スパイダーマン

演技は簡単なものじゃない!トム・ホランド、撮影中に3度目の鼻骨骨折

Filed under: , , , ,

『スパイダーマン:ホームカミング』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが、インスタグラムの「ストーリー」機能を使って、撮影中に鼻骨を骨折をしてしまった事をファンに明かした。ホランドが鼻を骨折するのはこれで3度目となる。 最初の骨折は2016年、ニューヨーク映画祭で初公開された映画『ザ・ロスト・シティ・オブ・Z』(原題)の撮影中、そして2度目は今年8月、『カオス・ウォーキング』(原題)(2019年3月1日全米公開予定)撮影中の事だった。今回の骨折は、2019年に公開を予定している『アベンジャーズ4』(仮題)(2019年5月3日全米公開予定)の撮影中に負ったものという憶測があったが、今回も『カオス・ウォーキング』の現場で起きていた事が分かっている。まさに"カオス"な状況の同映画は、ホランドがニック・ジョナスやデイジー・リドリーらと共演するSF作品だ。 以下は、ツイッターに転載されたストーリーの映像だ。顔にひどい傷を負ったホランドは、「演技なんて簡単だと誰が言ったんだ? 鼻の骨折はこれで3度目だ。何てクランクアップの仕方なんだろう」と冗談めかして発言している。

tom holland broke his nose for the third time, my poor baby pic.twitter.com/DStTtYkRFN

- Tom Holland Updates (@tomhupdates) 2017年11月13日 『カオス・ウォーキング』の撮影は終了したので、少なくとも、同じ映画でホランドが再び鼻を折ることはないだろう。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『スパイダーマン』悪役ヴェノムのスピンオフ映画がクランクイン!

Filed under: , , ,

『スパイダーマン』のスピンオフ映画『Venom』(原題)の撮影がスタートした。 同映画は、トム・ホランドが出演したマーベル・シネマティック・ユニバースの一部ではなく、米ソニー・ピクチャーズのマーベル・ユニバースの初映画となる。今年5月、同社は、トム・ハーディが主役エディ・ブロック兼ヴェノムを演じ、2018年10月5日に映画を公開すると発表している。(ちなみに、サム・ライミ監督の『スパイダーマン3』では、トファー・グレイスがエディ・ブロック兼ヴェノムを演じた) ソニー・ピクチャーズの『Venom』公式アカウントで、初日の撮影現場の様子が公開された。

Day 1. #Venom

Venom Movieさん(@venommovie)がシェアした投稿 - 2017 10月 23 7:25午後 PDT

「1日目 #Venom」 エンタメ情報サイト「Variety」によると、コミックでも今回の新しいスピンオフ映画でも、ジャーナリストのエディ・ブロックに異星の寄生生物が取りついて悪役ヴェノムが誕生したという設定は変わらないようだ。 同作品のメガホンをとる『ゾンビランド』のルーベン・フライシャー監督が、「Variety」に語ったところによると、このスピンオフ映画は、ヴェノムの起源や寄生生物が取りついたエディ・ブロックの二面性を描いているという。 「彼らは3つ目の存在になろうとしている。それがヴェノムだ。有名なセリフがある。『君はエディ・ブロック。俺は寄生生物。一緒になると、俺たちはヴェノムになる』(中略)僕はいつも、そのアンチヒーローなスーパーヒーローに惹かれていたんだ。(ヴェノムに)ダークな要素とウィットがあり、ずっとお気に入りだった」と語っている。 ソニー・ピクチャーズは、『Venom』に加え、『Silver & Black』(原題)の製作準備も進めている。報道によると、こちらは、宝石泥棒のブラック・キャットと傭兵のシルバー・セーブルがコンビを組んだ映画となるようだ。 このスピンオフ作品については、『Venom』にも『Silver & Black』にもマーベルは関与しないと報じられており、今年7月には、「ソニーは『Venom』でのスパイダーマンの登場については慎重な姿勢をとっている」と「Variety」が伝えている。さらに、コロンビア・ピクチャーズのサンフォード・パニッチ社長からは、「もし幸運にも(Venomで)1本以上の映画が作れて、フランチャイズを続けられたら、多くのチャンスが生まれるだろう」とのコメントもあった。 キャストに関しては、トム・ハーディの他、リズ・アーメッドとミシェル・ウィリアムズが出演すると報じられている。『Venom』(原題)は、2018年10月5日全米公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『スパイダーマン:ホームカミング』続編、脚本家2人が続投へ

Filed under: , , ,

マーベル・スタジオとソニー・ピクチャーズによる夏の大ヒット映画『スパイダーマン:ホームカミング』の続編には、キャストとスタッフの両方におなじみの名前が多数並ぶことになりそうだ。第1作の脚本チームが第2作も手掛ける見込みであるとエンタメ系情報サイト『The Hollywood Reporter』が報じている。 同サイトのスクープによれば、脚本家のクリス・マッケナとエリック・ソマーズは、『スパイダーマン』の再リブート作がファンと評論家の双方から高い評価を得たことを受け、その続編の脚本を務める交渉の最終段階に入っているという。『The Hollywood Reporter』が指摘しているように、『ホームカミング』はスパイダーマン(今回の最新作で演じたのはトム・ホランド)をマーベル・シネマティック・ユニバースに堂々と戻し入れただけでなく、前回のリブート作が不振に終わったスパイダーマンの経済的な見通しを回復させた。『アメイジング・スパイダーマン2』はファンの共感をあまり得ることができず、スパイダーマンの興行収入は好調だった2000年代初めに比べると下降線をたどっていたのだ。 そんなわけで、マーベルとソニーが『ホームカミング』のメンバーを維持したがっているのも納得できる。マッケナとソマーズに加えてホランドも第2作で続投する見込みであり、ジョン・ワッツも再び監督を務める方向で交渉が進んでいるという。 『スパイダーマン:ホームカミング』続編の製作がいつ始まるのかはまだ分かっていないが、米国では2019年7月5日に公開予定だ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

『スパイダーマン:ホームカミング』の中国版ポスターが秀作揃い!

Filed under: , , , , , ,

マーベルは『スパイダーマン:ホームカミング』の公式米国版ポスターがヒドいとファンたちによっていじり倒されたことを反省したようだ。中国での公開に向けて用意されたポスターは、なかなかいい仕上がりになっている。 日本で大ヒット上映中の『ホームカミング』は、中国でいよいよ9月8日に公開される。それに伴い公開された中国向けのポスターの数々から、マーベル・スタジオが中国を非常に重要なマーケットと考えていることがわかるだろう。 いつもはニューヨークの街を守るスパイダーマンだが、中国版ポスターでは、万里の長城を背景にハンモックで寝転んだり、上海の東方明珠電視塔で自撮りしたり、山間部で馬に乗ったり、パンダと一緒にポーズを決めたりしている。 トム・ホランドも中国でのプロモーションに積極的で、8月29日にインスタグラムに写真をアップしている。

China here we come #spidermanhomecoming

✌️さん(@tomholland2013)がシェアした投稿 - 2017 8月 29 6:00午前 PDT

「中国にやってきました」 『ホームカミング』が米国で公開されたのは7月7日、中国での公開は9月8日なので、ほぼ2ヶ月遅れの公開となる。現在の全世界興行収入は7億3,746万3,429ドル(約815億円)だが、マーベルは中国での公開により10億ドル(約1,101億円)にまで迫ると見込んでいるという。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

ついに公開!映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観る前に知っておきたい6つの事(後編)

Filed under: , , ,

本日(8月11日)、ついに公開となったマーベルの最新作『スパイダーマン:ホームカミング』。 この最新作を観る前に知っておきたい6つの事として、前回は、この作品が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の続編的作品となっている点や、スパイダーマンの起源を描くオリジンストーリーに留まっていない点、高校生活を描いたコメディー的な要素が強い点などをお伝えした。それでは早速、その続きをご紹介しよう。4. アイアンマンが登場する 『ホームカミング』では、MCUによるスパイダーマンシリーズとして初めて、お馴染みのマーベルヒーローが登場することになる。トニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)は本作でピーターの指南役となり、高機能なスーツを贈る。また、スタークには、信頼するボディガード兼ドライバーのハッピー・ホーガン(ジョン・ファヴロー)もいる。 アベンジャーズの他の重要なキャラクターがカメオ出演しても驚くなかれ。少なくとも、アメコミ界の巨匠スタン・リーがカメオ出演することがわかっている。5. 悪役バルチャー スパイダーマンシリーズのリブート作品とは言っても、『スパイダーマン:ホームカミング』にスパイダーマンの昔の悪役が再登場するわけではない。 今回初めてスクリーンに登場するのが、マイケル・キートン演じるエイドリアン・トゥームス/バルチャーだ。トゥームスは、スパイダーマンによってめちゃくちゃになったニューヨークの街を片付ける清掃会社を経営している。しかし、この会社の経営がトニー・スタークによって脅かされたことで、トゥームスは飛行アーマーを身につけ、自ら街を脅かすようになる。 バルチャーの他にもショッカー(ボキーム・ウッドバイン)やティンカラー(マイケル・チャーナス)といった悪役が登場する。6. 続編が2作予定されている 今後もスパイダーマンはMCUの常連となりそうだ。2018年公開の『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』に登場するだけでなく、マーベルは『スパイダーマン:ホームカミング』の続編を少なくとも2作用意しているという。その1作目は2019年7月5日に公開が予定されている。 これがスパイダーマンシリーズを今後も展開するための、ソニーの計画であることは言うまでもない。エディー・ブロック役をトム・ハーディが演じる『Venom』(原題)や、シルバー・セーブルとブラック・キャットを主役にした作品など、いくつかのスピンオフ映画も制作中だ。こうした作品が実際にMCUと関連するのかについては情報が錯綜しているが、トム・ホランド演じるスパイダーマンはしばらく続きそうである。<前編はこちら> ■『スパイダーマン:ホームカミング』関連記事はこちら ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

公開直前!映画『スパイダーマン:ホームカミング』を観る前に知っておきたい6つの事(前編)

Filed under: , , , , ,

マーベルの最新作『スパイダーマン:ホームカミング』が、ようやく日本で公開となる。 この成長し続けるマーベル・シネマティック・ユニバースの最新映画では、主人公のピーター・パーカー/スパイダーマンが、高校生やスーパーヒーローとしてのプレッシャーに挟まれながら奮闘する。 今回は、公開を祝して、この映画を観る前に知っておきたい6つのポイントを2回に分けてご紹介しよう。1. 『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の続編的作品だ 今回の『スパイダーマン:ホームカミング』は、2014年の『アメイジング・スパイダーマン2』の続編ではない。その代わり、昨年の『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に出てきたスパイダーマンが登場する。今回、トム・ホランドが演じるピーター・パーカー/スパイダーマンは、高校生活を送りながらも街を守ることに専念する若きヒーローだ。 ■『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』関連記事はこちら。2. スパイダーマンの起源を描くオリジンストーリーに留まっていない 今回は、観客がこれまで繰り返し映画で観てきたようなスパイダーマンの起源を描くオリジンストーリーは描かれていない。これこそ、『スパイダーマン:ホームカミング』が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の続編的な作品であることの良い所だ。とはいっても、ベンおじさんが亡くなり、ピーターが大いなる力と責任に関する重要な教訓を学んだ運命的な夜へのフラッシュバックはあるだろう。ただ、大部分は、数ヶ月間しかヒーローとしての仕事をこなしていないただの新人ヒーローが、スーパーヒーローへと進化を遂げる第一歩が描かれる。3. 高校生活を描いたコメディーである マーベルは今回、若い俳優を積極的に起用している。前2作のスパイダーマンはピーターの高校生活をあまり描いていなかった(2002年のスパイダーマンでは映画の中盤で高校を卒業している)のに対し、『スパイダーマン:ホームカミング』では、15才のピーターが良い成績を逃すなど、高校生活のプレッシャーも描かれる。 ピーターは、親友であり熱狂的なレゴ好きなネッド役(ジェイコブ・バタロン)から助けてもらうのだが、映画のある時点でピーターの秘密を知ることになる。また、『スパイダーマン:ホームカミング』では、内気で変わった性格のミシェル(ゼンデイヤ)とピーターとの新しい恋も描かれる。 映画『スパイダーマン:ホームカミング』は、2017年8月11日(金・祝)全国ロードショー。 後半は、本作に登場するアイアンマンやヴィランなどについてご紹介しよう。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・ホランド、『スパイダーマン:ホームカミング』の高評価に「泣きそうになったよ」

Filed under: , , , , ,

スパイダーマンも歓喜のあまり泣く事があるようだ。 映画スパイダーマンの新作『スパイダーマン:ホームカミング』が映画評論家による米レビューサイト『Rotten Tomatoes』で"Certified Fresh"(フレッシュ認定)のマークを獲得している。現時点で110件のレビューが投稿され、92パーセントの高評価を受けている。米国での一般公開日は7月7日だが、先週行われたプレス向けの試写会では、絶賛の嵐だった。そんな中、主演のトム・ホランドは、エンタメサイト『Collider』に、高評価のレビューを読んで泣きそうになったと語った。 同サイトは初の試写会の直後の先週、トム・ホランドにインタビューを行った。インタビュアーが同映画はとても良かったと語り、トム・ホランドにツイッターで映画の評価を確認するべきだと伝えると、トム・ホランドは「ツイッターをチェックしたよ。すごくビックリした。今朝起きて、泣きそうになったよ。本当に涙がこぼれ落ちそうになった」と語った。 うれし泣きの時のために、スパイダーマンのスーツにはポケットティッシュ用の秘密のポケットがあるのだろうか? そんな疑問は置いておいて話を先に進めよう。このような映画の製作は、シットコムと違って、ものすごい努力と時間が必要だということを多くの人は理解していない、とColliderが言及すると、トム・ホランドは、「毎日、あのスーツを着て15時間近く撮影しているんだ。大変だよ。本当に大変。撮影は長いし、大変だ。皆もっと大変な仕事をしている。でも、そうは言っても、僕もこの映画に全身全霊で取り組んだんだ。皆に映画を楽しんでもらえて、本当にうれしいよ」と語った。 初期のレビューは高評価が多いが、批判的なレビューも一部存在する。レビューサイト『Metacritic』では、『ホームカミング』は現在、批判的なレビューが45件あり、73スコアを獲得している。これは、『ベイビー・ドライバー』(86スコア)や『ワンダーウーマン』(76スコア)、そして『The Beguiled』(原題)(76スコア)よりも低い数字となっている。そして、『Rotten Tomatoes』でも"Rotten"(腐っている)レビューがいくつかあり、同映画は「新発想に欠けている」とか、「目新しくない」といった声がある。 スパイダーマンの輝きを奪うつもりはない。ただ、ファンは慎重ながらも楽観的で、あまり期待しすぎずに観に行ってほしい。さもなければガッカリしてしまうかもしれないからだ。 『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日、日本公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

コーヒーを待っていたら天井から…スタバで行われたドッキリに客も唖然

アメリカ・ニューヨークのスターバックスで撮影された、最新映画「スパイダーマン ホームカミング(8月11日全国ロードショー)」のプロモーションドッキリイタズラ。これが「凄い!この場に居合わせたかった!」「もし、スパイダーマンが本当に存在するのなら、きっとこんな感じなんだろな」と現在、全米を中心に話題と

スタバで待っていたら天井からスパイダーマンが・・・【ドッキリ映像】

Filed under: , , , ,

スターバックスは、お客さんが飲み物を待っている間、突然スパイダーマンが頭上から降りてくるというドッキリに協力。先日、ソニー・ピクチャーズエンタテインメントが映画『スパイダーマン:ホームカミング』のプロモーションのために今回のドッキリ映像を公開した。 https://www.youtube.com/watch?v=E0yoonHWoXw お客さんは皆、かなり驚いた様子だが、明らかに、誰も飲み物と一緒にスーパーヒーローがやって来るなんて思ってもみなかったようだ。 このドッキリを成功させるため、ドッキリを仕掛けたチームは、マーベルヒーローのスパイダーマンが名前を呼ばれたら、天井から降りてこれるようセッティングした。ドッキリは大成功だったが、映像を見る限り、誰もホットコーヒーをこぼしていない事には驚きだ。 映像の中で、スパイダーマンは終始マスクを装着しているため、同映画でスパイダーマン役を務めるトム・ホランド本人ではないのであろうが、スパイダーマンのスーツの中に誰が入っていたとしても、すばらしいアクロバットを披露してくれた。 映画『スパイダーマン:ホームカミング』は8月11日、日本公開予定。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink

トム・ホランド、「『アイアンマン2』に出てきた少年は後のピーター・パーカー(スパイダーマン)だった」説を認める

Filed under: , , , , , ,

スパイダーマンはやはり、マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の新顔ではなかった。 『スパイダーマン:ホームカミング』(2017年8月11日に日本公開予定)で十代のピーター・パーカーを演じているトム・ホランドが、ピーターのMCU初登場に関してファンが長年抱いてきた説が正しいと認めた。 2010年に公開された『アイアンマン2』の中で、アイアンマンマスクを着けた少年がキラーロボットと対峙する場面がある。ぎりぎりの瞬間、トニー・スターク(ロバート・ダウニー・Jr)が飛んできて少年を救い、「いいぞ、坊主」と告げる。 このマスクの少年は幼い頃のピーター・パーカーであるという説が、ファンの間で浮上。年齢的につじつまが合い、スタークエキスポはクイーンズ(ピーターの地元)で開催されており、彼はアイアンマンの大ファンであるからだ。 そして今回、トムがその説を認めた。「あれはピーター・パーカーだ」と『Huffington Post』に述べたのだ。 トムはこう続けている。「今日から認められるよ。ほんの20分前にケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオの社長で一連のマーベル映画のプロデューサー)と話したんだ。大きくて古いネタバレかもしれないけど、もう解禁さ。クールだ。ピーター・パーカーが初めからこのユニバースにいたなんていいよね」 とは言え、『UPROXX』が伝えるところによると、『アイアンマン2』に登場したピーター少年を演じたのは、トム自身ではなく、『アイアンマン2』で監督を務めたジョン・ファヴローの息子だったようだ。 ■参照リンクhttp://www.moviefone.com/

Permalink