ダサい

周りから「服がダサい」言われたことがある人の意外な傾向

(Electra-K-Vasileiadou/iStock/Thinkstock)

9月も後半に入り、気温も涼しく肌で季節の移ろいを感じ始めると、街にはアウターが出回り始め、そろそろ秋支度を始めたい今日この頃。

街中を見ると、例えばTシャツにジーンズのような無難な感じの服装なのに、センスがいいなと思う人もいれば、どこかダサい…と感じる人もいる。

しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施した。

 

■服がダサいと言われる?

周りから「服がダサい」と言われたことがある人は、全体の22.3%。2割強の人があるようだ。

性別・年代別では、各世代で男性の割合が高く、20代男性で唯一3割を超えて31.3%。

男性に限ると、年齢が低いほどダサいと言われる傾向がある。これは年代が上の層には、「褒めるケース以外は、男性に対して服装のセンスを言う文化がない」といったこともありそう。

 

■高所得者ほどダサい?

年収別では、300万未満は19.9%だが、700万以上は33.7%と13ポイントも差が生まれている。全体的には、年収が多い人ほどダサいと言われると自覚している。

ファッションに無頓着な人が多いのか、それとも、お金を持っていそうなのに、服と釣り合っていないと思われているのか。

安っぽい服でも着こなす人はいるが、体型などによって、チープな印象の服はどこかダサく見えてしまいがち。だからといって、全身ブランドで揃えれば良いわけでもない。安い服よりもクセが強い傾向があるため、よりファッションセンスが問われることも多いのだ。

ブランドものを身につけていれば、おしゃれで高級感が出ると勘違いしている人が、エッジではなく「パンチの効いた」格好になってしまうのは、そのため。

ブランドをひとつに絞って統一感を出したり、シンプルな服を選んだりするなど、スマートに着こなすには「引き算の意識」が必要といえそうだ。

・合わせて読みたい→「インスタがダサい芸能人」ランキング リアルすぎる結果に驚愕

(文/しらべぇ編集部・小河 貴洋

【調査概要】方法:インターネットリサーチ「Qzoo」調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

「インスタがダサい芸能人」ランキング リアルすぎる結果に驚愕

©AbemaTV

多くの芸能人もやっているインスタグラム。キラキラとした日常やオシャレさを期待してフォローするも、その内容にガッカリした経験はないだろうか。

13日放送の『マジガチランキング』(AbemaTV)で明かされた、10代男女たちのリアルな意見が話題になっている。

 

■インスタがダサい芸能人

番組では「インスタがダサい芸能人」について街頭インタビュー。

第3位はアーティスト・きゃりーぱみゅぱみゅ(24)。「ド派手、ごちゃごちゃ系で好き嫌いがあると思う」「女子から見たらぶりっ子系はダメ」との声が。

カリスマ的人気を誇るきゃりーだが、個性的なファッションを受け付けない人は多いようだ。

第2位はHKT48・指原莉乃(24)。「ダサい、量産型」「友達のインスタにいそう」と辛辣な指摘が。

華やかな写真ばかりでないことから、一般ウケしそうな指原。しかし、10代男女にとってはマイナスポイントのようだ。やはり、キラキラとした芸能人の写真を期待しているということか。

 

■1位はナルシストなあの人

第1位はNON STYLE・井上裕介(37)。「自撮りは見たくない」「ツイッターはおもしろいけど、インスタを楽しむのはちょっと…」との意見があがった。

井上といえば、ナルシストキャラを生かした自撮り写真がおもしろいと話題になっていた。しかし、インスタグラムユーザーの需要とは違うようだ。