セブンイレブン

香港のセブンイレブンに「日本を超えるウマさの商品」があるのか確かめた結果

日本でもそこら中で見かけるコンビニエンスストア『セブンイレブン』は、お隣の香港でも同じようにどこへ行ってもある。

店内には日本のお菓子や飲み物が豊富に取り揃えられており、「ここは日本か!?」と錯覚してしまうほどの品揃え。

少し違うのは惣菜やカップラーメンなどだが、この中に日本のセブンイレブンを超える味の商品はあるのだろうか?

 

■美味しそうな商品を購入

美食の街・香港なら、きっと日本人がビビるぐらいウマいものもセブンイレブンに売っているはず! ということで、しらべぇ取材班も、美味しそうな商品を数点買って、実際に食べてみることにした。

 

①揚州炒飯

まずひとつめは、パッケージからしてメチャウマそうな『揚州炒飯』。揚州炒飯とは超簡単に説明すると日本の五目チャーハンのようなもので、チャーシューなネギなど一般的な具材が入っている。

見た目は超美味しそうなのだが、コレがとんでもなくマズい! 炊き損なった米のような食感で、ごはんがボソボソして芯が残っているので、そこはかとなくマズい。

具や味付けは普通だが、米が最悪レベルにマズいのでそれだけですべてが激マズになってしまうという、チャーハンの本場にあるまじきマズさだった。日本のセブンチャーハンは神。

「ホットスナックが美味しいと思うコンビニ」ランキング 1位は半数近くが支持の…

(ファミチキ)

小腹が空いたときや、おつまみが欲しいときにコンビニでホットスナックを買う人は多いだろう。コンビニ各店でさまざまなホットスナックが売られているが、世間の人たちはどのコンビニの好きなのだろうか。

しらべぇ編集部は全国20〜60代の男女1,354名に「ホットスナックが美味しいと思うコンビニ」について調査を実施した。以下、トップ3をランキング形式で紹介しよう。

 

■第3位:ファミリーマート(29.7%)

サクサクした衣で、かぶりついたときの肉汁が人気の『ファミチキ』を代表に、さまざまなホットスナックを揃えているファミリーマートが3位にランクイン。

30代男性では4割近くが支持し、女性では40代を除いてすべての世代が3割を超える結果となった。

 

■第2位:ローソン(32.2%)

代表ホットスナックである『からあげクン』といえば、定番の「レギュラー」をはじめとして、期間限定味など豊富な種類を販売している。最近では焼き鳥にも力を入れており、その影響もあって3ポイントほどではあるが、ファミマを凌いで2位に。

男性では3割前後の支持だが、女性の場合では3、40代が4割近くから愛されているようだ。

 

■第1位:セブンイレブン(47.9%)

1位は半数近くが支持するセブンイレブン。ファミリーマートの『ファミチキ』やローソンの『からあげクン』などに比べれば看板商品のイメージはないが、パリッとした食感とジューシーな味の『揚げ鶏』や、定番人気の『スペシャルビッグフランク』など、惣菜としても人気なホットスナックが魅力だ。

全年代で4〜5割から愛されるなど、圧倒的な支持を得る結果に。

コンビニ各店で個性が出ているホットスナック。その日の気分と目的に合わせて買う店を選びたいものだ。

セブンイレブンの人気アイスバー『ジョエル・ロブション』キャラメル復活 実際に食べてみた

セブンイレブンで販売している、人気アイスバー『ジョエル・ロブション』。今年2月に発売していたが長らく見当たらなかったキャラメルが、最近復活したようだ。

ショコラとストロベリーも美味しいと評判だが、キャラメルの完成度はどうだろうか? 実際に食べてみることにした。

 

■多くの材料を使用

キャラメルとひと口に言っても、さすがフレンチの重鎮『ジョエル・ロブション』。

キャラメルフレーバーのチョコレートにオレンジソースやジンジャーミンチを配合し、複雑な味にしているらしい。

 

■ソースがいいアクセントに

見た目は普通のアイスバーだが、切って中を見てみると…キャラメルソースやオレンジソースが少量ながら入っており、味にアクセントをつけているようだ。

セブンイレブンの人気アイスバー『ジョエル・ロブション』キャラメル復活 実際に食べてみた

セブンイレブンで販売している、人気アイスバー『ジョエル・ロブション』。今年2月に発売していたが長らく見当たらなかったキャラメルが、最近復活したようだ。

ショコラとストロベリーも美味しいと評判だが、キャラメルの完成度はどうだろうか? 実際に食べてみることにした。

 

■多くの材料を使用

キャラメルとひと口に言っても、さすがフレンチの重鎮『ジョエル・ロブション』。

キャラメルフレーバーのチョコレートにオレンジソースやジンジャーミンチを配合し、複雑な味にしているらしい。

 

■ソースがいいアクセントに

見た目は普通のアイスバーだが、切って中を見てみると…キャラメルソースやオレンジソースが少量ながら入っており、味にアクセントをつけているようだ。

セブン『明太もちチーズまん』新発売! 王道の組み合わせがうますぎる

(明太もちチーズまん)

24日より、『明太もちチーズまん』が全国のセブンイレブンから発売された。気になる価格は130円(税込み)で、通常の中華まんとほぼ同じ価格となっている。

同商品は以前発売され、おいしいと話題になった『明太チーズポテトまん』の仲間として登場。お餅、明太子、チーズが合わさるなんて…絶対うまいやつだ…。

さっそく、しらべぇ取材班も食べてみた。

 

■いざ実食

最初に目に入るのが、焼印のかわいらしさ。明太子と餅をイメージしたというゆるキャラだがかわいらしさに癒される。

(焼印のゆるキャラがカワイイ)

サイズは他の中華まんと変わらず、生地の食感はかなり「ふわふわ・もちもち」といった印象。中身を確認するため「すまない!」とゆるキャラに心で謝りつつ半分に。

断面からはチーズがとろけ出し、おいしそうな香りが食欲をそそる。

(明太もちチーズまんの中はトロトロ)

一口食べると、明太チーズの味が口の中で広がる。つぶつぶとした明太子独特の食感と、コクのあるチーズがとろけてかなりおいしい。

明太子も辛すぎず、チーズと相まってまろやかになるため、辛さが苦手な人でも美味しく食べられそう。

また、明太チーズと柔らかい餅が混ざり合い、もちもちとした食感がたまらない!

ふかふかとした生地と、もちもちな具の一体感が抜群で、マイルドな中華まんに仕上がっている。予想以上の味と食感の良さに、満足できそう。

 

■うますぎの声も

発売して間もないにもかかわらず、ツイッター上では「ウマすぎる」と絶賛の声が多くあがっている。

明太もちチーズまん美味しすぎる!!美味しい美味しい!!!!

— 璃音☽ (@rin_daisy_31626) October 24, 2017

明太もちチーズまん!めっっちゃめちゃ美味しいから食べた方がいいこれは本当に

— おかだ みゆ (@chanmiyu61) October 24, 2017

セブンの明太もちチーズまん、めっちゃ美味しい何これ美味しい

— 弓月 悠里 (@yudunuko24) October 24, 2017

中華まんは一度に多く作れず、また蒸す時間もかかるため、売り切れになりやすい商品。早く食べてみたい人は、こまめなコンビニチェックが必要かも。

・合わせて読みたい→セブン新商品『ななチキ』vsファミマ『ファミチキ』食べ比べてみた

(取材・文/しらべぇ編集部・ステさん

セブン新商品『ななチキ』vsファミマ『ファミチキ』食べ比べてみた

いつもアツアツな美味しさが楽しめる、コンビニのホットスナック。見るとつい買ってしまう…といった人も多いだろう。

そんな中、セブンイレブンで18日から順次発売を開始したのが『ななチキ』(税込み198円)だ。

11種のスパイスを使用し、香り高く旨味のある味付けの衣をまとった、食べやすい骨なしタイプのフライドチキン。

さっそくしらべぇ編集部が実食してみた。

 

■ななチキ実食

(『ななチキ』)

まずは袋から取り出すと、ゴツゴツした印象を受けるフォルムに、表面には黒い香辛料的なものが見える。取り出して長さを測ってみると、10センチ×7センチ。ゴロっとした印象だ。

(『ななチキ』89g)

『ななチキ』の重さは89gだった。

(『ななチキ』)

ナイフで半分に切ってみると、ザクッとした後に、スッとナイフが入っていく。鶏肉の部分の厚さは最大2センチ。

ひと口かぶりついてみると、衣の味は濃い目でサクサク。旨みもあり、スパイシーな香りが立っている。鶏肉はプリッとした食感でやわらかく、しっとりジューシー。ふっくらした肉肉しい食感が存分に楽しめる。

 

■ファミチキと比べてみた

コンビニのフライドチキンで定番といえば、ファミリーマートの大人気商品『ファミチキ』(税込み180円)だ。

(『ファミチキ』)

せっかくなので、『ななチキ』と比較してみた。

サイズを測ってみると10センチ×6センチ。長さは同じで、短辺がひとまわり小さく感じられるが、重さは102g。見た目は小さく見えるが、『ファミチキ』が13gも重かった。

(『ファミチキ』102g)

真ん中を切り、肉の厚みを比べてみると最大1.6センチで、若干薄い。

(左から、『ななチキ』、『ファミチキ』)

食べてみると、ななチキほどスパイスの風味は強くないか。その反面、肉の間から溢れでる肉汁は、『ファミチキ』が圧倒的に多い。

 

なお、『ななチキ』の定価は『ファミチキ』より1割高く、その分ファミチキよりも肉感を感じる面も。濃い味付けで、ガツンとチキンを楽しみたいときの選択肢になりそうだ。

・合わせて読みたい→コンビニ大手3社味比べ! ご飯に合うのはファミマ、鶏肉だけ味わいたいときはあの店

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

セブン新商品『ななチキ』vsファミマ『ファミチキ』食べ比べてみた

いつもアツアツな美味しさが楽しめる、コンビニのホットスナック。見るとつい買ってしまう…といった人も多いだろう。

そんな中、セブンイレブンで18日から順次発売を開始したのが『ななチキ』(税込み198円)だ。

11種のスパイスを使用し、香り高く旨味のある味付けの衣をまとった、食べやすい骨なしタイプのフライドチキン。

さっそくしらべぇ編集部が実食してみた。

 

■ななチキ実食

(『ななチキ』)

まずは袋から取り出すと、ゴツゴツした印象を受けるフォルムに、表面には黒い香辛料的なものが見える。取り出して長さを測ってみると、10センチ×7センチ。ゴロっとした印象だ。

(『ななチキ』89g)

『ななチキ』の重さは89gだった。

(『ななチキ』)

ナイフで半分に切ってみると、ザクッとした後に、スッとナイフが入っていく。鶏肉の部分の厚さは最大2センチ。

ひと口かぶりついてみると、衣の味は濃い目でサクサク。旨みもあり、スパイシーな香りが立っている。鶏肉はプリッとした食感でやわらかく、しっとりジューシー。ふっくらした肉肉しい食感が存分に楽しめる。

 

■ファミチキと比べてみた

コンビニのフライドチキンで定番といえば、ファミリーマートの大人気商品『ファミチキ』(税込み180円)だ。

(『ファミチキ』)

せっかくなので、『ななチキ』と比較してみた。

サイズを測ってみると10センチ×6センチ。長さは同じで、短辺がひとまわり小さく感じられるが、重さは102g。見た目は小さく見えるが、『ファミチキ』が13gも重かった。

(『ファミチキ』102g)

真ん中を切り、肉の厚みを比べてみると最大1.6センチで、若干薄い。

(左から、『ななチキ』、『ファミチキ』)

食べてみると、ななチキほどスパイスの風味は強くないか。その反面、肉の間から溢れでる肉汁は、『ファミチキ』が圧倒的に多い。

 

なお、『ななチキ』の定価は『ファミチキ』より1割高く、その分ファミチキよりも肉感を感じる面も。濃い味付けで、ガツンとチキンを楽しみたいときの選択肢になりそうだ。

・合わせて読みたい→コンビニ大手3社味比べ! ご飯に合うのはファミマ、鶏肉だけ味わいたいときはあの店

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

「コーヒーがおいしいと思うコンビニ」ランキング 1位はダントツ人気の…

(guruXOOX/iStock/Thinkstock)

コンビニコーヒーを買ったことがある人は多いだろう。淹れたてのコーヒーが100円代で買えるため、学生やビジネスマンにとっても強い味方だ。コンビニ各社も個性を出すために、さまざまなコーヒーを販売している。

ますます激戦が繰り広げられているコンビニコーヒーだが、どのコンビニのコーヒーが人気なのだろうか。

しらべぇ編集部は、全国20〜60代の男女1,354名に「コーヒーが美味しいと思うコンビニ」について複数回答で調査を実施。以下、トップ3をランキング形式で発表しよう。

 

■第3位:ファミリーマート(25.0%)

苦味やコクのバランスに優れ、飲む人を選ばないのが魅力のファミマのコーヒー。しかし一方で、「決め手に欠ける」との声もある。

20代男性の4割が支持する結果に。

 

■第2位:ローソン(26.4%)

香りや酸味に定評のあるローソンのコーヒー。最近では「カフェラテ」にも力を入れており、牛乳好きからの人気も高い。

60代男性の3割、2、30代女性の3割が支持している。

 

■第1位:セブンイレブン(58.6%)

やや苦味が強いのが印象的なセブンのコーヒー。2位のローソンを30ポイント離しての1位に。

4、50代男性や5、60代女性から6割以上の支持があり、ユーザーからの高い評価を得ていることがわかった。

コンビニ各社、さまざまな特色があるコーヒー。その日の気分に合わせて飲むコーヒーを選びたい。

・合わせて読みたい→「好きなカフェ」ランキングを発表 1位は大差であの店に…

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年9月29日~2017年10月2日対象:全国20代~60代の男女1,354名(有効回答数)

江戸川区・墨田区限定! セブン『チョコミントの生ガトーショコラ』がヤバすぎ

「チョコミン党」と呼ばれるほど、熱狂的なファンも多いチョコミント味。

そんな中、ネットで「セブンイレブンが地域限定で『チョコミント』のケーキを出しているらしい」と話題になっているのだ。

それは、チェックせねば。しらべぇ取材班は、セブンイレブンに直行! したのだが、見つからない。

 

■江戸川区・墨田区だけ!?

探せども探せどもない…のは当たり前で、なんとこの商品は「江戸川区・墨田区」のセブンイレブン限定なのだ。なんてレア商品なのか!

さっそく墨田区のセブンイレブンに向かい、なんとか商品をゲット。

それが、こちら。

『チョコミントの生ガトーショコラ』!

上のチョコミントクリームの層が水色のため、ぱっと見は食べ物に見えない…チョコチップ、入れないほうがよかったんじゃないかな、なんて思ってしまう。

横から見ると、イラスト通りのきれいな層になっている。

パッケージを慎重に剥がすと…

つやっつや! ますます、「あれ、これ、見本かな?」感が強まる。

 

■ミント感が…!

チョコミントのスイーツで大事なのは、やっぱり「ミント感」。お皿に移して、いざ食べてみると…

まあ、そこまでミントっぽくないだろう、と予想していたのだが、意外にしっかりとミントの爽やかさが口に広がってくる。これならチョコミン党も満足できるレベル。

下のガトーショコラの層と合わさることで、甘さとさっぱりがちょうどいいバランスだ。チョコミントの食感も楽しく、「入れないほうがいいんじゃ…」と思ったことを後悔。

これは、美味しいぞ…。

 

■全国発売は?

チョコミン党以外も気になるであろう、『チョコミントの生ガトーショコラ』。でも今は、墨田区か江戸川区に行かないと買えない。現在はテスト販売中とのことで、今後の展開は売れ行き次第だそう。

ちなみに、北海道では『チョコミントシュー』が発売中だ。

できれば、いやぜひとも、どちらの商品も全国発売してほしい!

・合わせて読みたい→ラーメン屋!? セブン新商品『野菜盛りタンメン』のレベルが本気すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ

江戸川区・墨田区限定! セブン『チョコミントの生ガトーショコラ』がヤバすぎ

「チョコミン党」と呼ばれるほど、熱狂的なファンも多いチョコミント味。

そんな中、ネットで「セブンイレブンが地域限定で『チョコミント』のケーキを出しているらしい」と話題になっているのだ。

それは、チェックせねば。しらべぇ取材班は、セブンイレブンに直行! したのだが、見つからない。

 

■江戸川区・墨田区だけ!?

探せども探せどもない…のは当たり前で、なんとこの商品は「江戸川区・墨田区」のセブンイレブン限定なのだ。なんてレア商品なのか!

さっそく墨田区のセブンイレブンに向かい、なんとか商品をゲット。

それが、こちら。

『チョコミントの生ガトーショコラ』!

上のチョコミントクリームの層が水色のため、ぱっと見は食べ物に見えない…チョコチップ、入れないほうがよかったんじゃないかな、なんて思ってしまう。

横から見ると、イラスト通りのきれいな層になっている。

パッケージを慎重に剥がすと…

つやっつや! ますます、「あれ、これ、見本かな?」感が強まる。

 

■ミント感が…!

チョコミントのスイーツで大事なのは、やっぱり「ミント感」。お皿に移して、いざ食べてみると…

まあ、そこまでミントっぽくないだろう、と予想していたのだが、意外にしっかりとミントの爽やかさが口に広がってくる。これならチョコミン党も満足できるレベル。

下のガトーショコラの層と合わさることで、甘さとさっぱりがちょうどいいバランスだ。チョコミントの食感も楽しく、「入れないほうがいいんじゃ…」と思ったことを後悔。

これは、美味しいぞ…。

 

■全国発売は?

チョコミン党以外も気になるであろう、『チョコミントの生ガトーショコラ』。でも今は、墨田区か江戸川区に行かないと買えない。現在はテスト販売中とのことで、今後の展開は売れ行き次第だそう。

ちなみに、北海道では『チョコミントシュー』が発売中だ。

できれば、いやぜひとも、どちらの商品も全国発売してほしい!

・合わせて読みたい→ラーメン屋!? セブン新商品『野菜盛りタンメン』のレベルが本気すぎ

(取材・文/しらべぇ編集部・たつきあつこ