ストレスフリー

30代でも要注意?!プレ更年期とは

モテ子 そのストレス、放っておくとヤバイわよ。

photo by Fotolia.com

プレ更年期ってご存じですか?更年期と聞いても、まだずっと先のイメージですし、若い女性にはあまりピンと来ないかもしれませんね。しかし、プレ更年期は30代女性でも起こる可能性があるといわれているので、関係ないと思わずにしっかりと理解しておきましょう。今回は、プレ更年期についてくわしくお伝えしていきます。

プレ更年期と更年期の違い

通常の更年期は、閉経をはさんだ前後10年位の期間のことをいいますので、個人差はありますが、だいたい45歳くらいから55歳くらいまでの期間です。

更年期は、加齢により卵巣機能が次第に衰えることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下し、プロゲステロン(黄体ホルモン)とのバランスが崩れるので、身体全体にさまざまな変化が起こります。

しかし、プレ更年期の場合は、閉経を迎える年齢はまだ先なのに、まるで更年期のような症状が起こるので、PMS(月経前症候群)や、体調不良などと間違えてしまうことも多いのです。プレ更年期は、早い人では30代から症状が出てくる場合もあり、気がつかずに放置しておくと、さらにホルモンバランスが不安定になるので、生理不順や無排卵など、婦人科系のトラブルに進んでしまうこともあります。

また、プレ更年期は加齢が原因ではなく、ほとんどの場合はストレスや疲労などの影響で起こり、本格的な更年期ほど強い症状がでないのが特徴です。

プレ更年期が起こる原因となりやすいタイプ

プレ更年期の主な原因は、ストレスによるものです。そのため、普段からストレスを感じやすい生活を送っている人の方が、起こるリスクが高くなります。ただ、ストレスといっても、精神的なストレスから肉体的なストレスまでありますし、食生活や生活リズムの乱れ、睡眠不足、質の悪い睡眠など、いろいろな方向からストレスはやってくるので、ただ忙しい人がなる訳ではありません。

ストレスは外見からは見えるものでもなく、本人の性格でも感じ方が違うものです。自分自身はあまりストレスを感じているつもりはなくても、実は身体が悲鳴をあげていることも、よくありますよね。

ストレスを受け続けると、まず自律神経に影響が出てきますので、女性ホルモンの分泌が不安定になります。本格的な更年期のように急激に分泌量が低下するのではなく、緩やかな変化ではありますが、プロゲステロンとエストロゲンのバランスが崩れることで、更年期に似た症状が現れます。

普段からストレスを強く感じやすく、ストレスをため込みやすい人に起こりやすいので、早め早めにストレス解消をするようにして、毎日を過ごしていきましょう。

プレ更年期の症状

photo by Fotolia.com

プレ更年期の症状は、身体全体に出てきます。

身体の症状

  • 生理不順(特に生理の周期が短くなったり、出血量が少なくなったりする)
  • 身体を動かしてもないのに、汗が出てくる(特に顔から汗が吹き出る)
  • 急に暑さを感じたり、顔がほてったりする
  • とても疲れやすくなり、疲れがなかなか回復しない
  • 原因不明の頭痛や吐き気、めまいなどがある
  • 口の中が乾く
  • トイレに行く回数が増える

心の症状

  • イライラしたり、怒りっぽくなったりする
  • 理由もなく不安になったり、憂うつになったりする
  • なかなかやる気が起こらない
  • 寝付きが悪くなり、眠りも浅い、夜中に目が覚めてなかなかな眠れない
  • 集中力や判断力が悪くなってくる

美容に関する症状

  • 肌が乾燥して、うるおいがなくなる
  • 肌のたるみやくすみ、小じわなど急に老けたようになる
  • 髪の毛のツヤ、ハリも少なくなり、パサついた感じになる
  • 白髪が増える
  • ダイエットをしても、以前よりも痩せにくい
  • 爪がもろくなって欠けたり割れたりする、縦じわもできる

終わりに

プレ更年期の症状は、PMSにとても似ています。ただし、PMSの場合は、排卵後の黄体期頃(生理前2週間くらい)から起こりますが、プレ更年期の場合は、生理周期に関係なくでてきます。より確実な方法は、基礎体温をつけてみて、症状がでる時期をチェックすることですが、おかしいな?と感じた時には、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

The post 30代でも要注意?!プレ更年期とは appeared first on ガール配信局.

30代でも要注意?!プレ更年期とは

モテ子 そのストレス、放っておくとヤバイわよ。

photo by Fotolia.com

プレ更年期ってご存じですか?更年期と聞いても、まだずっと先のイメージですし、若い女性にはあまりピンと来ないかもしれませんね。しかし、プレ更年期は30代女性でも起こる可能性があるといわれているので、関係ないと思わずにしっかりと理解しておきましょう。今回は、プレ更年期についてくわしくお伝えしていきます。

プレ更年期と更年期の違い

通常の更年期は、閉経をはさんだ前後10年位の期間のことをいいますので、個人差はありますが、だいたい45歳くらいから55歳くらいまでの期間です。

更年期は、加齢により卵巣機能が次第に衰えることで、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が低下し、プロゲステロン(黄体ホルモン)とのバランスが崩れるので、身体全体にさまざまな変化が起こります。

しかし、プレ更年期の場合は、閉経を迎える年齢はまだ先なのに、まるで更年期のような症状が起こるので、PMS(月経前症候群)や、体調不良などと間違えてしまうことも多いのです。プレ更年期は、早い人では30代から症状が出てくる場合もあり、気がつかずに放置しておくと、さらにホルモンバランスが不安定になるので、生理不順や無排卵など、婦人科系のトラブルに進んでしまうこともあります。

また、プレ更年期は加齢が原因ではなく、ほとんどの場合はストレスや疲労などの影響で起こり、本格的な更年期ほど強い症状がでないのが特徴です。

プレ更年期が起こる原因となりやすいタイプ

プレ更年期の主な原因は、ストレスによるものです。そのため、普段からストレスを感じやすい生活を送っている人の方が、起こるリスクが高くなります。ただ、ストレスといっても、精神的なストレスから肉体的なストレスまでありますし、食生活や生活リズムの乱れ、睡眠不足、質の悪い睡眠など、いろいろな方向からストレスはやってくるので、ただ忙しい人がなる訳ではありません。

ストレスは外見からは見えるものでもなく、本人の性格でも感じ方が違うものです。自分自身はあまりストレスを感じているつもりはなくても、実は身体が悲鳴をあげていることも、よくありますよね。

ストレスを受け続けると、まず自律神経に影響が出てきますので、女性ホルモンの分泌が不安定になります。本格的な更年期のように急激に分泌量が低下するのではなく、緩やかな変化ではありますが、プロゲステロンとエストロゲンのバランスが崩れることで、更年期に似た症状が現れます。

普段からストレスを強く感じやすく、ストレスをため込みやすい人に起こりやすいので、早め早めにストレス解消をするようにして、毎日を過ごしていきましょう。

プレ更年期の症状

photo by Fotolia.com

プレ更年期の症状は、身体全体に出てきます。

身体の症状

  • 生理不順(特に生理の周期が短くなったり、出血量が少なくなったりする)
  • 身体を動かしてもないのに、汗が出てくる(特に顔から汗が吹き出る)
  • 急に暑さを感じたり、顔がほてったりする
  • とても疲れやすくなり、疲れがなかなか回復しない
  • 原因不明の頭痛や吐き気、めまいなどがある
  • 口の中が乾く
  • トイレに行く回数が増える

心の症状

  • イライラしたり、怒りっぽくなったりする
  • 理由もなく不安になったり、憂うつになったりする
  • なかなかやる気が起こらない
  • 寝付きが悪くなり、眠りも浅い、夜中に目が覚めてなかなかな眠れない
  • 集中力や判断力が悪くなってくる

美容に関する症状

  • 肌が乾燥して、うるおいがなくなる
  • 肌のたるみやくすみ、小じわなど急に老けたようになる
  • 髪の毛のツヤ、ハリも少なくなり、パサついた感じになる
  • 白髪が増える
  • ダイエットをしても、以前よりも痩せにくい
  • 爪がもろくなって欠けたり割れたりする、縦じわもできる

終わりに

プレ更年期の症状は、PMSにとても似ています。ただし、PMSの場合は、排卵後の黄体期頃(生理前2週間くらい)から起こりますが、プレ更年期の場合は、生理周期に関係なくでてきます。より確実な方法は、基礎体温をつけてみて、症状がでる時期をチェックすることですが、おかしいな?と感じた時には、早めに婦人科を受診するようにしましょう。

The post 30代でも要注意?!プレ更年期とは appeared first on ガール配信局.

意外と身近な病?パニック障害について

モテ子: まずは知ること、受け入れること、かしらね。

「パニック障害」って聞いたことはありますか?女性もかかりやすい心の病気について、今回は理解を深めてみましょう。

パニック障害の症状とは

photo by Fotolia.com

パニック障害とは、突然起こる強い不安と、それにより起こる身体の異常反応(パニック発作)を繰り返す病気です。パニック障害の医学的診断は、以下の症状のうち、4つが起こると診断されます。

  • 動悸、心悸亢進、または心拍数の増加
  • 発汗
  • 身震いまたは震え
  • 息切れ感または息苦しさ
  • 窒息感
  • 胸痛または胸部の不快感
  • 嘔気または腹部の不快感
  • めまい感、ふらつく感じ、頭が軽くなる、気が遠くなる感じ
  • 寒気または熱感
  • 異常感覚
  • 現実感消失または離人感(自分自身から離脱している感覚)
  • “どうにかなってしまう”ことへの恐怖
  • 死ぬことに対する恐怖

これら症状が予期せずに起こり、数分でピークに達し30分ほど持続するといわれています。また、これらの症状が突然起こるために、「またなるのでは」という不安(予期不安)が起きやすくなるほか、公共の場へ行くことへの不安・恐怖が高まり、誰にも助けてもらえないのではないかという考えが浮かぶ「広場恐怖症」を併発しやすいという特徴もあります。

どんな人がかかりやすいの?

パニック障害の生涯有病率は1.5~5%といわれており、これは人数にすると20~60人に1人の割合とされています。また、20代女性がかかりやすい病気との認識もされており、20代前後で発症し、30代半ばでさらに増加傾向にあるともいわれています。

また、病気になりやすい人の性格特性としては、一般的に以下のことがいわれています。

  • 真面目で内向的
  • 神経質、心配性
  • 責任感が強い、頑張り屋さん

これらの性格特徴の共通点としては、“緊張のしやすさ”が挙げられます。他人よりも緊張しやすく、自律神経が高ぶった状態が影響しやすいと考えられているようです。ただ、その一方で、パニック障害は、心や性格に原因があるのではなく、脳の神経伝達物質に問題があるとの指摘もあるため、一概に性格が原因とはいえない部分があります。

パニック発作時の対処法は?

パニック発作時は「このままどうにかなってしまうのではないか」という強い不安や恐怖が起きやすくなります。しかし、医学的にパニック発作で死亡することはないと考えられており、いかにパニック発作から落ち着くのかということが大切です。

photo by Fotolia.com

パニック発作時は、呼吸が浅く、肩で息をする状態になりやすいといわれ、また、いくら吸っても息苦しさが解消されず、過呼吸発作の状態になりやすいです。そのため過呼吸発作時には以下の内容を意識してみましょう。

  • 焦らずにゆっくりと呼吸をするようにする
  • 息を吸うことよりも吐くことに意識を向ける
  • 目を閉じずにあけた状態で過ごす
  • 「大丈夫」と自分に言い聞かせる
  • 安心する相手に寄り添ってもらう

日常生活での工夫

日常生活では、何か違和感のある際の対処方法を事前に確保しておきましょう。例えば、落ち着く避難先を決めておくことや、しっかりと通院し、お薬を処方してもらうことも一つです。心理カウンセリングでは、認知行動療法や自律訓練法といった内容が用いられます。これらは、精神科病院やメンタルクリニックなどで行われることが多いでしょう。

また、ご自分がリラックスできることを見つけることも大切です。その一つとして、女性に人気のあるヨガは、呼吸法を意識したリラクゼーションとして有効でしょう。焦らずに自分に合った対処方法を見つけてみましょう。

文:南/心理カウンセラー

参考文献:DSM-5 精神疾患の診断・統計マニュアル(医学書院)

The post 意外と身近な病?パニック障害について appeared first on ガール配信局.