ディスプレイ

「LG UltraFine 4K/5K Display」向けに「macOS High Sierra」用ファームウェアアップデートがリリース

LGが、「LG UltraFine 4K/5K Display」用ユーティリティ「LG Screen Manager」がアップデートされ、「macOS 10.13 High Sierra」に対応したことが明らかになってい […] 【続きを読む】

The post 「LG UltraFine 4K/5K Display」向けに「macOS High Sierra」用ファームウェアアップデートがリリース appeared first on デジノ杜.

【eizo】60Wの電源供給能力を持つUSB-C接続4Kディスプレイ

eizoブランドで、USB-C接続の4K対応ディスプレイ「FlexScan EV2785」が発表されています。接続インターフェースとして用意されているのはHDMI x2,DisplayPort x1,USB-C x1で、物理解像度は3840x2160。フレーム部はわずかに1mmなので、パッと見では全面が表示面であるかの様です。正面下枠には調光センサがあり、画面の明るさの自動調整が可能になっています。スピーカーは下向きのダクトで誘導されるので、背面に配置されていた従来機と違って聞き易く、自然な方向からの音が実現しています。USB-CポートについてはUSB PD対応なので、最大60Wの電源供給能力を持ちます。互換性についても考慮されており、MacBook及びMacBookPro(Late 2016/2017)とUSB-Cケーブル一本で接続して、画面表示と電源供給が可能とされています。ちょっと待ってくれ、MacBookProクラスの電源アダプタは87Wだろう?と言う声もあるのでしょうが、互換性チェック項目にはバッテリ充電までは含まれていませんので、この辺りが60Wでも動作している理由でしょうか?それでも、ケーブル一本で接続できて、あまり電源を気にする必要がないと言うのはいい事です。USB-C接続時には、ディスプレイ側の2ポートのUSB-Aハブ機能が利用できます。スタンド脚は独特の形状で、滑らかな上下動が可能であると同時に、画面の上下左右方向のチルトヤスィーベルにも対応しています。なお、別売のVESAアダプタで、小型のPCを背面に取り付ける事も可能です。ただし、販売時期はちょっと先になり、ブラックモデルが11月30日、ホワイトモデルが1月30日となっています。オンラインストアでの予約価格は129600円(税込み)となっています。参照:FlexScan EV2785

The post 【eizo】60Wの電源供給能力を持つUSB-C接続4Kディスプレイ appeared first on デジノ杜.

2018年のiPhone、6インチ以上の液晶ディスプレイモデルが登場か?!

2018年のiPhoneは有機ELディスプレイを搭載した5.85インチと6.46インチモデルが登場すると噂されている。当初は5.85インチの代わりに5.28インチを検討していたという噂もあったが、大型ディスプレイに対する […] 【続きを読む】

The post 2018年のiPhone、6インチ以上の液晶ディスプレイモデルが登場か?! appeared first on デジノ杜.

【サンコー】低価格な液晶ペンタブ

サンコーレアモノショップで、液晶ペンタブレット「ミンタブ」が販売されています。グラフィックを志向する方の多くが最後に行き着く機材は、ディスプレイとタブレットが一体となった大型の液晶ペンタブなのですが、まだまだ高価な訳です。ちょっと、簡単には購入する事はでき無いと言うのが難点でした。小型サイズの製品は安価になりますが、そうすると今度は作業が進みにくい、と。そこでこの「ミンタブ」な訳ですが、画面サイズは21.5"と十分なサイズで、表示分解能は1920x1080のフルHDTVサイズ。筆圧レベルは2048階調と、仕様は現行の液晶ペンタブと変わりません。強いて挙げるならば、色域がAdobeカラーの70%程度と言うのがアレかも知れません。接続はHDMI/DVI/VGAですが、あまりVGAはお薦めしたくないところです。スタンド脚がついており、画面角度を10度から90度の範囲で変更する事ができます。なお、専用ペンは充電式で、USBバスパワーで充電します。ペン先は消耗品なので、この辺りの入手が怪しいと、継続使用が難しくなりますけど、替芯として20本が付属する様です。対応OSはWindows 7/8/10で、オンラインでの販売価格は49800円(税込み)です。参照:21.5インチ液晶ペンタブレット「ミンタブ」

The post 【サンコー】低価格な液晶ペンタブ appeared first on デジノ杜.

【サンコー】低価格な液晶ペンタブ

サンコーレアモノショップで、液晶ペンタブレット「ミンタブ」が販売されています。グラフィックを志向する方の多くが最後に行き着く機材は、ディスプレイとタブレットが一体となった大型の液晶ペンタブなのですが、まだまだ高価な訳です。ちょっと、簡単には購入する事はでき無いと言うのが難点でした。小型サイズの製品は安価になりますが、そうすると今度は作業が進みにくい、と。そこでこの「ミンタブ」な訳ですが、画面サイズは21.5"と十分なサイズで、表示分解能は1920x1080のフルHDTVサイズ。筆圧レベルは2048階調と、仕様は現行の液晶ペンタブと変わりません。強いて挙げるならば、色域がAdobeカラーの70%程度と言うのがアレかも知れません。接続はHDMI/DVI/VGAですが、あまりVGAはお薦めしたくないところです。スタンド脚がついており、画面角度を10度から90度の範囲で変更する事ができます。なお、専用ペンは充電式で、USBバスパワーで充電します。ペン先は消耗品なので、この辺りの入手が怪しいと、継続使用が難しくなりますけど、替芯として20本が付属する様です。対応OSはWindows 7/8/10で、オンラインでの販売価格は49800円(税込み)です。参照:21.5インチ液晶ペンタブレット「ミンタブ」

The post 【サンコー】低価格な液晶ペンタブ appeared first on デジノ杜.

【Targus】質実剛健的なUSB-Cドッキングステーション

Targus社から、USB-C接続のドッキングステーション「DOCK180USZ」が発表されています。どうもTargus社のデザイナーは質実剛健を地でいく主義の様で、この製品の外装デザインもかっこいいとか、今風な作りではありません。むしろ、前時代的と言いましょうか。デザインそのものは力強さに溢れているので、むしろ現代の蒸気機関車的な感じにも見えます。PC/Mac等との接続はUSB-C経由になり、USB-Aが背面に3ポート、側面に1ポート用意されます。また、反対側の側面にはUSB-Cが1ポート用意されます。2組のHDMI2.0端子とDisplayPort1.2a端子が用意され、それぞれは4K出力に対応します。ただし、同じサイドにある端子は同時に使えないので、3台以上のモニタを接続する事はできません。背面にはGigabitEthernet対応の有線LANポートがありマス。いずれのポートも構成が標準的なチップで賄われている様で、対応OSはWindows 7/8.1/10,MacOSX 10.10以降、Chrome R51以降,Android 5.0以降と幅広くなっています。なお電源は外付けのアダプタ形式で、USB-CポートはUSB PD2.0に対応しているので、60Wまでの電源供給能力を持ちます。MacBookProは87Wなので厳しいですが、MacBookならば問題はなさそうです。オンラインでの販売価格は前機種と同じ$249.99です。参照:USB-C Universal DV4K Docking Station with Power "DOCK180USZ"

The post 【Targus】質実剛健的なUSB-Cドッキングステーション appeared first on デジノ杜.

【Targus】質実剛健的なUSB-Cドッキングステーション

Targus社から、USB-C接続のドッキングステーション「DOCK180USZ」が発表されています。どうもTargus社のデザイナーは質実剛健を地でいく主義の様で、この製品の外装デザインもかっこいいとか、今風な作りではありません。むしろ、前時代的と言いましょうか。デザインそのものは力強さに溢れているので、むしろ現代の蒸気機関車的な感じにも見えます。PC/Mac等との接続はUSB-C経由になり、USB-Aが背面に3ポート、側面に1ポート用意されます。また、反対側の側面にはUSB-Cが1ポート用意されます。2組のHDMI2.0端子とDisplayPort1.2a端子が用意され、それぞれは4K出力に対応します。ただし、同じサイドにある端子は同時に使えないので、3台以上のモニタを接続する事はできません。背面にはGigabitEthernet対応の有線LANポートがありマス。いずれのポートも構成が標準的なチップで賄われている様で、対応OSはWindows 7/8.1/10,MacOSX 10.10以降、Chrome R51以降,Android 5.0以降と幅広くなっています。なお電源は外付けのアダプタ形式で、USB-CポートはUSB PD2.0に対応しているので、60Wまでの電源供給能力を持ちます。MacBookProは87Wなので厳しいですが、MacBookならば問題はなさそうです。オンラインでの販売価格は前機種と同じ$249.99です。参照:USB-C Universal DV4K Docking Station with Power "DOCK180USZ"

The post 【Targus】質実剛健的なUSB-Cドッキングステーション appeared first on デジノ杜.

【HORI】PS4用ポータブルゲーミングディスプレイ

ゲーム機用周辺機器メーカーであるHORI社から、大型のタブレット端末と見紛う様なPS4用ポータブルディスプレイ「Portable Gaming Monitor for PlayStation 4」が販売されます。対角15.6"の画面に解像度1366 x 768の液晶を搭載していますが、専用のハードスタンドが用意されている訳ではなく、タブレット端末と同様にディスプレイカバーがスタンド脚を兼用する形式になります。表示解像度が低めに見えますが、この解像度は720pを十分に映し出す事ができます。重量はわずかに1.2kgで、ディスプレイカバー一体と言う事もあり、持ち運びはし易いと言えます。PS4と一緒に持ち歩くためのケースやバッグがあると言いのですが、同時に販売等とはならない様です。入力はHDMIが2系統で、もちろん、PS4しか接続できないと言う事は無く、ノートPC等の出力も接続が可能です。もっとも、それにはちょっと解像度が低めではあるのですが。サウンド出力は内蔵スピーカーの他に、ヘッドフォンジャックが2系統。これで、二人同時のプレイも問題はなさそうです。10月からの販売が予定されており、オンラインでの販売価格は26978円(税込み)です。参照:Portable Gaming Monitor for PlayStation 4

The post 【HORI】PS4用ポータブルゲーミングディスプレイ appeared first on デジノ杜.

【Moshi】簡易版USB-C接続3-in-1アダプタ

Moshi社から、USB-C接続のマルチメディアアダプタが販売されています。耐ノイズ性や放熱性を考慮したアルミ合金製の外装はシンプルなデザインで、現行のMacBookあるいはMacBookProとデザイン上の違和感をあまり感じません。ただし、外部からの給電には対応していないため、USB-Cが1ポートしかないMacBookでは使いにくそうです。また、MacBook/MacBookProの側面にぴったり取り付けるタイプでは無く、短いケーブルで接続するタイプになりますので、机上の面積は割りと使いそうです。本体側面にはSD/SDHC/SDXCメモリカードスロット、2ポートのUSB3.1Gen.1対応のUSB-Aポート、HDCP対応HDMIが用意され、従来のMacBookProにあったインターフェースの一部を現行製品に付加する事ができます。メモリカードスロットは最大読み取り速度104Mbpsを実現しているので、割りと高速にデータ転送ができそうです。また、HDMIは4KTV(30Hz)またはフルHDTVで60Hzを実現していますので、見た目よりも性能は高そうです。オンラインでの販売価格は$60程の様です。参照:USB-C マルチメディア アダプター

The post 【Moshi】簡易版USB-C接続3-in-1アダプタ appeared first on デジノ杜.