セキュリティ

スマホで確定申告が可能に? 「iPhone非対応」にネットざわつく

(utah778/iStock/Thinkstock)

さまざまな手続きがインターネット上で行えるようになってきた昨今。ついに確定申告までもがスマホで行えるという朗報が飛び込んできた。

しかし、国税庁が示した「条件」がインターネット上で話題となっている。

 

■スマホで確定申告が可能に?

報道によると、1日の政府税制調査会にて財務省・国税庁は2019年1月より、スマホでマイナンバーカードを読み取り、電子証明書を取得することでインターネット上で確定申告を可能にしていく考えを示した。

これまでにも、スマホから国税庁のホームページにアクセスし、所得税などの申告書を作成することはできたが、最終的には印刷したものを税務署などへ提出しに行く必要があった。

しかし、現在マイナンバーカードの読み取り機能を搭載しているスマホは十数種類で、iPhoneは非対応。日本経済新聞はこの問題について、「国税庁や総務省はカードの読み取りができるスマホの普及をメーカーに求めていく」と伝えている。

 

■さまざまな懸念の声

インターネット上では「iPhoneが非対応」であるなどの問題に対し、様々な意見が飛び交っている。

・この小さい画面で確定申告書類を書く気にはなれません

 

・iPhone非対応…

 

・スマホで確定申告ねぇ…iPhoneは非対応だし、セキュリティ面は大丈夫なのかな?

 

iPhoneユーザーからの「残念」といった声が目立つ。また、重要な個人情報を扱うため、セキュリティ面に対する懸念の声も多くあげられている。

 

■そもそも「マイナンバーカード」持ってる?

マイナンバー記載の身分証明書として、確定申告をはじめ様々なシーンで持っていると便利なマイナンバーカード。申請する義務はないのだが、普及率はどのくらいなのだろうか。

しらべぇ編集部が2016年12月の時点で行った調査では、全体で38.1%の人が「持っていない」と回答。職業別に見てみると、公務員が最も高い割合を占めた。

今年も到来しつつある「年末調整」や「確定申告」シーズン。必要な資料の収集など、ゆとりを持って迎えたい。

りゅうちぇるインタビュー 今も将来も「イケてる自分をずっとやりたい」

26日、タレントのりゅうちぇる(22)が出演した動画「スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~」が公開された。

動画では、りゅうちぇる自身が実際に体験した、スマートフォンでの恐怖体験を怪談話のようにシリアスな表情で語る内容になっている。

スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~より)

 

■演技派じゃね?

「SNSは僕の居場所」と話すりゅうちぇるが、先日、SNSアカウントを乗っ取られたと明かして話題となった。

しらべぇ取材班は、動画収録後のりゅうちぇるにインタビューを敢行。自身の乗っ取り被害の状況や、将来思い描く活動など、話を聞いた。

(りゅうちぇる)

――撮影を終えて率直な感想や、苦労した点は?

りゅうちぇる:ふだん、怖い感じで喋ることは本当にないので、そういう風なスイッチの入れ方は初めてしたんですけれど、「あれ? 割と演技派じゃね?」って感じるぐらい、全然できちゃいました(笑)

 

――乗っ取りがわかった時の状況は?

りゅうちぇる:本当にパニクって、マネージャーさんにまず連絡することしかできなかったんです。

 

自分の周りも、乗っ取りにあった時の対処法を知っている人はいなかったし、「本当に乗っ取りにあってるの?」みたいな感じだった。

 

事務所の方で、SNSや機械に詳しい方に相談したのと、いかにも乗っ取りみたいな投稿をされてしまったので、「この投稿は僕じゃないです」と投稿しました。

 

■対処法を知らない人が多い

――対策が充分ではなかった?

りゅうちぇる:テレビに出させていただく前の、学生時代から同じアカウントをずっと使ってたんですけど、一度も乗っ取られたことがなかったので、「自分だけは大丈夫」って感覚はどうしてもありました。本当に、誰でもなるんじゃんって。

 

乗っ取られたら、パスワードとか、自分の個人情報が知られた後だから、本当に遅くて…。

 

回復方法や、乗っ取りされないための対策をちゃんと知っておけば、めちゃめちゃよかったなーと思いました。

 

「なにか対処法知っていますか?」って、SNSに投稿して、みなさんから教えて貰おうとしたこともあるんですけれど、正確な対処法は知らない人が多くて、割と知られてないんだなと思います。

 

――周りから乗っ取りに関して何か反応は?

りゅうちぇる:「乗っ取られてたねー。怖いねー」みたいな反応は、テレビの収録現場やお仕事の方の他に、家族とかにも言われましたね。

 

(妻・ぺこからは)「ほんとに?」って感じで半信半疑でした。

りゅうちぇるインタビュー 今も将来も「イケてる自分をずっとやりたい」

26日、タレントのりゅうちぇる(22)が出演した動画「スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~」が公開された。

動画では、りゅうちぇる自身が実際に体験した、スマートフォンでの恐怖体験を怪談話のようにシリアスな表情で語る内容になっている。

スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~より)

 

■演技派じゃね?

「SNSは僕の居場所」と話すりゅうちぇるが、先日、SNSアカウントを乗っ取られたと明かして話題となった。

しらべぇ取材班は、動画収録後のりゅうちぇるにインタビューを敢行。自身の乗っ取り被害の状況や、将来思い描く活動など、話を聞いた。

(りゅうちぇる)

――撮影を終えて率直な感想や、苦労した点は?

りゅうちぇる:ふだん、怖い感じで喋ることは本当にないので、そういう風なスイッチの入れ方は初めてしたんですけれど、「あれ? 割と演技派じゃね?」って感じるぐらい、全然できちゃいました(笑)

 

――乗っ取りがわかった時の状況は?

りゅうちぇる:本当にパニクって、マネージャーさんにまず連絡することしかできなかったんです。

 

自分の周りも、乗っ取りにあった時の対処法を知っている人はいなかったし、「本当に乗っ取りにあってるの?」みたいな感じだった。

 

事務所の方で、SNSや機械に詳しい方に相談したのと、いかにも乗っ取りみたいな投稿をされてしまったので、「この投稿は僕じゃないです」と投稿しました。

 

■対処法を知らない人が多い

――対策が充分ではなかった?

りゅうちぇる:テレビに出させていただく前の、学生時代から同じアカウントをずっと使ってたんですけど、一度も乗っ取られたことがなかったので、「自分だけは大丈夫」って感覚はどうしてもありました。本当に、誰でもなるんじゃんって。

 

乗っ取られたら、パスワードとか、自分の個人情報が知られた後だから、本当に遅くて…。

 

回復方法や、乗っ取りされないための対策をちゃんと知っておけば、めちゃめちゃよかったなーと思いました。

 

「なにか対処法知っていますか?」って、SNSに投稿して、みなさんから教えて貰おうとしたこともあるんですけれど、正確な対処法は知らない人が多くて、割と知られてないんだなと思います。

 

――周りから乗っ取りに関して何か反応は?

りゅうちぇる:「乗っ取られてたねー。怖いねー」みたいな反応は、テレビの収録現場やお仕事の方の他に、家族とかにも言われましたね。

 

(妻・ぺこからは)「ほんとに?」って感じで半信半疑でした。

りゅうちぇるインタビュー 今も将来も「イケてる自分をずっとやりたい」

26日、タレントのりゅうちぇる(22)が出演した動画「スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~」が公開された。

動画では、りゅうちぇる自身が実際に体験した、スマートフォンでの恐怖体験を怪談話のようにシリアスな表情で語る内容になっている。

スマ用心~油断大敵、スマホに潜む危険~より)

 

■演技派じゃね?

「SNSは僕の居場所」と話すりゅうちぇるが、先日、SNSアカウントを乗っ取られたと明かして話題となった。

しらべぇ取材班は、動画収録後のりゅうちぇるにインタビューを敢行。自身の乗っ取り被害の状況や、将来思い描く活動など、話を聞いた。

(りゅうちぇる)

――撮影を終えて率直な感想や、苦労した点は?

りゅうちぇる:ふだん、怖い感じで喋ることは本当にないので、そういう風なスイッチの入れ方は初めてしたんですけれど、「あれ? 割と演技派じゃね?」って感じるぐらい、全然できちゃいました(笑)

 

――乗っ取りがわかった時の状況は?

りゅうちぇる:本当にパニクって、マネージャーさんにまず連絡することしかできなかったんです。

 

自分の周りも、乗っ取りにあった時の対処法を知っている人はいなかったし、「本当に乗っ取りにあってるの?」みたいな感じだった。

 

事務所の方で、SNSや機械に詳しい方に相談したのと、いかにも乗っ取りみたいな投稿をされてしまったので、「この投稿は僕じゃないです」と投稿しました。

 

■対処法を知らない人が多い

――対策が充分ではなかった?

りゅうちぇる:テレビに出させていただく前の、学生時代から同じアカウントをずっと使ってたんですけど、一度も乗っ取られたことがなかったので、「自分だけは大丈夫」って感覚はどうしてもありました。本当に、誰でもなるんじゃんって。

 

乗っ取られたら、パスワードとか、自分の個人情報が知られた後だから、本当に遅くて…。

 

回復方法や、乗っ取りされないための対策をちゃんと知っておけば、めちゃめちゃよかったなーと思いました。

 

「なにか対処法知っていますか?」って、SNSに投稿して、みなさんから教えて貰おうとしたこともあるんですけれど、正確な対処法は知らない人が多くて、割と知られてないんだなと思います。

 

――周りから乗っ取りに関して何か反応は?

りゅうちぇる:「乗っ取られてたねー。怖いねー」みたいな反応は、テレビの収録現場やお仕事の方の他に、家族とかにも言われましたね。

 

(妻・ぺこからは)「ほんとに?」って感じで半信半疑でした。

あらゆる現場にワンタッチで対応!? マグネットでアクセサリを装着できるヘルメット

アウトドアグッズにも応用できないかな……。

工事現場などで目にするおなじみの「ヘルメット」ですが、特殊な作業現場用の製品を除けば大きな進化がない製品ジャンルという印象。しかし、作業員の安全性を改善できる余地はもっとあるはずと考えたデザイナーJAEHOONJUNG氏により、モジュール形式でアクセサリを装着できるヘルメット『Unit Helmet』が考案されました。

様々なアクセサリをマグネットで装着

このヘルメットには複数箇所のマグネット式アクセサリ・マウントが設けられています。ここにワンタッチでサンバイザーやトーチ(ライト)、防音用のイヤーマフ、フェイスバイザー等を取り付けることにより、作業現場に合わせた機能を追加できるというのです。

用途にあったアクセサリの選択を

例えば周囲が暗いときにはトーチを装着。

激しい騒音が想定されるケースでは防音イヤーマフが必須でしょう。

太陽光が眩しい場所ではフェイスバイザーを取り付け……

顔面のガードが必要な現場ではフェイスバイザーを利用するのです。

この『Unit Helmet』はあくまでもデザインコンセプトとして製作されたもので、そのまま製品化されるというわけではありませんが、様々な現場に1つのヘルメットとアクセサリで対応できるのは、なんとも利便性が高そうですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Unit Helmet』情報サイト(英語)

IZANO 防災用 たためる ヘルメット ホワイト

The post あらゆる現場にワンタッチで対応!? マグネットでアクセサリを装着できるヘルメット appeared first on デジノ杜.

ハンドルバーに仕込めば愛車の位置がわかる!完全に隠せるたった50gの自転車GPSトラッカー

見た目に影響を及ぼさず、セキュリティは向上。

自転車の盗難防止器具といえば、ゴツいロックや愛車を追跡できるGPSトラッカーなどがありますが、それらはスマートな自転車にあまり似合わないことも。もっとスマートなセキュリティグッズはないのかな……と思っていたところ、イタリアのSherlock S.r.lが自転車の内部に隠れるGPSトラッカー『SHERLOCK BOX』を販売していました。価格は149ユーロ(約2万円)。残念ながら日本への配送には対応していないようですが、最先端の自転車セキュリティグッズの機能性をちょっとチェックしてみましょうか。

ぐにっと曲がってハンドルバーに入ります

『SHERLOCK BOX』の特徴はなんといっても自転車への装着方法。円筒形の本体が曲がることで自転車のハンドルバーに内蔵できるんです。つまり、バイクの外観には手を加えず、気軽にGPSでの検索機能が追加できるというわけ。ストレート形状のハンドルバーにも収納可能とのことです。GPSの精度は最大5メートルの誤差と、十分に実用的なレベルです。なお、製品本体は重量が50g。充電には付属のmicroUSBケーブルを利用し、2週間程度バッテリーが持つようです。

アプリで常時監視

iOSとAndroid OS向けが用意される専用アプリでは、GPS情報を利用して愛車の位置が常に確認できます。また本体には振動検知機能も備えており、不意に自転車が動かされた時にはオーナーへ通知が来るように設定できるほか、警察へ連絡する設定も可能だそう。

販売国の拡大を待ちましょう

『SHERLOCK BOX』の製品価格には、GPS情報の発信に必要な2年間のインターネット接続契約が含まれているのだそうで、3年目からは月額3ユーロの接続料金が別途必要とのこと。今後はニュースレターで販売国の拡大についてアナウンスしていく方針で、いつか日本でもこのスマートなGPSトラッカーが発売されるかもしれません。

文/塚本直樹

関連サイト

『SHERLOCK BOX』製品情報サイト

Panasonic(パナソニック) U型ロック [ブラック] シリコンカバー Wディンプルキー SAJ080B

The post ハンドルバーに仕込めば愛車の位置がわかる!完全に隠せるたった50gの自転車GPSトラッカー appeared first on デジノ杜.

盗難、紛失を防ぐ!貴重品を守るセキュリティバッグ【目的別旅行カバン】

旅行のお供といえば旅行カバン。最近では、持ち歩きに便利なスーツケースにやや人気が集中しているが、身軽なバックパックも捨てがたい。そこで今回は旅を快適にする旅行カバンを目的別に紹介する。

財布やパスポートを失くさない セキュリティバッグ

貴重品を服の下に隠せる薄型ポーチ

モンベル セキュリティーベルト 実勢価格:2592円

航空券やパスポート、紙幣などを収納できる。体に触れる部分は3Dメッシュになっているので、蒸れにくい。ウエストに着けたり、バックルを付け替えて首から下げることも可能。

 

万が一、紛失した際はアプリで捜索

+Style Chipolo Plus(チポロ プラス) 実勢価格:3888円

スマホとペアリングして、失くしモノの位置をマップ表示&音を鳴らして見つけてくれるloTグッズ。PCや鍵のほか、防水タイプなのでバックパックやスーツケースなどにつけても使える。

Chipolo plus -チポロ- Bluetooth ロケーター アイテムトラッカー #A455 (Plus ミントグリーン) [並行輸入品]

 

スリ被害を防ぐ多機能リュック

XD Design BOBBY 実勢価格:1万6070円

高密度・軽量素材の6層構造で、刃物による切りつけや衝撃から守る。外側からジッパーが見えないので、知らぬうちにジッパーを開けられるのも防げる。背当て部分には貴重品の保管に便利な隠しポケットもあり。

Bobby, は 世界が認めた防犯・耐刃・防水性の多機能リュックです by XD Design (グレー)

文/鳥居優美

※『デジモノステーション』2017年9月号より抜粋

The post 盗難、紛失を防ぐ!貴重品を守るセキュリティバッグ【目的別旅行カバン】 appeared first on デジノ杜.

クレジットカードサイズの拳銃が登場。もはや悪用厳禁ってレベルじゃない

そもそも日本で所持できないのはご存知の通りですが。

アメリカなど個人による銃の所有が認められている国では、護身用の小型ハンドガンに一定のニーズがあるのだそう。それにしても、米ノースカロライナ州に所在する「トレイルブレーザー・ファイアアームズ」から発表された拳銃『LIFECARD』は、小型にもほどがあります。なにしろ折りたたむとクレジットカード程の大きさになるというのですから。製品価格は399ドル(約4万4000円)。米国では2017年8月中旬の出荷が予定されています。

折りたたんだ状態ではちょうどクレジットカードと同一サイズ。中央からパカっと開けば銃身とグリップが現れ、中央部にはトリガーがせり出します。銃身部分に装填できる弾丸は22口径弾1発のみですが、グリップ内にも4発の弾丸が収納可能。拳銃としての機能を完全に備えながらズボンのポケットやポーチに余裕で入ってしまうサイズは衝撃的ですね。

小さすぎることもあって誤操作や暴発が心配ですが、小型サイズながらセーフティー機構はきちんと搭載されている模様。また、利き手を選ばない両手仕様となっています。

『LIFECARD』はバレルやボルト、トリガーが鋼鉄製。一方フレームやハンドル部分には軽量なアルミニウム素材が採用されたことで、本体重量が約200gにまで抑えられています。できれば銃とは無縁の生活を送りたいものですけれど、世界にはこうした小型ハンドガンがいくつも存在しているのかもしれませんね。

文/塚本直樹

関連サイト

『LIFECARD』製品情報ページ(英語) 『LIFECARD』スッペクシート(英語、PFD)

ゴム手裏剣 四方 -SHIHO- 5枚(しのびやオリジナル)

The post クレジットカードサイズの拳銃が登場。もはや悪用厳禁ってレベルじゃない appeared first on デジノ杜.

是が非でも盗ませない。アラームやGPSで自転車泥棒に立ち向かうスマートロック

自転車泥棒への対策として、これだけ念入りなアイテムはそうそうないはずです。

終わることなき自転車オーナーと自転車泥棒との戦いに、新たな新兵器が投入されました。クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場したのは、アラームやスマホへの通知、GPSによる監視など、ありとあらゆる手段で自転車を守ってくれる、スマートロック『Deeper Lock』です。

近所には大音量アラーム、持ち主のスマホには通知を発信

自転車へのロック部分が厚さ1.35cmの鋼鉄で製造され、見るからにいかにも頑丈そうな『Deeper Lock』。見た目もさることながら、その内部には振動センサーと大音量アラームが内蔵されるなどかなりのハイテク鍵なんです。ひとたび泥棒が無理やりロックを破壊しようとしたならば、110デシベルもの大音量で警告音を発して周りの注意を引き、泥棒を追い払おうと試みます。

さらに、アラームの発報と合わせて持ち主のスマホへ緊急通知を送信。もし自転車の近くにいれば、駆けつけて盗難を防げるかもしれません。

GPS、ソーラー発電システムを搭載したスマートロック

自転車の位置は製品に内蔵されたGPS装置により、継続的に監視できます。特筆すべきポイントとして、太陽電池の自家発電による長期間の利用が可能。製品は湿度や水濡れに強い構造となっており、屋外でも安心して利用できそうです。また、ロックの解除は専用のスマホアプリでワンタッチ。家族や友人と「スマート鍵」を共有することもできます。

『Deeper Lock』は資金募集のキャンペーンを続けており、プロジェクトが成功した暁には現時点では179ドル(約2万円)の支援で1つ入手できます。製品の出荷時期は2018年3月を予定していますが、残念ながら日本への配送には対応していないようです。国内でも高級自転車の盗難が問題になっているので、使ってみたかったんだけど……残念。

文/塚本直樹

関連サイト

『Deeper Lock』プロジェクトページ(英語)

Qrio Smart Lock (キュリオスマートロック) スマートフォンで自宅のドアをキーレス化 Q-SL1

The post 是が非でも盗ませない。アラームやGPSで自転車泥棒に立ち向かうスマートロック appeared first on デジノ杜.

犯人のカメラ撮影から警察への通報までしてくれる唐辛子防犯スプレー『Defender 24/7』

ここまで対策をすれば、安全なはず……?

街灯が少なく、暗闇の広がる場所を一人で歩くのは誰でも嫌なもの。そんな心細いあなたのために、ハイテク機能を満載した防犯スプレー『Defender 24/7』はいかがでしょう?

スプレー噴射と同時にカメラで撮影!

よくよく世間を見渡せば、実は唐辛子スプレーを噴射する防犯グッズって数多くあるんですよね。でも、『Defender 24/7』は通常の防犯スプレーと異なり、スプレーを噴射する直前に本体内蔵カメラで犯人の顔を撮影! 内蔵フラッシュと連動し、たとえ暗い場所であっても犯人の顔をはっきりと写してくれます。しかもスプレーの噴出と同時に大音量でサイレンを鳴らし、周囲にトラブルがあったことを知らせてくれるんです。

モニターセンターが安全を確保

さらにこの防犯スプレーは、Bluetoothを利用してスマホと連動し、インターネット経由で『Defender 24/7』が運営するモニターセンターと連携しています。何かトラブルが発生した際は、モニターセンターへ通報が入り、ユーザーが撮影した画像やGPS情報が警察当局へ送信される仕組みなんだそう。その結果、警察が現場に駆けつけてくれ、利用者の安全を確保してくれるというわけです。

将来的な国際展開に期待

なかなか心強い防犯グッズと言えそうな『Defender 24/7』ですが、モニターセンターや地元警察当局との連携が必要なため、現時点ではアメリカでしか販売が予定されていません(利用はカナダでも可能だそう)。ちなみに現在は公式サイトで予約を受け付けており、本体価格は179ドル(約2万円)。この価格にはモニターセンターによる12ヵ月の見守り契約まで価格に含まれているとのこと。今後はアメリカ以外でもこの防犯スプレーが販売されると心強いですね。

文/塚本直樹

関連サイト

『Defender 24/7』製品情報ページ(英語) 『Defender 24/7』Instagramアカウント(英語)

ハウス 唐がらし族 大辛唐辛子 45g×2個

The post 犯人のカメラ撮影から警察への通報までしてくれる唐辛子防犯スプレー『Defender 24/7』 appeared first on デジノ杜.