スマート化

シャープ初のAndroid TV採用。音楽とゲームも楽しめるAIoTテレビ『AQUOS 4K』5機種を発売へ

スマートデバイスっぽい機能がテンコ盛りの新型テレビです。

シャープが50型から60型まで計5機種の4K液晶テレビ『AQUOS 4K』(UH5シリーズ/US5シリーズ)を発表しました。

スピーカーシステムの違いで2つのシリーズに分類されており、総合出力80W、2.1ch 3WAY 10スピーカーの「AROUND SPEAKER SYSTEM」を組み込んだUH5シリーズが60V型と55V型の2機種(上画像・上段の2つ)、総合出力35Wで2.1ch 3WAY、5スピーカー構成の「FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUS」搭載のUS5シリーズは60V型/55V型/50V型の3機種(上画像・下段の3つ)、それぞれラインアップされます。5モデルとも発売日は2017年11月11日になるとのこと。

「AI」+「IoT」=「AIoT」を搭載したテレビ

今回の目玉機能のひとつ「COCORO VISION」(ココロビジョン)は、人工知能がユーザーの好みを学習し、おすすめ番組を音声で知らせてくれるクラウドサービス。2016年に発売されたSTB『AQUOSココロビジョンプレーヤー』に続き、テレビ本体にも搭載されることになりました。人感センサーによる自動電源オン、スマホとの連携など、ココロビジョン自体の使い勝手もますます便利にパワーアップしている模様。

「Android TV」、そして音楽やゲームにも対応

AQUOSシリーズ初となる、「Android TV」採用機であることも今回の新機種の大きな特徴。Google Playから各種アプリをインストールできるのはもちろん、4K動画の配信サービスが使えることにより、4K画質のテレビとしての利用シーンが広がることでしょう。リモコンに内蔵されたマイクを使っての音声検索にも対応していますよ。

また、これまでもAQUOS向けのコンテンツ配信サービスとして「COCORO VIDEO」という動画サービスが提供されていましたが、今回の新機種と同時に「COCORO MUSIC」「COCORO GAME」が新たに発表されました。

これらはレコチョクやジークラスタといった外部サービスを利用してサービス提供されるもので、邦楽・J-POPを中心にした650万曲以上の楽曲、「信長の野望・創造」やファイナルファンタジーシリーズといったゲームを定額料金で楽しめるとされています。これらのサービス開始も2017年11月11日。

さらにスマートテレビ色の強まった今回の『AQUOS 4K』。オープン価格となっていますが実売価格はUH5シリーズの『LC-60UH5』が40万円、『LC-55UH5』が34万円、US5シリーズでは『LC-60US5』が33万円、『LC-55US5』が27万円、『LC-50US5』が24万円ほどになる見込み(すべて税別)。

シャープとしては同社の4Kテレビに占める「AIoTテレビ」の構成比を80%以上にすることを目指しているそうで、今回の新モデルはこれからのシャープ製テレビの方向性を示すものになると言えそうです。

取材・撮影/編集部 文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

AIoT対応液晶テレビ『AQUOS 4K』5機種を発売(ニュースリリース:シャープ) 薄型テレビ/液晶テレビ アクオス(シャープ)

シャープ モバイル型ロボット電話 ロボホン SR-01M-W

The post シャープ初のAndroid TV採用。音楽とゲームも楽しめるAIoTテレビ『AQUOS 4K』5機種を発売へ appeared first on デジノ杜.

デジタル魔球の誕生か!? ミズノが野球ボールの回転解析システム『MAQ(マキュー)』を開発

「さあ飛雄馬、放ってみろ。デジタル世代としての第一球を!」

星一徹がそう言ったかは定かでありませんが、総合スポーツ用品メーカーのミズノは、野球ボールの回転を解析する新システム『MAQ(マキュー)』を発表しました。これはボールに内蔵されたセンサーとスマホアプリの連動によってボールの回転数や回転軸、速度などを分析するというもの。2018年春の製品化を目指して開発を進めており、販売価格は本体1万9800円、充電器1万5000円を想定しているとのことです。

ボールの芯に高感度磁気センサーが入っている!?

『MAQ』のシステムで肝となるのが、硬式球と同じ質量・バランス、材質のまま高感度磁気センサー「MI(エムアイ)センサ」を内蔵した専用のボール。センサーがボール回転にともなう微弱な地磁気変動を測定し、毎秒50回転に迫るというプロ野球選手の投球であっても検知できるのだそう。この測定データから「伸びのあるストレート」「切れのある変化球」といった球種を可視化して、練習の精度向上に貢献してくれます。

ボール内のリチウム二次電池が置くだけ充電に対応していたり、選手やコーチが投球データをスマホアプリで管理できたりするのも、実に最近のスマートデバイスらしい仕様と言えるでしょう。

デジタル技術がスポーツ選手のパフォーマンスを向上させる?

今後もミズノではセンサーやIT技術をスポーツに活用するための研究開発を行っていくとのことで、この『MAQ』についても硬式野球ボールだけでなく、ソフトボールなど他種目への応用を目指しているとのこと。スポーツトレーニングは精神論や経験・感覚的な指導から数値に裏づけされた科学的な指導への移行がますます加速していくことになるのでしょう。漫画・巨人の星に登場した『大リーグボール養成ギプス』のようなアナログなトレーニング器具はもはや過去のものというわけです。

ちなみに『MAQ』のボールはあくまで投球専用で、バットで打つことはできないとされています。ポリカーボネート製カプセルやシリコーンゲルで耐衝撃性を高められているとはいえ、センサーやバッテリーが内蔵されているんですもんね。たしかに納得です。

文/ワタナベダイスケ(編集部)

関連サイト

野球ボール回転解析システム「MAQ(マキュー)」プロトタイプ完成(ミズノ)

巨人の星 すべての始まり!! 大リーグボール養成ギプス! (講談社プラチナコミックス)

The post デジタル魔球の誕生か!? ミズノが野球ボールの回転解析システム『MAQ(マキュー)』を開発 appeared first on デジノ杜.

話のわかるヤツ。パナソニックからGoogle Assistant搭載のHi-Fiスマートスピーカー『SC-GA10』登場

最近流行りのスマートスピーカーに、高品質というエッセンスをプラスした製品の登場です。

パナソニックはAIアシスタント「Google Assistant」を搭載したスマートスピーカー『SC-GA10』を海外発表しました。ボイスコマンドでさまざまなオンラインサービスが利用できるだけでなく、高音質な音楽再生が楽しめるのもこのスマートスピーカーの特徴。本体カラーはブラックとホワイトの2色がラインアップされます。

声でスピーカーを操ろう

スマートフォン上で「Google Assistant」を利用したことがある人なら想像しやすいかと思いますが、この『SC-GA10』でも「Ok Google」と話しかけることで、さまざまなボイスコマンドを理解してくれます。音楽再生のコントロール機能であれば、自分の楽曲ライブラリだけでなくSpotifyやGoogle Play Musicなどの音楽配信サービスからでも楽曲の検索や再生ができますし、天気予報やカレンダーのチェック、家電コントロールにまで音声でアクセスできます。掃除や料理の途中で手が離せない時、出勤前の慌ただしい時間などに役立ってくれそうですね。

再生品質にもこだわり

さらに、スピーカーの再生品質にもこだわっているのがこの製品の特徴です。シンプルな角柱状の筺体内部には8cm径のウーファー1発と2cm径のソフトドームツイーター2発を搭載し、低音から高音まで幅広い音域で高音質な音楽再生が可能です。またスマートスピーカー製品らしく家電製品との連携にも優れ、Chromecastに対応したTVと連動したり、スマート照明のコントロールができます。グローバルでの発表では2018年の早い時期に発売されるとのことですが、日本市場での展開についてはまだ明らかになっていません。

文/塚本直樹

関連サイト

『SC-GA10』製品情報ページ(英語) Panasonic LIVE@IFA 2017

パナソニック ワイヤレススピーカーシステム 防水 Bluetooth AllPlay対応 ホワイト SC-ALL05-W

The post 話のわかるヤツ。パナソニックからGoogle Assistant搭載のHi-Fiスマートスピーカー『SC-GA10』登場 appeared first on デジノ杜.

話のわかるヤツ。パナソニックからGoogle Assistant搭載のHi-Fiスマートスピーカー『SC-GA10』登場

最近流行りのスマートスピーカーに、高品質というエッセンスをプラスした製品の登場です。

パナソニックはAIアシスタント「Google Assistant」を搭載したスマートスピーカー『SC-GA10』を海外発表しました。ボイスコマンドでさまざまなオンラインサービスが利用できるだけでなく、高音質な音楽再生が楽しめるのもこのスマートスピーカーの特徴。本体カラーはブラックとホワイトの2色がラインアップされます。

声でスピーカーを操ろう

スマートフォン上で「Google Assistant」を利用したことがある人なら想像しやすいかと思いますが、この『SC-GA10』でも「Ok Google」と話しかけることで、さまざまなボイスコマンドを理解してくれます。音楽再生のコントロール機能であれば、自分の楽曲ライブラリだけでなくSpotifyやGoogle Play Musicなどの音楽配信サービスからでも楽曲の検索や再生ができますし、天気予報やカレンダーのチェック、家電コントロールにまで音声でアクセスできます。掃除や料理の途中で手が離せない時、出勤前の慌ただしい時間などに役立ってくれそうですね。

再生品質にもこだわり

さらに、スピーカーの再生品質にもこだわっているのがこの製品の特徴です。シンプルな角柱状の筺体内部には8cm径のウーファー1発と2cm径のソフトドームツイーター2発を搭載し、低音から高音まで幅広い音域で高音質な音楽再生が可能です。またスマートスピーカー製品らしく家電製品との連携にも優れ、Chromecastに対応したTVと連動したり、スマート照明のコントロールができます。グローバルでの発表では2018年の早い時期に発売されるとのことですが、日本市場での展開についてはまだ明らかになっていません。

文/塚本直樹

関連サイト

『SC-GA10』製品情報ページ(英語) Panasonic LIVE@IFA 2017

パナソニック ワイヤレススピーカーシステム 防水 Bluetooth AllPlay対応 ホワイト SC-ALL05-W

The post 話のわかるヤツ。パナソニックからGoogle Assistant搭載のHi-Fiスマートスピーカー『SC-GA10』登場 appeared first on デジノ杜.

2万4800円で始められる自宅IoT化セット『mouseスマートホーム スターターキット』が発売に

難しそうなスマートホーム化がお手軽に始められそう

家電をネットワークにつなげてスマホで管理……そんな最近流行の「スマートホーム」。試してはみたいけどハードルが高そう、そんな人にうってつけな『mouse スマートホーム スターターキット』がマウスコンピューターから登場しましたよ。

こちらは、テレビやエアコンを赤外線で操作できる「ルームハブ」、電源プラグを管理できる「スマートプラグ」、LED電球形の「スマートLEDライト」、赤外線で人の動きをキャッチしてくれる「モーションセンサー」、そしてドアの開閉状況を感知する「ドアセンサー」と、これから自宅のスマートホーム化を始めるのに良さそうな5つの機器がセットになったモデル。本日(2017年8月24日)発売で、価格は2万4800円(税別)です。

「ルームハブ」はそのほかの機器との連携機能を備える心臓部的な存在です。スマホやパソコンに専用アプリ「スマートシナリオ」をインストールしておけば、この「ルームハブ」を介して、各機器を操作したり、各機器からの情報を受け取ったりできる仕組み。加えて、ドアセンサーが開閉を感知したらLEDライトを点灯させる、モーションセンサーが動きを感知したらスマートプラグに接続した機器をオンにする、といった機器同士を連携させる“シナリオ”が自分で作成できるのもポイントです。

▲スマホ用の専用アプリ。もちろん自宅内だけでなく、インターネット経由で外出先からでも接続できます。

将来的にさらなるシステム拡張・他社製品との連携も

▲スターターキットに含まれる5つの機器は、単体販売も行われる予定。

マウスコンピューターによれば、今後は「mouseスマートホーム」シリーズの製品を拡充していく予定とのこと。近日中に、「ルームハブ」に接続できる空気清浄機やPM2.5センサーが発売される見込みとなっているほか、他社製機器などとの連携も視野に入れているんだとか。また、APIの公開も予定しているそうです。あらゆる家電がネットワークに繋がるスマートホーム時代が近づいている予感がしますね。

▲スマート空気清浄機。3万4800円(税別)、近日販売開始予定。

▲PM2.5センサー。9980円(税別)、近日販売開始予定。

文/塚本直樹

関連サイト

『mouse スマートホーム』製品情報ページ 『mouse スマートホーム』プレスリリース

The post 2万4800円で始められる自宅IoT化セット『mouseスマートホーム スターターキット』が発売に appeared first on デジノ杜.

電動アシスト自転車にもいよいよAI連携モデルが出現!? その実力はいかに

電動アシストがついただけでも超進化なのに、 その上AIまでついちゃうんですか。最近の自転車って!

これまでもさまざまな製品が登場している電動アシスト自転車ですが、クロアチアのMobile Vehicle Technologyが開発をすすめるリラックススタイルの電動自転車『Grunner』は、他の車両とはひと味もふた味も違います。なんてったって、人工知能「Emma」による交通情報の提供を受けられるというのですから。

スマートな管理システムに、AI搭載……だと……?

このマシンの最注目ポイントが、人工知能「Emma」(上画像)と連携可能なこと。現在開発中の「Emma」はクラウドベースによる交通情報の調査や自動運転機能、情報データベースが利用可能なんだとか。正直Emmaがどのように電動自転車の運転に役立つのかは不明ですが、AI搭載と言われると、とにかくなんだか凄そうです。

本体の7インチディスプレイには走行スピードや残りの走行距離が表示でき、GPSを利用して自分が今どこを走っているのかだって把握できます。また、自転車の解錠にはスマホが利用され、不審者が自転車を盗もうとした場合にはアラームを鳴らしたり、子どもが乗る際には走行スピードを制限したりすることも可能です。

ゆったり乗れるフレーム構造

電動アシスト自転車としての『Grunner』は専用のステンレス・チューブ製フレームを採用し、中央にはショックを和らげるスプリングを搭載。これにより、ロー&ロングな独自のフォルムの獲得に成功したんだそうですよ。フロントスプロケットは3速かシングルから選択可能で、リアスプロケットには3速か6速のものが搭載予定となっています。

電動アシストを利用した際の走行速度はエコモード時で25km/h、パワーモード時で50km/h。巡航可能距離がエコモード時で180km、パワーモード時で100kmになるとのことです。

未来のスタンダード電動アシスト自転車になれるか

『Grunner』は現在公式ホームページで仮予約を受け付けており、2017年中旬に発売予定となっています。価格情報を含めて謎な点が多いこの電動バイクですが、製品化の暁にはぜひAI機能を体験してみたいものです。

文/塚本直樹

関連サイト

『Grunner』情報ページ(英語) Mobile Vehicle Technology Facebookアカウント Mobile Vehicle Technology Instagramアカウント

人工知能はどのようにして 「名人」を超えたのか?―――最強の将棋AIポナンザの開発者が教える機械学習・深層学習・強化学習の本質

The post 電動アシスト自転車にもいよいよAI連携モデルが出現!? その実力はいかに appeared first on デジノ杜.