ダンス

最悪の夜が一転、最高の夜に!飛行機に乗り遅れた女性がとった行動に称賛の声

「一晩中、苛立ちを押さえながら椅子に座っていたくはなかったので、代わりに幸せになってやろうと思ったの…」 乗り継ぎ便に運悪く乗り遅れ、空港で一晩を過ごすことになった女性が、深夜の空港でとった驚きの行動。これが「素敵!とってもナイスなアイデアね!」「実にアメリカらしい。感動したよ!」とネットを中心に話

サプライズがしたい…結婚式の余興におすすめのダンス7選!皆と踊って盛り上げよう

結婚式を控えた友人に、披露宴の余興を頼まれた!折角のお祝いの席だし盛り上げてあげたいけれど、一体何をしたら良いんだろう…? そんなあなたにおすすめするのが、サプライズで行うダンス!余興を行ってくれる事は分かっていても、内容は内緒にしておき趣向を凝らした演出を当日発表する事で、驚きと喜び両方の演出をする事が出来ますよ。 ダンスは目でも耳でも楽しませられるエンターテイメント。新郎新婦だけでなく、出席者 […]

The post サプライズがしたい…結婚式の余興におすすめのダンス7選!皆と踊って盛り上げよう appeared first on ガール配信局.

自宅でこっそり…めちゃくちゃダンス ダイエットにいいと話題

(©ぱくたそ)

EXILEや三浦大知のように本格的なダンスを踊るのは、かなりの努力がいるだろう。しかし人に披露しないダンスなら、練習もセンスも必要ない。

しらべぇ編集部では、全国20〜60代の男女1,348名に「家での過ごし方について」の調査を実施。

「家で適当なダンスを踊ることがある」と答えた人は18.1%と、全体では少数派であった。

 

■ダイエットに最適な適当ダンス

どの年代別でも、女性が多いのが印象的である。

美容や健康に気を遣うのは、やはり女性が多い。

「体を動かすと、ダイエットになるかなと思って。好きな音楽だと、続けやすいし」(30代・女性)

 

「本格的な運動をするのは面倒だけど、家で踊るだけなら手軽にできてお金もかからない」(20代・女性)

 

しかし家族がいると、なかなかできないとの意見も。

「そんなことしたら、家族からおかしな目で見られる」(40代・男性)

 

■若者は家でダンス

20代から30代の若い世代のほうが、家で踊ることが多いと回答をしている。

「子供の頃にダンスを習っていたので、ふとした瞬間に踊っているときがある」(20代・女性)

 

「好きな音楽を聞いてテンションが上がったら、音に合わせてめちゃくちゃな動きをする。それをダンスと呼ぶのかは、微妙だけど」(20代・男性)

 

年代が上がると、今までの人生で踊る機会がなかったとの声もある。

「同年代でもリア充側の人たちは、クラブとか行ってたと思う。でも自分は、ダンスと縁がない人生なので」(40代・男性)

 

 

■専業主婦(夫)も家でダンス

専業主婦(夫)と無職・家事手伝い、自宅にいることが多い両者を比べてみよう。

専業主婦(夫)が多いのは、全体でも女性の割合が高いので納得できる結果だ。

「誰も家にいない昼間にこっそりと、音楽をかけて踊っている」(30代・女性)

 

一方で無職・家事手伝いでは、1割にも満たない少なさである。中でも引きこもりがちな人は、たとえ自宅でも元気に踊ることはないようだ。

誰も見ていないので、どんなにおかしな動きもできる。家でのダンスは、ストレス解消にも向いているのかも。

・合わせて読みたい→KABA.ちゃんそっくりの謎の女「パウダァ」が超過激セクシーポーズを連発

(取材・文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日対象:全国20代~60代の男女1,348名 (有効回答数)

プロ真っ青?登美丘高校ダンス部のバブリーダンスにプロダンサーを加えてみた結果…

高校のダンス部日本一を決める「第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」で準優勝。そのバブル時代を思わせる“バブリーダンス” で一躍、時の人となっている大阪府立登美丘高校ダンス部の皆さん。多くのメディア(海外も多数)で紹介されていたのでご存知の方も多いかと思いますが…

TRF・SAMらがセリフなしダンス舞台演出 小学2年生ダンサーに感慨も

(左からETSU、SAM、CHIHARU)

TRFのダンサー・SAM(55)、ETSU(53)、CHIHARU(50)が初めて総合演出を手掛けた舞台「DANCE REPUBLIC~The devotion~」。千秋楽である9月18日に会見が開かれた。

 

■セリフなしダンスのみの舞台

(画像提供:エイベックス・グループ)

9月16日から18日の3日間開催された当イベントでは、3,000人を動員。日本昔話をセリフなし、ダンスのみで伝える舞台だ。

SAMは「ダンサーにセリフを喋らせて、ズッコケさせたくない。15年前から得意なダンスだけで表現できる舞台が作りたかった。普段のライブとは違って、舞台は作品。ダンスだけの表現にこだわった」と語る。

(TRF・SAM)

今回のイベントはTRF25周年を記念した企画。前回は20周年時にエアロビDVD「EZ DO DANCERCIZE」を発売した。

記者陣から「5年毎の節目を意識しているのか」との質問が飛ぶと「それは意識している。しかし、今回のイベントは節目のイベントで終わらせたくない。息の長いイベントにして続けていきたい」と語り、次の仕掛けも考えているようだ。

 

■小学2年生のダンサーも参加

(画像提供:エイベックス・グループ)

今回の舞台には小学2年生のダンサーMUSASHIも参加しており、注目を集める。

記者陣から「最年少ダンサーの印象は」との問いかけに、SAMは「若い。というか、小さい。でもダンスは上手い。自分が2年生の頃はガキ大将で野山を駆け回っていた。まだダンスもなかった。そういう時代になったんだと感じる」と感慨深げ。

「自分は16歳でディスコダンスをはじめるまで、ダンスの文化に触れることがなかった。今は小学生でもダンスをする時代。若いダンサーたちの受け皿となるイベントをこれからも仕掛けていきたい。これが一番やりたかった」とイベントを継続させる意義を語るSAM。

表現できる場が増えれば、練習だけで発表の場がないダンサーたちが陽の目を見る機会も増える。SAMらの演出舞台は、今後のダンス業界がさらに盛り上がるきっかけになりそうだ。

・合わせて読みたい→かつてオリコンを埋め尽くした「小室ファミリー」 最も人気だったのはあの人

(取材・文/しらべぇ編集部・モトタキ

平野ノラも「おったまげー!」高校ダンス部選手権準優勝校のパフォーマンスが圧巻

8月17日に横浜で開催された「第10回日本高校ダンス部選手権(ダンススタジアム)」で、前大会の優勝チーム・大阪府立登美丘高校のダンス部(TDC)が圧巻のパフォーマンスを披露!これが現在「とても高校生のダンスだとは思えない!」「キレッキレの動き&素晴らしい表情。私の中では優勝!」とネットを中心に話題と