上映を計画しているのだ。 というわけで、「未知との遭遇」の続編やリブート版が制作されるのではないようで、これを残念だと思うか、良かったと思うかは個人の考え方次第である。とりあえずはない、ということだ。しかし、昨今の映画界の状況を鑑みると、9月の劇場再上映と11月の公式40周年記念のあと、何らかの計画が発表されてたとしても、決して驚かないことだろう。Xファイル風に言えば、「真実は"今も"そこにある」のだから。 https://www.youtube.com/watch?v=rbSfX3OnQy4 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

公開から40年、『未知との遭遇』のミステリアスなティーザー映像が意味する物とは?

Filed under: , , ,

どこに居ても、聞けば「あ、あれだ!」とわかる、あの5音階。 7月3日、米国ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)が「これは何かを意味する」というシンプルなタイトルがついた56秒間のミステリアスなティーザー映像を公開した。冒頭の映像は黒い背景に緑の文字という昔懐かしいコンピュータ画面で、そこに文字が現れる。 毎日 何千もの飛行機を 管制官は見つめている ただ 時として 見てしまうことがある 説明できない何かを 同ビデオのYouTubeの説明欄にはこう書かれている。 これは何かを意味する 重大な何かを WeAreStillNotAlone.com 一体何が起こっていたのだろう? 最後に聞こえるあの5音階は、スティーブン・スピルバーグ監督の1977年のSF名作「未知との遭遇」にファンを導いている。となれば、この映像はあの映画の続編かリブート版の予告編だ、と多くの人が思うだろう。しかし、その真相は、そうではなかったようだ。 WeAreStillNotAlone.com(宇宙にいるのは"今も"われわれだけではない・ドット・コム)は「UFO(未確認飛行物体)目撃に関する最新情報受信にサインアップ」するウェブサイトへジャンプするのだが、『Variety』誌によると、これは米国SPEが実施するキャンペーンとファン(米国在住者限定)をつなげるページなのだという。今年は「未知との遭遇」公開40周年に当たり、 SPEは来たる9月1日から1週間、限定劇場での同作品の上映を計画しているのだ。 というわけで、「未知との遭遇」の続編やリブート版が制作されるのではないようで、これを残念だと思うか、良かったと思うかは個人の考え方次第である。とりあえずはない、ということだ。しかし、昨今の映画界の状況を鑑みると、9月の劇場再上映と11月の公式40周年記念のあと、何らかの計画が発表されてたとしても、決して驚かないことだろう。Xファイル風に言えば、「真実は"今も"そこにある」のだから。 https://www.youtube.com/watch?v=rbSfX3OnQy4 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

スティーブン・スピルバーグ、ペンタゴン・ペーパーズ事件を描いた映画『The Papers』にTV界の大物俳優を多数抜擢!

Filed under: , , ,

昨今、米国の映画界とテレビ界の垣根は以前に比べてぐっと低くなっている。映画界の著名な映画監督が、優れた才能をテレビ界から見出すことも珍しくなくなった。 スティーブン・スピルバーグは1971年に起きたペンタゴン・ぺーパーズの暴露事件を題材にした映画『The Papers』(原題)の制作を発表している。本作には既にトム・ハンクスとメリル・ストリープの出演が決定しているが、その他にも、テレビ界でおなじみの俳優陣が多数抜擢されている。まるで昨年エミー賞にノミネートされた俳優が勢ぞろいしたかのような、豪華な顔ぶれだ。 『The Papers』への出演が決まっている俳優は次のとおりだ。サラ・ポールソン(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』、『アメリカン・ホラー・ストーリー』シリーズ)、ボブ・オデンカーク(『ベター・コール・ソウル』)、マシュー・リス(『ジ・アメリカンズ』)、ブラッドリー・ウィットフォード(『トランスペアレント』、『ザ・ホワイトハウス』)、キャリー・クーン(『LEFTOVERS/残された世界』、『ファーゴ』)、ジェシー・プレモンス(『ファーゴ』、『ブレイキング・バッド』)、デヴィッド・クロス(『アンブレイカブル・キミー・シュミット』)、アリソン・ブリー(『コミ・カレ!』、『マッドメン』)、ブルース・グリーンウッド(『アメリカン・クライム・ストーリー/O・J・シンプソン事件』)、トレイシー・レッツ(『DIVORCE/ディボース』、『HOMELAND/ホームランド』)、マイケル・スタールバーグ(『ファーゴ』、『ボードウォーク・エンパイア 欲望の街』)、ザック・ウッズ(『シリコンバレー』シリーズ) ベトナム戦争に関する極秘報告書であるペンタゴン・ペーパーズは、最初『ニューヨーク・タイムズ』紙で暴露された後、『ワシントン・ポスト』紙でも独自に取材が行われた。その後、記事の差し止めをめぐって政府と争い、この裁判は合衆国憲法修正第1条(言論の自由)を巡る以後の判例にも大きな影響を与えている。映画では、トム・ハンクスが『ワシントン・ポスト』の編集者ベン・ブラッドリーを、メリル・ストリープが発行人のケイ・グラハムを演じる。 映画は今年の賞レースに向けて、現在急ピッチで撮影が進んでおり、12月22日に限定公開、来年1月初めには正式公開される予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink