タモリ

「ものづくり日本一」の名古屋市 『ブラタモリ』が見つけたそのルーツは…

18日(土)に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、第90回の舞台である愛知県名古屋市にタモリが訪れ、「ものづくり」が盛んな名古屋市の歴史を学んだ。

都道府県別の製造品出荷額では、ダントツで日本一を誇る愛知県は。日本一の記録はじつに38年続き、今や日本経済を支えている「ものづくり日本」の拠点だ。

 

■「ものづくり」拠点の名古屋市

名古屋港からは、年間130万台以上の車が輸出されている。番組冒頭では、テンポのいい車の積み込み作業を目の当たりにしたタモリが興奮。

また、江戸時代の木材加工技術をタモリが体験し、400年以上前から作られている「からくり人形」と触れ合った。名古屋市では、かつて織機の改良が重ねられ自動のものが誕生し、自動車メーカーはその技術の応用で生まれたとされている。

名古屋市を代表する産業は自動車だけでなく、鉄道や陶磁器産業なども盛んだ。タモリ一行は、かつて名古屋城の外堀を走った瀬戸電の廃線跡や、現在も使われている閘門など、名古屋市の「ものづくり」を支えた場所をめぐった。

 

■東山動植物園の前身は…

番組では、名古屋市の観光スポット・東山動植物園に、「ものづくり」の痕跡を見るためタモリが訪れた。視聴者からは、かつて東山動植物園が窯跡であったことに驚く声があがっている。

今日のブラタモリも面白くって興味深かったなぁ。東山動植物園は子供の頃、よく遊びに行ったけど、窯があったとか全く知りませんでした。お勉強させていただきました。自分の知っている街をタモリさんがあるいて、剛くんのナレーション幸せな時間をありがとうございました

— CHITOSE (@CHITOSE0821244) November 18, 2017

名古屋編三たびも面白かった。タモさんちゃんとお堀線のガントレット跡も見せてもらえたかな。東山動植物園で窯跡が見られるとは知らなかったので今度行ってこよう。 #ブラタモリ

— 新井あずき (@busaik) November 18, 2017

今日のブラタモリ面白いな~。東山動植物園の中に古墳時代の登り窯跡があるなんて知らなかったわ。

— ジミー変やで (@matsukuri) November 18, 2017

東山古窯は初めて知りました。学校でも習わなかった気がする。#ブラタモリ

— サーバルjoeみゅたん (@joejoe_yyy) November 18, 2017

 

■名古屋には観光する場所がない?

しらべぇ編集部では、20代~60代の男女1,371人に「名古屋には観光する場所がないと思うか」について調査した。

すると、60代男性が一番「観光する場所がない」と回答。逆に30代男性が12.6%と、男女年代別に見ても「観光地がある」と回答していることがわかった。

名古屋市には、番組で紹介された東山動植物園や名古屋城、名古屋港など、愛知県を「ものづくり」で日本一に導いた歴史ある観光スポットも存在。

今回の『ブラタモリ』の放送で名古屋市に興味を持った人々には、ぜひ番組で紹介された観光地以外にも訪れてみてほしい。

G8サミットも開かれた洞爺湖 北海道の観光スポットで『ブラタモリ』が歴史を解き明かす

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

11月4日に放送された『ブラタモリ』(NHK)では、タモリが北海道札幌市の洞爺湖に訪れた。

第89回の舞台である洞爺湖は、2008年にG8サミットが開かれるなどした世界で有名なスポットだ。番組では、タモリ一行が洞爺湖形成の謎に迫る。

 

■「世界の洞爺湖」にタモリが初訪問

洞爺湖は『ブラタモリ』史上初の訪問地。大きさは東京ドーム1500個分だという。湖畔には、活火山の有珠山や昭和新山が存在しており、年間300万人の観光客を集めているそうだ。

タモリ一行は、まず湖の真ん中に浮かぶ「中島」に訪れた。深いところで水深が180メートルもあるという洞爺湖だが、突如して現れた浅瀬を見た際には、その神秘的な光景に、タモリが「すごい!」と仰天。

なお、洞爺湖は100年前の噴火で生まれた北海道有数の温泉街。訪れた際、タモリは足湯を体験しその温泉の熱さに驚いく。

 

■タモリが「行きたかった」昭和新山

昭和新山に訪れたタモリは、「一度来てみたかった」と喜びの声を上げている。また、昭和新山は1945年の9月に誕生。8月に生まれたタモリと同級生だそうで、昭和新山をタモリは「シンちゃん」と親しげに呼んだ。

そしてタモリ一行は、昭和新山の誕生の謎を解き明かすため、火山のオーナーと昭和新山を登った。

タモリ「もう一回来てもいい」と感激 『ブラタモリ』立山の神秘と謎に迫る

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。

観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。

今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。

 

■神秘的な地形の秘密とは

スタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。

タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。

立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。

 

■北アルプスの誕生に迫る

地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。

なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。

番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。

タモリ「もう一回来てもいい」と感激 『ブラタモリ』立山の神秘と謎に迫る

(画像は『ブラタモリ』公式サイトのスクリーンショット)

各地をブラブラ歩き、知られざる町の歴史や人々の暮らしに迫る番組『ブラタモリ』(NHK)。10月21日に放送された第88回の舞台は、富山県の立山だ。

観光シーズンは、4月~11月とされている立山。観光客は毎年100万人だそう。古くからとくに山岳信仰の強い「日本三霊山」の一つでもある「神秘の山」。

今回の放送では、そんな立山の神秘が解き明かされた。

 

■神秘的な地形の秘密とは

スタート地点は立山の中腹で、観光地となっている室堂平。これまでに各地を訪れてきたタモリだが、番組の冒頭では「立山は興味がある」と語る。

タモリ一行は早速「室堂平」のシンボルでもある、ミクリガ池に注目。太古に、水蒸気爆発と言われる噴火によりできた池だ。

立山には、火山の恩恵が受けられる温泉が存在。タモリ一行は、標高が一番高い場所にあるこの温泉を訪れ、火山活動の活発な谷「地獄谷」を眺めた。

 

■北アルプスの誕生に迫る

地形の次には、北アルプスの山々の誕生に迫った。北アルプスの名づけ親は、明治時代、政府に招へいされた登山好きの化学者で、立山を見た際に「スイスのアルプスによく似ている」と、北アルプスとの名称がつけられたという。

なお立山連邦には、現在も20メートル以上の積雪になる場所があるとされており、そんな立山には日本で唯一、氷河が存在している。

番組では、タモリが採取された氷河の一部と初対面し、昔の空気が弾け出す音を楽しむシーンも見られた。

『笑っていいとも』3年半ぶりの復活 タモリ「また見てくれるかな」にファン歓喜

2014年3月31日、『笑っていいとも!』(フジテレビ系)は通算8054回の放送を終え、昼の楽しみを失ったファンは嘆いた。

その嘆いたファンが歓声を挙げている。28日『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)で『いいとも』が3年半ぶりに復活。変わらぬタモリ(72)の姿が放送されたからだ。

(画像は『とんねるずのみなさんのおかげでした』公式Instagramからのスクリーンショット)

 

■3年半ぶりの『いいとも』

この日、同番組は30周年を記念したスペシャルを放送。よく見ると『祝っていいとも』になっているが、完璧に再現した『いいとも』のセットで、とんねるずがオープニングソングを踊り、歌い上げる。

歌い終わり登場したタモリは恒例の拍手芸、観客が沸く。「どうしてもタモリさんに祝って欲しくて。このセットで絡みたかった」と語るとんねるず。

「何をやってんだよ、おかしいだろコレ。こういう雰囲気で出てくるとなんか気持ち悪いんだよね」と感想を述べたタモリの、「今日は祝ってくれるかな?」がスタジオに響いた。

 

■人気コーナーも再現

『いいとも』の人気コーナーであるテレフォンショッキングも再現。様式美とも言える、『いいとも』のやり取りを司会のとんねるずが真似ると、タモリも「全体的に軽くバカにしてるだろ」とツッコむ。

「タモリさんが褒めてくれたから、ここまでやってこれた」とんねるずが、タモリへの想いや思い出話を語る。

レギュラーを務めた笑福亭鶴瓶(65)は「歴史ある番組を3年でパロディしたらあかん」としながらも、「とんねるずだからノリでやれた」と絶賛。番組30周年の祝辞とフジテレビへのエールを贈った。