タブー

絶対に口外してはいけない過去

 

うちの父方の家は長崎のとある島にあって、議員さんも出た名のある家柄でした。

 

その家は、『絶対に口外してはいけない過去がある家』でした。

 

今は父方の家系にあたる人間は私しかおらず、私の父が家出同然で東京へ出てしまい家を継がなかった事と、父の死後、その家を取り潰してしまった為、今は断絶したことになります。

 

父は去年亡くなりました。

 

父方の親戚もいません。

 

だから今ここで書くのも、もはや問題ないと思います。

その島では今もきっとタブーでしょう

それを知ったのは高校1年の頃でした。

 

その家へ遊びに行った時に、爺様から教えてもらいました。

 

「この家は海外への人身売買を生業にしてきた」と。

 

正しくは、人身売買で引き取った子を海外に輸出する前に、ある程度の作法やら言葉を教育するという事を行っていました。

 

その稼業は室町以前から始まり、昭和初期まで続いていたそうです。

 

2002年に95歳で亡くなった爺様も、関わらないでもそれを実際に見ていた、ということになります。

 

まず、全国の農村の子を買って回る業者から子供を引き取ります。

 

爺様が言うには、当時で大体男子が50円、女子が20円程度だったと聞きます。

 

10円が今で言う1万円くらいだったらしいので、人ひとりの命が2万円や5万円程度だったことに驚きです。

 

末端価格でその値段ということは、実際にはその半額程度しか支払われていなかったことでしょう。

 

あまりに哀れですが、それほど困窮していたとも取れます。

 

連れて来られたその子たちは、うちの家で大切に扱われます。

 

綺麗な洋服を着て、美味しいものを食べ、遊んで暮らします。

 

そして、色々と教えていきます。

 

言葉、文字、作法、女子には料理。

 

ですが、全ては洋式の事ばかりです。

 

海外へ往っても困らないように養育したそうです。

 

さて、子供たちはどこに住んでいたのかと言うと、長崎の家は一見2階建てと気づかない2階部分がありました。

 

その2階には一切窓がありません。

 

外から見ても窓が無いので、2階があることさえ分かりません。

 

しかし、当時は煌(きら)びやかな壁紙や装飾が施された部屋がいくつもあり、その部屋に子供たちが引き取られるまでの一時期だけ暮らしていたそうです。

 

1階と2階を繋ぐ階段には、ちょっとした特徴がありました。

 

2階へ上がるのには階段から簡単に上れるのですが、降りる場合には1階から移動階段を渡してもらわないと降りれないようになっていたそうです。

 

つまり、逃げ出せないようになっていたのです。

 

ちなみに、私は爺様にその場所を教えてもらったのですが、移動階段も外されていて上ることが出来ないようになっていました。

 

また、家の中央付近には釣瓶(つるべ)のような仕掛けがあり、一種のエレベータのようなものが置かれていました。

 

※釣瓶

縄や竿の先に付けて井戸水をくみあげる桶。

 

片方の下は井戸になっており、石を繋いで落とすと、滑りの悪くしている滑車がゆっくりと片方に乗せられた盆を上げていく仕組みです。

 

あくまで料理や生活や教育に必要な道具を上げるだけで、人は乗れないモノだったそうです。

 

私が見た時は井戸が埋められていて、ロープも無く、上の暗い穴のところに滑車の車を外したモノがあるだけでした。

 

一番オカルトチックだったのは、発育の悪い子や貰い手が無いまま15歳を超えた女子を殺して捨てる井戸があったこと。

 

本当かどうかは分かりませんが、逃げ出そうとしたり、知能が遅れすぎて役に立たない子は、牢屋に入れて毒で殺した挙句、その井戸から落としたそうです。

 

貰い手が無かった男子は、そのまま近隣の島の人間の労働力として貰われていくことが多かったそうです。

 

私が行った頃には、すでに井戸は跡形も無くなって、庭の片隅に鳥居と鎮魂の為と思われる文字が刻まれた岩があっただけでした。

 

爺様は「幽霊なぞは見たことが無い」と言っていましたが、子を落としてからしばらくは、井戸から声が聞こえることがあったらしいです。

 

でも、この話を聞いてから、二度とその家へ行かないと決めたものです。

 

実際に取り壊しの時も、私は立ち会いませんでした。

 

父は祖父が死んだ時、一切合切の財産は、島で家を管理されていた人に任せることにしました。

 

きっと父も、その呪われた島に行きたくはなかったのではないでしょうか。

 

これらの事は、島では今もきっと禁忌だと思います。

 

(終)

The post 絶対に口外してはいけない過去 appeared first on 怖いもん通信.

山のタブーを犯してしまったせいで

 

子供の頃、近所のお爺ちゃんに聞いた話です。

 

そのお爺ちゃんは若い頃に一度事業に失敗し、実家のある田舎へ帰ったそうです。

 

その家には持ち山があり、色々謂(いわ)れもあったらしいのですが、若い頃に学業のため上京した彼は、その謂れなるものを全く知らなかったそうです。

 

ある日、彼が山を歩いており、ふと茂みを覗くと“一羽の兎”がいたそうです。

もしあの時、捧げていれば・・・

しかし、「兎だ」と思ったのは単に耳が長かったからで、実のところ見慣れている兎とは大分違う生き物であったとの事。

 

毛も無く、目も開いておらず、簡単に言うと「生まれたての子兎」のようだったとか。

 

しかし、大きさは紛れもなく野兎のそれであったそうです。

 

しかもよく見ると、その兎は酷く怯えており、彼が近付いても動こうともしません。

 

どうやら後ろ脚が罠にかかっているようでした。

 

・・・が、罠と言っても細い草に引っかかっている様にしか見えません。

 

彼は何の気もなく罠を外してやったそうです。

 

そして、ふざけて「恩返しをしろよ」と兎を見ると、先に語った姿の醜悪さなものですから、突然腹の底からゾッとして逃げ帰ったそうです。

 

彼は帰宅後、これを家の人に話しました。

 

すると、家に来ていた分家筋の人達が一斉に厳しい顔になり、「すぐに出て行け!」と言い出し、彼は新妻諸共叩き出されたそうなのです。

 

彼は憤慨しましたが、それから年を経るにあたって、なんとなく理由を理解しました。

 

奥さんは三度流産し、結局子供が出来ませんでした。

 

「たぶん、あれは山の神様への生け贄で、自分が勝手に逃がしてしまったのだろう・・・」

 

お爺ちゃんは悲しそうに言いました。

 

重ねて、実は村から叩き出された直後、あんまり腹が立ったので、一度件の山に行ったのだと言いました。

 

兎のいた辺りで気配を感じ、ふと見上げると錆び付いた斧が自分めがけて落ちてくるところで、慌てて飛び退いたという。

 

「もしあの時、自分が腕なり脚なりを切って捧げていれば子供は助かったかも知れない」とも・・・。

 

(終)

The post 山のタブーを犯してしまったせいで appeared first on 怖いもん通信.